2019年3月16日 (土)

3月16日は華光院から

ここをクリックすると番組を聴くことができます

今回は、華光院からお送りしました。
ここは、武田通り東側 元紺屋町のあたりにあります。

長老にお話しを伺いました。

Kekouin_1

ここは、武田信虎公の時代が始まりで、
信玄公の時代に、この場所に開かれたということです。

ちょっと高台にある華光院からは、
南アルプスが綺麗に見えますよ。
Kekouin_2
お祀りしているのは、「三宝荒神様」です。
三宝荒神様は、火と水と土の日本古来の神様です。
私たちの生活に欠かせない存在ですね。

Kekouin_4

お寺として信玄公が名前をつけた華光院ですが、
お祀りしているのは、神様。

ちょっと不思議な感じもしますが、
もともと荒神堂としてあったので、
お寺としても、神社としても、江戸時代は
役割を果たしていたそうですよ。

きっと、お寺としても神社としても、
多くの人に慕われて来たんでしょうね。

さて、華光院では、
4月の第2日曜日に山伏の方による、
火渡り祈願が行われます。

一般の方も参加できますが、
なんだか、お話を伺っていると、
熱くて怖そう…なんて思いますが、
実際にやると、達成感がありそうですね!!

ぜひ、興味ある方は、チャレンジしてみてください。
この時期は、桜もきれいに咲いているかもしれませんね。

そして、華光院の敷地内にある、太子堂。

Kekouin_3

石段を更に登ってみると見晴らしが良く、
さらに南アルプスもきれいに見えますよ。

昔の方も同じ景色を見ていたのかな、
なんて思いながら、のんびり景色を楽しみました。

また来週も、てくてくします。

2019年3月 9日 (土)

3月9日は法泉寺から

ここをクリックすると番組を聴くことができます

先週の武田通から西へ移動して、
甲府市の和田町にやってきました。

武田家と縁が深いお寺、
法泉寺に伺いました。

Hosenji_1
武田信玄、勝頼公の菩提寺になっている お寺です。
1330年に創建したお寺ですが、信玄公の時代に
寺領を寄進し、当時はとても広いお寺となったそうです。

勝頼公も、ここを大切にしていました。
天目山で敗れた勝頼公の首は、
当時のさまざまな人の尽力で、
法泉寺にたどり着いて、埋葬されたそうです。

法泉寺が、武田家とのゆかりが深いことは、
お寺のさまざまな場所で伺い知ることができます。

Takedabishi

本堂の中庭には、武田菱が刻まれた井戸があります。
また、本堂や山門など、さまざまな場所にも、
武田菱を見つけることができます。

下の写真、武田菱がどこか分りますか?
瓦の一番上に金色の武田菱があります。

Honndou


ちなみに山門は、1637年に造られたもので、
甲府市の文化財にもなっています。

Sannmonn

背の高い作りで、木の力強さも感じました。
住宅街を抜けると、目に飛び込む山門です。
急に、時代が遡ったような、不思議な感覚がして、
面白かったです。

武田家滅亡の後、徳川家康が
甲斐の国を治めるようになりました。
その時に、なかなか家康の言うことを聞かなかった、
武川の十二騎を説得させたのが、当時の法泉寺の和尚様。

そこから法泉寺は、徳川家の庇護を受けるようになりました。

そのため、江戸時代になっても武田菱を使うことを
許されたそうです。
また、勝頼公のお墓も、きちんと建てても良いことに
なったそうですよ。

Katsuyorikou

境内の奥にある、勝頼公のお墓です。
お墓の横にあるのは、山桜の木です。
桜が咲く時期には、より一層、歴史を感じられそうです。

勝頼公の首を持ち帰ったばかりの時は、お墓を建てられませんでした。
その時は、この山桜の木を目印にしていたそうです。

ご住職のお話を伺うと、
法泉寺が、江戸時代も武田菱の使用を許され、
勝頼公のお墓を建てることを許されたからこそ、

武田家の歴史を、
私たちは今も知ることが出来ているのかもしれない
と思いました。

戦国時代でしたら、負けた武将のものは、
全て破棄されてもおかしくないですからね。

こうやって形に残して、
武田家の繁栄や功績を語ることが出来る場所があるのは、
次の世代に伝えるために重要なもののように思います。

そして、法泉寺には、
武田家のまつわるもの、そして江戸期の
歴史を伺い知るものが、たくさん残っています。

Houmotu

Houmotsu2

本堂の中に展示されています。
ご覧になりたい方は、
訪れる前にお問い合わせしてみてください。

今週は、ここまで。
また来週も、てくてくします。

2019年3月 2日 (土)

3月2日は武田通りから

ここをクリックすると番組を聴くことができます

3月に入りました。
今日は、武田通りを歩いています。

20190218_110557甲府市教育委員会 歴史文化財課の
山下孝司さんにお話を伺いました。

さて、甲府駅から武田神社へ向かう、
大きな通りである、武田通り。

一見すると、いまは武田神社がある
かつての躑躅ヶ崎の館に向かう、
目抜き通りかと思いきや…

20190218_110646山下さんのお話を伺うと、
確かに、小さなクランクがありました。

こういったものが、躑躅ヶ崎の館に、
簡単に入れないようにする迷い道の
役割を果たしていたのだとか。

こういった話を伺うと、
さすが戦国時代。

20190218_111702また、このあたりは、
有力な家臣の館があったのでは?と
思われているようです。

出土するお皿などが立派なもののようです。

こういったものからも、
500年前の甲府の様子を想像できますね。

今月も、お付き合いよろしくお願いします。

2019年2月23日 (土)

2月23日は不老園から

ここをクリックすると番組を聴くことができます

今回は、酒折エリアでこの時期に、
良い香りを漂わせている場所、「不老園」に行ってきました。

こちら、門に入る前から、梅の花がちらほらと見えています。
小高い山の中に、梅園があるような感じです。

20190212_125653
今日は、不老園の太田さんに
お話を伺いました。

小高い山を登ると、甲府盆地や富士山も見られます。
美しい景色と共に楽しめる梅の花。

20190212_125250

紅白の色とりどりの梅の花もきれいですが、
何よりも香りも良いですね。

風がそよぐと、梅の優しい香りに包まれます。

ここ、不老園は、明治30年、市内に住む呉服商の
七代目奥村正右衛門が別荘として開園したもので、
ご本人が、自ら全国を行脚して梅の話を持ち帰って植えたそう。

しかも、自分だけが楽しむのではなく、
多くの人に楽しんでもらえるように、
園を開放していたそうです。
なんて、器の大きい方なんだろう…

20190212_123609

山を切り開いて作られた園内からは、富士山だけではなく、
南アルプスと梅を楽しむことができます。
この日は、残念ながら、まだ南アルプス側の梅は、
咲いていませんでしたが、今週あたりは楽しめるのでは?

そして、私がお話を伺った場所は、
梅天神という天神様をお祀りした場所。

この近くにも、見事な、しだれ梅が植えられていて
花が咲くと、それはそれは美しい姿を楽しむことができます。

※これは、去年の写真です。
Image2_1

また園内の庵、長生閣の前に植えられた梅も見事です。
この庵から梅を眺めるのも、昔の人には風流だったんだろうなと
当時を想像しながら園内を歩くのも楽しそうですね。

20190212_124841_2
小高い山の中にできた庭園を散策しながら、
梅を愛で、園内にある甘酒やおでんを食べるという、
楽しい梅見もできます。

私が好きな蝋梅もきれいに咲いていました。

20190212_125409_3
不老園で採れた梅の実で作られる梅干しも美味です。
ぜひ、足を運んでみてください。

2019年2月16日 (土)

2月16日は酒折宮から

ここをクリックすると番組を聴くことができます

2月2日には、古天神とも呼ばれている、
酒折宮跡へ登りましたが、
今回は、酒折宮へ。
20190212_114410
宮司の飯田直樹さんに、お話を伺いました。

連歌発祥の地。
そして、古事記、日本書紀にも出てくる
山梨県が、ここ酒折宮です。

およそ1900年以上の歴史を誇る場所なのです。

20190212_105226

JR中央線の線路も近いのですが、鳥居をくぐると、
心地の良い静けさが漂っていました。
鳥のさえずりに耳を傾け、境内を眺めていると、
とても落ち着いた気持ちになります。

長い歴史の中で、まだまだ分からないこともある
古代史ですが、酒折宮は昔から、
山梨県を見守ってきたことは確かなことです。

江戸時代には、国学者もこの場所を訪れていました。

20190212_105327

教科書にも登場する、本居宣長の碑もあります。

古代に思いを馳せながら、
甲府盆地を囲む、美しい山々を眺めるのも
良い時間です。

酒折宮跡から見わたす、甲府盆地や富士山も
とても素敵でしたが、
ゆったりとした時が流れる、酒折宮に立ち寄るもの
とても良いですよ。

こちらでは、もちろん日本武尊をお祀りしています。
自身の身を救った「火打嚢(ひうちぶくろ)」を
ご神体とされているそうですよ。

ぜひ、行ってみてくださいね。

2019年2月 9日 (土)

2月9日は甲斐善光寺から

ここをクリックすると番組を聴くことができます

先週の酒折宮跡から移動して、
甲斐善光寺にやってきました。

甲斐善光寺の副住職、吉原千仙さんに、
お寺の特徴や歴史について
お話をたくさん伺いました。

20190121_115811_2

山門も朱色に塗られていて、とても華やかな印象。
奥に見えるのが、金堂。いわゆる本堂です。

20190121_120321
善光寺の金堂は、他のお寺と比べると、
本堂の横幅が少し狭い印象が…

20190121_110122


実は、横よりも奥があるのが、甲斐善光寺の特徴。
多くの方が本堂に入ってお祈りをした際に、
みんなに、ご本尊が見えるようになっているそうです。

さて、金堂の中に入ってみますと、
ひんやりとしていますが、凛とした空気が流れていました。
天井には、龍が描かれています。

20190121_112808


龍の絵の下で、手を叩くと…
ビンっと音が跳ね返ってきます。
まるで、天井の龍が鳴いているような
不思議な雰囲気が。

そして、甲斐善光寺で体験できる
もうひとつものが、お戒壇廻りです。

暗闇の中を進んでいくのですが、
進む先は、ご本尊様の真下。ここにある鍵に触ると、
ご本尊様とご縁が結べるということで、
幸せの鍵なのです。

20190121_115240

ここから、階段を降りていくのですが、
真っ暗なのです…
進めば進むほど、暗闇が深くなっていく感じ。

実際には、そんなに長い距離を
進んでいるわけではないのですが、
闇の中だと、時間がとても長く感じます。

そして、進んだ先には、鍵が!
鍵に触れた時は嬉しかったです。

でも、闇の中だと、自分の心拍数も聞こえてくるような
現代では、なかなか体験できないことですね。
それに、なんだか、自分の内面と対話をしているような
そんな雰囲気もありました。

甲斐善光寺は、電車の場合は、
JR中央線・甲府駅よりタクシー12分
JR中央線・酒折駅より徒歩15分
JR身延線・善光寺より徒歩7分です。

さて、来週も酒折周辺を散歩していきます。
お付き合いよろしくお願いします。




2019年2月 3日 (日)

2月2日は酒折宮跡から

ここをクリックすると放送を聴くことができます

2月になりました。
今月は、酒折エリアを中心に、ご紹介していきます。

Photo

甲府市文化財主事の望月佑仁さんに、
酒折宮跡の歴史についてお伺いしました。

ここが、古事記や日本書紀にも登場する、
日本武尊が寝泊まりした場所。
そして、連歌発祥の地なのです。

Photo_2

この場所にたどり着くまでには、
坂道を歩く、歩く、歩く…
(写真では分かりづらいけど、なかなかの勾配)

歩くというよりも、登る感じで、道なき道を
進んでいきました。

ただ、登りきると、
甲府盆地を見渡せるだけではなく、
富士山も南アルプスも美しく見ることができました。

Photo_3

こんな高いところまで登って、日本武尊は、
休息していたのだろうか…なんて思いましたが、

このあたりまで、大和朝廷の力が及んでいたことなど、
歴史的なことを、望月さんから伺うと、
眼下に広がる景色を眺められるような場所に
日本武尊が来たこと自体が、朝廷の力を示していたのかな
なんて思いました。

Photo_4

ここには、万葉仮名で書かれた、歌碑もあります。
そして、このあたりには古墳など古代の遺跡もあり、
とても歴史を感じます。

見晴らしの良さなどからも、古代の人たちにとって、
とても神聖な場所だったのだないうのが、
感じ取れました。

盆地に建つ建物などは変わっていますが、
古代の人も、盆地や山々を眺めていたのかな?
なんて思うと、歴史のロマンもありますね。

今月も、歴史を感じながら、散歩をしていきます!

2019年1月27日 (日)

1月26日の放送は甲州夢小路から

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

武田神社で歴史を感じた私は、
甲府駅まで戻り、「甲州夢小路」にやってきました。

Photo


甲州夢小路、日本風の古い建物と石畳の小道。
この中には、飲食店や番組でご紹介したワインショップなど
さまざまなお店が軒を連ねています。

Photo_2


どのお店も、山梨に関わるものがありますので、
山梨を触れて、味わえることができますよ。

私は、この中に入っているお店、
甲州ワイン蔵で、
甲州を使った白ワインを試飲…

飲んでいると、ちょっとおつまみ欲しいな、
なんて思っていたら、おつまみも売っていました。

ワインサーバーから、ワインを注いでもらいます。
ちょっとお値段が張るワインも、
グラスに少しなら、お手頃価格で楽しめます。


Photo_3


甲府駅の北口から、線路沿いを歩くと出現する、
小さな町、甲州夢小路。

時の鐘(番組でも、音が聞こえたと思います)に
耳を傾けながら、楽しい時間を過ごしてみてください。

Photo_4
ちなみに、鐘は、自分でも鳴らすことができますよ。

Photo_5

こんな感じで、ボタンをポチっと押すと…
鐘の音が聞こえます。

それでは、また来週。
2月は、別の場所へ向かいます!!

2019年1月19日 (土)

武田神社の宝物殿から....

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

20181217_162714

1月19日のオンエアでは、武田神社の宝物殿からお送りしました。
武田神社 権禰宜の佐野 浩一郎さんにインタビュー。

2019年1月12日 (土)

武田神社の境内から....なぜ能の舞台があるのでしょうか?

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

20181217_162959

2回目の『てくてくこうふ』は、武田神社の境内からお送りしました。
武田神社 権禰宜の佐野 浩一郎さんにインタビュー。

佐野さん「お祀りされているのがですね、皆様ご存知の武田信玄公 一柱をお祀りされております。武田信玄公様は生前戦百戦錬磨でいらっしゃいましたから、一番多いのが必勝祈願ですね。単に勝負ごとに限らず、自分自身に勝つというご利益も求められて、みなさんお参りにみえます。」

武田神社には、拝殿以外にも様々な建物があります。その建物についてもご紹介いただきました....

佐野さん「まずお参りする左手、菱和殿といいまして、この場所は普段は御祈願、七五三ですとか安産祈願、交通安全、お宮参りなんかの方々がご祈願する場所なんですけども、ここの特徴は天井に、山梨県有数の天井画、渡辺隆次先生が描かれた山梨県のキノコや動植物の絵が飾られています。」

石井由紀子「わたしが武田神社を歩いていて最初に気づいたのが、お能の舞台があることだったんですけれども、こちらはどうしてお能の舞台を作っていらっしゃるんですか?」

佐野さん「きっかけは宝物殿にあります信玄公の館の絵図にですね、”能の処ここにて”と書かれている館の図がありまして、当時おそらく仮設の能舞台が信玄公の時代にあったということが見て取れましたんで、信玄公はお能が好きでいらしたんだということで、ぜひとも神様になられてもご奉納という形でお能を見ていただければと、そういった形で。
あとは、文化的な発信も神社として進めていこうではないか、とそういった気持ちで建てられたのがこの甲陽武能殿ですね。」

石井由紀子「おすすめの散策コースなどあれば教えてください。」

佐野さん「このお濠沿いの周りに親方様の散歩道という道がありますので、自然を感じながら回っていただけたら、心も穏やかに過ごされるんではないかと思います。」

緑を楽しんだり能を楽しんだり....といろいろな場として甲府の人々に親しまれている武田神社に
あなたもぜひお出かけください。

Copyright (C)