2018年7月31日 (火)

8月5日放送 第六十六回は 阿久悠 作『甲子園の詩』

20180510 (TAKEGONさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第六十六回放送は 8月5日。
今回 は、阿久 悠 が書きました『甲子園の詩』から5編の詩です。

20120730073244

昭和の大ヒット曲を 世に多く送り出した偉大な作詞家ですね。

日本レコード大賞での大賞受賞曲は作詞家として最多の5曲
1971年「また逢う日まで」尾崎紀世彦、1976年「北の宿から」都はるみ
1977年「勝手にしやがれ」沢田研二、1978年「UFO」ピンク・レディー
1980年「雨の慕情」八代亜紀
日本レコード大賞の作詩賞受賞は「ジョニィへの伝言」ペドロ&カプリシャス、「熱き心に」小林旭など
7回で最多記録となっています。

阿久 悠(あく ゆう)さんは、1937年2月7日  2007年8月1日)は放送作家、詩人、作詞家、小説家で、本名、深田 公之(ふかだ ひろゆき)。淡路島の出身です。第2回横溝正史ミステリ大賞、第45回菊池寛賞受賞。紫綬褒章、旭日小綬章を受章されています。

阿久さんは、直木賞候補となり映画化もされた小説『瀬戸内少年野球団』を書いているように、
野球を とても愛していました。

Img_2764 今日、朗読するのは、1979年から2006年にかけて、スポーツニッポン新聞に連載された『甲子園の詩』を5枚組のCDにしたブックレットの中から5編の詩とそれにまつわるエピソードです。
阿久 悠さんが、夏の甲子園の期間中 毎日、その日最も印象に残った試合 に詩を綴ったもので、CDでは、詩の朗読を軸にして、実況やナレーションも交えたラジオドキュメンタリー風の構成で、まるで あの頃ラジオから聴いていたかのような感動が味わえるものとなっています。

興味をもたれたかたは、こちらから。CDで全編の詩と実況を聴いてみてくださいね。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

____________

【追記】いただいた御感想です。

clover山口県 かーや

野球が好きな、元高校球児の母です。

もこさんの朗読する5編の詩を聴きながら。知らないうちに涙が流れていました。

どうして、高校野球はこれほど人を引きつけ、自分の高校時代や子どもの高校時代にタイムスリップできるのでしょう。

どうして、こんなに熱くなれ、さわやかになり、こころが震えるのでしょう。

阿久さんの詩にそのヒントがあったように思います。

今年は100回の記念大会。平和な世だからこそ、甲子園に若人が集えます。

被災したところからの代表も、「普通。日常」をかみしめながらグランドに立ちます。

甲子園に出場できた選手も出られなかった多くの選手もその家族も、みんなみんな愛おしい。

がんばれー‼

2018年7月24日 (火)

7月29日放送 第六十五回は 平林初之輔 作『夏の夜の冒険』

_mg_7365_3 (富士川十兵衛さん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第六十五回放送は 7月29日。
今回 は、平林初之輔 が書きました『夏の夜の冒険』での2編です。

サンセット・シアター初登場の作家です。

5191csgeql
平林初之輔は、1892年 京都府竹野郡深田村生まれ。早稲田大学英文科を卒業し、初期プロレタリア運動の理論派として活動し、著作に「無産階級の芸術」などがあります。
評論家、推理作家、翻訳家でもあり、「新青年」に参加し、自作を発表する一方、ヴァン・ダインを「グリイン家の惨劇」の訳で日本に紹介しました。
1931(昭和6)年、パリで開催された第一回国際文芸作家協会に日本代表として出席しましたが、
同じ年、出血性膵臓炎のためフランスで客死しました。

今日お届けする作品、『夏の夜の冒険』は、1930(昭和5)年に新潮社の「文学時代 第二巻第九号」9月号に発表された短編です。

現代に通じる深刻な「幼児虐待」が、この小説のテーマになっています。
親を選べない子と、親になる資格のない女。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

____________

【追記】いただいた御感想です。

cloverこんにちは、フクフクフッキーです。

平林はつのすけが書いた、「夏の夜の冒険」を聴いて、ただただ、ハッピーエンドであってほしい、少年が亡くなったのは、夢であったと終えてほしかったが、物語であろうと、現実であろうと、胸が痛むのは嫌ですねえ。

ハッピーエンドになる物語をチョイスしてもらいたいな。

2018年7月17日 (火)

7月22日放送 第六十四回は 夢野久作 作『ツクツク法師』『雨ふり坊主』

Photo_3 (ヨッシーさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第六十四回放送は 7月22日。
今回 は、夢野久作 が書きました『ツクツク法師』『雨ふり坊主』での2編です。

夢野久作、サンセット・シアターに 初登場ですね。

Kyusaku_yumeno
夢野 久作(ゆめの きゅうさく)は、1889年、福岡県の出身で、
両親の離婚により祖父の手によって育てられました。
慶應義塾大学を中退後、農園の経営に携わりますがうまくいかなかったようで、
その後僧侶となり、修行する日々を経験します。
還俗した後、新聞記者として九州日報に勤め、この頃から童話などの執筆もおこなうようになりました。

1926年、『あやかしの鼓』で作家デビューを果たすと、その後も数々の作品を発表。
1929年に発表された『押絵の奇蹟』は、江戸川乱歩から褒め称えられるほどの傑作でした。
10年以上の歳月をかけ書き上げた、代表作『ドグラ・マグラ』が発表された翌年、
夢野久作は47歳で脳溢血のため亡くなっています。

Meimuna_opalifera_female
今日、朗読する1作目、「ツクツク法師」は「九州日報」に
1925(大正14)年の9月4日から~6日にかけて掲載された作品で、
欲張りな坊さんが主人公です。いっぱい貯めたお金を、この坊さんは いったいどうするのでしょう?

続いて2編めの「雨ふり坊主」は、同じく「九州日報」に同じ1925年の9月に
掲載され、「夢野久作全集1」に収められています。
農家のお父さんを思いやって、雨を降らそうとする太郎くんが けなげです。

どちらの作品も、新聞掲載時に使われているペンネームは、夢野久作ではなく、香倶土三鳥かぐつちみどりです。


お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。
____________

【追記】いただいた御感想です。

clover ビーグルハグ

いつも楽しみに、聴かせていただいております。

もこさんの声は、なんとも癒される声で、また表現が素晴らしい!

どんどん、お話の中に引き込まれて、情景が浮かんできます。

知っている作品も、そうでない作品も、生き生きとしています。

これからも癒される声で、たくさんの作品を紹介していただけたら嬉しいです。まだまだ暑いので、お身体に気をつけてお過ごし下さい。

2018年7月10日 (火)

7月15日放送 第六十三回は、小泉八雲 作『耳無し芳一の話』

Photo_2 (光代さん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第六十三回放送は 7月15日。
今回 は、小泉八雲 が書きました『耳無し芳一の話』です。

小泉八雲、サンセット・シアターに 初登場ですね。

Enjoy_build_4_48

小泉 八雲(こいずみ やくも)は 1850年、アイルランド人の父とギリシャ人の母との間に、
ギリシャに生まれましたが、フランスやイギリスで教育を受けたのちアメリカへ渡り、
得意のフランス語を活かして20代後半からジャーナリストとして活動を始めます。

1890年(明治23年)、アメリカの出版社の通信員として来日。その後、日本で英語教師となり、
翌年、松江の士族 小泉湊の娘・小泉セツと結婚。松江・熊本・神戸・東京と居を移しながら
英語教育のかたわら、欧米に日本文化を紹介する著書を数多く遺しました。
1896年 東京帝国大学文科大学の英文学講師に就職。日本に帰化し「小泉八雲」と名乗るようになります。
小泉八雲の肩書きは、新聞記者(探訪記者)、紀行文作家、随筆家、小説家、日本研究家、日本民俗学者
と多岐にわたり、東洋と西洋の両方に生きたとも言われています。

1904年(明治37年)に狭心症で死去。満54歳でした。

妻セツは、日本語が読めない八雲のリクエストに応じて、日本の民話・伝説を語り聞かせるため、
普段からそれらの資料収集に努めたようです。
彼女以外の家族・使用人・近隣住民、また旅先で出会った人々の話を題材にした作品も多くあります。

今日、お届けする「耳無し芳一の話」は、安徳天皇や平家一門を祀った阿弥陀寺(現在の山口県下関市にある赤間神宮)を舞台とした物語です。

Ganryujima_458 赤間神宮にある「耳なし芳一の像」

小泉八雲によって1904年に出版された『怪談』の中の17編の怪談の中の一編で、ここで取り上げられ、広く知られるようになりました。

八雲が典拠としたのは、1782年、一夕散人(いっせきさんじん)著『臥遊奇談』第二巻
「琵琶秘曲泣幽霊(びわのひきょくゆうれいをなかしむ)」であるとされています。


きっと、何度か読んだり聞いたりしたことのあるお話だとは思いますが、
滅ぼされた平家の人々の哀れを感じる、切なくも哀しい物語です。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。
_______________
【追記】
御感想:かーやさんから
小学校の頃、私は仲良しのお友達のお寺の子ども会に所属していた。
お友達のお父さんが「パネルシアター」創始者の古宇田先生で、私たちは新作が出来るたびに 見せてもらえていました。
パネルシアターの「耳無し芳一」は、ブラックライトを使った、ドキドキするくらい怖い作品で、今でも思い出せるくらいです。
ラジオから流れる もこさんの声で語られる「耳無し芳一の話」は怖く盛り上がって、聴き入ってしまいました。
パネルシアターのこと、下関の赤間神宮のお堂のこと、いろんなことを思い出しながら聴きました。

2018年7月 3日 (火)

7月8日放送 第六十二回は akiko作『ジャズを詠む』

Img_1849_2
(富士川十兵衛さん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第六十二回放送は 7月8日。
今回 は、ジャズシンガーの akiko が書きました
ジャズを詠む 〜 人生を幸せにする、25のスタンダード・ナンバー』です。

Img_2024


今回は、日本文学の名作・・・ではなく、今年、2018年4月に発行されたばかりの
ジャズシンガー akikoさんの初エッセイ集なんですね。

C00ca2_1c1b5dc70c4d43539397ec81df61akikoプロフィール
2001年、ユニバーサル・ミュージック傘下の名門ジャズレーベル「ヴァーヴ・レコード」より
初の日本人女性シンガーとしてデビュー。
既存のジャズの枠にとらわれない幅広い音楽活動で国内外で活躍。これまでに「ジャズディスク大賞」や
「Billboard Japan Music Awards」はじめ、数々の音楽賞を受賞。

また、アーユルヴェーダやヨガの資格を取得し、不定期でワークショップやリトリートツアーなども開催している。
akiko 公式サイト


GOOD DAY昼ジャズのコーナーにakikoさんに ご登場いただいたおり、この本を読ませてもらって
とても素晴らしい内容だったので、「サンセット・シアターという朗読の番組で紹介したいなぁ」
と申しましたら、快くご承諾くださって。

この本は、ジャズのスタンダード・ナンバーを紹介する というのではなく、
25曲のジャズ・スタンダードの歌詞にインスパイアされたakikoさん自身の、
25編の 生活や記憶の数々を綴ったエッセイになっています。
表題になっているジャズナンバーは、よく知られたものもあれば、
ジャズ好きな人だけが知っている...というものも。

じぃぃん...と感動、一緒に怒ったり、笑ったり、考えさせられたり。
文才の豊かさに感嘆しつつ、akikoさんだからこその 人との出逢い、縁の
素晴らしさに心を打たれます。

今回は、
「 My Funny Valentine 」
「 Look For A Silver Lining 」
「 Over The Rainvow 」
の3編です。
akikoさんの選曲によって、
それぞれ
リンダ・ロンシュタット、チェット・ベイカー、ジュディ・ガーランド
の歌唱ナンバーも聴いていただきます。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

_____________

【追記】いただいた御感想です。

cloverこんにちは、もこさん。フクフクフッキーです。

 私は中途失明者となって、10年となりました。心身に障害のある人や性的マイノリティーがある人にしかわからない世界を体験している一人です。

あきこさんのエッセイを聴いて、オズの魔法使いの最後の言葉、「どうして私は空を飛べないの?」のあとに続く言葉は、「私は私の足で歩いていくためだからよ」、と、続けたいですね。

ライオンも案山子も、ブリキの人形も、魔法使いに足りない物をもらったわけではなく、自分自身で行動し、さまざまなものを得たのですよね。

私は10年間、失明しながらも、生きてきました。人とのコミュニケーションがうまくいかず、投げやりになる時期もありました。それを救ってくれた人もいました。でも、最終的には、自分自身で行動するしかないですよね。

エッセイの中に、「どんな人もみな、完璧な存在なのだと認識される世界が実現してほしい」というフレーズがありました。

私は、完璧な存在を認識してもらうことは良いでしょうが、人間の不完全な存在が、みんなで助け合ったり、無い物ねだりをしたり、喜んだり恨んだり、悩んだりするのだと思います。障害者になりたくて生まれてきたり、障害を好きな人はいないと思います。それでも、なにかしらの光を求めて、人は歩いているのかな。

clover タケゴン

高校時代、名画座で「オズの魔法使い」を見ました。内容はすっかり忘れてましたが「Over The Rainvow」を詠んで頂いて記憶がよみがえりました。

 「願いは必ず叶う、でも努力が必要」

それは、おそらく「My Funny Valentine 」のエピソードでもあきらかですが、akikoさんご自身が一番感じていることなのではないか、そんなことを思いました。

 続編も希望します。エピソードの元になった原曲もよいけれど、akikoさんの歌唱でも聴いてみたいです。

 

2018年6月26日 (火)

7月1日放送 第六十一回放送は 土田耕平 作『身代わり』

Img_8713_3 (富士川十兵衛さん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第六十一回放送は 7月1日。
今回 は、土田耕平が書きました『身代わり』です。

サンセット・シアターには初登場の作家ですね。

Tutida1
土田耕平は、歌人で童話作家です。明治28年(1895)長野県諏訪市大和に生まれました。
10歳で父を、18歳で母を亡くし、諏訪中学を3年で退学、下諏訪小学校に勤めます。
この頃、島木赤彦に逢い、彼に師事し、歌を「アララギ」に発表。
のち、私立東京中学に編入学し、赤彦と同居してアララギの編集を助けていきます。 

中学卒業後帰郷して小学校に勤務するも間もなく罹病。療養のため伊豆大島に渡ります。
その後は諏訪、伊那、飯山、須磨、明石、大和郡山など転居すること30数回に及び
「漂泊の歌人」などともいわれました。

不眠症、胃腸病、心臓症、腎臓病などを患いながらも、アララギへの投稿や
信濃毎日新聞歌壇の選者などに当たる。この間、童話集の「鹿の目」「蓮の實」「原つぱ」
「夕焼」「裾野」、歌集の「青杉」「斑雪」を世に送り出していきます。

耕平の「清澄歌風は歌壇の注目するところ」となり、「写生を基調とした透徹した歌風」
「赤彦の写生道をそのまま生かした作風」で青年層などに共鳴されたといいます。

昭和15年(1940)、長野県飯田市鼎の寓居にて永眠。享年44歳。郷里の諏訪市大和寿量院の
先塋の傍に葬る。没後、歌集「一塊」が未亡人、斎藤茂吉らによって編まれました。
その後、遺稿集3巻(1943)、童話集(1949)、著作集4巻(1985)などが出版されています。

今日、お届けする「身代わり」は、1924年、大正13年に古今書院から発行された
童話集「鹿の目」に収められた作品です。

 ある日、幼い兄妹とその両親のもとに、一匹の三毛の子猫がやってきます。

Img_2301
この作品のタイトルの意味が、最後の最後にわかります。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2018年6月19日 (火)

6月24日放送 第六十回は 芥川龍之介 作『犬と笛』

31912026_2234051603279278_463076560 (Moko Ogawa撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第六十回放送は 6月24日。
今回 は、芥川龍之介が書きました『犬と笛』です。

Ak

大正時代に活躍した「新思潮派」の作家、芥川龍之介の作品は、
「蜘蛛の糸」「蜜柑」「羅生門」「杜子春」「トロッコ」「運」
とサンセット・シアターでは お届けしてきましたので、これが 七つめですね。


Dog2


犬と笛(いぬとふえ)は、1919年(大正18年)、『赤い鳥』に、
「蜘蛛の糸」に次いで 二つめの作品として発表されました。
後に「芥川龍之介全集」第4巻に収録されています。
芥川の書いた児童文学の中でも、純粋無垢な冒険小説といってもいいような内容です。

「いく子さんに献ず」と、この小説の冒頭にあるのですが、この、いく子さんとは、
芥川夫人のお母さんの従妹で、大正7年の結婚当時、芥川は、15歳のいく子さんと
よく会う機会があったといいます。彼女を喜ばせようと書いた作品だったのでしょうか。

芥川の妻 文さんは、結婚当時 17歳でしたから、いく子さんと 奥さんとは、2つ違い。

むむ。このお話の中に登場する 御姉様の姫様と妹の姫様を、妻の 文と いく子さんに置き換えてみると、
面白いのかもしれません。

物語の舞台は、大和の国、 現在の奈良県。
生駒山、笠置山、葛城山、と、奈良の山々の名前が出てくる、神話のようなお話です。

そこに住む木こりの「髪長彦(かみながひこ)」が主人公。
彼は、森の中で次々と、3人の神に出会います。
それぞれの神が願いを叶えてくれると言うのですが、
はたして髪長彦が欲しいと言ってもらった犬とは、どんな犬だったのでしょう?

ワクワクする冒険譚をお楽しみください。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2018年6月12日 (火)

6月17日放送 第五十九回は太宰 治 作『六月十九日』『桜桃』

Img_20180517_190442_306 (山中湖村ヨッシーさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第五十九回放送は 6月17日。
今回 は、太宰 治が書きました『六月十九日』『桜桃』の二編です。

B1582908701
このサンセット・シアターの登場は これで8回目と 圧倒的な回数となっている太宰作品ですが、
今回は、どうしてもこの時期に読みたいと思った作品をお届けします。

Profile_dazai
今年も、もうすぐ 太宰 治の命日「桜桃忌」がやってきます。
ご存知のかたも多いと思いますが、太宰は、1948年(昭和23年)6月13日、愛人山崎富栄と玉川上水に入水して生涯を閉じました。
2人の遺体は6日後の6月19日、奇しくも 太宰の誕生日に発見されたのです。
彼が死の直前に書いた短編「桜桃」にちなみ、6月19日を、太宰と同郷で生前交流のあった今官一によって「桜桃忌」と名付けられたんですね。

この桜桃忌が近い 今日のサンセット・シアターでは、
太宰の死の1ヶ月前に書かれた「桜桃」をお届けします。

Cherry_img01

その前に、誕生日と桜桃忌が同じ6月19日であるので、自分の誕生日について書かれた
短いエッセイ「六月十九日」があるので、それも読ませてもらいますね。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2018年6月 5日 (火)

6月10日放送 第五十八回は 槇本楠郎 作『月夜のかくれんぼ』『きんまくわ』

Dsc_2167 (山中湖村ヨッシーさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第五十八回放送は 6月10日。
今回 は、槇本楠郎(まきもと くすろう)が書きました『月夜のかくれんぼ』『きんまくわ』の二編です。

サンセット・シアター初登場の作家ですね。

Makimotocrop 槇本 楠郎は1898年 、岡山県吉備郡足守町(現在の岡山市)に生まれた童話作家、詩人、評論家で、また、プロレタリア児童文学の先導者でもありました。
娘は、童話作家の槙本ナナ子です。

早稲田大学を中退して帰郷。農業に従事しながら、大正末期に詩集「処女林のひびき」や古謡を集めて「吉備郡民謡集」を刊行。やがて社会主義思想にめざめて、『文芸戦線』に短歌や評論を寄稿しはじめ、昭和2年には上京して労農芸術家連盟に加わり、プロレタリア文学運動に身を投じて文筆生活に入る。

終始一貫して取り組んだのは童話、童謡、児童文学論であり、プロレタリア童謡、童話の分野を確立し、1956年(昭和31年)、58歳で亡くなりました。

今回 朗読する「月夜のかくれんぼ」は河出書房から1953(昭和28)年6月発行の「日本児童文学全集」に、「きんまくわ」は1935(昭和10)年11月に文章閣から出版された『仔猫の裁判』に収められています。

「月夜のかくれんぼ」は、美しい月が浮かぶ "なの花月夜"に、菜の花畑で かくれんぼする子ども達の様子が、幻想的に目に浮かんでくるようなお話です。


もう一編の「きんまくわ」は、因果応報というか、いじわるすると、自分に悪いことはかえってくるよ。
というお話でしょうか。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

____________
扉の写真を投稿のヨッシーさんから:
もこさん 久しぶりの夕焼けに感動しました。
そして 逆さ富士でもありました。

2018年5月29日 (火)

6月3日放送 第五十七回は 有島武郎 作『卑怯者』

Img_7969_2 (富士川十兵衛さん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第五十七回放送は 6月3日。
今回 は、有島武郎が書きました三編、『卑怯者』です。

105186
明治末〜大正時代に活躍した作家、有島武郎は、
武者小路実篤,志賀直哉らの『白樺』派に属しましたが、1917年あたりから
創作活動を盛んにしていき、『惜みなく愛は奪ふ』『カインの末裔』
『生れ出づる悩み』『或る女』などの代表作があります。 

今日お届けする、「卑怯者」は、有島武郎の短編小説で。
最初は新潮社から、1920(大正9)年に出された「現代小説選集」に収められました。

有島の心その物のような話です。
文芸評論家の本多秋五は「自分は卑怯者ではないか」という有島の意識が
作品として表現されたものだと指摘しています。

道を急ぐ男の前で、子どもが引き起こしてしまった大変な出来事。
さて、同じ場面に遭遇したとき、自分だったらどうするのか。
案外、この男と同じような行動をするのではないか。
その時、自分はどう思うのか。。。そんなことを考えながら、聞いていただけたらと思います。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。