2019年7月20日 (土)

7月20日は長田円右衛門について

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

昇仙峡を巡っている、今月の「てくてくこうふ」

今回は、昇仙峡が知られるきっかけになった、
長田円右衛門について甲府市教育委員会の金子誠司さんに、
引き続きお話を聞いていきます。

0720_shousennkyoukanekosan

なんかポーズがシンクロしていますね…笑
金子さんは、本当にたくさんのことをご存じ。
お話を伺いながら、景色を見ると更に興味深くなります。

さて、長田円右衛門。
彼が、昇仙峡を広めるきっかけを作った、
御岳新道(みたけしんどう)を掘削した人物です。

0720_shousennkyouenemon

御岳新道は、江戸時代にこの周辺にあった猪狩村の
交通問題に端を発したものです。
甲府城下へ木工品などを売りに行ったり、
塩を米などを買いに行ったりするために、
この村の人たちは、荒川沿いの山を越えなければいけませんでした。

確かに、この大自然の中、生活道路を確保するのは
大変だったでしょうね。

工事は困難を極めましたが、無事に完成。
それまでには、長田円衛門と村人との意見の食い違いなどもあり、
円右衛門が自ら道を拓くこともあるなど、さまざまな出来事が
あったようです。

0720_shousennkyoumichi
無事に道が出来ると、今までは山影で見えなかった
渓谷の全貌が明らかになる、という副産物がありました。
それが、今の昇仙峡につながっているというわけです。

円右衛門は、ここの宣伝活動も熱心に行い、
金桜神社の宮司や、幕府の役人に
景勝スポットや、珍しい石に名前をつけてもらいました。

今でいう、観光PRといった感じですね。
しかも、博学な人たちから、知的な名前をつけてもらうと
更に、観光地としての価値も上がりそうですねぇ。

0720_shousennkyoukeshiki
円右衛門は、いま碑が立っている場所の近くに小屋を建て、
寝起きをして、わらじなども売っていたそうです。
ここ、荒川の水音も聞こえますし、木々が陰を作ってくれて、
とても気持ち良い場所でしたよ。

お話を伺っていると、円右衛門は、優れたビジネスマンであり、
江戸時代の名プロデューサーだったんだろうなと思いました。

ただ、円右衛門、昇仙峡に没頭しすぎて、
家庭のことは、ちょっと難点ありみたいですね。
奥さんは、怒って家を出てしまったそうです。

あらら…

さて、来週も昇仙峡エリアのお話です。
また来週もてくてくします。

2019年7月13日 (土)

7月13日は昇仙峡見どころ巡り

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

今月は、昇仙峡をてくてくしています。
先週は、歴史についてお話を伺いましたが、
更に、奥まで歩いて、見どころを巡っていきます。

今回も、甲府市教育委員会の金子誠司さんに
お話を伺います。
20190711_20190617_125133

ここは、覚円峰。このお話は、また後ほど。

荒川の水音、風が木々の葉を揺らす音を耳にしながら
気持ちよく過ごしています。
秋が見どころとは言うものの、緑を目に出来る初夏から夏にかけても
気持ちが良いですね。

20190711_20190617_123142_2

蛍の生息場所でもあります。
お昼ですが、蛍も見ることができました。

201907112_20190617_112058

さて、「覚円峰」に来ました。

20190711_20190617_125133_2

かつて覚円という修験者が頂上で修行したことに
ちなんでいるということです。
眺望が絶景で、「羽化登仙」の思いがあります。
4m四方の頂上で腹ばいになり、仙娥滝・昇仙橋を俯瞰する
と気持ちよいと言われているそうです。

ちょっと怖いけど、でも空を飛んでいるような気持ちにも
なるかもしれませんね。

そして、こちらが「仙娥滝」です。

20190711_20190617_123142

滝の音も耳に涼しく、そして迫力もありますね。
昔は遊覧船で近くまで行って、滝しぶきを浴びながら
お昼を食べていたそうです。
優雅だなぁ。

昇仙峡は、見どころがいっぱい。
この他にも、変わった石がたくさんあるのです。

例えば、猿岩。

20190711__20190617_110842

それから、石門。

20190711_20190617_121349

石門は、石と石の間が浮いている…!

20190711__20190617_121338

自然の造形ってすごい。
緑や水音に癒されながらも、多くの驚きがある
昇仙峡散策です。

猫も可愛いかったですよ。

20190711_20190617_125854
来週もてくてくします。

2019年7月 6日 (土)

7月6日は昇仙峡の歴史を知る

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

7月は、昇仙峡をご紹介します。
甲府駅から車で20分ほどの場所に
こんな風光明媚な場所があるなんて。
いいですね。

0706_1
今回も、甲府市教育委員会の金子誠司さんに
お話を伺いました。

昇仙峡は、荒川の浸食作用によってできたものです。
花崗岩が地層を貫通し急激な隆起により南側との落差が生じました。
そして、今も地形が動いているそうですよー。

0706_3
大きな岩のひとつひとつを眺めていても驚きます。

昇仙峡が知られるようになったのは、江戸時代。
長田円右衛門による御岳新道の開削がきっかけです。
明治期には、観光地としての整備が整ってきます。

昭和になると、道路の改修も進み、
バスが入ると共に、東京からの日帰りも可能になったそうです。
このあたりから、今の私たちと同じような楽しみ方をしていたのかも
しれませんね。

0706_2

そして、昭和26年には、昇仙峡を訪れる人は、
1年で82万人まで達したそうです。
ただ、このころは、バスの往来がかなりひどく
近隣住民の方は、被害を被ってしまったそうです。

その後、こういった問題も解決され、
今に至るようになりました。

それにしても、荒川の水音と、目に眩しい緑と、
目を見張るような岩肌。
まだ昇仙峡の入り口にいますが、ここにいるだけでも、
目を見張るものがありました。

0706_4

さて「昇仙峡」の「昇仙」という名前ですが、
これが登場するのは、明治期に入ってからだそうです。
それまでは、「御岳」「御岳新道」などと呼ばれていました。

「昇仙」という言葉、仙人が住む世界へ上がっていくような清浄な場所
というイメージで名づけられたようですよ。
中国の水墨画などに描かれる世界も、想像できるような場所ですし、
仙人が出てきても、不思議ではないなと感じました。

まずは、歴史が分かりましたので、
来週からは、散策を進めて、昇仙峡をもっと知りたいと思います。

また来週も、てくてくします。




2019年6月29日 (土)

6月29日は竹川菓子店から

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

湯村エリアを回ってきましたが、
ちょっとお腹が空いたので、
地元の方に愛されているお菓子のお店へ。

かすてら紅梅で愛されている、竹川菓子店です。

写真左から竹川徳子さん、
そして真ん中の中沢恵子さんにお話しを伺いました。

20190629_takekawakashiten

お店は昭和33年に建ったもの。
外観が、昭和レトロな感じで、懐かしさも感じられます。

20190629_gaikan
かすてら紅梅は、小麦粉と砂糖と牛乳。
そして、ベーキングパウダーを少し加えて焼いたお菓子です。

毎日毎日、鉄板でひとつひとつ丁寧に焼いていきます。
作業場には、お菓子が焼ける、ふんわりと甘い香りがしていました。

20190629_sagyou
もともと、紅梅焼きというお菓子が、山梨では親しまれていますが、
竹川菓子店は紅梅を工夫して、「かすてら紅梅」として作っています。
他の紅梅とは、違う味わいがあると、多くの方に愛されています。

作業工程も見せて頂きました。
さまざまな形のかすてら紅梅は、鉄板の上でふっくら焼きあがります。

20190629_teppann

最近は、ハート形も、作っているそうです。
1袋に2つくらい。
食べた人は、ハッピーになれるかも!

Img_2032
私も食べさせていただきました。
口の中に広がる、お砂糖と牛乳の優しい香り。
素朴で、心がほっとするようでした。

なんだか、牛乳を飲みながら、食べたくなるなぁ。

お話を伺った竹川徳子さんは、87歳。
毎日の作業は大変ではないか、伺いましたが、
お客さんに喜んでもらえるから、
辞められないな、という言葉が印象的でした。

毎日が苦労の連続と仰っていました。
それだけお客さんの立場に立って考えて
良いものを作っていきたいという思いがあるのだろうなと
感じました。

そして、焼きたてを美味しく食べてもらいたい、
徳子さんの気持ちが込められているから、
優しい味わいなのかもしれませんね。
20190629_kasuterakoubai_2

さて、竹川菓子店の かすてら紅梅。
朝の6時から作っていらっしゃるそうですが、
なんと、午前中には完売になるそうです。
食べたい!と言う方は、どうぞお早目に。

来月からは、違うエリアをてくてくします。

2019年6月22日 (土)

6月22日は松元寺から

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

湯村エリアをてくてくしている、今月の
「てくてくこうふ」

今回は、松元寺へやって来ました。
甲府市教育委員会 歴史文化財課の金子 誠司さんに
お話を伺っていきます。

0622_shougenji1
先週にお話しを伺った、杖の湯の隣というか、
弘法湯の斜め向かいにあるお寺です。

なだらかなな坂を上ると、本堂があります。
お寺の規模としては、そんなに大きくありませんが、
静かで、ゆったりとした時間が流れているような
お寺でした。

こちらの本尊は体の悪い部分を撫でると
身代わりになってくれるという
「身代わり観音」ですが、行方不明になっています。

位置関係は、こんな感じ。
左手奥が、弘法湯さんです。

0622_shogenji2

松元寺を開いたのは、大野主水という人物。
山梨市で生まれ、武田家の財政を担当する蔵前衆として
仕えました。
武田家滅亡の後は、徳川家に仕えています。

大野主水が、松元寺を開いた理由は、
この近くにある湯谷神社を守るためと言われています。
当時は、ここで湯谷神社の祭礼も行っていましたが、
明治時代の神仏分離令により別れたそうです。

さて、湯谷神社ですが、
こちらは、「谷の湯」の温泉が出た際に、湯の島の守り神として
「湯権現」お迎えしたことにはじまります。

先週に、ちょっとご紹介した、「鷲の湯」伝説から、
鷲を山の神に見立てて、湯権現として祀っていたそうです。

0622_yuyajinjya1

石鳥居の「大権現」の文字は、
1643年に甲斐の国に流された、良純親王の筆によるもの
という説もあります。

0622_yuyajinnjya3


歴史を感じる見どころもありますが、
ちょっと怖い伝説もありました。

先ほども、ご紹介しましたが、湯谷神社は、
鷲を山の神とみて、湯権現に祀っていました。

昔は、毎年大晦日の夜12時から元旦の朝6時までは、
山の神が入浴するので、人は入浴してはいけないという
言い伝えがあったそうです。

しかし、そのタブーを破って湯に入った男は、
翌朝、湯谷神社鳥居手前の大杉にはりつけになって
死んでいたといいます。

湯谷神社には、今も大きな杉がありますので、
なんだかちょっと怖かったです…。

0622_yuyajinjya2

言い伝えって、楽しいものだけではなくて、
戒めの意味も込めた、ちょっと怖いものもあるんだなと思いました。

でも、楽しいことも、怖いことも、
人がそこで暮らしてきたからこそ
出てくるものなんでしょうね。

そんなに広くはない湯村エリアですが、
歴史を感じたり、伝説を聞いたりできる場所が、
たくさんあったのが、面白かったです。

さて、来週は湯村エリア完結編。
来週もまた、てくてくします。

2019年6月15日 (土)

6月15日は杖の湯跡から

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

今月は、湯村エリアを歩いています。
今回伺ったのは、「杖の湯跡」という場所です。

写真でもわかるように、お湯は沸いていません。
小ぢんまりとした、裏庭のような場所ですが…

0615
甲府市教育委員会 歴史文化財課の金子誠司さんに
お話を伺いました。
杖の湯は、弘法大師が開いたといわれています。

平安期に、湯村に降り立った際に、
道の真ん中に大きな石があり、旅人が困っていました。
そこで呪文を唱えながら、その石を杖で寄せると温泉が湧いた、
という伝説の場所が、ここなのです。

0615_2

杖の湯の近く、表通りに面した場所には、
旅館「弘法湯」があります。渡り廊下の風情がステキです。

こちらでは、杖の湯が湧き出ているとされる岩風呂があり、
脱衣場には、弘法大師が祀られているそうですよ。

さて、湯村温泉エリアには、他にも伝説があります。

「鷲の湯」は、
その昔、鷲が萱草の中に姿を隠していましたが、
それが7日続いた後、ぱったり来なくなってしまったそうです。
村人が見に行ったところ、そこには湯気が上がっていて、
掘り返すと、熱いお湯が沸いたそうです。

0615_3

「谷の湯」は、臨済宗建長寺派開祖の大覚禅師が
夢のお告げの通り、湯村にやってきて温泉を見つけ、
村人がその温泉を使っていたそうです。

谷の湯には、農耕馬の温泉もあったそう。
私は、湯村温泉では、馬もお湯に浸かっていた話が、
とても好きです。
なんだか、ほっこりする…

さて、湯村温泉。
江戸時代からは、庶民や文人墨客も愛した温泉です。

湯村八景といって、湯村の景色が綺麗なところを
和歌にして詠むということが行われていました。0615_4

こうやって写真を撮ってみても、
やはり風情がありますね。

時代や見ていた景色は違えども、
古くから旅の人にも愛されていたことが分かります。

また来週も、てくてくします。

2019年6月 8日 (土)

6月8日は塩澤寺から

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

甲府の湯村エリアをてくてくしています。
今回、お伺いしたのは、塩澤寺です。

0608entakuji01

お話を伺ったのは、佐藤實柾住職です。
この日も天気が良くて、眩しかった…笑

塩澤寺は、弘法大師が開山し、
空也上人が設立したと言われています。
どちらも教科書に出てくる方ですね。すごい。

塩澤寺と言えば、毎年2月13日正午から
翌14日正午までの24時間開催される、
地蔵尊祭りでも有名です。
こちらは、毎年5万人もの人が訪れて、賑わいます。
願い事を叶えて下さるそうですよ。

次の開催までは、まだ時間がありますが、
ぜひその光景も見てみたいなぁ。

塩澤寺の地蔵堂、こちらは国の重要文化財にも
指定されています。

0608entakuji04_2


そして、こちらも有名な、
山門の前にある舞鶴の松。
鶴が舞っているような姿に由来した名前だそうです。

0608entakuji02

こちらは、県指定天然記念物にもなっています。
30mにもわたり、枝が伸びているのです。

実際に近くで拝見すると、
迫力もありますし、多くの人が丁寧に
手入れをしているのだなということも感じられ、
とても、優しい気持ちにもなりました。

そして、愚痴聞きのお地蔵さまが
いらっしゃるのも興味深い。
こちらは、お地蔵さまと 一対一でお話が出来るように
囲われています。

ついたての奥に、お地蔵さまがいらっしゃいます。

0608entakuji03

私の愚痴は、ナイショです(笑)

湯村エリアは温泉だけではなく、
さまざまな歴史的な背景を持った場所もたくさんあります。
小さなエリアに見どころがたくさんありありそうです。

また来週も、てくてくします。

2019年6月 1日 (土)

6月1日は湯村エリアから

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

さぁ、今月は甲府市の湯村エリアを歩きます。
甲府駅から、車で15分くらいの温泉街です。

0601_yumura
甲府市教育委員会の金子誠司さんに、
お話を伺いました。

こじんまりとした温泉街ですが、
のんびりした風情があり、知る人ぞ知る場所。
といった雰囲気です。
文豪が愛した温泉としても知られていますね。

0601_yumira2

湯村は、室町時代後半には、記録が残っていて、
また武田信玄も湯治に訪れていたそうです。

江戸時代、五代将軍 綱吉の頃には
茶亭を構えたり小屋を構えたりと整備され、
この時代にも”御用温泉”的な使われかたをしていました。

江戸中期以降には、入浴料を取るようになり、
一般の人が使えるようになったようです。

しかも、この時には、人のお風呂もあれば、
馬たち(農耕馬)のためのお風呂もあったそうですよ!
なんだか、ちょっとほっこり。

人も馬も、お湯で癒されていたんですね。
一度でいいから、その光景を見てみたかった。

さて、歴史深い湯村温泉。
稲荷神社は、昭和になると芸者さんも多数いて、
その芸者さんたちが、よくお参りに行った場所だそうです。
昭和の湯村温泉は、華やかだったんでしょうね。

0601_yumira3
来週もまた、てくてくします。

2019年5月25日 (土)

5月25日は風土記の丘農産物直売所から

ここをクリックすると番組を聴くことができます

中道エリアをてくてくしてきた今月、
今日は、風土記の丘農産物直売所にやってきました。

先日伺いました、山梨県立考古博物館側から見ると、
甲府南ICを挟んだ向かい側といった感じですね。

お話を伺った志田さんと一緒に。

20190415_142228
ここでは、中道地区で採れたさまざま果物を通年で買うことができます。
これからの時期は、小梅もあるそうですよー。
確かに梅の季節ですね。

それだけではなく、野菜も多種多様。
今の時期は、じゃがいもや、ベビーコーンを
楽しめそうですよ。

さて、ここには
ファームキッチン味菜(あじさい)という、
山梨で収穫された野菜や果物、そしてお肉も信玄豚などの
ブランド肉を使ったものなど、
山梨を丸ごと楽しめるメニューがあります。

20190415_141617

お土産には、もろこし味噌饅頭とか、豆餅とか、
地元の農家の方が作った食べ物も買えますよ。

私は、もろこし味噌饅頭を頂きました。
あんこを包む皮は、ほんのりとうもろこし色
とうもろこしの粒も少し見えますよ。

あんこには、お味噌が入っていますので、
甘さ控えめなうえに、なんとなくこの塩気が後をひく。

20190415_141709

こんな感じでパックされて売っています。

風土記の丘農産物直売所ですが、お野菜などは、
あっという間に売り切れ。
新鮮な農産物を買いたい方は、ぜひお早目に。

20190415_143141


中道の自然に癒され、
たくさんの発見もある、中道てくてくでした。
最後には、山梨の味覚も楽しめるなんて。

梅雨前の気持ちの良い季節、
ぜひお出かけしてみてください。

また来週も、てくてくします。

2019年5月18日 (土)

5月18日は山崎方代ゆかりの地から

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

今月は、中道エリアをてくてくしています。
3週目の今回は、右左口(うばぐち)に戻りまして、
歌人、山崎方代ゆかりの地をめぐりました。

ここは、中道環道沿いの右左口宿でも最も標高が高い、
上宿(わでじゅく)にあります。

今回も、甲府市教育委員会の林部光さんに
お話を伺いました。

0518_yamazakihoudai_1

山崎方代は、中道の右左口出身の歌人です。
大正時代に生まれ、15歳ころから歌を詠み始めました。

太平洋戦争で右目を失明し、左目の視力もわずかになった
放代は、街頭で靴の修理などをしながら各地を旅をして、
「漂泊の歌人」と呼ばれました。

ここ右左口にある、山崎方代の生家跡は、
東屋もあり、地元の方が憩う場所になっていました。

0518tekuteku_seikaato
ここから見える景色は、とても綺麗で、
心が癒されました。

0518tekuteku_nakamichi1

山崎方代は、自らを「無用の人」と言って、
世間から離れて暮らし、生涯独身でした。

詠んだ歌からは、飾り気なく日常を切り取る中にも
どことなく寂しさがあるような感じがします。

暗い寂しさではなく、明るくユーモアがありながらも
根底には、ちょっと人恋しさとか寂しさがあり、
それが、歌を読んだ人の心にも染み渡ることで、
共感を生み、温かさが出てくるような、
とても魅力的な歌人だなと思っています。

また歌だけではなく、書も多くの人を魅了しています。
とても味わいのある字を書く人ですが、
詠む歌と、書がとても合っているなと思います。

生家跡には、方代の直筆が刻まれている歌碑があります。
(中道エリアには多くの歌碑があります)

0518tekuteku_yamazakihoudai

ブログの最初に出ている写真も、歌碑の前で
撮ったものですよ。

また、生家跡から離れた円楽寺に、方代のお墓があります。
こちらも、方代の字が刻まれていますので、
多くの方が訪れ、方代の書を眺め、思いを馳せているそうです。

0518tekuteku_yamazakihoudai_ohaka

お酒も供えられていました。
墓石の側面の墓誌も、方代の字です。
また、言葉も方代が考えて書いたものです。

0518_yamazakihoudai_bohi

事務的に経歴が書かれているものではなく、
家族の歴史を描くような、温かみがあるものでした。

0518tekuteku_nakamichi2

お墓の近くの道、遠くに南アルプスを臨む
とても美しい景色です。

優しくも、寂しさも感じる歌、
その礎を作った右左口の景色を眺めてたら、
方代の歌を思い出しました。

ふるさとの右左口邨(むら)は骨壷の底にゆられてわがかえる村


また来週もてくてくします。

Copyright (C)