2019年9月21日 (土)

9月21日は 甲府城の二の堀 三の堀跡を目指す

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

さて、今週は舞鶴城公園を離れ、
今日は、甲府城を囲んでいた「堀」の跡を、てくてくしていきます。

甲府城の二の堀、三の堀の跡を、
今でも見ることが出来るのできるのですよ。

甲府市教育委員会 歴史文化財課の金子 誠司さんに
今回もお話を伺っていきます。

20190819_112026
どうして私たちが、こんな写真を撮っているか?は
このあとのブログで分かります。
それにしても、不思議な写真だな、と我ながら思う。

私たちは最初に、二の堀跡を見ることができる場所に来ました。

ここは、甲府駅南口、西へ200mくらい歩いた
たちばな児童公園へやってきました。
タコの滑り台が目印ですね。

本丸部分を囲むのが一の堀、その外側にあるのが二の堀です。
二の堀には、城の防衛の役割もありました。
二の堀内は、郭内と呼ばれ、勤番士が暮らしていましたが、
明治時代になり、市街地造成のため順次埋め立てられていきました。

ここが、二の堀跡ですよ。
今は、暗渠のように見えますが、お堀なのです。

20190819_112152

続いて、もう少し足を延ばして、甲府駅から徒歩30分くらい、
若松町のあたりにやってきました。
ここでは、三の堀跡を見ることができます。

三の堀は甲府城を囲む堀の一番外側にある堀で、
この堀の内側を郭外といって
町人の居住区となっていました。

20190819_114940


甲府には、他にも町人の住む町がたくさんありました。

例えば、武田神社の八日市場を移転させて成立し、
「府中第一のよき所也」と呼ばれたくらい賑わった「八日町」。
ここは代々、甲府の町年寄を勤めた坂田氏が居住しました。

そして「山田町」、もとは「伊勢町」と呼ばれたところですが、
ここは綿屋・綿打ち屋が多いことから俗に綿町・綿屋町と呼ばれました。
現在は山梨中銀金融資料館があるあたりです。
明治前期には、製糸業の町になります。

ほかに、甲府徳川家時代に「時の鐘」があった「横近習町」
材木商が多く俗に材木町と呼ばれた「立近習町」などなど、
いまでも、通りの名前などとして、その名残を残しているところもありますね。

なんとなく、歴史があるんだろうな、と思いながら
眺めていた地名も、改めてその成り立ちや歴史を聞くと
面白いですね。

また来週も、てくてくします。

2019年9月14日 (土)

9月14日は 甲府を知る~甲府城の変遷とは?~

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

今月からの3か月間は、
江戸時代に城下町だったエリアをご紹介していきます。
先週に引き続き、舞鶴城公園にいます。

柳沢親子によって、江戸時代に再整備された甲府城ですが、
現在のように公園として整備されるまで、
どのような道のりを辿っていったのでしょうか?

20190819_105903_kanekosan

今回も、甲府市 教育委員会 歴史文化財課の
金子誠司さんに、お話を伺います。

柳沢吉保・吉里親子は、城内の石垣・門・塀・土手などの
改修を行いました。
その後、本丸御殿などの改築を行いましたが、
六義園や江戸屋敷を担当した大工・絵師など、
一流の人物が甲府城に携わっています。

20190819_110405

さて、時代が下り、明治維新の時代になると、
明治新政府の官軍に加わっていた土佐・因幡・諏訪藩などの兵が
甲府に入り、そのときの甲府城代佐藤信崇と甲府代官中山誠一郎は
直ちに彼らと話し合い、甲府城を引き渡しました。

いわゆる無血開城ですが、
実際には、かなりの混乱があったそうで…

20190819_103123

甲府勤番士は城中からの立ち退き命令が出て、
郭内の与力・同心までもが退去の支度を始め、
家財道具はもちろん、建物の床板まで引き剥がし運び出し、
その日のうちに、甲府城は、空っぽになってしまったそうです。

どうやら、聞き間違いが原因だったそうですよ…

さて、甲府城は、近隣の村や人すべてに、自由に見学させるように
なりましたが、実はこれには噂がありました。

「あまりに早く勤番士が城内から立ち退いたので、
地雷でも仕掛けてあるのではと官軍側が心配になり、
確かめるために自由に見物させたのでは」というものです。

なんだかちょっと物騒な感じですね。

20190819_110349

その後、甲府城は明治5年に、陸軍省の管轄になり、
明治9年には勧業試験場(農業試験場)、
翌年には勧業試験場の葡萄酒醸造所が設置されます。

ここに、山梨の葡萄づくりの片鱗が見えてきます。

江戸時代は、一般の人は、入れなかった甲府城。
時代を経て、さまざまは役割を果たし、
今では、みんなの憩いの場になったのですね。

今月は、更に詳しくお話を伺っていきます。
また来週も、てくてくします。

2019年9月 7日 (土)

9月7日は 甲府を知る~江戸時代の甲府ってどんな街?

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

今月からの3か月間は
江戸時代に城下町だったエリアをご紹介していきます。

詳しいお話を、甲府市教育委員会 歴史文化財課の
金子誠司さんに伺いました。
金子さん、いつも、甲府の歴史について、
詳しく教えてくださいます。

20190819_103039
こちらは、甲府の街を一望できる、舞鶴城公園。
ここからの景色、私は、
初めて甲府に来た時にじっくりと眺めていました。

20190819_103105
今は、県庁や飲食店などが並ぶ甲府の街。
昔は、どんな感じだったんでしょうね。

20190819_103121_2

武田氏滅亡のあと、甲府の街は支配者が
次々と変わっています。
関ケ原の戦いの後は、徳川氏の支配となります。

街の建設は、武田氏滅亡のあとにやって来た、
代々の支配者によって行われていきました。

その後、徳川支配の時代も進められていきましたが、
度重なる天災、そして飢饉など、何度も困難と直面します。

例えば、宝永8年(1680年)から、天和2年(1682年)までの大飢饉。
元禄13年(1700年)の大飢饉や、元禄16年(1703年)の元禄地震など。
財政も厳しかったようで、幕府からも借用があったそうです。

困難を極めていましたが、その後、ご存じのように、
柳沢吉保・吉里の柳沢家による二代統治が行われました。
この頃、甲府城と城下町の再整備が行われています。

再整備の中には、町の規模を拡大していきまして、
甲府は建築ラッシュになったそうです。
建設だけではなく、町名の変更や、町人の家を茅葺屋根禁止など、
さまざまなことが行われました。

さて、今月は更に、甲府の街の歴史を詳しく探っていきます!
また来週も、てくてくします。

2019年8月31日 (土)

8月31日はからあげ処 からまるで唐揚げを

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

朝日通りのお散歩も、今日がラスト。
お伺いしたのは、「からあげ処 からまる」です。
唐揚げの香りに誘われて、ふらっと立ち寄ってしまいますね。

0831_misemae
内藤駿介さんにお話を伺いました。

店内は、オープンテラスのようになっていて、
開放的な雰囲気。
アメリカ西海岸のような
オシャレなアイテムも、飾ってあります。

0831_gaikan
こちらでは、特製ダレに一晩漬けたもも肉を、
注文が入ってから、揚げてくれます。
だから、揚げたてを楽しめますよ。
唐揚げは、塩ダレと醤油ダレの2種類。

どっちを食べようかなーなんて悩むこともあるかもですが、
両方をミックスした、相盛りもできます。
唐揚げだけではなく、鶏肉を使ったその他のメニューや
スイーツも充実しています。
おやつもいいですし、夜に飲んだりと、いつでも楽しめそうですね。

そして、唐揚げがこちら!

0831_karaage1
可愛らしい鳥柄のメガホンのようなパッケージ。
この写真ではサイズ感が分かりにくいかもですが、
一口では、食べられないくらいの、ボリュームと
お箸で持った時に、お肉の弾力が手に伝わります。

これ絶対美味しいヤツだ!!0831_karaage2
実際に食べてみますと、
鶏肉のジューシーさ、そしてタレのコクが口いっぱいに広がります。

醤油ダレは、味がしっかり付いた濃いめのお味。
塩ダレは、あっさり淡泊。
どちらの味も、とっても美味しかったです。

あー、ビールかハイボール欲しい!

いやはや…

からまるさんの唐揚げは、唐揚げグランプリで金賞を受賞しています。
また、今年の秋には、日本唐揚協会が発行する、
「からあげパーフェクトブック」にも掲載されるそうですよ。

さて、朝日通り歩いてきた今月。
太宰治のゆかりの地を巡りもできますし、
地元の絶品グルメを楽しんだりと、とても楽しいお散歩でした。

今も昔も、たくさんの人がここで暮らしてきた
息遣いを感じられるようなステキな場所でした。
だから、太宰も好きだったのかもしれないなと思いました。

さぁ、来月は違う場所をお散歩します。
また来週もてくてくします。

2019年8月24日 (土)

8月24日はil cursoreでジェラートを

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

甲府市の朝日通りを歩いている今月。
今日は、美味しいジェラートが頂ける、
il cursore (イル・クルソーレ)さんに、やって来ました。

こちらで頂けるジェラートは、「生ジェラート」なのです。

前田剛志さんにお話を伺いました。

0824__20190722_112639
通常のジェラートは、加熱処理されたピュレなどを
使って作るのですが、こちらは農家さんから買ってきた
生の素材を使って、ジェラートを作っています。

山梨の素材をふんだんに使った、ぜいたくなジェラートなのです。

私も1つ試食させて頂きました。
旬の白桃を使った、白桃のジェラートです。
桃も、収穫時期によって種類が変わっていきます。

0824__20190722_111535

写真をよく見てもらうと分かるように、
ももの皮もジェラートになっています。
濃いピンクが、皮。それから果肉も見えます。

食べてみると、桃の甘さだけではなく、
酸味も広がって、味わいが深くて桃の魅力を
たっぷりと堪能できました。
瑞々しいジェラート!

あとね、桃を手に取ったときに、
とてもいい香りがしますよね?
ジェラートを一口食べると、あの香りも
広がってきて、本当においしかったです。

0824_2_20190722_111250

製法にこだわり、ひとつひとつを丁寧に作る
イルクルソーレのジェラート。

前田さんに、店名である、イル・クルソーレの意味を
聞いてみたら、イタリア語で「伝達者」ということだそうです。
山梨の美味しい素材を伝達できるように、という意味を込めて
この店名になったそうですよ。

2017年5月にオープンしたお店ですが、
地元の方や、学生さんが来店したり、観光で来られる方など
さまざまな方に愛されています。

0824_1_20190722_111410

お店の内装も、白と黒を基調としたスタイリッシュな店内に、
木製のテーブルなどが、温かみを足してくれて
とても居心地がよかったです。
あとね、ジェラートを作っているから、とてもいい香りがしました。

店先にテラスもあるので、テラスに腰かけて
冷たいジェラートを楽しむこともできます。

桃のジェラートも美味しかったけど、
しぼりたての牛乳を使った、ミルクジェラート、
それから、秋にかけては、ブドウのジェラートもあるから、
1年中、いろいろな味を楽しめそう。

季節ごとに行って、たくさんの味を楽しみたいなぁ。
朝日通り頂いた、とっても美味しいジェラートでした。

また来週も、てくてくします。

2019年8月17日 (土)

8月17日は清運寺から

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

甲府市の朝日通り周辺エリアを歩いている今月。
今週も、太宰治との縁がある場所へ行きました。

ここは、清運寺。
坂本龍馬との縁もあるお寺だそうです。

0817_gojyuushoku
ご住職の田中宏昌さんにお話しを伺いました。

清運寺は、500年ほど前から一度も場所を
移っていないお寺です。

境内には、加藤清正をお祀りした、清正公堂があり、
清正公だけなく、多くをお祀りしています。

0817_saishoukou

さて、こちらには、坂本龍馬の婚約者であった
千葉さな子のお墓があります。
坂本龍馬ファンの方がたびたび訪れ、桂浜の砂や
龍馬の小さな人形が供えられていましたよ。

0817_sanako
そして、ここには太宰治にも縁があります。
清運寺は、太宰が石原美知子と結婚するまでの間、
清運寺の参道に面した、寿館という下宿屋に住んでいたそうです。

今の参道は、アスファルト舗装されていますが、
当時は、石畳でした。
その石畳が、こちらの境内に今は移転しています。

0817_ishidatami
参道沿いに下宿がありましたので、
太宰も、きっと踏みしめている石畳です。
そう思うと、石畳にたくさん触れておきたいと思いました。

500年もの長い間、甲府の歴史を見守ってきた清運寺。
ぜひ訪れてみてください。

また来週もてくてくします。

2019年8月10日 (土)

8月10日は喜久乃湯温泉

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

朝日通りを、てくてくしている今月。
今回は、多くの人に愛されているお風呂がある
ということで、やって来ました。

喜久乃湯温泉さんです。

平賀忠臣さん、平賀理恵子さんにお話しを伺いました。
0810kikunoyu2
実は、お話を伺う前に、私もひと風呂頂いてきました。
中に入ると番台があり、手描きの看板があり、
ノスタルジーな雰囲気に浸れます。

0810kikunoyu

お湯は、無味無臭で柔らかい。
上がったあとは、ものすごくお肌がツルツルになりました!

近所の方から、お休みの日は県外から、
時には海外からも、お風呂に入りにくるそうです。

そして、なんといっても、
喜久乃湯温泉は、太宰治との縁も深いのです。

甲府で暮らしていたころ、執筆を午後3時頃には終わらせ、
その後、お風呂に入り、豆腐をつまみながら
お酒を飲むという生活をしていたそうです。

なんて贅沢な…
太宰、うらやましいな。
新居は、喜久乃湯温泉さんから、徒歩1分くらいの美咲町。

喜久乃湯温泉さんでは、太宰にまつわる記事が
脱衣所に飾られていたり、数年に一度、二階にある広間で
朗読会を行っているそうです。

お風呂だけでなく、文学にも触れたりと、
さまざまな楽しみがある場所です。

入り口にも、太宰の記事が…!
私も入り込んでいて、すみません。。
Eadqpd5uiaajaz7

そして、喜久乃湯温泉さんをはじめ、山梨県内で残っている銭湯は、
みな温泉銭湯なんですって!!
400円でたっぷり楽しめる温泉です。

これは、ぜひ多くの場所にも足を運んでみたいですね。

さて、喜久乃湯温泉さんは、タオルの貸し出しもありますので、
手ぶらで気軽にお湯につかれます。
お散歩のついでに、ひと風呂浴びてサッパリするのも良いですね!

また来週も、てくてくします

2019年8月 3日 (土)

8月3日は朝日通りで太宰について

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

8月のてくてくこうふは、
朝日通り周辺を歩きます。

甲府駅の北西側、南北に伸びる通りですね。
太宰治ゆかりの地でもある、朝日通り。

今回は、甲府市文化財主事の望月祐仁さんに
お話を伺います。

20190722_120344
望月さんにも、久しぶりにお会いしましたが、
分かりやすく、興味深くお話をしてくださいますね!

さて、朝日通り。
ここは、太宰が暮らしていた場所なんですよね。
太宰にとって2番目の妻になる、石原美知子の家が
甲府だったのです。
2人の婚約は整い、石原家近くの下宿屋 寿館に宿を定め、
結婚式を挙げるまで石原家と親交に努めたということなのです。

その寿館、残念ながら今はありませんが、
記念碑が立っています。
私と、望月さんが写っている写真、ここがまさに
寿館があった場所なのです。

写真を拡大してみましょうー。

Sekihi_2

そして、この下には解説も書いてありますよ。

Sekihi2

太宰は、新婚時代と戦時中にも甲府で暮らしていました。
それぞれ暮らした時期のことを著書にも記しています。

『新樹の言葉』では、甲府のことを、
「きれいに文化の、しみとおっているまちである」と
記載しています。

ちょうど、いまの甲府駅南口の県庁や県会議事堂などの
建物の前を通ると、太宰が見た街の景色と重なるところが
ありそうですね。

また、甲府大空襲の時の様子も『薄明』という作品で記しています。

太宰にとって、結婚や戦争体験といった、
人生において忘れられないような出来事を経験したのが甲府。

今月は、朝日通りを散歩しながら、太宰のこと、
そして、いまの朝日通り、その両方を堪能したいなと思います。

また来週も、てくてくします。


2019年7月27日 (土)

7月27日は お蕎麦 すがはら屋さんです

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

昇仙峡を歩いてきた7月。
大自然を満喫しましたが、やっぱりお腹は空きます。
空腹になるものまた、自然なことかな。

ということで、
昇仙峡名物「御岳そば」を頂きに、すがはら屋さんに行きました。

0727_tennshu

こちらは、昇仙峡の玄関口、天神森のバス停近くにあります。
店主の田中正喜さんとご一緒にパチリ。

お店の歴史は古く、1888年創業。
最初からお蕎麦屋さんだったというわけではなく、
旅館や食堂など、時代に合わせて変遷してきたそうです。

いつの時代も、昇仙峡を訪れる人、
そしてこの付近で暮らす人々にとって、
大切な役割を果たしてこられてきたのですね。

最近は、お蕎麦を食べに、世界中からお客さんが来るそうです。

さて、名物の「御岳そば」ですが、江戸中期の生活などを
記録された、『裏見寒話』に登場していたもの。

小さくて辛みのある、ねずみ大根と共に食べられていたそうです。
ねずみ大根は、こんな感じ。
0727_daikon
普段目にする大根より、小ぶりで可愛い。

食べる時は、つゆに大根を溶かすのではなくて、
お蕎麦に乗せて食べます。

0727_osoba

真ん中にある薬味が乗ったお皿の左側にあるのが、
ねずみ大根。
通常の大根おろしは、汁気がありますが、
こちらは、汁なし。

辛い!!というよりかは、さわやかでピリッとした感じ。
お蕎麦は、山葵と共に頂くことが多いですが、
ねずみ大根だと、そこまでツーンとした辛さはありませんが、
やはりお蕎麦との相性が良く、とてもおいしかったです。

お蕎麦も、しっかり噛む、歯ごたえのあります。
噛んでいくと、ねずみ大根の味わいも広がり、
味わいを楽しむことができました。

江戸時代の人たちも、御岳そば楽しんでいたんでしょうね。

お店には、御岳そばの由来も掲げられていますので、
お蕎麦を待ちながら、読んでみるのもいいかも。

0727_yurai

お店の内装も、窓が大きく開放的で、
でも、古民家の柱や梁などが使用されていて、
木のぬくもりも感じる、とても素敵なところです。

自然の造形美を昇仙峡で楽しんだあとは、
お蕎麦を食べて、お腹を満たす。
すがはら屋さんの店内で、のんびり過ごして
散策の疲れを癒すのもいいですね。

また来月も、てくてくします。

2019年7月20日 (土)

7月20日は長田円右衛門について

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

昇仙峡を巡っている、今月の「てくてくこうふ」

今回は、昇仙峡が知られるきっかけになった、
長田円右衛門について甲府市教育委員会の金子誠司さんに、
引き続きお話を聞いていきます。

0720_shousennkyoukanekosan

なんかポーズがシンクロしていますね…笑
金子さんは、本当にたくさんのことをご存じ。
お話を伺いながら、景色を見ると更に興味深くなります。

さて、長田円右衛門。
彼が、昇仙峡を広めるきっかけを作った、
御岳新道(みたけしんどう)を掘削した人物です。

0720_shousennkyouenemon

御岳新道は、江戸時代にこの周辺にあった猪狩村の
交通問題に端を発したものです。
甲府城下へ木工品などを売りに行ったり、
塩を米などを買いに行ったりするために、
この村の人たちは、荒川沿いの山を越えなければいけませんでした。

確かに、この大自然の中、生活道路を確保するのは
大変だったでしょうね。

工事は困難を極めましたが、無事に完成。
それまでには、長田円衛門と村人との意見の食い違いなどもあり、
円右衛門が自ら道を拓くこともあるなど、さまざまな出来事が
あったようです。

0720_shousennkyoumichi
無事に道が出来ると、今までは山影で見えなかった
渓谷の全貌が明らかになる、という副産物がありました。
それが、今の昇仙峡につながっているというわけです。

円右衛門は、ここの宣伝活動も熱心に行い、
金桜神社の宮司や、幕府の役人に
景勝スポットや、珍しい石に名前をつけてもらいました。

今でいう、観光PRといった感じですね。
しかも、博学な人たちから、知的な名前をつけてもらうと
更に、観光地としての価値も上がりそうですねぇ。

0720_shousennkyoukeshiki
円右衛門は、いま碑が立っている場所の近くに小屋を建て、
寝起きをして、わらじなども売っていたそうです。
ここ、荒川の水音も聞こえますし、木々が陰を作ってくれて、
とても気持ち良い場所でしたよ。

お話を伺っていると、円右衛門は、優れたビジネスマンであり、
江戸時代の名プロデューサーだったんだろうなと思いました。

ただ、円右衛門、昇仙峡に没頭しすぎて、
家庭のことは、ちょっと難点ありみたいですね。
奥さんは、怒って家を出てしまったそうです。

あらら…

さて、来週も昇仙峡エリアのお話です。
また来週もてくてくします。

Copyright (C)