« 9月21日は 甲府城の二の堀 三の堀跡を目指す | メイン | 10月5日は慶長院から »

2019年9月28日 (土)

9月28日はオリオンイーストのビストロに!

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

江戸時代の甲府城下町エリア回ってきた9月、
先週の「三の堀」の跡から甲府駅に戻る途中、
オリオンイーストに、ステキなビストロがある、
ということで、行ってみました。

お店の名前は、ビストロ メゾン・ド・ルージュ。
オーナーの集堂名保美さんです。

0928_shuudousan
お店の外は、ドアや窓枠が赤、
またレンガに風合いもステキなお店です。

0928_gaikan

店内もフランスのパリをイメージし、
オシャレだけど、なんだか親近感の沸く楽しい感じ。

0928_tennai

山梨産にこだわったワイン、
そして素材を使ったものをいつも
作って提供しています。

メニューも、手描きで温かみがありますね!

0928_menu
まずは、おひとり様セットを頂きました。
こちらには、人気メニューを含めた、
自慢のメニューを、少しずつ頂けます。

0928_oryouri
写真のものは、取材日のメニュー。
お皿に載るものは、その日によって違います。
今、食べてもらいたいものがお皿に。

野菜のキッシュに使われている卵も山梨産。
キッシュってね、パイ生地や卵も使わていて
ちょっとボリューミーな感じもあるんですが、
こちらでは、野菜をふんだんに使っていて、
口の中に入れると、野菜の香りや味わいが広がる、
とっても美味しいものでした。

それから、お豆腐とトマトのカプレーゼ。
カプレーゼって、通常はチーズとトマトで作られますが、
こちらは、お豆腐。
でも、お箸でも持てるような、もっちりしたお豆腐なんです。
例えるならば、胡麻豆腐に近いかも。

さて、こちら他にも、使用されている食材は、全て山梨産。
山梨に住んでいる人でも、珍しい野菜もあります。
オーナーの集堂さんが、山梨県内を回り、
その時期に獲れた、旬の美味しい素材を集めています。

観光で来られる方はもちろん、山梨県内の方にも、
新たな発見がありそうですね!!

0928_ishiitooryouri

そして、サングリアも頂きました。
ワインだって、もちろん山梨産。

赤ワインに、山梨産の旬のフルーツを入れて
作られています。
上の写真見ても、グラスにたくさんの果物が入ってるのが
わかりますね!

赤ワインの風味に、フルーツの酸味や甘みが加わりますね。
さっぱりとした風味や、口当たりが、またひと口、またひと口と
どんどん飲みたい気持ちを推し進めていきますね。

0928_oryouritosanguria

ステキな組み合わせ。
そして、とてもおいしい幸せな時間でした。

集堂さんは、東京のご出身。
でも、山梨に魅せられて、移住して、
山梨の素材にこだわったビストロをされています。

甲府市駅周辺で、お仕事をされている方は、
もしかしたら、ランチやディナーなどでも行かれている方も
いるかもしれませんね。

オーナーも女性ですし、本当に女の人がひとりでも
ふらっと入りやすそうな雰囲気でした。
そして、何よりも、集堂さんがチャーミングでしたよ。

さて、実は、OAには入りきらなかったのですが、
この日、人気ナンバーワンの牛肉の赤ワイン煮
食べさせてもらいました。

0928_hohoniku

これね、写真で見ても、お肉が柔らかそうなのが
分かりますよね。
牛肉を、赤ワインをたっぷり入れて、
煮込むこと数時間。

口にいれると、お肉の繊維がほどけていくのと、
煮込んでいるソースがじゅわーと口に広がり、
いい香りが鼻に抜ける。

もうね、このまま飲み込みたくないです!!
と言いたくなるようなおいしさ。

コクのあるソースには、
ワインの酸味が感じられ、
お肉から出るジューシーな脂が、
口の中で合わさります。

思い出したら、ヨダレでてきちゃいます。

付け合わせの太いパスタも、
ソースと絡まり、お皿の中にある食べ物、
すべてを美味しく頂けますよ。

素材にこだわり、その素材が一番おいしく食べられる方法で
お料理をした品々、ぜひ食べてみてください。

また、定期的にワインのイベントなどもされていますので、
気になる方は、お店のホームページを見てみてくださいね。

また来週もてくてくします。

Copyright (C)