4_THU Feed

2019年3月14日 (木)

山梨を食べよう→ほうれん草

本日の「山梨を食べよう」のコーナーでは、ほうれん草をピックアップ。

Img_20190307_100803

以前ちぢみほうれん草をピックアップしましたが、

今回はスタンダードなほうれん草です。

【おいしいほうれん草を選ぶコツ】

葉が青々として厚みがあるもの、茎はふと過ぎずにしっかりとしているもの、

根元の赤みが強くて太いものがいいです。

しっかりと育っている証でもありますし、鮮度がいい証でもあります。

Img_20190307_103031 ほうれん草はイメージ通り、栄養価が高いですよね!

貧血防止に役立つ鉄分が多く含まれ、血を作る作用がある葉酸が多く含まれます。

風邪予防や抗酸化力が高いビタミンCやβカロテンが多いのも特徴です。

骨にカルシウムを沈着させる働きがあるビタミンKも多く含むので、

女性やお子様をはじめ、幅広い世代の方々に食べてほしい野菜の一つです。

【本日の簡単クッキング】

「ほうれん草のぺたんこ焼き」です!

材料は

  • ほうれん草
  • めんつゆ
  • 片栗粉

です。

ほうれん草を茹でて3cmくらいに切りボウルに入れ、

めんつゆを少々入れてよく混ぜます。

Img_20190307_100858

それに片栗粉を入れてよく混ぜ、

Img_20190307_101009

Img_20190307_101045 フライパンで焼きます。

Img_20190307_101241

ポイントはフライ返しで押しながら焼けば出来上がりです。

Img_20190307_101345

外はカリ!中はふわ!のほうれん草です。ではお召し上がりください!

 

Img_20190307_101859 ほうれん草に含まれる豊富なカロテンは油と一緒に摂ると吸収がよくなります。

また今日はサラダ油で焼いていますが、おこのみでごま油で焼き、

仕上げにごまをかけても香ばしくとても美味しいです。

お子様にも喜んで頂けるかと思いますので、ぜひお試しください!

【ほうれん草の上手な保存方法】

常温保存だとビタミンCが一日で60%も減ると言われています。

ペーバータオルで包んで根元を下にしてポリ袋に入れ、冷蔵室に立てて保存をしてください。

1週間ほど日持ちします。また茹でて冷凍して保存も可能です。

使いやすいように小分けにして冷凍、棒状にして

冷凍してすりおろしてペーストにと冷凍保存もとても便利ですので、

鮮度が高いうちに食べる、茹でて冷凍保存をしてください。

Img_20190307_102352

2019年3月 7日 (木)

山梨を食べよう→トマト🍅

本日の「山梨を食べよう」のコーナーでは、トマトをピックアップいたしました。

 

Img_20190221_125842

トマトは夏!というイメージが強いですが、この季節もあるんです!

量は少なくなりますが、県産のトマトあるんです。

夏のトマトは夏の厚さで苗が早く成長するので瑞々しくあっさりとした味わいが楽しめ、

寒い時期に育ったトマトはゆっくり育つので味が濃く甘みが強くなると言われています。

よく熟したトマトはリコピン量が増えますので、

季節で味がどんな風に変わるのか?も楽しめます!

 

Img_20190221_132453 山梨では、県内全域で栽培されています。

ハウス栽培・露地栽培があり、夏秋栽培、冬春栽培など季節によっての栽培があり、

ほぼ年間を通じて栽培されています。

また、山梨では品種ではピンク系トマトの桃太郎系が多く栽培されています。

中玉トマトやミニトマトなども栽培されています。

本日の簡単クッキングは・・・

今日はトマトとたまごを炒めたものを用意しました!

Img_20190221_130559

リコピンは加熱しても壊れにくく脂溶性なので油と一緒にとると吸収がよくなります。

へたを取って、一口大に切ったトマトをオリーブオイルで炒め、

Img_20190221_130253

卵を入れてふんわり混ぜ合わせて

Img_20190221_130328

塩・胡椒で味をつけた超簡単でシンプルな味付けになっています。

Img_20190221_130358

トマトの保存法

トマトの赤であるリコピンは購入後も増やすことができます。

トマトは温かい地域が原産なので寒さが苦手です。

冷蔵庫での保存は低温障害を起こして食味が悪くなりますし、

せっかくのリコピン量も減ってしまうと言われています。

トマトをすぐに食べない場合や硬いトマト、少し緑が残っているトマトは常温保存をしてください。

1個ずつ新聞紙で包みへたを下にしてかごなどにいれ、

15度から25度の直射日光が当たらない場所に置いてください。

Img_20190221_132715_1

夏は2・3日、冬は1週間ぐらい常温保存して追熟させてより美味しく食べてほしいですね。

完熟したトマトは野菜室で保存をお願いします。

 

Img_20190221_132245

2019年2月28日 (木)

山梨を食べよう→いちご🍓

本日の「山梨を食べよう」のコーナーでは、イチゴをピックアップいたしました!

Img_20190221_125428

いちごの品種は数多くあります。

果実の外側の色、中の色、形、酸味、甘さなど品種によって違ってくるので、

いろいろないちごを試して頂いてお気に入りを見つけてほしいです。

 山梨ではいちご狩りができる農園が数多くあり、

観光農園では様々な品種を栽培されているところもありますよ。

栄養面ではなんといっても豊富なビタミンCが含まれているのがいちごの自慢です。

ビタミンCは免疫力アップ、ストレス緩和、美肌・美白などに期待ができますよね!

さらに食物繊維、葉酸、カリウムなど栄養たっぷりです。

いちごの赤はアントシアニンです。抗酸化作用にも期待ができます!

そして、いちごのおいしい食べ方はずばり!???

先端側の方が甘みが強いので、へた側から食べるのがおすすめです。

またいちごと牛乳でいちごミルクにしていちごを楽しむ方が多いと思いますが、

今日はいちごとアーモンドミルクを使ってのいちごミルクを紹介いたしました。

Img_20190221_132303

いちごもアーモンドも同じバラ科なので、相性が良く、

アーモンドミルクに含まれる豊富なビタミンEが加わりさらに抗酸化力アップに期待できます。

今日の簡単クッキングはビニール袋にいちごを入れて、

潰してもらいそこにアーモンドミルクを入れた、いちごスムージーを作りました。

Img_20190221_131756_2

材料は

  • いちご
  • 市販のアーモンドミルク

です。

Img_20190221_131856

スプーンで潰してもミキサーを使ってももちろん美味しくできますが、

洗い物いらずで、手もみでいちごスムージーを作るのも楽しいですよね!

Img_20190221_131950_2

いちごとアーモンドミルクは冷やしたものの方がより美味しくできます。

美味しいいちごの見分け方は・・・

へたが反り返っているもの、へたの緑が濃いもの、

実がみずみずしく、つぶつぶがたっているもの、

そしてツヤ、ハリがあるものがいいですね。

いちごの保存法は・・・

いちごは長期保存ができません。購入したらすぐ食べましょう。

食べきれない場合は冷凍保存がおすすめです。

またいちごを洗う時は、洗ってからへたを取ってくださいね!

 

Img_20190221_131102

2019年2月21日 (木)

山梨を食べよう→小松菜

本日の「山梨を食べよう」のコーナーでは、小松菜をピックアップいたしました。

Img_20190206_163758

ほうれん草のかげに隠れてしまいそうなイメージがありますが、

非常に栄養価が高い美味しい野菜です。

山梨では県内全域で栽培されています。

栄養面もたっぷり!

緑黄色野菜の小松菜はカロテンが豊富です。

そしてなんといっても自慢はカルシウムです。

カルシウムの量は牛乳に匹敵する量が含まれており、

カルシウム、鉄分、ビタミンCの量もほうれん草よりも小松菜の方が多く含まれています。

Img_20190206_173723 小松菜は鮮度を保ちにくいので、新鮮なうちに食べることが最大のポイント!

加熱時間は短時間がお勧めです。

そして小松菜は生で食べることもできます!

本日は、小松菜を生で食べる簡単クッキングをいたしました。

「乗せて混ぜて小松菜ご飯」です。

材料は

Img_20190206_165905

  • ごはん
  • 小松菜1株
  • もみのり
  • じゃこ
  • しょうゆ
  • ごま油

です。

小松菜は混ぜやすいように細かく切っておきます。

ご飯に順番に混ぜていきます。

のり→小松菜→じゃこ→味付けでごま油としょうゆをかけてください。

Img_20190206_173221

そしてよーく混ぜてくださいね!ポイントは温かいご飯の上に乗せることと、

調味料は少な目にかけてもらって、足りなかったら足してください。

Img_20190206_173633

この混ぜご飯は火を使いません。生なので栄養の損失が少ないですし、

食べやすいように切って混ぜるので生ですが硬さがあまり気になりません。

旬の栄養たっぷりの小松菜、加熱調理が一般的ですが、

ささっと生で食べられるこちらのクッキングもぜひお試しください♪

 

Img_20190206_173817

【上手な保存方法】

生のままで保存の場合は、ペーパータオルに包んで根元を下にしてポリ袋に入れます。

そして冷蔵庫の野菜室で立てて保存をお願いします。

ちょっと意外ですが、小松菜は生で冷凍保存がお勧めです。

よく水洗いした後に、

水気をしっかり切ってそのままビニール袋やラップに包んで冷凍保存してください。

使う時には自然解凍でお願いします。

冷蔵保存は2~3日を目途に、冷凍保存は2~3週間を目途に食べてください。

旬は寒い時期が特においしいです。

 

Img_20190206_173259

山梨の小松菜、食べるJAん山梨で購入できます。

2019年2月14日 (木)

山梨を食べよう→じゃがいも!&Happyバレンタイン💛

本日の「山梨を食べよう」のコーナーでは、

じゃがいもをピックアップいたしました。

 

Img_20190206_163623

いろんなお料理にして楽しめる野菜ですよね。

山梨では主に家庭菜園や自家消費用などで、いろんな地域で栽培されています。

男爵芋やメークインなどが多く作られていますが、

直売所ではいろいろな品種にであることがあります。

Img_20190206_175047

じゃがいもは良質な炭水化物を多く含み、ビタミンCをはじめとするビタミン類、

カリウムなどのミネラル、食物繊維など含んでいます。

ビタミンCは加熱に弱いですが、じゃがいもはでんぷんに守られいるので加熱しても壊れにくいです。

じゃがいもとみかんを比べるとビタミンC量はほぼ同じなんです!

じゃがいもを食べるのに、いい調理方法は・・・

コロッケやポテトサラダなどを作る時に茹でると思います。

皮を剥いてカットしてから茹でるとビタミンCが失われてしまうので、

皮ごと茹でるのがポイントです。

皮ごと茹でることでビタミンCの損失が少ないです。

皮には実よりも鉄分やカルシウム、ポリフェノールが多く含まれているので、

新じゃがの季節などは特に皮ごと調理して食べて頂くと栄養をしっかり摂れます。

本日の簡単クッキング!

「じゃがいもdeチョコトリュフ」です。

  • じゃがいも中1個(約100g)
  • 板チョコレート1枚 
  • ココアパウダー少々です。

Img_20190206_164053

Img_20190206_164150

じゃがいもをレンジで加熱し柔らかくし潰したものに、

同じくレンジで溶かしたチョコレートを混ぜます。

Img_20190206_164048

Img_20190206_164752

じゃがいもを潰すのはスプーンの背でつぶすと簡単です。

Img_20190206_164922

これをトリュフのように丸めて頂き、ココアパウダーにまぶします。

Img_20190206_165804

ココアパウダーの代わりに粉砂糖でも大丈夫です。

簡単な材料ですぐ作れますし、今からでも今日のバレンタイン間に合いますね!

Img_20190206_165807

男性から女性に作ってプレゼントしても素敵だと思いますので、ぜひ作ってみてください!

【じゃがいもの保存方法】

じゃがいもは日光や蛍光灯の光で有毒物質のソラニンができてしまいます。

じゃがいもの芽、緑色になったものは食べるのは避けてください。

ソラニンができないように冷暗所での保存が基本です。

Img_20190206_175224

りんごと一緒に保存すると芽が出るのを防いでくれます。

生のじゃがいもは冷凍保存に向きませんが、

マッシュポテトにして冷凍すると1か月ほど日持ちします。

食べる時は自然解凍かレンジで解凍して、

サラダやポタージュにして頂くと美味しく食べることができます。

Img_20190206_174534

2019年2月 7日 (木)

山梨を食べよう→にんじん

本日の「山梨を食べよう」のコーナーでは、人参をピックアップいたしました。

 

Img_20190124_100116

意外や意外人参として登場するのは初めてです。

にんじんと言えば、オレンジ色が特徴ですよね!

あのオレンジ色はβカロテンで、体内でビタミンAに変換されます。

免疫力を高める働きや、抗酸化作用があるので、がんや生活習慣病予防に良いと言われています。

また皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあると言われているので、

風邪や細菌感染の予防にも期待ができます。今の季節にしっかり食べたい野菜の1つです。

Img_20190124_104046_2

またにんじんに含まれるポリフェノールの多くは皮に含まれるので、

調理するときには皮ごと使うのが栄養をしっかり摂るポイントになります。

山梨では主に県内各地で美味しいにんじんが栽培されています。

本日の簡単クッキングでは、ひらひらにんじんのチーズ巻きをご紹介しました。

Img_20190124_104013

お弁当の中に入れて頂くと色どりよく、栄養バランスも良くなる一品です。

作り方は今回もとても簡単です。

人参をスライサーもしくはピーラーでリボン状にします。

Img_20190124_100824_3

巻きやすいようにレンジで1分ほど加熱してください。

Img_20190124_100956

加熱したにんじんをラップの上に重ねて置き、

芯としてブロックのチーズをカットしたものを置いてくるくる巻くだけです。

Img_20190124_104118

にんじんに豊富に含まれるβカロテンは油と一緒に摂ると吸収がよくなります。

今回は脂肪分も含まれるチーズと一緒に食べることで、吸収率アップを狙います。

また今日はにんじんだけで巻いていますが、

にんじんときゅうり、大根なども一緒に巻くとさらに彩りのよい、

くるくるサラダが出来上がります。

山梨の人参は、県内の直売所で購入できます。

 

Img_20190124_103626

2019年1月31日 (木)

山梨を食べよう→きのこ!

本日の「山梨を食べよう」のコーナーでは、きのこをピックアップいたしました!

 

Img_20190124_100126

しいたけをご紹介しました。

お店に行くと「原木栽培」「菌床栽培」としいたけは

平成18年から栽培方法の記載が義務づけられています。

「原木栽培」は生育期間が長く手間がかかり、天然ものとほぼ同一条件での栽培なので、

収穫量は不安定です。ですが食味は天然ものに近く風味が豊かです。

「菌床栽培」はブナやシイの木材で作った菌床で、

生育に最も適した温度・湿度のもとで栽培されています。

原木栽培のしいたけに比べると風味はやや落ちますが、収穫量は安定し、

生育期間も原木栽培に比べて短いのが特徴です。

山梨県産のしいたけは原木栽培が多いので、

美味しいしいたけを食べたい方にぜひおすすめしたいです。

 

Img_20190124_103220

きのこと言えばヘルシーというイメージがありますよね!

約90%が水分なので低カロリーで、体の中からキレイにしてくれる食物繊維が豊富です。

いろいろなお料理に加えてかさましをして、満足感を得られる便利な食材です。

またカルシウムの吸収を助けるビタミンÐが豊富です。

しいたけに含まれる「エルゴステロール」は紫外線を浴びることでビタミンÐに変化します。

なので調理前に30分から1時間ほど天日干しすると、

ビタミンÐ量が10倍に、食物繊維やビタミンB1の量も増えると言われています。

今の季節は晴天が続くことが多いので、食べる前にしいたけを日光浴させてあげてください。

本日の簡単クッキング!

しいたけの軸をカットし、

Img_20190124_100340

かさの部分にマヨネーズに醤油を混ぜたものを乗せ、

Img_20190124_100413

Img_20190124_100622

オーブントースターで焼いただけ!

Img_20190124_102028

大人の方でしたら、お好みで七味唐辛子など振って食べても美味しいです!

きのこの美味しい見分け方は!?

かさが肉厚で、開ききっていないもの。かさの裏側のひだがきれいな白い色のもの、

軸は短めで太いものがいいです。

鮮度が落ちてくるとかさがっ開ききったり、裏側のひだが茶色く変色します。

きのこの保存方法

新聞紙やキッチンペーバーに包んでポリ袋に入れ、軸を上にして野菜室に保存するのがお勧めです。

1週間を目途に食べてください。栄養のところでもお伝えしましたが、

しいたけを天日干しすることでビタミンÐの量が増え、日持ちしやすくなりますので、

干ししいたけもおすすめ。

さらにおすすめなのは調理する形にカットしてしてからの冷凍保存です。

他のきのことミックスして冷凍保存すると使い勝手が良いですし、

冷凍したきのこを使用すると旨みが増すので、とても便利ですよ。

Img_20190124_102540

 

2019年1月24日 (木)

山梨を食べよう→ごぼう

本日「山梨を食べよう」のコーナーでは、ごぼうをピックアップいたしました。

 

Img_20190110_100447

山梨では北杜市や南巨摩の地域で多く栽培されています。

ごぼうと言ったら多くの方が食物繊維と思われるのではないでしょうか。

食物繊維が多い野菜の代名詞ともいえるごぼうは、

腸内環境を改善し便秘や肌荒れ防止の効果が期待できます。

またカリウムやカルシウムを含み、健康効果への期待大の野菜です!

 

Img_20190110_104001 ごぼうを調理するときに「あく抜き」という作業が出てくるのですが、

栄養を上手に摂るためには「あく抜きをしない」というのがポイント。

さらに皮ごと食べるとさらにいいです。

ごぼうの皮にはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が多く含まれています。

クロロゲン酸は糖尿病や脂肪の蓄積を防ぐ働きがあると言われています。

あく抜きをすると水が茶色くなるのですが、それはクロロゲン酸が流れてしまっているんです。

さらに水溶性食物繊維も水に溶けてしまうので、あく抜きしないのは、

手間も省けて栄養を上手に摂れる方法なんです。

本日の簡単クッキング!!

お正月に食べ過ぎてしまったという方にお勧めのお腹をすっきりさせたい!

簡単ごぼうの雑炊です。

Img_20190110_101742

一人分で材料とご紹介すると、

  • ごはん1杯分(150g)
  • お水300cc
  • ごぼう70g(お好みで量の増減をしてください)
  • ねぎ1/2本
  • めんつゆ大さじ1

ごはんとお水、めんつゆを入れて中火で煮ます。

そこによく洗ったごぼうを皮ごとすりおろしたものを混ぜ、一緒に煮ます。

Img_20190110_100727

Img_20190110_100919

Img_20190110_101318

仕上げにネギを入れれば出来上がりです。

すりおろしている間にごぼうが茶色く変色しますが、そのままお鍋に入れてください。

この雑炊にきのこ類を入れるとさらにお腹スッキリ効果が期待できますよね!

色どりに他の野菜を入れて頂いてもいいですし、卵を入れてもいいです。

汁ごと食べるので、水に溶けた食物繊維もしっかり摂取できますし、

満腹感も得られるのでお勧めです。

<ごぼうの美味しい見分け方は!?>

太さが均等でひげ根が少ないものがいいです。

下の方を持ってまっすぐに立つものを選んでください。

太くても立たないものは、中心に「す」が入っている場合があります。

また柔らかぐにゃっと曲がるものは避けましょう。

<ごぼうの保存方法>

ごぼうは乾燥と湿気が苦手な野菜です。

泥付きのごぼうは新聞紙に包んで冷暗所に立てて保存をお願いします。

1か月ほど日持ちがします。冷蔵保存の場合は、冷蔵庫に入る長さに切って、新聞紙で包み、

さらにポリ袋に入れて立てて保存をしてください。

冷蔵保存ですと泥付きごぼうは2か月ほど日持ちさせることができます。

Img_20190110_103458

2019年1月17日 (木)

山梨を食べよう→ちじみほうれん草

本日、「山梨を食べよう」のコーナーでは

ちぢみほうれん草をピックアップいたしました。

Img_20190110_101055

ちぢみほうれん草は、品種名ではなく栽培方法の違いで、

寒締めほうれん草とも呼ばれています。

露地栽培することで寒さに耐えられるように葉に厚みがでて

縮んだようにしわが入っているのが特徴です。

また少しでも日光に多く当たるように地面に張り付くように葉を広げるので、

形にも特徴があります。

 

Img_20190110_103008 山梨ではJA梨北管内の北杜市や、JA西八代管内の市川三郷町で出荷があります。

栄養面では、ほうれん草自体が栄養価が高い野菜なのですが、

ちぢみほうれん草は甘みがあり、あくが少ないため食べやすいです。

また鉄分やビタミンCなどが通常のものよりも豊富に含まれています。

調理のコツとして、葉がちぢんでいるので、葉の縮んだ部分と茎にも土が入っていることが多いです。調理の前にしっかり洗って頂きたいです。

豊富に含まれているビタミンCをできるだけ失いたくありませんよね。

ちぢみほうれん草はあくが少ないので、下茹で時間は10秒ほどで大丈夫です。

ゆでる前に切るのはNGなので、必ず茹でてからカットするようにしてください。

ちぢみほうれん草は、えぐみを感じなければ生で食べることもできます。

本日の簡単クッキングは「ちぢみほうれん草の韓国風サラダ」を紹介いたしました。

Img_20190110_104817

ちぢみほうれん草をよく洗って手でちぎり、

千切りしたねぎをビニール袋に入れます。

Img_20190110_101716 麺つゆ、酢、ゴマ油を入れてビニール袋をよくふって調味料と合わせてください。

Img_20190110_102935

ちちみほうれん草は肉厚なので、もちろん加熱しても美味しく食べられます。

鍋に入れても存在感ばっちりですし、

グラタンやオムレツの具材、お味噌汁の具など、期間限定の美味しさを楽しんで頂きたいです。

上手な保存方法・・・

常温保存だと栄養価の減少が大きいので、さっとゆでて冷凍保存がお勧めです。

冷凍することで栄養の損失を防ぐことができます。

小分けして冷凍しておくことで使い勝手が良くなり、

いろいろな料理に入れて頂くことで色合いや栄養バランスが良くなります。

冷凍したちぢみほうれん草は1か月ほどで食べ切って頂きたいです。

1月中旬頃まで出荷が予定されています。

全農やまなし直売所食べるじゃん山梨他、県内の直売所で販売されています。

Img_20190110_102232

2019年1月10日 (木)

山梨を食べよう→牛乳

本日の「山梨を食べよう」のコーナーでは、牛乳をピックアップいたしました。

Img_20181227_101303

山梨でも美味しい牛乳が生産されているんです。

甲府盆地内にも農家さんがいらっしゃいますが、

メイン産地は八ヶ岳南麓地域の清里、富士北麓の河口湖町です。

本日も簡単クッキングをいたしました!

寒い冬だからこそ温かくなるホットジンジャーミルクです。

材料は

  • 牛乳200cc
  • おろししょうが小さじ1
  • はちみつ大さじ1

以上です。お好みで分量は加減してください。

今日はおろししょうがはチューブのものを使用して作ります。

Img_20181227_104432

牛乳におろししょうがとはちみつを入れてよく混ぜます。

まぜたら電子レンジで加熱すれば出来上がりです!

身体を温める働きがあるしょうがと温かい牛乳で体が温まりますので、

風邪予防にもぜひ作って頂きたいです!

毎日飲まれる方も多いと思いますが、牛乳を美味しく飲むために

保存方法にも気を配って頂きたいと思います。

賞味期限がありますが、開封したら⒉日を目途に飲み切ること。

また牛乳の温度が上がらないように、保冷剤を入れて持ち運ぶ、

帰ったらすぐに冷蔵庫に入れることもポイントになります。

一度に飲み切れない場合が多いですよね?シンプルですが、

牛乳パックの口はしっかり閉じる、においの強い商品からにおいが移らないように、

離して保存するなど、工夫して頂くと牛乳をより美味しく飲むことができます。

牛乳は豊富なカルシウムの他、

3大栄養素、ビタミン・ミネラルなどがバランスよく含まれていて、

美肌効果や牛乳に含まれる乳糖は腸のぜん動運動を高めてくれるので、

腸を整える働きにも期待がもてます。

牛乳は飲むだけではなく、いろいろなお料理にも使えるので上手に摂って頂きたいです!

Img_20181227_104041

Copyright (C)