2019年5月18日 (土)

5月18日は山崎方代ゆかりの地から

今月は、中道エリアをてくてくしています。
3週目の今回は、右左口(うばぐち)に戻りまして、
歌人、山崎方代ゆかりの地をめぐりました。

ここは、中道環道沿いの右左口宿でも最も標高が高い、
上宿(わでじゅく)にあります。

今回も、甲府市教育委員会の林部光さんに
お話を伺いました。

0518_yamazakihoudai_1

山崎方代は、中道の右左口出身の歌人です。
大正時代に生まれ、15歳ころから歌を詠み始めました。

太平洋戦争で右目を失明し、左目の視力もわずかになった
放代は、街頭で靴の修理などをしながら各地を旅をして、
「漂泊の歌人」と呼ばれました。

ここ右左口にある、山崎方代の生家跡は、
東屋もあり、地元の方が憩う場所になっていました。

0518tekuteku_seikaato
ここから見える景色は、とても綺麗で、
心が癒されました。

0518tekuteku_nakamichi1

山崎方代は、自らを「無用の人」と言って、
世間から離れて暮らし、生涯独身でした。

詠んだ歌からは、飾り気なく日常を切り取る中にも
どことなく寂しさがあるような感じがします。

暗い寂しさではなく、明るくユーモアがありながらも
根底には、ちょっと人恋しさとか寂しさがあり、
それが、歌を読んだ人の心にも染み渡ることで、
共感を生み、温かさが出てくるような、
とても魅力的な歌人だなと思っています。

また歌だけではなく、書も多くの人を魅了しています。
とても味わいのある字を書く人ですが、
詠む歌と、書がとても合っているなと思います。

生家跡には、方代の直筆が刻まれている歌碑があります。
(中道エリアには多くの歌碑があります)

0518tekuteku_yamazakihoudai

ブログの最初に出ている写真も、歌碑の前で
撮ったものですよ。

また、生家跡から離れた円楽寺に、方代のお墓があります。
こちらも、方代の字が刻まれていますので、
多くの方が訪れ、方代の書を眺め、思いを馳せているそうです。

0518tekuteku_yamazakihoudai_ohaka

お酒も供えられていました。
墓石の側面の墓誌も、方代の字です。
また、言葉も方代が考えて書いたものです。

0518_yamazakihoudai_bohi

事務的に経歴が書かれているものではなく、
家族の歴史を描くような、温かみがあるものでした。

0518tekuteku_nakamichi2

お墓の近くの道、遠くに南アルプスを臨む
とても美しい景色です。

優しくも、寂しさも感じる歌、
その礎を作った右左口の景色を眺めてたら、
方代の歌を思い出しました。

ふるさとの右左口邨(むら)は骨壷の底にゆられてわがかえる村


また来週もてくてくします。

2019年5月11日 (土)

5月11日は山梨県立考古博物館から

ここをクリックすると番組を聴くことができます。

5月は、甲府市中道エリアを歩いていますが、
今回は、山梨県立考古博物館に伺いました。

山梨考古博物館の小林さんに
お話を伺いました。

20190423_134920

ここは、甲斐風土記の丘・曽根丘陵公園などを含む、
広大な敷地の中にある場所です。

縄文時代から明治まで、発掘調査されたものが
たくさん展示されています。
長い歴史の中で、多くの人が暮らしてきたこと、
そして、時代によって生活道具が変わってきていることを
自分の目で見ることが出来て楽しいですね。

小林さんが、山梨県立考古博物館は、
「土の中からのメッセージ」をお伝えしているということを
おっしゃっていましたが、私は、その言葉がとっても素敵だなと
思いました。

20190423_134545

展示物はさまざまありますが、
やはり注目なのが、殿林遺跡出土の深鉢形土器です。
大きな土器ですが、高さがなんと、72センチ。
縄文時代のものにしては、かなり大きいです。

海外でも展示された経験がある土器なのです。

20190423_134531

最近、縄文時代が再び世界的にも注目されていますね。
縄文時代に特化した展覧会が開催されたこともありますし。

なんとなく歴史の教科書で見た、
縄の跡がついた土器、というのだけではなく、
ここでは、さまざまなデザインの土器を観ることが出来ます。

20190423_135313
自由なデザインで、土器を作っていたんだな、
と思うと、ワクワクします。
みんなで競い合ったり、トレンドがあったりしたのかな?
と思うと楽しくなってしまいます。

縄文時代にも、
みんなが憧れている縄文土器作家さんがいたのかな?
と空想(妄想?)が止まりません。

ぜひぜひ、お友達や家族と一緒に、
縄文トークに花を咲かせてみてください。

そして、山梨県立考古博物館では、
春季企画展「人口拡大の時代─郷村・荘園の成立と展開─」を開催しています。

さて、入り口には、こんな顔出しパネルがありますよー。
ディレクター氏と私、土器のデザインの表情に似せて
撮ってみましたが、似てる…??

20190423_135518
5月の気持ちい良い季節です。
ぜひ、山梨県立考古博物館で、
楽しい時間を過ごしてください。

また来週も、てくてくします。

2019年5月 4日 (土)

5月4日は中道の右左口から

ここをクリックすると番組を聴くことができます

5月は、中道エリアを、てくてくします。
最初に訪れたのは、右左口(うばぐち)と呼ばれる場所。

山並みも美しくて、とてものんびりした雰囲気の
気持ちのいい場所です。
蔵など、歴史を感じる建物が並ぶ景色もステキです。

Nakamichi_1
甲府市教育委員会の林部光さんに
お話を伺いました。

ここは、古代から駿河と甲斐を結ぶ重要な場所。
多くの人や物が行き交い、甲斐の国に文化も運んできました。

戦国時代には、武田家、織田家、徳川家にも関係があり、
軍用道路として使われました。
武田家が滅んだ後は、織田信長がここから、
駿河へ抜けていきますが、その際に道路を整備したのが、
なんと、徳川家康。
戦国時代を語る上で、ポイントになるような場所です。

そして、時代が更に下りまして、江戸時代になると、
この場所は、生活道路として活用されます。
ここが、甲斐と駿河を結ぶ最短の道路として利用されます。
お魚なんかも、ここから運ばれていたみたいですよ。

Nakamichi_shrine_2
私がお話を聞いた場所は、
右左口の道祖神が置かれたところです。

Nakamichi_dosojin
この写真にある、四角い石が道祖神です。
道祖神に右側には、道しるべがあって、よーく見ると、
右に行くと、甲府。
左に行くと、市川。(市川三郷町)と刻まれています。

これが拡大した写真ですが…
分かりますか?

Nakamichi_guidepost
ここは、甲府へ行く人と、
富士山へ向かう人がそれぞれ分かれる場所なんです。

いまは、のどかで静かな場所ですが、
当時は、賑やかなところだったのでしょうね。
旅人も、行商人も、修験者も、
南アルプスの景色を眺めて、
心を癒されていたかもしれませんね。

古代から多くの人が、ここ土を踏みしめて、
目的地に向かったと思うと、
なんだかワクワクしました。

歴史好きの方は、ここの景色を見ながら、
いろんな時代に思いを馳せることが出来ますよ。
今月の中道エリアも、とても興味深い場所です。

また来週も、てくてくします。

2019年4月27日 (土)

4月27日はAKITO COFFEEから

ここをクリックすると番組を聴くことができます

武田神社の周辺をてくてくしてきた今月、
ちょっと一休み、ということで、
AKITO COFFEEにやってきました。

20190324_160416

武田通りに出現する、
柔らかい雰囲気でオシャレなお店です。

ドアを開けると、コーヒーのいい香りが…
鮮度にこだわったコーヒー豆をこだわって、
買い付けに行かれるそうです。

20190324_162612

こうやって、コーヒー豆を挽いてもらいます。

20190324_161832


そして、ハンドドリップで出して頂きます。

20190324_171143


ショーケースに並んだお菓子も美味しそう。
生産者さんと話をしながら、そして、
コーヒーと合うものを選んでいます。
季節ごとに、メニューも変わりますよ。

20190324_170336


コーヒーを頂くと、意外と色が薄く紅茶のような
感じなのですが、
とても香りと酸味を楽しめました。

コーヒーというと、黒い液体というイメージでしたが、
こちらでは、浅煎りをしています。
そのため、コーヒーそのものの味が、よく出るのです。

素材にこだわっている、ということが良くわかります。

20190324_171610

コーヒーの紙コップにも、
AKITO COFFEEの「A」が刻印されています。

最後に、お話を伺った、
AKITO COFFEEの丹沢亜紀斗さんと。

そうです、AKITO COFFEEのAKITOは、
丹沢さんのお名前なんです。

20190324_164413

甲府駅北口からも歩いて5分くらいの場所にある、
AKITO COFFEE。

取材中も、ひっきりなしにお客さんがやってきて、
美味しいコーヒーとお菓子を買っていました。

甲府の憩いスポットの一つといった感じです。

また、丹沢さんとのお話から、
コーヒーを愛する気持ちや、
生産者の方との対話を大切にしていきたいという
思いがたくさん伝わってきました。

ただオシャレ、美味しいだけではなく、
気持ちもしっかりとこもったステキなお店です。

ぜひ行ってみてください。

また来週も、てくてくします!

2019年4月20日 (土)

4月20日は円光院から

ここをクリックすると、番組を聴くことができます。

今月は、戦国時代の甲府について
知ることができる場所を巡っています。

円光院は、南アルプスを見渡せる、
立派なお寺ですが、三条夫人の菩提寺としても
知られています。

20190318_111840

お話を伺った、ご住職の武田浩而さんです。

三条夫人というと、小説の中では、
なかなか気位が高く、冷たい印象の人物ですが、
実際にはそうではなかったと、
ご住職のお話で分かりました。
20190318_112056

お寺には、このような看板もたっています。
漢文に書かれている漢字を読んでみても、
優しく柔らかい人柄だったのだろうなと分かります。

三条夫人が亡くなった際には、
ここで大規模なお葬式が行われたということです。

三条夫人と武田信玄公の間には、2人の姫君がいましたが、
どちらも、その先の日本の歴史を作る礎になった人物と過ごし、
穏やかに過ごされたそうです。
そんな姫君の親である、三条夫人もまた、
穏やかな人だったのでしょうね。
20190318_112139
こちらが三条夫人のお墓です。
広いお墓です。

もう少し近くによって見せて頂きました。

20190318_112228

長い年月、多くの方が、このお墓を守ってきています。
実際に、ご住職にお話しを伺っていると、
小説とは、まったく異なったお人柄なんだなということが
良く伝わってきました。

20190318_112408

南アルプスを見渡せる、美しい景色もまた、
三条夫人も眺めていたのかな、なんて、
思いを馳せることも出来たステキな時間でしたよ。

また来週も、てくてくします。

2019年4月13日 (土)

4月13日は武田信玄火葬塚から

ここをクリックすると番組を聴くことができます

信玄ミュージアムや、武田神社近くの
脇道をある、閑静な住宅街を抜けると見えてくるのが、
武田信玄火葬塚です。

20190318_120156

入り口で、甲府市文化財主事の望月さんと一緒に。
ちょっと日差しが眩しかった…

さて、こちら「信玄公のお墓」ということですが、
お寺でもなく、塚なんですよね。

実は、ここ信玄の死を隠しているために
このような形になっているそうです。
死後3年は、混乱をさけるために秘密にしていたそうです。

20190318_115957

中を進むとこのようになっています。
全国に、信玄を弔うお寺はたくさんあります。
ここは火葬塚ですが、お寺などは、信玄と縁があったところが、
亡くなったことを知り、弔っているそうです。
それだけ、信玄公の影響力があったいうのが分かりますね。

しめ縄がかかった門の先には、お墓があります。
20190318_115923


ここは、江戸時代には魔縁塚(まえんづか)と呼ばれ、
地元の方も寄り付かないような場所だったそうです。

それを江戸時代に甲府代官が、
本当に魔物が住むところなのか、調査をして、
信玄公を火葬した塚だということが分かったそうです。
江戸時代の考古学調査が行われた場所でもあるそうですよ。

今はとても穏やかで、一部が公園のようになっている
この場所。
信玄公のお人柄が表れているような、優しく温かな
雰囲気がある場所でしたよ。

また来週も、てくてくします。

2019年4月 6日 (土)

4月6日は武田氏館跡歴史館から

ここをクリックすると番組を聴くことができます

今回は、武田神社の向いにできた
武田氏館跡歴史館に行きました。

ここの愛称は、「信玄ミュージアム」。
その名の通り、史跡武田氏館跡の歴史や
これまでの発掘調査の成果などを紹介する施設です。

甲府市教育委員会の佐々木さんにお話しを伺いました。

0406_takedamuseum
武田三代の歴史や、信玄の人となり、
そして、実際に発掘されたものが見られます。

お皿などの日用品も興味深いですね。
中でも私が、気になったのが、馬の骨格模型

0406_hourse

意外と小さい… ポニーよりちょっと大きいくらい。
こんなサイズの馬に乗っていたんですね。
なんか、逆にリアルな戦国時代を感じました。

映像で、甲府の街や武田家についてを
武田信玄にナビゲートしてもらえるのが、
面白かったです。

映像で、武田神社の当時の様子を俯瞰で見られるので、
これを観た後に、武田神社に行くと、
今まで以上に面白いのではないかなと思います。

0406_takedamuseum2

パネル展示も、読み応えがありました!

そして、お話にもありました、ここには、
お茶をしたりして楽しめるスペースもあります。

外観は、こんな感じ。

0406_takedamuseum3_2

開放的な敷地です。
この向いに、武田神社があります。

0406_takedajinnjya

ぜひ、甲府に来た際には、
セットで立ち寄ってみてください。

それでは、また来週もてくてくします。

2019年3月30日 (土)

3月30日は印傳屋 上原勇七から

ここをクリックすると番組を聴くことができます

甲府駅から15分ほど歩くとある、
印傳屋 上原勇七の本店。

モダンですが、歴史と伝統を感じる
佇まいのお店です。

お話を伺ったのは、
印傳屋 上原勇七 甲府本店店長の前田さんです。

_

印伝は、鹿の皮に漆で模様を描いて、
加工されたもの。
その歴史は古く、奈良時代にはすでにあるようです。

その後、時代が下り、武士が台頭してくると、
武具などにも、印伝を用いられています。

甲州印伝の
印傳屋 上原勇七は、武田家が滅び、徳川勢力下に
置かれたのを機に、甲府城下に下り、
1582年に印傳屋を創業されたそうです。

400年以上の歴史があるお店なのです。

印傳屋 上原勇七では、現代の生活にも
馴染むアイテムがたくさんあります。

印伝の楽しさや美しさを日常生活にも
取り入れることができますよ。

例えば、名刺入れ。

__2

新生活の始まる、この時期には
贈り物にされる方もいらっしゃるそうです。

皮の色や、描かれた漆の模様で
同じアイテムでも、かなり印象が違いますね。

例えば、トンボの模様は、日本で昔から親しまれています。
トンボは前にしか進まず退かない、という意味を込めた
縁起ものだそうです。

他にもたくさんありますが、花柄はとっても可愛いです。

さまざまな柄や色は、
お店で、じっくり見ることが出来ます。

__4

ディスプレイされているものの他にも、
たくさんの色や柄があります。
ひとつひとつ選んで、自分のお気に入りを探せます。

そして、こちらはペンケース。

__3

ステキです。
鹿の皮は柔らかく、手触りが良いです。

ペンケースや名刺入れなど、
普段から手に持つものが、良いものですと、
新生活も盛り上がりそうですね。

実は、私も印伝の小銭入れを使っています。
黒地に、ピンクで花が描かれています。
手の中に入るサイズで、とても可愛いんです。

さて、印傳屋 上原勇七 本店の2階には、
印傳博物館があります。

Photo

こちらでは、印伝の歴史や
貴重な作品も見ることができますよ。

巾着に描かれた印伝は、粋な感じもしまして、
当時の男性がオシャレに使っていたことも
頷けます。

甲府に来たからには、名品も見るのも、
良いですね。

また、ご紹介した、名刺入れやペンケースの他にも、
1000円台からでも買える小物もありますので、
お友達や自分へのお土産にもいいかもしれません。

それでは、また来週もてくてくします。

2019年3月23日 (土)

3月23日は満蔵院から

ここをクリックすると番組を聴くことができます

今回は、甲府市の
武田通り山の手通りが交差するあたりの
満蔵院に行きました。


お話を伺ったのは、ご住職の清雲俊元さんです。
Manzouin_1

満蔵院は、時代によって、
お参りする人たちや、役割が少しずつ変わっている
興味深いお寺でした。

Manzouin_2

境内の中には、武田菱が入った瓦もあります。
Manzouin_5

戦国時代には、信玄公が真言宗の中核的な役割を
持たせていたようです。
武将の必勝祈願を行う意味合いもあったみたいですよ。

そして、時代が流れ、江戸時代になると、
ここのあたりは、商家や職人が多く住むようになり、
満蔵院は、女性と縁が深いお寺になります。

境内には、女性の願いを叶えてくれる粟島堂が出来ました。
そして、もう一つ、祀られたのが、聖天様。

Manzouin_3_2


ここのお賽銭箱に掘られた、クロスした大根。
これこそ、聖天様のシンボルでもあるものです。

時代によって、お寺が果たす役割も
変わってくるのですね。

境内の中には、石で出来た狛犬もあります。

Manzouin_4_2

時代を経て、さまざまなものが祀られている、
面白いお寺ですので、
ぜひ立ち寄ってみてください。

また来週も、てくてくします。

2019年3月16日 (土)

3月16日は華光院から

ここをクリックすると番組を聴くことができます

今回は、華光院からお送りしました。
ここは、武田通り東側 元紺屋町のあたりにあります。

長老にお話しを伺いました。

Kekouin_1

ここは、武田信虎公の時代が始まりで、
信玄公の時代に、この場所に開かれたということです。

ちょっと高台にある華光院からは、
南アルプスが綺麗に見えますよ。
Kekouin_2
お祀りしているのは、「三宝荒神様」です。
三宝荒神様は、火と水と土の日本古来の神様です。
私たちの生活に欠かせない存在ですね。

Kekouin_4

お寺として信玄公が名前をつけた華光院ですが、
お祀りしているのは、神様。

ちょっと不思議な感じもしますが、
もともと荒神堂としてあったので、
お寺としても、神社としても、江戸時代は
役割を果たしていたそうですよ。

きっと、お寺としても神社としても、
多くの人に慕われて来たんでしょうね。

さて、華光院では、
4月の第2日曜日に山伏の方による、
火渡り祈願が行われます。

一般の方も参加できますが、
なんだか、お話を伺っていると、
熱くて怖そう…なんて思いますが、
実際にやると、達成感がありそうですね!!

ぜひ、興味ある方は、チャレンジしてみてください。
この時期は、桜もきれいに咲いているかもしれませんね。

そして、華光院の敷地内にある、太子堂。

Kekouin_3

石段を更に登ってみると見晴らしが良く、
さらに南アルプスもきれいに見えますよ。

昔の方も同じ景色を見ていたのかな、
なんて思いながら、のんびり景色を楽しみました。

また来週も、てくてくします。

Copyright (C)