2019年1月19日 (土)

武田神社の宝物殿から....

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

20181217_162714

1月19日のオンエアでは、武田神社の宝物殿からお送りしました。
武田神社 権禰宜の佐野 浩一郎さんにインタビュー。

2019年1月12日 (土)

武田神社の境内から....なぜ能の舞台があるのでしょうか?

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

20181217_162959

2回目の『てくてくこうふ』は、武田神社の境内からお送りしました。
武田神社 権禰宜の佐野 浩一郎さんにインタビュー。

佐野さん「お祀りされているのがですね、皆様ご存知の武田信玄公 一柱をお祀りされております。武田信玄公様は生前戦百戦錬磨でいらっしゃいましたから、一番多いのが必勝祈願ですね。単に勝負ごとに限らず、自分自身に勝つというご利益も求められて、みなさんお参りにみえます。」

武田神社には、拝殿以外にも様々な建物があります。その建物についてもご紹介いただきました....

佐野さん「まずお参りする左手、菱和殿といいまして、この場所は普段は御祈願、七五三ですとか安産祈願、交通安全、お宮参りなんかの方々がご祈願する場所なんですけども、ここの特徴は天井に、山梨県有数の天井画、渡辺隆次先生が描かれた山梨県のキノコや動植物の絵が飾られています。」

石井由紀子「わたしが武田神社を歩いていて最初に気づいたのが、お能の舞台があることだったんですけれども、こちらはどうしてお能の舞台を作っていらっしゃるんですか?」

佐野さん「きっかけは宝物殿にあります信玄公の館の絵図にですね、”能の処ここにて”と書かれている館の図がありまして、当時おそらく仮設の能舞台が信玄公の時代にあったということが見て取れましたんで、信玄公はお能が好きでいらしたんだということで、ぜひとも神様になられてもご奉納という形でお能を見ていただければと、そういった形で。
あとは、文化的な発信も神社として進めていこうではないか、とそういった気持ちで建てられたのがこの甲陽武能殿ですね。」

石井由紀子「おすすめの散策コースなどあれば教えてください。」

佐野さん「このお濠沿いの周りに親方様の散歩道という道がありますので、自然を感じながら回っていただけたら、心も穏やかに過ごされるんではないかと思います。」

緑を楽しんだり能を楽しんだり....といろいろな場として甲府の人々に親しまれている武田神社に
あなたもぜひお出かけください。

2019年1月 5日 (土)

武田氏館跡大手から……こうふ開府500年ってどういうこと?

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

20181217_152109

1回目の『てくてくこうふ』では、武田氏館跡大手へ。

甲府市教育委員会歴史文化財課の山下孝司さんに「こうふ開府500年」とはどういうことなのか?500年前に何があったのか?教えていただきました。

山下さん「武田信虎がここにはじめて館を築いてそれから甲府がはじまった、それから500年が経つということになりますね」

20181217_152549

武田氏館跡大手とは、武田神社の東側にあります。

山下さん「いま武田神社に入ろうとすると、武田通りを通って、お堀に渡された橋を渡りますが、これは信虎がつくった館の時代にはありませんでした。そのときの入り口はここ、東側にありました。」

20181217_152131

武田氏館跡大手には、案内板があり、当時をしのぶことができます。

石井由紀子「本などを読んでいて出てくる、馬などが入ってくる場所がここだったというわけですね」

20181217_152507

石塁や土塁などの遺構が整備されていますが、実はこれは武田氏滅亡以降のもの。

番組の中では、時間の関係でふれられませんでしたが、武田氏の時代には三日月形の堀があり、武田氏滅亡のあとに違う形の石塁などが組まれたと考えられています。

20181217_154334

そして、取材は武田神社北西の味噌曲輪へ。

ここは現在も発掘が進められています。

発掘されている味噌曲輪を見ると、壁に囲まれていたり、堀の跡があったりします。ここも武田家の館として使われていた場所なんですね。

武田神社などは他の用途に使われず残っていたのに、なぜ味噌曲輪は発掘が必要なほど埋まっているのでしょうか?

高野さん「武田氏が滅亡したあとは、ここも一度は利用されているんですが、政治の空間が甲府城に移転しまして、主廓と西曲輪が残るんですが、他は畑や田んぼになってしまいまして、ここも元は田んぼだったんですね。」

石井由紀子「滅亡したから、はい、おしまいという感じで違うものに使われているんですか?」

高野さん「そうですね、北側と南側はそういった風になってしまいました。だけど、武田信玄や信虎・勝頼が住んでいたというところで主廓だったり、嫡男の義信が暮らした西曲輪はそのまま武田氏館跡として残っていたようです。」

石井由紀子「館が残してあるというのも、みなさんが武田信玄を敬うような、その原型になっているんですかね。」

かつてあった武田氏の館を思い浮かべながら、甲府盆地を一望する躑躅ヶ崎を歩いてみてはいかがでしょうか?

こうふ開府500年記念番組 てくてくこうふ

「開府500年」の記念イヤーに突入した甲府市の中からエリアをピックアップ。

街中を歩きながら、歴史を知ることができる場所やショッピング・グルメスポットを紹介します。

毎週土曜12:44-12:51オンエア!お楽しみに。

Copyright (C)