2017年12月14日 (木)

12月17日放送 第三十三回は 太宰 治 作『水仙』

Dsc_8058yuuhi (Susumu・T撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第三十三回放送は 12月17日。今回 は、太宰 治が書きました「水仙」です。

Img_9824

水仙」(すいせん)は、太宰治の短編小説で、1942年、『改造』の5月号に発表されました。

冒頭、「忠直卿行状記」という小説を引用してしますが、これは菊池寛の書いた時代小説で、実在の福井藩の藩主、松平忠直を描いたものです。
この殿様の異常な行状と、あるお金持ちの夫人、草田静子の行動が重なることで、
この 太宰の作品は始まります。
タイトルの水仙は、もちろん、花の名前。

この小説は、洋画家・林倭衛(はやし しずえ)の夫人だった秋田富子から、
太宰に送られた手紙をヒントに書かれたとのこと。

実は、つい先日、12月14日に、東京の紀尾井町サロンホールにおいて、
ギタリストの横田明紀男氏と一緒にジャズと語りのコラボレーション公演として 
私が語ったばかりの作品なんですね。20171214_kioichoufffko_1200
公演の時には、物語を暗記をして語るわけですが、憶えていくうちに、
ここで描かれている静子夫人に、私自身の思いが 少しずつ重なっていきました。
誇りを持って生きる。自分らしく生きる。
あなたは、何を心のよりどころにするでしょうか。
主人公の静子夫人は、どうだったのでしょうか。

ジャズギタリストの横田さんは、この話を読んで、オリジナルの楽曲を作曲し、
生演奏でステージに臨んでくださいました。

今回のサンセット・シアターでは、全然違うBGMを合わせてみます。

Img_9797

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年12月12日 (火)

12月10日放送 第三十二回は 芥川龍之介 作『杜子春』

Dsc_778120171117
(Susumu・T撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第三十二回放送は 12月10日。今回 は、芥川龍之介が書きました「杜子春」です。

51uyqw6jivl_sx351_bo1204203200_

1892年(明治25年)に生まれ、昭和2年に35歳で亡くなった芥川 龍之介
大正期に活躍した「新思潮派」芥川は、その作品の多くが短編で、児童向けの作品も書いています。

この『杜子春』(とししゅん)は、1920年(大正9年)、児童向けの雑誌『赤い鳥』に発表されました。

牛僧孺(ぎゅう そうじゅ)が編さんした『玄怪録』と、
李復言(り ふくげん)がまとめた『続玄怪録』の双方に収録された伝奇小説『杜子春』を
童話化したものです。

後に、新潮社から1921年に発刊された短編集「夜来の花」に収録されています。

 舞台は、中国の、しばしば中国王朝の首都となった大きな町、洛陽。

洛陽の町外れで佇んでいたのは、親の財産を使い果たした青年「杜子春」。
彼の前にひとりの老人が現れます。
さて、杜子春の身に、いったい どんなことが起こるのでしょうか。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年11月26日 (日)

12月3日放送 第三十一回は オスカー・ワイルド作『幸福の王子』

Dsc_8078yuuhi(Susumu・T撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第三十一回放送は 12月3日。今回 は、オスカー・ワイルドが書きました「幸福の王子」です。
そう。今までは日本文学に特化してきましたが、初めての海外の作家による翻訳もの。
子どもの頃、絵本で読んだよ。とか、子どもに読み聞かせしてあげたよ。
というかたも多いでしょうね。何度 読んでも心が温かくなる名作です。

200pxhappy_prince
作者のオスカー・ワイルドは、
オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド
(Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wilde)
1854年 - 1900年11月30日
アイルランド出身の詩人、作家、劇作家です。

19世紀末文学の旗手として、多彩な文筆活動をしました。
その一方で、男色を咎められて収監され、出獄後、失意のまま亡くなったと言われています。

様々な名言も残されています。その幾つかを・・・

「男は 愛する女の最初の男になる事を願い、女は 愛する男の最後の女になる事を願う」

「男の顔は その人の自伝であり、女の顔は その人の創作である」

「ありふれた富は盗めるが真の富は盗めない。
 人の心の中にはだれにも奪えないとほうもなく尊いものがある」

『幸福な王子』(The Happy Princeは子供向けの短編小説で、
このお話が含まれた短編集 The Happy Prince and Other Tales は1888年に出版されました。

ワイルドの童話の中でも最も有名なお話ですね。
英語の教科書に載っていて、暗誦したというかたも多いかしら。
 "Swallow, Swallow, little Swallow,"と、
王子がツバメに呼びかける言葉が印象的です。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年11月21日 (火)

11月26日放送 第三十回は 太宰 治 作『美少女』『待つ』

Dsc_144520171110 (Susumu・T撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第三十回放送は 11月26日。今回 は、太宰 治が書きました「美少女」「待つ」の二編です。

「美少女」は1939(昭和14)年に「月刊文章」に発表されたもので、甲府の湯村温泉が舞台となっています。
盆地特有の猛烈の暑さの中、「私」が、妻とともに、皮膚病に効くという大衆浴場に出掛けて、
美しいをからだをした少女に遭遇するという物語。
少女の裸体の描写も、全然 えっちじゃないのが、さすが太宰。

太宰治中期の作品で、日常の光景を軽妙な筆致で切り取っていて、ここちよいです。

「顔より乳房のほうを知っているので、失礼しました」 なんて、ユーモアやウイットを感じさせる作品です。
この小説の舞台となっている温泉、湯村温泉郷の旅館『明治』さんに一昨年、おじゃました時の写真を
いくつか。

Img_2658 美しい湯船です。お湯の温度は、小説にあるほど冷たくないよ。ちょうど良いheart01

Img_2659

旅館のフロント奥には、太宰資料コーナーが あって、太宰ファンには堪らんのよね。

Img_2664
太宰さんとツーショットの湯上がり もこ。


もうひとつの、「待つ」は1942(昭和17)年「女性」に発表された短編です。
二十歳の娘である「私」が、毎日、自分でもわからない「誰か」「なにか」を、
小さな省線の駅のホームで待っているという話。
終始、「私」という一人称で語られていくモノローグ。

さて、彼女は、いったい何を待っているのでしょうか。

この小説が世に出された昭和十七年といえば、前年に太平洋戦争が開戦。
時代が軍国主義に染まっていく中で、彼女はきっと
「救い」「希望」「平和な、静謐な世界」を待ち望んでいるのかもしれません。


お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年11月16日 (木)

11月19日放送 第二十九回は 佐江衆一 作「装腰綺譚」後編

Sunset 『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第二十九回放送は 11月19日。今回 は、佐江衆一さんが書きました「装腰綺譚」後編です。


前編を聴いていらっしゃらなかったかたのために、前回のあらすじです。

 小料理屋の松川に、女中として働いている お仙は、年の瀬も押し迫った12月28日の夕暮れ、
大川(今の隅田川)にかかる「新大橋」の上で、剣術道具を川に投げ込む侍の姿を目撃する。

その夜、松川に来たのは、さっき見た侍、矢島清三郎だった。

剣術道場の塾頭、堀尾伝十郎に 嫌味を言われている清三郎を お仙は不憫に思い、
彼を引き止め飲み直してもらううちに、侍をやめ、根付職人になる決意を聞かされる。

本職の根付職人を目指し、御徒衆組屋敷を出て町人となり、名前も清吉と変えて、新しい根付のデザインを考えている彼を、お仙は、女中の仕事の他に、朝、貝売りの仕事をして、生計を支える。

どうやら、おせんには、辛い過去があるようだ。

清吉がスリと間違われ、番所(現代の交番)に連れて行かれたという話を聞かされた お仙は、
顔色を変えた。

さぁ、清吉の根付は、出来上がるのか?おせんは、どうするのか?

51vc9pfe2gl_sx332_bo1204203200_

今回、前編と後編に分けてお届けいたしました。
主人公の心のひだを もっと知りたいという方は、

ぜひ、原作の「続・江戸職人奇譚」に収録された「装腰奇譚」を、ぜひ、読んでみてくださいね。

お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年11月 9日 (木)

11月12日放送 第二十八回は 佐江衆一 作「装腰綺譚」前編

18156994_1728836863800757_743135377
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第二十八回放送は 11月12日。今回 は、佐江衆一さんが書きました「装腰綺譚」前編です。

佐江衆一さんのプロフィール:昭和9年1月生まれの、東京出身。昭和36年「繭」で注目され、社会的なテーマを追う作品を発表。平成2年「北の海明け」で新田次郎文学賞。7年「黄落(こうらく)」でBunkamura ドゥ マゴ文学賞。8年には、「江戸職人綺譚」で中山義秀文学賞、また、芥川賞候補に5回選出されています。


今回は、初めての、前・後編に分けての放送。
それもこれも、実は。

この「装腰奇譚」は、先日、10月16日に東京新橋の内幸町ホールで開催した語りの公演で、私が語らせていただいた作品なのです。

佐江さんは「江戸職人奇譚」という江戸時代の様々な職人を描いた短編集で、「中川義秀(ぎしゅう)文学賞」を受賞されて居ますが、その続編に当たる「続・江戸職人奇譚」を5年後に上梓して居ます。今日、朗読する「装腰奇譚」は、その続編の方に収められて居ますが、実は、佐江さんが初めて書いた職人の話なんですね。

61yp99s203l_sx330_bo1204203200_51vc9pfe2gl_sx332_bo1204203200_

「装腰綺譚。この小説を書かなかったなら、その後、次々に
 職人譚を書き続けることはなかっただろう」
とは、佐江さん御本人の言葉です。

佐江さんにとって思い入れの深い、記念すべき作品だったのでしょうね。

今回の語りの公演に合わせて、原作の3分の1の長さとなっています。
これ以上カットするのは、忍びなく、

今回、前編と後編に分けてお届けいたします。
主人公の心のひだを もっと知りたいという方は、

ぜひ、原作の「続・江戸職人奇譚」に収録された「装腰奇譚」を読んでみてくださいね。

さて、時代小説好きには周知の言葉でも、このお話では、あらかじめ意味を知っておいた方が
何かと話が通じやすい...という表現があリます。
ここで、少し確認を。

大川(おおかわ):今でいう隅田川下流。今もかかっている「新大橋」は、江戸時代からこの名でありました。

暮れ六つ:酉(とり)の刻。午後6時ころ。

大小(だいしょう):日本刀の大刀と小刀(脇差)のこと。

御家人(ごけにん):江戸時代、将軍と直接 主従関係にあった武士

御徒衆(おかちしゅう):主君が外出のとき、徒歩で身辺警護をおこなった下級武士

朋輩(ほうばい):仲間。友だち。

月代(さかやき):江戸時代の日本にみられた成人男性の髪型
 ↓この、前頭部から頭頂部にかけて頭髪を剃りあげた部分Img2

お聴きくださっての御感想を ぜひ、お送りくださいね。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

「おまけのショット」:
リスナーのMisakoさんから番組にメールで届いた、富士山と紅葉の写真 燃える秋♪ですね〜Image1

Image2





2017年11月 2日 (木)

11月5日放送 第二十七回は 江戸川乱歩 作『接吻』

Dsc_068520170921 ( SUSUMU.T撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第二十七回放送は 11月5日。今回 は、江戸川乱歩が書きました『接吻』をお送りします。

5122ut8ezxl_sy346_
サンセット・シアター2度目の登場となる江戸川乱歩ものですね。

20170808011102


1965年(昭和40年)に70歳で亡くなった小説家・推理作家の江戸川乱歩は、
大正から昭和期にかけて活躍しました。

日本推理作家協会 初代理事長でもありました。

文壇にデビューした1923年からの3年間で、乱歩は23編の短編を発表しました。 
1926年以降にも、傑作短編は ありますが、
長編や「少年探偵団」シリーズや評論に力を注ぐようになりました。

今日、朗読する、「接吻」は、1925年(大正14年の作品。

新婚家庭に生まれる、ある疑念から始まります。

 新婚1か月の役所勤めのサラリーマン、山名宗三は、大の愛妻家。
恋女房の待つ家へ一目散に帰った宗三が目撃したものは・・・?

お聴きくださっての御感想 ぜひ、お送りくださいね。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年10月27日 (金)

10月29日放送 第二十六回は有島武郎 作『碁石を呑んだ八っちゃん』

Dsc_128720170925
( SUSUMU.T撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第二十六回放送は 10月29日。今回 は、有島武郎が書きました「碁石を呑んだ八っちゃん」を朗読します。


有島武郎のプロフィールについては、以前のブログの記述をご参照ください。

彼が 自分の子どものために書いた創作童話集「一房の葡萄」中の1編です。

51ko1jxh6xl_sx355_bo1204203200_ 岩波文庫、岩波書店から今も出版されています。

Sim

初刊本は、装丁や挿画も有島武郎自身の手によるものです。
中表紙を開けると、「行光、敏行、行三へ」と3人の子供たちへ捧げた本
になっており、父の愛情を感じます。
いずれも有島の子供時代の失敗談、怖かったお話など、
子供たちへの深い愛情を感じる短編が並んでいます。

今日のお話は、兄弟喧嘩から始まる、小さな子どもの誤飲事故。

7eb2114462d2f34cd06fc9949e4041ad_s
子どもって、なんでも口に入れてしまう時期ってありますよね。
このお話に似たような経験をお持ちのかた、身につまされる内容かも。。。

お聴きいただいた あなたの御感想を 心からお待ちしております。


メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年10月19日 (木)

10月22日放送 第二十五回は 太宰 治 作『新釈諸国噺』から「女賊」


Dsc_128120170925( SUSUMU.T撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第二十五回放送は 10月12日。今回 は、太宰 治が書きました『新釈諸国噺』から「女賊」です。

「新釈諸国噺」は、江戸時代の浮世草紙 作家、井原西鶴の作品を太宰流に焼き直し、まとめあげた12の作品集で、昭和20年1月に単行本として発行されました。
以前に取り上げた「貧の意地」も、この新釈諸国噺の中の噺ですね。

太宰の前書きには、
「題材を西鶴の全著作からかなりひろく求めた。変化の多い方が更に面白(おもしろ)いだろうと思ったからである。物語の舞台も蝦夷(えぞ)、奥州(おうしゅう)、関東、関西、中国、四国、九州と諸地方にわたるよう工夫した。」とあります。
順番と、どこの地方の話なのかは、以下のとおり。

貧の意地 (江戸) 諸国はなし、西鶴四十四歳刊行
大力   (讃岐(さぬき)) 本朝二十不孝(ほんちょうにじゅうふこう)、四十五歳
猿塚   (筑前(ちくぜん)) 懐硯(ふところすずり)、四十六歳
人魚の海 (蝦夷(えぞ)) 武道伝来記、四十六歳
破産   (美作(みまさか)) 日本永代蔵(にっぽんえいたいぐら)、四十七歳
裸川   (相模(さがみ)) 武家義理物語、四十七歳
義理   (摂津) 武家義理物語、四十七歳
女賊   (陸前) 新可笑記(しんかしょうき)、四十七歳
赤い太鼓 (京)  本朝桜陰比事(おういんひじ)、四十八歳
粋人   (浪花(なにわ)) 世間胸算用(せけんむねさんよう)、五十一歳
遊興戒  (江戸) 西鶴置土産、五十二歳(歿(ぼつ))
吉野山  (大和(やまと)) 万(よろず)の文反古(ふみほうぐ)、歿後三年刊行



今日、朗読する「女賊」は、陸前とありますので、今の宮城県のあたりが舞台となります。
笹谷峠仙台 名取川など馴染みのある地名が登場するので、東北の人間にはちょっと嬉しい。

「仙台には美人が少ない」という言葉があって、日本三大○○の産地などと言われてきたけれど、
井原西鶴、もしくは太宰治の時代からそうなのかなと ちょっと哀しい。

今の仙台には、美人が多いんだけどなぁ。。。

女三界(さんがい)に家なし 
という言葉がキーワードになっています。
「三界」とは仏語で,欲界・色界・無色界,つまり全世界のこと。

は三従,つまり、幼い時は親に従い,嫁に行っては夫に従い,老いては子に従わなければならないとされるから,一生の間,広い世界のどこにも安住の場所がない。 に定まる家なし

さて。京都の公家の血筋の女は、山賊の妻となって、どのような境涯に身を置いていくのでしょう。


お聴きくださっての御感想を ぜひ、お送りくださいね。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は 扉に いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年10月11日 (水)

10月15日放送 第二十四回は 芥川龍之介 作「羅生門」

Dsc_000420170914

(K.WATANABEさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第二十四回放送は 10月15日。今回 は、芥川龍之介が書きました『羅生門』(らしょうもん)です。

Miniature_model_of_rajomon

芥川龍之介は、明治25年に生まれ、昭和2年に35歳で亡くなっていますが、
その作品の多くは短編です。
また、『今昔物語集』や『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものも多いですね。
この『羅生門』も、『今昔物語集』の巻二十九第十八と、巻三十一第三十一の二つの物語を
合わせた形で書かれています。

東京帝国大学在学中の、まだ無名の作家だった大正4年11月、25歳の時、
雑誌『帝国文学』へ発表されました。
芥川文学の原点ともいえる作品。
高校国語教科書に現在も採用されています。

最後の結びの一文は たびたび変更されているようです。
『帝国文学』の初出では
「下人は、既に、雨を冒して、京都の町へ強盗を働きに急ぎつつあつた。」
第1短編集『羅生門』では
「下人は、既に、雨を冒して京都の町へ強盗を働きに急いでゐた。」
初出から二年半たって短篇集『鼻』(1918年大正7年7月(春陽堂))収録時に改稿されて、現在のように
「下人の行方は、誰も知らない」となりました。
芥川のような文豪こそ、何度も推敲し、よりよいものを追求していくのですね。。

150289_01 黒澤 明監督作品の映画『羅生門』は、この小説と同じタイトルですが、
同じく芥川が書いた小説『藪の中』が、ストーリーのメインになっています。
ただ、小説「羅生門」から舞台背景や、着物をはぎ取るエピソードなどは取り入れていますので、
レンタルなどで 映画を鑑賞してみるのも愉しいかもしれません。


お聴きくださっての御感想を ぜひ、お送りくださいね。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。