2017年6月18日 (日)

6月25日放送 第八回は 山本周五郎作『憎い あん畜生』

18700013_1770784179606025_225133360

『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第八回放送は6月25日。今回 取り上げるのは、
山本 周五郎が書きました、「憎いあん畜生」です。

朗読するにあたり、甲府市の山梨県立文学館で6月18日まで開催されていた
「山本周五郎 歿後50年 特別展」に行ってきました。

19247878_1798555530162223_413492616

19225206_1798555610162215_432204282

19149202_1798555613495548_777771333

山梨県大月市出身の周五郎ですが、県人気質を シニカルに書いていたり、二度の結婚で それぞれの奥様を深く愛していた様が伺いしれたり、様々な直筆原稿や 映画化された作品の数々のポスター、彼が愛したワインwine、さらにはラジオに出演時 読者からの投稿に真摯に答える肉声を聴けるコーナーなど、充実の展示でした。

この特別展、甲府では終わってしまいましたが、次の開催は、横浜です。

Fullsizerender_3



ぜひ。ご覧になってみてくださいね。

Img_f9a2bc70d2ecff44edd26c804c78a65

山本 周五郎は1903年(明治36年)6月22日 に生まれ、1967年(昭和42年)2月14日に63歳で亡くなりました。

本名、清水 三十六(しみず さとむ)。

山梨県北都留郡初狩村(現在の 大月市初狩町下初狩)に生まれ、明治40年に起きた大水害後、一家は北豊島郡王子町豊島(としま)(現在の 東京都北区豊島)に転居します。

小学校卒業後、銀座の質屋で奉公、後に筆名としてその名を借りることになる店主・山本周五郎の庇護のもと、同人誌などに小説を書き始めました。
1926年、「文藝春秋」に『須磨寺附近』を発表し、文壇デビュー。
その後15年近く 不遇の時代が続きますが、やがて時代小説の分野で認められはじめます。
『日本婦道記』(1942-1946)で直木賞に推されたものの、これを辞退し、生涯で一個の賞も受けることはありませんでした。
『樅ノ木は残った』(1958)、『赤ひげ診療譚』(1958)、『青べか物語』(1960)、『おさん』(1961)、など次々と名作を発表し、人間に対する深い愛と洞察力で多くの読者の支持を得ました。 

今日の作品「憎いあん畜生」は、新潮文庫「艶書(えんしょ)」という短編集に収められているものです。 

愛する相手のために。あなただったら、どういう生き方を選ぶでしょう。

主人公の 半四郎 と おそめ 、二人に 思いを重ねながら聴いてみてくださいね。

あなたのご感想をお待ちしています。

メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
で、お待ちしています。

日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。




2017年6月13日 (火)

6月18日放送 第七回は 森 鴎外作『高瀬舟』

Sunset_2

『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第七回放送は6月18日。今回 取り上げるのは、

森 鴎外 作『 高瀬舟』 です。

Mig

森 鴎外は、本名 森 林太郎。
1862年(文久2年)島根県 津和野に生まれ、1922年(大正11年)に満60歳で亡くなりました。

明治・大正期を代表する文豪ですが、東京大学医学部を卒業後、陸軍軍医となり軍医総監(当時で中将相当)まで上り詰めました。
ドイツへの留学経験をもとに書かれた「舞姫」は国語の教科書にも載っていましたね。


今回とりあげる作品「高瀬舟」は、1916年(大正5年)1月、「中央公論」に発表されました。
江戸時代の随筆集「翁草」の中の「流人の話」をもとにして書かれたもので、
「足ることを知る」
「安楽死」は罪なのか?
大きな命題を提起している小説として、様々に評価されています。
またテレビ、映画など映像化も数多く試みられています。
語りや朗読の公演の演目として 取り上げられることが多い作品です。

さて、あなたは、何を 感じていただけるでしょうか?

ご感想を 是非、お聞かせください。

メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
で、お待ちしています。

日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。
_________________
【 追記 】
角ヨシさん からの質問メールにお答えします。

「何人もの登場人物のセリフを こなすためには、どうしたらいいのですか?」

小川から:
男性と女性は、ある程度の声の高低差(女性は高く、男性は低く)で演じ分けられますが、
同性の場合などは、声の高低ではなく、その人物の性格・性質で 声の調子、スピード、間合いの違いなどを いろいろ組み合わせて語っています。
声優ではないので、その差は なかなか明確に演じきれないのが実情ですが、がんばってます!
これからも、前後の文脈など考えながら、優しい気持ちで 聞き分けてくださいね〜...!

2017年6月 7日 (水)

6月11日放送 第六回は 佐江衆一作『江戸の化粧師』

18700090_1770783856272724_2634318_2

『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第六回放送は6月11日。今回 取り上げるのは、

佐江衆一 作『 江戸の化粧師(けわいし)』 です。

佐江衆一さんは、1934年1月、東京台東区生まれ。
1960年、第7回新潮同人雑誌賞を受賞。以降、計5回芥川賞候補となるなど、
様々な作品を発表しています。
1995年、老親介護を描いた「黄落」がベストセラーとなり、第5回ドゥマゴ文学賞受賞
「黄落」はテレビドラマ化、また劇団民芸、北林谷栄脚色・主演で舞台化もされました。
役者志望だった佐江さんも この舞台に出演なさっていますね。
1996年、時代小説短編集「江戸職人綺譚」第4回中山義秀文学賞受賞
アヘン戦争時代の香港の海賊を描いた「クイーンズ海流」を『週刊新潮』に1年間連載するなど、歴史時代小説にも活躍。
近年は、「昭和質店の客」や、回天特攻隊員の兄と東京大空襲で孤児となる弟の 二人の視点から描いた 書き下ろし長編小説「兄よ、蒼き海に眠れ」など、御自身の体験をもとにした 戦争小説を ライフワークにされています。
もうすぐ、書き下ろし長編小説を上梓されますので、お楽しみに!

51pksddticl_sx357_bo1204203200_

3z39575「江戸職人綺譚」は 文庫本にもなっています。
江戸時代の職人達の生き様が 一編一編、心に迫ってくる 傑作短編集です。


今回の作品「江戸の化粧師(けわいし)」は、「江戸職人綺譚」におさめされている短編です。
「化粧師(けわいし)」とは。
江戸時代のメイクアップアーティストとも呼べる職業のこと。
遊女の中で格の高い太夫などや、商家の内儀や娘、囲い女なども、化粧に化粧師を呼んでいたようです。

若くして、化粧師として大成功した代之吉。どこか満たされない思いを抱いていた彼が出会った おしま という女。
彼女の美しさが、存在が、やがて代之吉の運命を狂わせていきます。

究極の愛とは。男と女の愛情の違いとは...
サンセットシアター初の時代小説の世界、じっくりと お楽しみくださいね〜

あなたのご感想をお聞かせください。

メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
で、心から お待ちしています。

日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

Fullsizerender

佐江先生の作品は、何作も小川の語りの公演で語らせていただいており、
心から敬愛する作家であります。

2017年5月29日 (月)

6月4日放送 第五回は岡本綺堂 作『指輪一つ』

18698197_1770783766272733_667183163

『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第五回放送は6月4日。今回 取り上げるのは、

岡本綺堂 作『 指輪一つ 』 です。

Kido_okamoto

岡本綺堂(おかもと きどう)は、明治5年に生まれ、昭和14年に亡くなった小説家、劇作家で、探偵物、怪奇怪談作品を多数執筆しています。
「維新前後」や「修禅寺物語」など新歌舞伎の演目や「半七捕物帳」で名を知られていますね。

 彼は、東京府尋常中学、現在の都立日比谷高等学校を卒業後、大学には進学せずに新聞社に入社。以来、いくつかの新聞社で、24年間を新聞記者として過ごしています。

記者として劇評や社会探訪記事を書きながら、小説も発表していきました。

また、新歌舞伎を代表する劇作家となり、「綺堂物」といった言葉も生まれるほど、オリジナルな世界を造り上げます。
生涯に 196篇の戯曲を残しています。

この『指輪一つ』は、最初は「講談倶楽部」に、大正14年8月に発表されたもので、のちに、『異妖の怪談集・近代異妖編』の中に収められた1編です。

Sim

関東大震災を題材にしていますが、 自ら、関東大震災で麹町の自宅と蔵書などを失った経験が、この小説につながったのでしょうか。

大正時代、震災直後の初秋の木曽路の宿にて遭遇した不思議な不思議な出来事が、大学生の言葉を通して語られていきます。

 偶然と呼ぶには、あまりに切ない 悲しみが 静かにこみ上げてきます。

怪談として捉えるよりも、東日本大震災や熊本地震を体験した今だからこそ、読んでみたい作品かもしれません。

あなたのご感想をお聞かせくださいね。

メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
で、いつでもお待ちしています。

日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年5月24日 (水)

5月28日放送 第四回は 夏目漱石 作『夢十夜』

18664545_1763519256999184_1225065_2『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第四回放送は5月28日。今回 取り上げるのは、

夏目漱石『 夢十夜 』から、第一夜、第三夜 です。

41sch4r77cl

夏目漱石といえば。「坊ちゃん」「心」「三四郎」「吾輩は猫である」など、

一度は読んだことがあるというかたも 多いでしょうね。

日本を代表する作家として、1984年から2007年まで千円紙幣の顔にもなっていました。

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e20

夏目 漱石(なつめ そうせき)は、1867年、慶応3年生まれ。なんと江戸時代に誕生していたんですね。大正5年、49歳で亡くなりました。

大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学んでいます。そのあたりは、司馬遼太郎の「坂の上の雲」にも夏目金之助として描かれていましたね。

帝国大学、現在の東京大学 英文科卒業、松山で尋常中学校教師や、熊本で教授などを務めた後、イギリスへ留学。帰国後、東京帝国大学で英文学の教鞭をとりながら、「吾輩は猫である」や「坊っちゃん」などを書いていきます。

その後、朝日新聞社に入社し、「虞美人草」「三四郎」などを掲載しました。

夢十夜』(ゆめじゅうや)は、1908年(明治41年)の夏、『朝日新聞』で連載された小説です。

当時の明治、神代の頃・鎌倉時代・100年後の世界など、10の不思議な夢の世界を綴っています。「こんな夢を見た」という書き出しが有名ですね。
今回は、その中から、幻想的でロマンチックな「第一夜」と、怪談とも思える「第三夜」をピックアップしてお送りします。

あなたのご感想をお聞かせください。

メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
で、いつでもお待ちしています。

日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年5月17日 (水)

5月21日放送 第三回は小手鞠るい『木を抱きしめて生きる』

Sunset

『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第三回放送は5月21日。今回 取り上げるのは、

小手鞠るい さん 作『 木を抱きしめて生きる 』です。

今回は、原作を 短く編集して朗読させていただきますが、
それでも長くなってしまい、放送では本編を読むのが精一杯で、
作者や作品についてのご紹介を おこなう時間がつくれませんでした。
そこで、このブログで 詳細をお届けしますね。

20170512_235033

2016年9月20日 原書房から発行されました 書き下ろしの連作短編集
『曲がり木たち』の五編の短編のラストに収められた物語です。

不思議な公園にぽつんと佇む 優しい形をしたベンチ。
主人公の女子高生 こずえ は、いつも独りで ここでお弁当を食べるのが日課でした。
彼女が この小さな公園のベンチで出会った 老人とのやりとり。
「生きづらさ」を抱えたそれぞれたちの 心のよりどころ 聴いてみてくださいね。



作者の小手鞠るい さんは、
1956年、岡山県生まれ。同志社大学法学部卒業。
22歳の時、やなせたかしさんが編集長を務める雑誌「詩とメルヘン」に初投稿した詩が入選、
1981年、第7回サンリオ「詩とメルヘン賞」を受賞。
1993年、第12回「海燕」新人文学賞を受賞。
2005年『欲しいのは、あなただけ』(新潮社刊)で第12回島清恋愛文学賞を受賞。
2009年、原作を手がけた絵本『ルウとリンデン 旅とおるすばん』でボローニャ国際児童図書賞を受賞。
2017年『アップルソング』(ポプラ社刊)がNHKラジオ第一放送「新日曜名作座」で1ヶ月間ドラマ化。
現在、アメリカ、ニューヨーク州に在住。詩、長編小説、エッセイ、児童書、絵本と様々な分野で 精力的に執筆活動を続けていらっしゃいます。


実は。
今年の3月、私が東京で 語りとピアノのコラボ公演をおこなう時に、小手鞠さんの作品
「きみの声を聞かせて」を演目にさせていただいたのですが、その際、
幾度もニューヨークの小手鞠さんとメールのやりとりをさせていただく中で、
この本「曲がり木たち」を教えていただきました。
拝読して是非、番組で朗読したいとお願いし、ご快諾いただいたのが、
今回の作品『 木を抱きしめて生きる 』です。

「きみの声を聞かせて」に登場する中学生の 星野葉香ちゃんと、どこか似ている
『 木を抱きしめて生きる 』の主人公 高校生の 斎藤 梢は、人間嫌い。
どちらも 動物、植物、小鳥、木、そして本を読むのが大好き。
昔の小手鞠さん自身を 色濃く反映している人間像のようです。

さらに、物語に登場する秋山さん...という老人は、実在の人物なのだとか。
後半に語られる疎開のお話は、秋山さんをはじめとする
経験者から直接、小手鞠さんが お話を聞かせていただいたことばかりで、

この経験談は、同じ原書房から、
『あんずの木の下でーーー体の不自由な子どもたちの太平洋戦争』として、
小・中学生向けのノンフィクションとして出版されています。

作中で「希望の友学園」となっているのは、世田谷区に実在した「東京市立光明国民学校 」
現在の「東京都立光明学園」のこと。


秋山さんの言葉を通して語られる世界は、反戦・平和の「命のメッセージ」に満ちているように感じます。
興味を持たれたかた、本でも ぜひ、読んでみてくださいね。

さらにさらに。
5月21日午前11時から、長野県千曲市 上山田温泉 にて
「旧 東京市立 光明国民学校 学校学童疎開 記念碑」の除幕式がおこなわれることになりました。

昭和7年、日本初の身体の不自由な学童のみを収容した寮舎・医療施設が設備 された養護学校が「東京市立光明国民学校 」です。
小説の中でも語られているように、太平洋戦争末期、大都市の子ども達は 安全と思われる地方へ学童疎開となりましたが、光明国民学校の生徒は疎開の対象とはならず、自分で考えるようにと放任されてしまった松本保平校長は困ったあげく、長野県上山田村へ要請し、受け入れてもらったとのこと。 
その絆を記念しての碑が建立され、披露されるのが、奇しくも この放送当日の5月21日。
偶然とはいえ、合縁奇縁を感じます。

弱者が犠牲となる戦争の過ちを繰り返さないように。。。

この物語を朗読させていただきながら、その思いを強く持った私です。

 

20100710073007



今回の「木を抱きしめて生きる」
よろしかったら、ぜひ。
あなたのご感想をお聞かせください。

メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
で、いつでもお待ちしています。

日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

2017年5月10日 (水)

5月14日放送 第二回は芥川龍之介『蜘蛛の糸』

Sunset

『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

第二回放送は5月14日。今回 取り上げるのは、

芥川龍之介 作『 蜘蛛の糸 』です。

Photo_2

芥川は、明治25年3月1日 東京に生まれ、昭和2年7月24日に 自死で亡くなっています。
35歳でした。
主に短編小説を多く書き、多くの傑作を残しています。

1918年に鈴木三重吉により創刊された児童向文芸誌「赤い鳥」創刊号に発表されたもので、芥川龍之介が手がけた はじめての児童文学作品ですね。

Photo_3 

お釈迦さまは、ある時、極楽の蓮池を通して下の地獄を覗き見ます。

さて、そこに見えた光景とは…


よろしかったら、ぜひ。
あなたのご感想をお寄せくださいね。

メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
で、いつでもお待ちしています。

日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。
____________

追記:第三回の作品が長編だったので、オンエアで ご感想をご紹介することが出来ませんでした。
ここで、一部を掲載させていただきますね。

「蜘蛛の糸」の感想

 

ハルのただ飯さん
極楽の下にある地獄で蠢く中で、ひとりの男を救うためにお釈迦さまが垂らした蜘蛛の糸を男が登るが、無慈悲な行為で切れてしまう。
慈悲の心があれば、蜘蛛の糸は絶対に切れなかったであろう。
この物語は、自分が小学生の時、初めて文学に触れたともいうべき作品です。
ピュアな心が蘇りましたが、忘れないようにしないと、とあらためて思いました。

 

なまけたろうさん
芥川龍之介の「蜘蛛の糸」あらためて語りで聴いて、本当に良かったです。
人間の欲深さを感じましたぁ。みな生きていれば大なり小なり、それが態度や言葉に出るか出ないかの違いだとは思いますが、一度は必ず生まれたことのある感情だと思います。
しかし、仏様はちゃんと上っ面ではなく本心を見抜いていらっしゃる。
昨今、自分以外の誰かに優しく接することが出来ていますか?と問われているような気持ちにもなりました。
1回、2回とも男性作家でしたが、女性作家さんの作品も楽しみにしています。

 

タケゴンさん
蜘蛛の糸、妄想劇場で楽しみました。
聞き終わって、淀川長治さんふうに・・・

「地獄は嫌ですね。こわいですね。こわいですね。ホントにこわかったですね。
それにしてもお釈迦様はホントに助けようと思われたのかしら…
もしかすると、気まぐれだったのかもしれませんね。それもこわいですね。
地獄と極楽の情景、カンダタの心情を見事に朗読なさった小川もこさん
とってもステキでした(はぁと)
はい、お時間ですね。
それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ〜〜♪」

の解説が心の中から聞こえてきました。

60年間、私が悪事に走ることがなかったのは、「法律」によるものではなくて、「悪いことをすると地獄に堕ちる。絶対にカンダタのようになってはいけない」と子どもの頃に思ったからで、いつ読んだか憶えていないけれど、読んで自分を律したことを思い出させていただきました。
じゃ、またね、またね、またね〜♪

2017年5月 2日 (火)

5月7日 新スタート!第一回は太宰 治『葉桜と魔笛』

Sunset

風薫る五月。いよいよスタート、
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』
ご案内役の 小川もこ です。 

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 日本文学の名作をセレクトし 朗読させていただきます。

普段、活字で文学を読んでいるかたも、読書タイムが なかなかとれずに居るかたも
『音』で『声』で 文学を愉しんでいただけたら幸いです。

第一回は5月7日。今回 取り上げるのは、この季節にぴったりの作品

太宰 治『 葉桜と魔笛 』です。

Fullsizerender_2

明治42年6月19日 青森県北津軽郡金木村に生まれ、昭和23年6月13日 38歳で亡くなった太宰 治。本名 津島 修治

何度も自殺未遂を繰り返し、最後は 玉川上水に 愛人と入水自殺で命を絶ったことから、
退廃的な作風がクローズアップされがちですが、数々の名作の中には ユーモア溢れる作品も多く、たとえば、井原西鶴の短編を太宰ふうに新解釈で著した『新釈諸国噺』などは 愉しく読めるものです。

特に、太宰と山梨県との関係は深く、井伏鱒二の紹介で、甲府市出身の石原美知子さんと結婚し、甲府に住んでいた時期がありました。
結婚後の5,6年は、精神的にも安定して、数々の優れた作品を世に送り出しています。

また、ベストセラーとなった『斜陽』や、『女生徒』「ヴィヨンの妻』など、女性の一人称で もの語る作品を多く残しています。

この作品「葉桜と魔笛」は まさに、美智子さんと結婚した直後である甲府に暮らし始めた頃、昭和14年6月に発表した作品で、女性の一人称の短編です。

Fullsizerender


老婦人が、昔を回想しながら 妹との思い出を語っていくもので、
葉桜の頃、五月に起きた 不思議な出来事。
青春とは 生きるとは 愛する者を思いやるとは・・・

様々なことに 思いを馳せることが出来るでしょう。

よろしかったら、ぜひ。
あなたのご感想をお寄せくださいね。

メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
で、いつでもお待ちしています。

日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEradiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。