2018年12月11日 (火)

12月16日放送 第八十五回は『クリスマスの贈り物』『サンタクロースっているんでしょうか』

20180903 (タケゴンさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

今回 朗読するのは、日本とアメリカの サンタクロースにまつわるお話、
竹久夢二 作「クリスマスの贈り物」
ニューヨーク・サン新聞の社説「サンタクロースっているんでしょうか」
の二編です。

ひとつめの「クリスマスの贈り物」は、竹久夢二が書いた子ども向けの作品です。20070809121038 研究社 版「童話 春」

512vq765z9l_sx329_bo1204203200_ 小学館 版「童話集 春」

数多くの美人画を世に残した竹久 夢二(たけひさ ゆめじ、1884年(明治17年)9月16日 - 1934年(昭和9年)9月1日)は
画家として有名ですが、子供向けの雑誌に挿絵を描き、童謡や詩を発表するなど、
「子供のための仕事」も数多く遺していることはあまり知られていません。
この作品は、1926(大正15)年12月に研究社から発行された「童話 春」に収められています。
この『童話 春』は、自身による豊富な挿絵も可愛らしい、全19篇を収載した夢二唯一の童話集。
「クリスマスの贈り物」は、クリスマスに欲しいものについて話す みっちゃんとお母さん、
そして、そのお隣りの二郎さんと彼のお母さん。
微笑ましい親子の会話から、今から以上90年前の日本でも、
子どもたちがクリスマスを楽しみにしていた様子が浮かんできます。


ふたつめの「サンタクロースって、ほんとうに、いるんでしょうか?」は、
実際にあったエピソードです。
手紙を出して、新聞社に問いかけたのはアメリカの8歳の少女ヴァージニア。
この可愛らしくも真摯な質問に対して、当時ニューヨーク・サン新聞の記者で論説委員であった
フランシス・チャーチ(Francis Church/1839-1906)氏が、少女への返信として、
優しく丁寧に 社説に載せて答えたのが、この文章です。

51h87718grl_sx336_bo1204203200_ 日本では、偕成社より絵本サンタクロースっているんでしょうか?
として紹介され、ロングセラーとなっています。

子どもから、一度は聴かれたことのある質問。
「サンタクロースって、ほんとうに、いるんでしょうか?」

あなたなら、なんと答えるでしょうか。


お聴きくださっての あなたの御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2018年12月 4日 (火)

12月 9日放送 第八十四回は アンデルセン作『もみの木』

Photo (柚子ジャムさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

今回 朗読するのは、アンデルセンの書きました「もみの木」です。10
デンマークの国民的詩人で作家のハンス・クリスチャン・アンデルセン。

1805年4月2日、フュン島の都市オーデンセで、22歳の靴屋の父と、
少し年上の母親の間に誕生したアンデルセンは、11歳のときに父親が亡くなると学校を中退、
15歳でオペラ歌手になろうとコペンハーゲンに行きましたが、挫折。
その後デンマーク王などの助力で教育を受け、1828 大学に進学、文献学と哲学を学びました。
その後、各地へ旅をし、数々の旅行記を著し、デンマークに戻ってきた1835年、
最初の小説『即興詩人』を出版します。
同年『童話集』を発表するも、当初はむしろ不評であったといいます。

43年からパリを訪問。この頃には名が通っていたため、
バルザック、ヴィクトル・ユーゴー、アレクサンドル・デュマ父子、ハインリヒ・ハイネなどの
有名人多数と交友しました。

以後死ぬまで約40年で150余編の童話を書いています。
生涯 独身(未婚)であったアンデルセンは、1875年、肝臓癌のため死去。70歳でした。

アンデルセンは、グリム兄弟と共に  童話文学の始祖として並び称されていますが、
アンデルセンの童話は、グリム童話と違って、オリジナル、創作童話の多さが特徴です。

今日、お届けする童話「もみの木」は、1844年12月21日、デンマークコペンハーゲンで出版された
「新童話 第1巻 第2冊 1845 (Nye Eventyr. Første Bind. Anden Samling. 1845.)」に掲載されました。

このお話は、どちらかというと、大人に向けた童話といえるかもしれません。

物語の主人公は、大きくなりたいと願っている ちいさな もみの木。

この もみの木は、もっと大きくなりたい もっと大きくなりたいと強く願うあまり、
今、生きている瞬間 瞬間を大切にすることができないでいます。

もみの木は、空想家で、うぬぼれが強くて、気弱で、落ち着きがなくて、
希望と失望の間で、振り子のように揺れている存在。


この 可愛そうな もみの木の、満たされることのない気持ちに、
なんだか シンパシーを感じるかたも多いのではないでしょうか。

あなたのお家に、もしもクリスマスツリーとして もみの木を飾っていたら。

      それを人格を持った存在として 今夜 眺めてみませんか?

54aa6f82707a8_osize1068x623q71h56dd

お聴きくださっての あなたの御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

______________
【追記】
富士川十兵衛さんより、御感想をいただきました。
「もこさん、こんにちは。
放送、仕事が休みだったこともあって車の中でゆっくり聴くことが出来ました。

聴いてた場所は なんと沼津。沼津からもクリアに聴ける場所がいくつかあります。

まず自分が感じたことは、成長を急ぐことでそのあいだのプロセスに気付くことが出来なかったもみの木、更に育った場所の大切さを改めて実感することが出来ました。

これって自分にも言えることだな...なんて改めて感じましたね。

成長していく過程で、良いこと、悪いこと様々なことがあります。

クリスマスの大役を終えて、ネズミたちに生まれ育った森の話をするもみの木、
そんな話をしているところで、改めて森にいたときがいちばん幸せだったと気づかされるんですよね。

最終的に、もみの木は小さく伐採されて燃やされてしまうわけですが、なんか切ない終わり方だったように思えます。

与えられた時間の中で人生を楽しむことが出来るか。
これって今生活している自分を含めたすべての人々の永遠の課題だと思います。

これから先、辛いことも多々あるかもだけど、自分も可能な限りエンジョイ出来るように日々精進します。

2018年11月27日 (火)

12月2日放送 第八十三回は 江戸川乱歩 作『一人二役』

Photo_2 (TJS Radio新海景基さん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

今回 朗読するのは江戸川乱歩の書きました「一人二役」です。
「疑惑」「覆面の舞踏者」と、ここのところ乱歩作品が好評を博しているので、気をよくしての登場です。

江戸川乱歩(えどがわらんぽ)1894-1965
本名、平井太郎(ひらいたろう)。大正12年、「二銭銅貨」でデビュー。
怪人二十面相や少年探偵団などで乱歩の名を知っているかたも多いかと思いますが、
大人の鑑賞に堪えうる、男女の交錯した世界を描いた短編も人気があります。

この「一人二役」は、春陽堂「新小説」に1925(大正14)年9月、発表された作品です。
貞淑な美貌の妻を持つ、遊び人で日々の暮らしに退屈している夫 T。
その友人による独り語りによって、このTの所業が明らかにされていきます。

Tは ある時、美人の妻が、自分以外の男に好意を寄せる姿を見てみたくなります。
そこでタイトルの如く「一人二役」を演じ、別の男になりすまして妻に近づくことを思いつきます。
Tは、退屈しのぎに、妻にあることを仕掛けます。さて、そのあることとは・・・

「女は、魔物ですね。」

「男は、バカですね。」

あなたは、どう思うのでしょう?

アブノーマル...のような、愛情がいっぱい...のような。
まさに江戸川乱歩の倒錯の世界。 どうぞ、お楽しみください。

お聴きくださっての あなたの御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2018年11月20日 (火)

11月25日放送 第八十二回は 新美南吉 作『ごん狐』

Photo (たけごんさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

今回 朗読するのは、新美南吉の書きました「ごん狐」です。
11月4日の放送で「巨男の話」をお送りしたとき、やはり、新美南吉といったら、ごん狐でしょう...!
という話になり。
この物語の季節が秋ということもあって、取りあげてみました。

新美南吉のプロフィールは、こちらのページをご参照ください。

51p678kvhql_sx258_bo1204203200_《ごんぎつね (日本の童話名作選) 》
新美 南吉 (著), 黒井 健 (イラスト) 偕成社 (1986/10/1)

「ごん狐」は新美南吉の代表作ですが、1930年、彼が17歳の時に書いたものです。
この物語の舞台である愛知県半田市は南吉の生まれた土地で、
彼が幼少のころに口伝えで聞かされた物語を基に創作されました。
南吉は4歳で母を亡くしており、孤独でいたずら好きな狐の話は、自分を投影した姿なのかもしれません。
最初は『赤い鳥』の1932年1月号で発表され、南吉の死の直後、
1943年9月30日に刊行された童話集『花のき村と盗人たち』(帝国教育会出版部)に収録されています。

小学校の国語教科書に載っているお話として、ご存知のかたも多いでしょう。
1956年、大日本図書の国語教科書に採用されたのが最初で、ついで1968年には日本書籍、
1968年には東京書籍、1971年には光村図書、1977年には教育出版、1980年には学校図書、
1989年には大阪書籍の国語教科書に採用されました。
学芸会の演目にもよく用いられています。

1985年には毎日放送製作・TBS系列放送の「まんが日本昔ばなし」が、
番組10周年記念として、アニメ映画も制作していますね。

お聴きくださっての あなたの御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。
_______________
御感想をいただきました。

新潟のタケゴンさん:
ゴンという名のビーグル犬を飼っていたので「ごん狐」は楽しみにしておりました。
タイトルは聞いたことがありますが、ストーリーは全く知らなかったです。
「ごんは、、」というと、逆三角形で目が細い絵本的なキツネの顔が思い浮かびましたが、
同時にわが家に君臨していたおバカ犬のゴンの顔も交互に思い浮かび、
ちょっとほのぼのしつつ聞いてました。
こんな結末は想定してなかったので、ラストシーンの衝撃が胸にのこります。
「罪を憎んで人を憎まず」は、私にはなじめない考え方でした。

でも、ごんの最期が残念すぎるので、それも良いかと思うようになってます。

匿名希望のカワサキさん:
いつも楽しみに拝聴しています。
小学校の教員なので、どうしても譲れない意見を一つ、申し上げます。
兵十の読みについて、一時期「へいじゅう」と読んだ時も有りましたが、
今では「ひょうじゅう」と読ませています。
聴いていた子供たちは、みんな???と感じたことでしょう(笑)

小川より:
ご指摘ありがとうございます!
まったくのケアレスミスです。
最初のほうは「ひょうじゅう」と読み、後半は「へいじゅう」と読んでいます。
ルビを振り忘れたためのミスです。
今後、このようなことのないように、気をつけます。
また、奇譚の無いご意見をお送りくださいね。
ありがとうございました。

2018年11月13日 (火)

11月18日放送 第八十一回は 海野十三 作『空気男』

1 (富士川十兵衛さん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

今回 朗読するのは、先週に続いてこの作家、海野十三が書きました『空気男』です。

前回は少年小説だったので、今度は大人向けに書かれたSF小説をお届けしますね。
Img_0 海野十三(うんの・じゅうざ)は、1897年((明治30年)生まれの
日本での SFの始祖となった小説家です。

徳島出身の彼は、その後、神戸一中(現兵庫県立神戸高等学校)を卒業後、
早稲田大学理工科で電気工学を専攻。逓信省電務局電気試験所に勤務しながら、
機関紙などに短編探偵小説を発表し、1928年(昭和3年)、雑誌『新青年』から依頼を受け、
探偵小説「電気風呂の怪死事件」を発表して本格的な文壇デビューを果たしたのです。

理系の海野十三らしい、今回の作品・・・でしょうか。

朗読する「空気男」は、 丘・丘十郎(おか・きゅうじゅうろう)の名で、
「モダン日本」に1937(昭和12)年1月~8月、10月~12月に発表された作品。Cfcd4b37df5d64f9
奇想天外な展開、戦前ナンセンス・ユーモアとも言うべき、SFショートショートです♪
主人公は、発明家の 清家博士。
入り婿養子で恐妻家の彼にとって、細君は、とっても怖い存在。
そこで、妻から逃れるために、透明人間になるこをを思いついた!
さぁ、清家博士は いったいどうなるのか??

お聴きくださっての あなたの御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。
___________

御感想をいただきました。

フクフクフッキーさん:
私も、ふわふわと風に流される空気男になりたいなあ。
体はバラバラにはなれないけど、心はバラバラですね。
日々の人間関係に疲れることもありますね。
ふわふわ風に流され、どこか遠くに行きたくなるなあ。
それでも、今を生きるしかないんですよねえ。
何もかも忘れて、ふわふわできたら楽しいのかなあ。
明日も仕事頑張るかあ。

2018年11月 6日 (火)

11月11日放送 第八十回は 海野十三 作『骸骨館』

20180528_1(TAKEGONさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

今回 朗読するのは、海野十三が書きました『骸骨館』です。

Dbjug64a_400x400 海野十三(うんの・じゅうざ)は、1897年((明治30年)生まれの
日本での SFの始祖となった小説家です。
本名、佐野昌一(さの しょういち)。徳島市に生まれ、早稲田大学理工科で電気工学を専攻。逓信省電気試験所に勤務するかたわら、1928(昭和3)年、「新青年」に
『電気風呂の怪死事件』と名付けた探偵小説を発表して小説家として
デビュー。
以降、探偵小説、科学小説、加えて少年小説にも数多くの作品を残しました。
太平洋戦争中、軍事科学小説を量産し、海軍報道班員として従軍した海野は、敗戦に大きな衝撃を受けます。敗戦翌年の1946(昭和21)年2月、無二の親友であった作家の小栗虫太郎(おぐり むしたろう)の死が追い打ちをかけ、海野は戦後を失意の内に過ごしました。
1949年(昭和24年)に結核のため逝去。53歳でした。

筆名の読みは、「うんのじゅうざ」、「うんのじゅうぞう」の二通りが流布していますが、丘丘十郎(おか・きゅうじゅうろう)名でも作品を残し、本名では電気関係の解説書を執筆しています。

111010929280001
今日、朗読する「骸骨館」は、
朝日新聞社から発行していた「こども朝日」の1946(昭和21)年10月1日号
で発表された少年小説です。

仲良し5人組が思いついた、楽しい遊び。
たちまち子供たちの間で、注目の的になっていきます。
夢中になって、真剣に遊びに取り組む少年たちが味わった、ひと夏の冒険談。
映画「スタンド・バオ・ミー」に通じるようなワクワクする世界、お楽しみください。

お聴きくださっての あなたの御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2018年10月30日 (火)

11月4日放送 第七十九回は 新美南吉 作『巨男の話』

Moko2 (ポンコ2さん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。

今回 朗読するのは、新美南吉が書きました『巨男(おおおとこ)の話』です。

新美南吉(にいみなんきち)は、愛知県知多郡半田町(現在の半田市)出身で、1
913年(大正2)7月30日に生まれ、1943年(昭和18)3月22日に29歳の若さで亡くなった
童話作家です。Nankichi 東京外国語学校英語部文科を卒業しています。
本名:新美正八(にいみしょうはち)
代表作:「ごんぎつね」「手袋を買いに」「おじいさんのランプ」「牛をつないだ椿の木」
「花のき村と盗人たち」「久助君の話」「でんでんむしのかなしみ」などがあります。

 幼くして母を失い、養子に出されるなど寂しい幼少期を送った新美南吉は、
中学生時代から創作を始め、弱冠18歳で「ごんぎつね」を世に出しました。
病に苦しみ、作家としての成功を前に29歳の若さで世を去りましたが、その短い生涯を通して、
数多くの童話、小説、詩、童謡、戯曲などを創作しています。
 物語性豊かでユーモアとペーソスに満ちたそれらの作品は、
地元の知多半島の風土を背景に、哀しみの中にも心の通い合いや美しい生き方といった
普遍的なテーマが描かれ、死後70年以上が経つ現在もますます多くの人に親しまれています。

 彼が遺した作品は、童話、小説、童謡、詩、戯曲、俳句、短歌など多岐にわたり、
その数は1500を超えます。
 なかでも、小学校の国語科教科書に半世紀以上も載り続けている「ごんぎつね」は、
世代を超えた国民的文学として親しまれていますね。

01843
今回朗読する「巨男の話」は、昭和4年の作品。新美南吉が16歳の時に書いた物語なんですね。
王女さま、魔女、白鳥、お城...と、まるでグリム童話のようなモチーフですが、
巨男は、大きな身体に繊細で優しい心を持った存在として描かれていて、とてもせつない話です。

新美南吉の人を思いやる気持ちが、じんわり伝わってくる物語。
今回は、まったくのノーカットでお届けします。
どうぞ、お母さまは、お子さんと共に聴いてみてくださいね。

お聴きくださっての あなたの御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。
_____________
【 追記 】
御感想をいただきましたので、ご紹介します。

ラジオネーム 栗かのこさんから:
sunset theater、毎週楽しみにしています。

「巨男の話」初めて聞くお話でした。
新美南吉さんのお話は「ごんぎつね」と「手袋を買いに」しか知りませんでした。

夕飯の支度をしながら、ポロポロと涙が、こぼれてきました。
白鳥になった王女様を想う気持ちと巨男を想う気持ちに胸が苦しいです。
こんな、優しくて切ないお話があったのですね。

 新美南吉さんの他の作品も、ぜひもこさんに読んでほしいです!
また素敵なお話を楽しみにしています。

 
甲府市 いっぺいさんから:
サンセット・シアター 泣きました。
ラジオで泣いたのは初めてです。
わたしも大男のように 大切な人を想い
優しく大きく生きていきたいと思いました。
ありがとうございますっ♪ (T_T)

2018年10月28日 (日)

10月28日放送 第七十八回は 富山県の民話『元取山の童子』『弘法の目薬』

3(富士川十兵衛さん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第七十八回放送は  富山県高岡市福岡地区に伝わる民話『元取山の童子』『弘法の目薬です。
さる10月8日に富山県高岡市でおこなった「もの語り」公演で、小川が語った地元の昔話で、
ぜひ、他の県の方々にも聴いてほしいと富山の皆さんがおっしゃってくださったので、
了解をいただいて、今回 読ませていただきます。

福岡(ふくおか)は、2005年11月1日に市町村合併により高岡市となりましたが、
富山県西部の石川県との県境に位置し、西礪波郡の全域を占めていた町でした。

毎年、9月23日、24日の両日は、江戸時代から300年以上続く「つくりもんまつり」が有名です。
野菜果物等を用いて人形などを作って市街地各所に飾り、五穀豊穣を祈願する祭りです。
素朴で趣向を凝らした「つくりもん」は、ユーモラスで可愛らしく、かつて小川も取材でお邪魔しては、感嘆したものでした♪National_museum_of_ethnology_osaka_


今回 お届けする二編、まず「元取山の童子」
元取山は、「富山の百山」の1つに選ばれている 標高195.6mの低い山で、
福岡町の西の方に位置しています。
この山が、どうして元取山(もとどりやま)と呼ばれるようになったか。
ほのぼのとした昔話かと思いきや・・・背筋がゾクゾク〜っっっっsign01

二つ目の「弘法の目薬」
こちらは、今もユズが特産の 福岡町の栃丘という山里に伝わる、今から千年ぐらいも前のお話です。
真言宗の開祖である空海、またの名を弘法大師が登場します。
さて、弘法大師と この栃丘とは、どういう繋がりがあるのでしょう...。

31dd2a99138a90db7f4e6ea9a508d115

お聴きくださっての あなたの御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。



2018年10月16日 (火)

10月21日放送 第七十七回は 宮沢賢治 作『セロ弾きのゴーシュ』

5 (富士川十兵衛さん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第七十七回放送は 宮沢賢治 作『セロ弾きのゴーシュ』です。

61rkrfh2ygl_sx417_bo1204203200__2
宮沢賢治は、1896年(明治29年)に生まれ、1933年(昭和8年)に亡くなった詩人であり、童話作家です。
賢治は、仏教信仰と、農民生活に根ざした創作を行っていきました。

「セロ弾きのゴーシュ」は、賢治が亡くなった翌年の1934年に発表された作品です。

町の音楽会で演奏するため練習をするゴーシュは、音楽団の楽長に下手だと叱られてしまいます。
この、ゴーシュという名前は、フランス語で「不器用な」という意味に由来するという説もあります。

さて、家に帰って、深夜、一所懸命に練習に励むゴーシュのもとに、毎夜、毎夜、動物たちがやってきます。

猫、かっこう、タヌキの子、野ねずみの親子…夜ごと、ゴーシュの家にやってくる動物たちとの交流を通して、最初は、動物をいじめていたのが、次第に謙虚さと慈悲の心がめばえ、ゴーシュは、セロを演奏する音楽的な腕だけではなく、真に音楽を理解できる青年へと、人間として成長していく様子が感じられて、微笑ましいと同時に頼もしくも思えてしまいますね。

実は、宮沢賢治は、実際に農民楽団をつくって、自分の書いた詩に曲をつけて演奏をすることを目指していました。

Cello2e1501117623192
1926年に賢治は自分でチェロを買って、練習もしていたようです。
けれども、お世辞にも上手と言える腕前ではなかったとか。

ゴーシュは、賢治そのものだったのかもしれませんね。

この宮沢賢治が使用したチェロは、岩手県花巻市にある宮沢賢治記念館で大切に保管され、機会があれば演奏してもらえるようにと修復されて、1996年、宮沢賢治生誕100年の際には、花巻市は世界的チェロ奏者ヨー・ヨー・マを招いて、演奏会を開催、また、
2016年の賢治生誕120周年の記念イベントでは、チェリストの藤原真理(まり)が演奏しています。

お聴きくださっての あなたの御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。
_______________
【 追記 】
御感想をいただきました。

埼玉県の ポンコ2さんから:
「セロ弾きのゴーシュ」、録音して3回 聴かせていただきました。
初めて知る話ではなかったのに、今回、かっこうが気になって仕方なかったからです。
私は最近、自分が かっこうのような立場になったことがありました。
相手は私のために、良かれと思ってしてくれているのに、歯車が噛み合わなくて噛み合わなくて...
だから、最後の一文が、まるで私に語られているようで沁みました。

2018年10月 9日 (火)

10月14日放送 第七十六回は 芥川龍之介 作『藪の中』

Photo
(いるマダムさん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第七十六回放送は 芥川龍之介 作『藪の中』です。

芥川 龍之介(1892年(明治25年)3月1日 - 1927年(昭和2年)7月24日)の
作品の多くは短編小説です。
「芋粥」「地獄変」など、『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが
多いのですが、今回の「藪の中」も、まさに、今昔物語集を下敷きにした、いわゆる「王朝物」の
最後の作品です。

この短編小説は、1922年(大正11年)、「新潮」の1月号に掲載されました。
514dmjuy6hl_ss500
藪の中で1人の男の死体が発見されます。
それをめぐる4人の目撃者の証言と3人の当事者の告白によって構成されています。
果たして、誰が言っていることが真実なのか。また、どれも虚偽なのか。。
それぞれが矛盾し、錯綜しているので、真相をとらえることが とても難しいのです。

「真相は 藪の中」という言葉は、まさに、この小説から生まれました。

この小説を題材に、数々の論文が書かれていることも 名作と言われる所以ですが、
いまだ、真相は解明されていません。

さて、真犯人はだれ?
あなたの推理をお聞かせください。

お聴きくださっての あなたの御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。