17_石川県 Feed

2021年2月13日 (土)

【オープニング曲】I'm Not the Only One/Sam Smith

【エンディング曲】祈り/大塚まさじ

・店名/金城楼

・住所/〒920-0911 石川県金沢市橋場町2-23

・紹介料理/加賀料理

・料理コメント/金沢はいつ行っても、とても心が和む街です。

ひがし茶屋街・主計(かぞえ)町茶屋街・兼六園等々

立ち寄りたくなるところがたくさんあります。

今回ご紹介するのは加賀料理です。

取引先に導かれてお邪魔した食事処が

友禅流しで有名な浅野川近くの金城楼と言う

金沢では超老舗旅館であります。

大きな玄関を上がると出迎えてくれるのが

15mはあるかと思われる金屏風。

案内されるまま広い畳の廊下を歩いて通されたお部屋は

30畳以上のお部屋。

文化財級のやはり屏風で飾られたお部屋にぽつんと2席あるだけです。

気さくな女中さんが世間話をしながら、

次々と食べ方のスピードを注視しながら

頃合いを見てお料理を運んでくれます。

さて、加賀料理とはどんな料理なのでしょうか?

加賀百万石と言われるほどたいそう立派な大名料理と

思われがちですが、加賀で取れたお野菜をベースに作られる

郷土料理です。

また近海の海の幸などのお魚をお刺身や焼いたり煮たりして

供される一連のお料理なのです。

特に鴨肉を使った治部煮などの煮物を始めお椀でいただく汁物など

手をかけて作られたお料理が多く出されます。

今回のお昼のお料理は写真のとおりですが、

取り分け美味しかったのは少し甘く味付けされた鴨肉と

鴨肉のすり身が入りおろしわさびでいただく治部煮でした。

鴨肉は弾力があり噛み応えがあり美味しさがにじみ出てきます。

そして柔らかい海老芋の旨み、コクのある出汁など

とっても美味しくいただきました。

お刺身も新鮮で甘みがあり、日本海ならではのお味でした!!

食事の後は若女将自らのご挨拶に大変恐縮してしまい、

思わずシャッターを切ってしまいました!

どういう意味だ?古い街並みの中でいただく地元の郷土料理は

絵も言えぬ、ノスタルジックな気持ちにさせてくれ、

美味しさに満足させていただきました。ごちそうさま!!

 

0213 金沢地の野菜の先付け

0213_2 海老・アオサ・山芋・加賀野菜のお吸い物

0213_3 アオリイカ・ぶり・ツブ貝のお造り

0213_4 サワラの焼き物・海老のおひたし・牡蠣の煮付け

0213_5 鴨肉と鴨のすり身の治部煮

0213_6 ちりめんじゃご飯となめこの赤だし

0213_8 果物と焼き菓子のデザート

0213_9 入り口玄関の大屏風

0213_10 食事処の屏風

0213_11 食事処

0213_12 金沢美人の若女将がご挨拶に来てくれました