2017年5月24日 (水)

5月28日放送 第4回は 夏目漱石 作『夢十夜』

18664545_1763519256999184_1225065_2『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第四回放送は5月28日。今回 取り上げるのは、

夏目漱石『 夢十夜 』から、第一夜、第三夜 です。

41sch4r77cl

夏目漱石といえば。「坊ちゃん」「心」「三四郎」「吾輩は猫である」など、

一度は読んだことがあるというかたも 多いでしょうね。

日本を代表する作家として、1984年から2007年まで千円紙幣の顔にもなっていました。

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e20

夏目 漱石(なつめ そうせき)は、1867年、慶応3年生まれ。なんと江戸時代に誕生していたんですね。大正5年、49歳で亡くなりました。

大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学んでいます。そのあたりは、司馬遼太郎の「坂の上の雲」にも夏目金之助として描かれていましたね。

帝国大学、現在の東京大学 英文科卒業、松山で尋常中学校教師や、熊本で教授などを務めた後、イギリスへ留学。帰国後、東京帝国大学で英文学の教鞭をとりながら、「吾輩は猫である」や「坊っちゃん」などを書いていきます。

その後、朝日新聞社に入社し、「虞美人草」「三四郎」などを掲載しました。

夢十夜』(ゆめじゅうや)は、1908年(明治41年)の夏、『朝日新聞』で連載された小説です。

当時の明治、神代の頃・鎌倉時代・100年後の世界など、10の不思議な夢の世界を綴っています。「こんな夢を見た」という書き出しが有名ですね。
今回は、その中から、幻想的でロマンチックな「第一夜」と、怪談とも思える「第三夜」をピックアップしてお送りします。

あなたのご感想をお聞かせください。

メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
で、いつでもお待ちしています。

日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年5月17日 (水)

5月21日放送 第三回は小手鞠るい『木を抱きしめて生きる』

Sunset

『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第三回放送は5月21日。今回 取り上げるのは、

小手鞠るい さん 作『 木を抱きしめて生きる 』です。

今回は、原作を 短く編集して朗読させていただきますが、
それでも長くなってしまい、放送では本編を読むのが精一杯で、
作者や作品についてのご紹介を おこなう時間がつくれませんでした。
そこで、このブログで 詳細をお届けしますね。

20170512_235033

2016年9月20日 原書房から発行されました 書き下ろしの連作短編集
『曲がり木たち』の五編の短編のラストに収められた物語です。

不思議な公園にぽつんと佇む 優しい形をしたベンチ。
主人公の女子高生 こずえ は、いつも独りで ここでお弁当を食べるのが日課でした。
彼女が この小さな公園のベンチで出会った 老人とのやりとり。
「生きづらさ」を抱えたそれぞれたちの 心のよりどころ 聴いてみてくださいね。



作者の小手鞠るい さんは、
1956年、岡山県生まれ。同志社大学法学部卒業。
22歳の時、やなせたかしさんが編集長を務める雑誌「詩とメルヘン」に初投稿した詩が入選、
1981年、第7回サンリオ「詩とメルヘン賞」を受賞。
1993年、第12回「海燕」新人文学賞を受賞。
2005年『欲しいのは、あなただけ』(新潮社刊)で第12回島清恋愛文学賞を受賞。
2009年、原作を手がけた絵本『ルウとリンデン 旅とおるすばん』でボローニャ国際児童図書賞を受賞。
2017年『アップルソング』(ポプラ社刊)がNHKラジオ第一放送「新日曜名作座」で1ヶ月間ドラマ化。
現在、アメリカ、ニューヨーク州に在住。詩、長編小説、エッセイ、児童書、絵本と様々な分野で 精力的に執筆活動を続けていらっしゃいます。


実は。
今年の3月、私が東京で 語りとピアノのコラボ公演をおこなう時に、小手鞠さんの作品
「きみの声を聞かせて」を演目にさせていただいたのですが、その際、
幾度もニューヨークの小手鞠さんとメールのやりとりをさせていただく中で、
この本「曲がり木たち」を教えていただきました。
拝読して是非、番組で朗読したいとお願いし、ご快諾いただいたのが、
今回の作品『 木を抱きしめて生きる 』です。

「きみの声を聞かせて」に登場する中学生の 星野葉香ちゃんと、どこか似ている
『 木を抱きしめて生きる 』の主人公 高校生の 斎藤 梢は、人間嫌い。
どちらも 動物、植物、小鳥、木、そして本を読むのが大好き。
昔の小手鞠さん自身を 色濃く反映している人間像のようです。

さらに、物語に登場する秋山さん...という老人は、実在の人物なのだとか。
後半に語られる疎開のお話は、秋山さんをはじめとする
経験者から直接、小手鞠さんが お話を聞かせていただいたことばかりで、

この経験談は、同じ原書房から、
『あんずの木の下でーーー体の不自由な子どもたちの太平洋戦争』として、
小・中学生向けのノンフィクションとして出版されています。

作中で「希望の友学園」となっているのは、世田谷区に実在した「東京市立光明国民学校 」
現在の「東京都立光明学園」のこと。


秋山さんの言葉を通して語られる世界は、反戦・平和の「命のメッセージ」に満ちているように感じます。
興味を持たれたかた、本でも ぜひ、読んでみてくださいね。

さらにさらに。
5月21日午前11時から、長野県千曲市 上山田温泉 にて
「旧 東京市立 光明国民学校 学校学童疎開 記念碑」の除幕式がおこなわれることになりました。

昭和7年、日本初の身体の不自由な学童のみを収容した寮舎・医療施設が設備 された養護学校が「東京市立光明国民学校 」です。
小説の中でも語られているように、太平洋戦争末期、大都市の子ども達は 安全と思われる地方へ学童疎開となりましたが、光明国民学校の生徒は疎開の対象とはならず、自分で考えるようにと放任されてしまった松本保平校長は困ったあげく、長野県上山田村へ要請し、受け入れてもらったとのこと。 
その絆を記念しての碑が建立され、披露されるのが、奇しくも この放送当日の5月21日。
偶然とはいえ、合縁奇縁を感じます。

弱者が犠牲となる戦争の過ちを繰り返さないように。。。

この物語を朗読させていただきながら、その思いを強く持った私です。

 

20100710073007



今回の「木を抱きしめて生きる」
よろしかったら、ぜひ。
あなたのご感想をお聞かせください。

メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
で、いつでもお待ちしています。

日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年5月10日 (水)

5月14日放送 第二回は芥川龍之介『蜘蛛の糸』

Sunset

『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第二回放送は5月14日。今回 取り上げるのは、

芥川龍之介 作『 蜘蛛の糸 』です。

Photo_2

芥川は、明治25年3月1日 東京に生まれ、昭和2年7月24日に 自死で亡くなっています。
35歳でした。
主に短編小説を多く書き、多くの傑作を残しています。

1918年に鈴木三重吉により創刊された児童向文芸誌「赤い鳥」創刊号に発表されたもので、芥川龍之介が手がけた はじめての児童文学作品ですね。

Photo_3 

お釈迦さまは、ある時、極楽の蓮池を通して下の地獄を覗き見ます。

さて、そこに見えた光景とは…


よろしかったら、ぜひ。
あなたのご感想をお寄せくださいね。

メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
で、いつでもお待ちしています。

日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年5月 2日 (火)

5月7日 新スタート!第一回は太宰 治『葉桜と魔笛』

Sunset

風薫る五月。いよいよスタート、
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』
ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

普段、活字で文学を読んでいるかたも、読書タイムが なかなかとれずに居るかたも
『音』で『声』で 文学を愉しんでいただけたら幸いです。

第一回は5月7日。今回 取り上げるのは、この季節にぴったりの作品

太宰 治『 葉桜と魔笛 』です。

Fullsizerender_2

明治42年6月19日 青森県北津軽郡金木村に生まれ、昭和23年6月13日 38歳で亡くなった太宰 治。本名 津島 修治

何度も自殺未遂を繰り返し、最後は 玉川上水に 愛人と入水自殺で命を絶ったことから、
退廃的な作風がクローズアップされがちですが、数々の名作の中には ユーモア溢れる作品も多く、たとえば、井原西鶴の短編を太宰ふうに新解釈で著した『新釈諸国噺』などは 愉しく読めるものです。

特に、太宰と山梨県との関係は深く、井伏鱒二の紹介で、甲府市出身の石原美知子さんと結婚し、甲府に住んでいた時期がありました。
結婚後の5,6年は、精神的にも安定して、数々の優れた作品を世に送り出しています。

また、ベストセラーとなった『斜陽』や、『女生徒』「ヴィヨンの妻』など、女性の一人称で もの語る作品を多く残しています。

この作品「葉桜と魔笛」は まさに、美智子さんと結婚した直後である甲府に暮らし始めた頃、昭和14年6月に発表した作品で、女性の一人称の短編です。

Fullsizerender


老婦人が、昔を回想しながら 妹との思い出を語っていくもので、
葉桜の頃、五月に起きた 不思議な出来事。
青春とは 生きるとは 愛する者を思いやるとは・・・

様々なことに 思いを馳せることが出来るでしょう。

よろしかったら、ぜひ。
あなたのご感想をお寄せくださいね。

メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
で、いつでもお待ちしています。

日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEradiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

Copyright (C)