2018年2月20日 (火)

2月25日放送 第四十三回は 小川未明 作『殿さまの茶わん』

Photo (新潟のH.YAMADAさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第四十三回放送は の2月25日。
今回 は、小川未明が書きました「殿さまの茶わん」です。
Unknown 小川未明は、 日本近代童話の父、日本のアンデルセンと謳われる、
新潟県上越市出身の小説家・童話作家です。
明治15年(1882年)、現在の幸町で旧高田藩士の家に生まれ、中頸城尋常中学校、早稲田大卒。
大学在学中から小説を書きはじめました。
卒業後、雑誌『少年文庫』の編集にたずさわり、童話も書くようになります。
著書に『薔薇と巫女』『物言はぬ顔』『小川未明童話全集』等。
児童文学者協会会長も務めています。
小説を執筆するかたわら童話を意欲的に発表し続け、
代表作に「金の輪」、「赤いろうそくと人魚」、「月夜とめがね」、「野ばら」などがあります。
昭和36年(1961年)、79歳で死去するまで1000点以上の作品を送り出し、
現在もたくさんの読者に親しまれています。

今回、お送りする「殿さまの茶わん」は、1921(大正10)年1月「婦人公論」に発表されました。

51sb1g7cvzl_sx333_bo1204203200_ 新潮社から出版されている新潮文庫「小川未明童話集」に収められています。

ある国に有名な陶器師がいました。
殿さまが使うのだからと、お役人から、より軽く、より薄での茶わんを造り、献上するよう命ぜられ、素晴らしい茶わんを完成させます。
が、それを使用した殿さまは…さぁ、どうなるのか。どうぞ、番組をお楽しみくださいね。


お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2018年2月13日 (火)

2月18日放送 第四十二回は 横光利一 作『笑われた子』『冬の女』

1516090043953
(富士吉田の ペポーンさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第四十二回放送は の2月18日。
今回 は、横光利一が書きました「笑われた子」「冬の女」の二編です。

Yokomitsu_riichi横光利一は、1898年(明治31年)3月、福島県出身。
鉄道の設計技師をしていた父が鉄道の開通工事のため来ていた福島県の北会津、今の東山温泉で
生まれたのですが、父親の出身地は大分県宇佐市です。

菊池寛に認められ、1923年「新小説」に「日輪」で鮮烈な文壇デビューを果たします。
『機械』は日本のモダニズム文学の頂点とも絶賛され、
また形式主義文学論争を展開し『純粋小説論』を発表するなど評論活動も行い、
長編『旅愁』では西洋と東洋の文明の対立について書くなど多彩な表現を行いました。

1924年、川端康成らとともに「文芸時代」を創刊し、新感覚派文学の運動をおこしています。
1935年(昭和10年)前後には「文学の神様」と呼ばれ、志賀直哉とともに「小説の神様」とも称されました。


「笑われた子」は、1922年(大正11年)に書かれた短編小説で、最初のタイトルは、「面(めん)」
でした。改稿されて「笑われた子」となったのは大正13年のこと。

41ndcn8rtrl_sl500_ この作品、最後の部分に どうしても納得がいかず、5回ほど書き直し、完成に3年ほどかかったようです。

さらに、「自身の作品の中で、一番いいものになるのではないか、と思うこともある。」
とも言っています。

親に、一生の仕事を決められた主人公「吉(きち)」に、
なんとはなしシンパシーを覚えるかたもいらっしゃるでしょうか。 

もうひとつの作品、「冬の女」は、掌編で、900文字ほどの長さです。
「改造」に[1924(大正13)年、発表されました。

冬の庭先で落葉焚きをする女に、何を考えているのかと訊いて、
「秋の歌」と答えたなら止めねばならない…として、女に語りかける 台詞には、
考えさせられるものがあります。
あなたは、春夏秋冬、どの季節を愛しますか?

6f0430046d40e023be888b26ec8d89bc
本格的な春の訪れが待ち遠しい今、お届けいたします。


お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2018年2月 6日 (火)

2月11日第四十一回は 太宰 治 作『走れメロス』

Img_20180120_180147797 (TJS Radio 新海景基さん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第四十一回放送は の2月11日。
今回 は、太宰 治が書きました「走れメロス」です。515ymznh1gl_sx307_bo1204203200_
1940年、文芸雑誌「新潮」に初めて発表され、その後、同じ年の6月に
河出書房から出版された、「女の決闘」という単行本に収められています。

学生時代、国語の教科書に載っていて、暗記の宿題が出された...なんて人もいらっしゃるかしら。

作品の最後に「古伝説とシルレルの詩から」と書かれてあって、
古代ギリシャの伝承と、ドイツのフリードリヒ・フォン・シラーの詩をもとに太宰が創作した物語です。

古代ギリシャの『ピタゴラス伝』に書かれているのは、
物語というより実際あった事件の報告といった感じで、
主人公が走って現れたという描写もありません。

太宰は、ドイツ文学者の小栗 孝則(おぐり たかのり)が、訳したシラーの「人質」
という詩を参考にしました。

さらには、こんなエピソードもあります。

熱海の旅館に太宰が入り浸っているので、心配した妻が、
太宰の友人の檀一雄に「様子を見て来て欲しい」と頼んだとか。

往復の交通費と宿代等を持たされ、熱海に来た檀を、太宰は大歓迎。
檀を引き止めて連日飲み歩き、とうとう金を全部 使い切ってしまった。
太宰は、檀に宿賃のかたに身代わりになって待っていてくれと言い、
東京にいる井伏鱒二のところに借金をしに行ってしまう。

数日待っても音沙汰もない太宰にしびれを切らした檀が、
井伏のもとに駆けつけると、二人は のん気に将棋を指していたとか。
激怒しかけた檀に太宰は「待つ身が辛いかね。待たせる身が辛いかね。」 と言ったという。

後日、『走れメロス』を読んだ檀は「おそらく私達の熱海行が、
少なくも その重要な心情の発端になったのでは」と語っています。

さて、面白い話をひとつ。

 一般財団法人 理数教育研究所が開催した「算数・数学の自由研究」作品コンクールにおいて、
2013年度中学校の部で最優秀賞:塩野直道賞を受賞したのが、

当時、愛知県 愛知教育大学附属岡崎中学校2年
村田 一真くん「メロスの全力を検証です。

3日間のうち初日と最終日に往復するのが、10里(約39km)の道のり。
村田くんの研究では、かかった時間を文章から推測。
往路の出発は「初夏、満天の星」とあるので0時と仮定、到着は
「日は既に高く昇って」「村人たちは野に出て仕事を始めていた」とあるので午前10時と仮定して...
距離を時間で割った平均速度は、時速3.9キロ! 
うん、歩いてるよね…♪
 

さらに、メロスは復路の日、日の出前に目覚めて出発し、
日没ギリギリにゴールの刑場に突入。
村田くんは、イタリア南端の夏至の日の出がだいたい午前4時、
日の入がだいたい午後7時と目星をつけ、考察を開始。
復路では途中、激流を泳いだり、山賊との戦いといったタイムロスも考慮に入れて
メロスの移動速度を算出。  
その結果、野や森を進んだ復路の前半は時速2.7キロ、山賊との戦い後、
死力を振りしぼって走ったとされるラストスパートも時速5.3キロと、
思った以上に「ゆっくり!」な移動速度が算出されてしまいました。

メロス......走ってないじゃん!!
 
ちなみに、フルマラソンの一般男性の平均時速は9キロだそう。  

もちろん、現代のように道が整備されているわけでなし、いろんな足止め要素を想像すれば、
算出された平均速度以上にメロスは頑張っていたとすることも可能です。

ちなみに村田くんの締めの言葉は
「往路の事でメロスは、結婚式のために色々買ったので、それをすべて持って村
に行かなければいけないので、少し遅くなったと思います。しかし、遅すぎると思いました」
「『走れメロス』というタイトルは、『走れよメロス』のほうが合っているなと思いました

 もっと・・・走れよ メロス。 うふふ。happy01

村田くん直筆の自由研究は、こちらをご覧ください。


お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2018年1月29日 (月)

2月4日放送 第四十回は グリム兄弟 作『ヘンゼルとグレーテル』

Dsc_0041130
(SUSUMU.Tさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第三十八回放送は の1月28日。
今回 は、グリム兄弟が書きました「ヘンゼルとグレーテル」です。

91dvfoyeodl
この「ヘンゼルとグレーテル」は、グリム童話に収録されている童話のひとつです。

ヨーロッパの口減らしのための「子捨て」を題材にしていますが、
実際にあった中世ヨーロッパの大飢饉(1315年〜1317年)の記憶を伝える話という見方もあります。

また、子ども達を 森へ捨ててしまおうと提言するのが ここでは継母ですが、
初版では、実の母だったり、残酷な描写がいろいろとあったようです。
改訂が繰り返されて、今の形に落ち着いたとか。

「ほんとは怖いグリム童話」sweat01なんて言いますものね。

子供達が知恵を使って苦境を乗り越える、サバイバルの指南書...と言ってもいいのかも。

19世紀終盤にはオペラにもなっており、ドイツオペラの傑作に数えられています。

さて、小さい頃に読んだ。読み聞かせで聴いた...というかたも。
久しぶりに味わってみると、違った印象を感じるかもしれません。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2018年1月22日 (月)

1月28日放送 第三十九回は 新美南吉 作『おじいさんのランプ』

20180116165327_img_0694 (バーニングヒップさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第三十八回放送は の1月28日。
今回 は、新美南吉が書きました「おじいさんのランプ」です。

新美南吉(にいみ なんきち)は、愛知県半田市出身、
1913年に生まれ1943年3月 結核により29歳の若さで亡くなった児童文学作家です。
雑誌『赤い鳥』出身の作家の一人で、代表作『ごん狐』(1932年)は最初、「赤い鳥」に掲載されました。
若くして亡くなったため、作品数は多くありません。
出身地の半田には、新美南吉記念館や、彼の生家、作品ゆかりの場所を巡るウォーキングコースも作られています。
生誕100周年の2013年には新美南吉生誕100年記念事業が行われました。


新美の生前に刊行された唯一の童話集「おぢいさんのランプ」
(有光社、1942(昭和17)年10月10日)に収載
されています。

130223_pic_07
新美の父親の話が一部ヒントとなって書かれたと考えられる作品で、
おじいさんが、自分の体験を孫に語ってあげる形で お話は進んでいきます。

ストーリーは・・・
明治時代、田舎の孤児の少年 巳之助(みのすけ)が当時最新鋭だったランプに出会って惚れ込み、
ランプ商として出発します。ランプ商は成功しますが、時代が移り代わり、電気の普及するようになると・・・

主人公の巳之助(みのすけ)が、ある決心をして向かった、夜の池でのシーンが圧巻で。
想像すると、その光景の美しさとあいまって、切なさで胸がいっぱいになります。

Photo2017年に行われた愛知県安城市(新美南吉ゆかりの町)での生誕祭において
酒井敦美さんの切絵より


ちなみに、この作品は、昨年、一般社団法人日本朗読協会「第5回朗読だいすきコンクール」において、
個人部門の課題図書にもなっていました。
あなたも、声に出して読んでみてはいかがでしょうか。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2018年1月15日 (月)

1月21日放送 第三十八回目は 小手鞠るい 作『花野 2007年 寒露』

Dsc_5676120 (SUSUMU.Tさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第三十八回放送は の1月21日。
今回 は、小手鞠るい さんが書きました「花野 2007年 寒露」です。

小手鞠るい(こでまり るい)さんプロフィール:
1956年生まれ。岡山県備前市出身。
22歳のとき、やなせたかしさんが編集長をつとめる雑誌『詩とメルヘン』に、初投稿、初入選。
1981年に第7回サンリオ「詩とメルヘン賞」を受賞し詩人として出発する。
1995年からは小説家として、たくさんの作品を上梓、
現在は、アメリカ、ニューヨーク郊外に居を構え、
絵本の原作、エッセイ、児童書なども手がけている。
代表作に、『誰もいない』『九死一生』『美しい心臓』『アップルソング』など


今回お届けする「花野 2007年 寒露」は、「九死一生」という
短編集の最後に収められている小説です。

Images

愛猫家の小手鞠さんならではで、短編集の全ての小説に、猫が登場するのですが、
この「花野」は、ペットロスのかたはもちろん、肉親や大切な人を亡くしたかたの心に
まっすぐ響く、深く優しいメッセージが込められています。

昨年の12月におこなったジャズと語りの公演の時に最後に2人の語り手と1人のギタリスト
3人でコラボし、涙して聴いてくださるかたも多くいらっしゃいました。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

_____________
追記:
かーやさんから
小手鞠るいさん大好きで、「きみの声を聞かせて」を最初に読んでから、
「シーツとシーツのあいだ」「アップルソング」「泣くほどの恋じゃない」
「いちばん近くていちばん遠い」「望月青果店」などなど、次々 読んでます。
とても読みやすく

2018年1月 8日 (月)

1月14日放送 第三十七回は 芥川龍之介 作『トロッコ』

20171210 (SUSUMU.Tさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

さぁ、新年に入っての二週目、第三十七回放送は、 1月14日。
今回 は、芥川龍之介が書きました「トロッコ」です。

Bookessay_kakuta
1922年(大正11年)に発表された短編小説です。
同じ年の1月に、名作「藪の中」を発表し、この「トロッコ」は、その三か月後。
中学校の教科書などにも採用されていますが、大人にも子どもにも楽しめる作品です。

この小説は、湯河原出身のジャーナリスト力石平三が、幼年時代に
熱海軽便鉄道が人車鉄道から軽便鉄道への切り替えを行っている工事を見物したときの回想を
記した手記を、芥川が潤色したものとのことですが、
トロッコを操る土工に憧れる気持ち、突然に突き放されることで言葉に出来ないような不安な気持ち、もの悲しい、せつない心情が短い中に端的に表現されていて、読む人の胸を打ちます。

子どもは、やがて大人になり、ふと思い出す あの記憶。
「大人」になっていく中で、自分が考えていたように物事が進まない理不尽さに、
胸が えぐられるような痛み。これが、この短い中にギュッと詰まっているんですね。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2018年1月 1日 (月)

1月7日放送 第三十六回は 小川未明 作『生きた人形』

20171211165100_img_0602 (ペポーンさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

新年あけまして おめでとうございます。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

本年も よろしくお願いいたします。

さぁ、新年の最初、第三十六回放送は の1月7日。
今回 は、小川未明が書きました「生きた人形」です。

Mimei_ogawa_01

小川 未明(おがわ みめい)[1882年(明治15年)- 1961年(昭和36年)]は、児童文学作家で、
日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれています。

 新潟県高田(現上越市)に生まれ、東京専門学校(早稲田大学の前身)に進学、
在学中の1904年(明治37年)、処女作「漂浪児」を雑誌『新小説』に発表。
この時、坪内逍遥から「未明」の号を与えられています。
卒業後、早稲田文学社に編集者として勤務しながら、多くの作品を発表しました。

長篇よりも、短編作品に才能を発揮しており、童話の代表作としては「金の輪」、
「赤い蝋燭と人魚」、「月夜と眼鏡」、「野薔薇」などがあります。

1946年(昭和21年)に創立された日本児童文学者協会の初代会長を務めています。
79歳で亡くなりましたが、没後、小川未明文学賞が創設されました。

51sb1g7cvzl_ac_ul320_sr226320_
今回お届けする「生きた人形」は、
サンデー毎日 7巻49号」1928(昭和3)年10月28日に掲載された短編です。

呉服屋の店頭に飾られていた人形の代わりに雇われた美しい少女。
生きているマネキンは評判を呼び、店は繁盛しますが、少女に近寄ってきたのは 果たして・・・

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。
________________
タイトル写真について:
もこさん、こんばんは。
車の中からコンデジで急いで撮ったので、構図も何も考えていませんが、
よかったら使ってください。
(ペポーンさん)

2017年12月28日 (木)

12月31日放送 第三十五回は 菊池寛 作『忠直卿行状記』

Image1(上野原市 柚子ジャムさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第三十五回放送は 大晦日!の12月31日。
今回 は、菊池寛が書きました「忠直卿行状記」です。

歴史小説ですが、そう。

前々回、2週間前にサンセット・シアターでお届けした、
太宰治作「水仙」の冒頭に引用されていた物語なんですね。

主人公の忠直卿とは、松平 忠直(まつだいらただなお)のことで、
江戸時代初期に実在した大名です。Matsudaira_tadanao
越前北ノ庄の藩主でした。この藩は、現在の福井県で、福井藩とも越前藩とも呼ばれます。

忠直は徳川家康の孫にあたり、父の死にともなって、13歳の若さで 越前75万石を相続しました。

慶長19年(1614年)の大坂 冬の陣では、その闘いぶりの拙さを祖父・家康から責められますが、
夏の陣では真田幸村たちを討ち取り、大坂城へ真っ先に攻め入って、華々しい戦功を挙げました。

けれども、20代なかばから、奇行が目立つようになり、ついには、隠居を命じられ、
豊後府内藩、現在でいう大分県へ謹慎の処分のまま、亡くなっていきます。

1960年、八尋不二 脚本、森一生 監督、市川雷蔵 主演で、映画化もされていますね。

81oudtxwil_sl1500_

作者、菊池寛は、その松平忠直の半生を、古代中国の暴君の行いをモチーフに
脚色し、小説「忠直卿行状記」を完成させました。
ですから、忠直の人格を忠実に記したものではないと思われますが、
上に立つものの孤独、悲しみ、諦め、生きていく上での心のよりどころの必要性など、
いろいろと考えさせられます。

よろしかったら、太宰治作の「水仙」と共に、味わってみてください。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。
________________
タイトル写真について:
先日、河口湖ハナテラスで すっごく美味しい「いちごのパフェ1,800円&
いちご濃厚ソフト、紅茶をいただき、満足した後 散策しながらの撮影です。
(12/25 柚子ジャムさん)

2017年12月24日 (日)

12月24日放送 第三十四回はウィーダ作『フランダースの犬』

Dsc_033320170910_17 『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第三十四回放送は 12月24日。今回 は、ウィーダが書きました「フランダースの犬」です。

テレビアニメでお馴染みの作品かと思いますが、イギリスの女流作家ウィーダ
(本名:マリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー)が1872年に発表した児童文学です。
フランス人の父と、イギリス人の母の間に次女として産まれたウィーダは、
20歳ごろから小説を書き始め、1863年『囚れの身となって』を発表して作家デビュー。
『二つの旗の下に』『ストラスモー』『銀色のキリスト』など40冊以上、発表しています。

大の犬好きで動物愛護協会設立に尽力し、晩年は多くの犬と暮らしたとのこと。
パトラッシュの描き方からも、彼女の、犬への愛情が伝わってきますね。

 

『フランダースの犬』の舞台は19世紀のベルギー北部のフランドル地方。

アントワープに隣接するホーボケンが、ネルロとパトラッシュの居た村のモデルとされています。
ウィーダはこのお話を執筆する前の年にアントワープやホーボケンも訪ねており、
この村に風車小屋が実在していた事がわかっています。

原作が書かれたのは1872年。
日本語版は1908年(明治41年)に初めて出版されました。
当時は、西洋人の固有名詞が受けいれにくいと思ったのか、
ネロは清(きよし)!、パトラッシュは斑(ぶち)!!、アロアは綾子(あやこ)!!!、
などと訳されたそうです。
今日、お届けするのは、1929年(昭和4年)の菊池寛 の訳によるものです。

そして。ネルロとパトラッシュが見たルーベンスの絵は、これ。O0700046711628724047
クリスマスイブにお届けするお話、じっくり聴いてみてくださいね。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。