2020年4月25日 (土)

GOLD

Image0

「GOLD」といえば、「レトルトカレー」のことでもなく「ゴールドラッシュ」のことでもない。ましてやスパンダー・バレエの名曲「ゴールド」のことでもないのだよ。これしかない、ABBAの究極のベスト盤『GOLD』なのだ!!! 92年にリリースされた今や全音楽ファンの一家に一枚的なアルバムだろう。実際にイギリスの4家族にひとつはこの『GOLD』を所有とのことらしいが。

ABBAをピックアップした本日のD-LINE10でもお話ししたが、ABBAの凄いところ/エライところだが、

★ポップミュージックの完璧なるお手本である。バイブル。

★華やかな70年代ファッションとディスコビートの融合。美しく普遍的なメロディとハーモニー。

★男女二人ずつというバランスの妙

★LGBTQの人々からも熱い支持

などなどの要素が絶妙のバランスでマッチして、時代を超えて世界屈指のワールド・スタンダードになり得たのではないか。わたくしはそう思ってます。

ABBAよ永遠なれ。Viva! ABBA!!なり。

Image2

緊急事態宣言下の都内。今朝の代々木。「黄金週間」ならぬ、今年は「Stay home週間」ですね。みんな、いっしょに努めましょ。

Image3_2

今日もたくさんのリスナーさんに番組参加いただきました。RN カーナンバー786さん、オガッチさん、今日も匿名希望さん、エムケーさん、ねこダッシュさん、がじゃさん、あおい月影さん、れみれみれみこさん、No Beef No Lifeさん、ミミさん、だっちゅうにさん、Otohimeさん 、甲州市のよっちゃんさん、おかビーチさん、ヴァンフォーレキングさん、タントカスタムさん、らじおじらさん、わらの一味さん、ソラマーゾフさん、夢ちゃんさん、小豆あんこさん、元KARAのハラさん、ジョガーさん、オオタカユウスケさん、気分屋ちゃるさん、なかっちさん、大屋さん、匿名希望(初メール)さん、プーのともだちさん、おーchanさん、ゆっこちんさん、とらさん、大吉の大ちゃんさん、真夏のセミハイテクさん、ヘンリー・ジョーンズさん、美心音♩みこと♩さん、ウーパールーパーさん、てらぽんさん、今日も静かに騒いでるさん、ジンベエくんさん、あいらいさん、他の皆さん、ありがとうございました!🙇‍♂️🙌

Image1

晴れると影の濃さが際立つ季節にじわりじわりと。

皆さん、Stay safeで。なにとぞ。

ではでは、また次回です♬

じゃーなー

2020年4月23日 (木)

4月25日 テーマは「冒険」

2020年4月18日 (土)

あの日から35年...

新型コロナウイルスの感染状況も日々刻々と緊迫度を増しておりますが、あなた自身、あなたのご家族、ご友人の体調にお変わりありませんか? 気持ち的にも大丈夫? お互い、今この時を踏ん張ろう。

さて、本日のD-LINE12でピックアップしたのが、The Bossこと、Bruce Springsteenでした。なぜならば、今から35年前のこの4月に今では伝説と化しているBruce Springsteen & The E Street Bandの奇跡の初来日公演が行われたのです。オンエアでもお話ししましたが、わたくしも公演初日の4月10日に代々木オリンピックプールの会場に駆けつけた一人でした。わたくし18歳。

77年のKISSの初来日公演を日本武道館で小学生の時に目撃した少年は、18歳の時点で「筋金入りのロック少年」へと成長を遂げていたのです。そんなロックンロールキッドにとって、Bruceの来日公演は夢のようなまさに一大事件でした。

そのステージング内容はちょろっとお話しもしましたが、3時間をゆうにオーバーする、とてつもないスーパーロックンロールショー。カラダ中の血液が逆流&逆噴射を起こしたかのような10000%のアドレナリンがわたくしのカラダを駆け巡ったのです。あの時のようなMAXの興奮は後にも先にも経験したことがありません。まさしく、わたくしのこんにちまでの半生においてのNo.1ライヴ体験が、35年前のあの日の彼らのステージでした。

今思い出してみても、あの日、あの場所に、いられたことを、ロックンロールの神様に改めて感謝です。

Image2

我が家には当然ながらBruceのすべての作品があります。紙ジャケ再発も含めて全部です。

Image1

わたくしのバイブルのようなものですね、このアルバムたちは。

Image5

Image6

どのアルバムにも思い入れがありますが、この73年リリースの輝かしきデビュー作『アズベリー・パークからの挨拶』も大好きです。オープニング・トラックの「Blinded By The Light」からすべてが始まったのです。

Image4_2

わたくしが最も愛聴してきたアルバムの一つがこの82年リリースの『ネブラスカ』です。全編アコギとハーモニカだけで綴られたソロ作。このアルバムの前作にあたる『ザ・リヴァー』と次作の『Born In The U.S.A.』にはさまれる作品で、内容も地味なのですが、このアルバムの魅力に一度ハマってしまったら、一生のお供になるのは間違いないといっても言い過ぎではない、Bruceの全作品の中でも最高峰に位置するド級の名盤だと思います。ちなみにこの『ネブラスカ』はわたくしがかつて経験したアメリカ大陸縦横断のひとり旅にも相棒の一本としてカセットテープを大きなデイパックに突っ込んでアメリカ中を巡ったものです。

Image3_2

Bruceのベスト盤は今では数多くリリースされていますが、この3枚は日本ではリリースされていません。

Image7

2009年に出版されたこの「スプリングスティーンの歌うアメリカ」というムック本も大好きな一冊。Bruceの歌詞から読み解くアメリカ庶民の物語。

Bruce Springsteenの音楽はこれからもずっとわたくしの人生のそばに寄り添ってくれる大切な存在であり続けるでしょう。

最後に、D-LINE10でピックアップしたGenesisですが。

Image0

99年リリースのベスト盤の通常盤(白)と、2007年のツアー記念で限定版としてリリースされた2枚組エディション(シルバー)。

今回発表された正真正銘のラスト(?)の再結成ツアーですが、イングランドとアイルランドの10回公演のみですかー。ここ日本では観られそうにないですね😢

さてさて、この緊急事態宣言発令下の状況ですが、今日もほんとたくさんのリスナーさんたちにメール参加いただきました。いつもいつもありがとうございます🙇‍♂️ RNトム・クルージングさん、Otohimeさん、夢ちゃんさん、ねこダッシュさん、あおい月影さん、ギニューさん、甲州市のよっちゃんさん、ヴァンフォーレキングさん、カーナンバー786さん、ミミさん、せいたろうさん、番屋さん、小豆あんこさん、ソラマーゾフさん、今日も静かに騒いでるさん、ジャンボさん、らくりまくり★ゆってぃさん、食べごろマスカットさん、あおまめさん、歩くヴィレヴァンさん、なかっちさん、コイコイさん、てらぽんさん、プーのともだちさん、GO!GO!つっつGO!さん、しーつんさん、白いレパードさん、元KARAのハラさん、ピンクのバアたんさん、ジンベエくんさん、内線114さん、だっちゅうにさん、ハナブサハウスさん、えむさん、他のみなみなさま。Big thx!!

気をつけていこうね。いっしょに。わたくしの声はいつだってあなたのそばにいます。

ではでは、また次回です♫

じゃーなー

2020年4月16日 (木)

4月18日 テーマは「お礼、返礼、お返し、そして恩返し」

2020年4月11日 (土)

こんな時だからこそ、ラジオ。

ラジオ全体の聴取率が上がっているという話を最近よく聴くようになった。新型コロナウイルス関連の映像やテレビの刺激的なニュースやワイド番組に疲れてきたのか、ラジオの身近さや温かさが再認識されてきているのかもしれない。実際、Hits!! M-Chain宛にメール参加してくださるリスナーさんの数が新年度に入り、グンと増えてきているように感じる。番組の放送時間が1時間増えたこともあるのだろうが、以前よりもより多くの方が聴いてくださって、そして参加してくださるようになってきているのかもしれない。ほんとうにありがたいし、ますますファイトしていこうと。

今日もたくさんのリスナーさんたちにご参加いただきました。RNトム・クルージングさん、Otohimeさん、あおまめさん、すみっこさん、オガッチさん、ねこダッシュさん、レスポールさん、あおい月影さん、メタラー油さん、富士川拾兵衛さん、夢ちゃんさん、美心音♪みこと♪さん、なかっちさん、テロテアリーナさん、番屋さん、ミミさん、元サッカー小僧さん、ソラマーゾフさん、amoriさん、歩くヴィレヴァンさん、くるぶしさちこさん、甲州市のよっちゃんさん、クルルさん、フカタマさん、真夏のセミハイテクさん、ギニューさん、moonshine さん、あっちゃんさん、オオタカユウスケさん、だっちゅうにさん、ラジオネームさん、わらの一味さん、元KARAのハラさん、ジンベエくんさん、ヴァンフォーレキングさん、マキシラさん、カーナンバー786さん、がくぽんさん、食べごろマスカットさん、しーつんさん、せいたろうさん、れみれみれみこさん、てらぽんさん、内線114さん、ジャムキングさん、パクパクママさん、今日も静かに騒いでるさん、man612さん、らじおじらさん、ジョガーさん、まめさん、えむさん、他たくさんの皆さん。ほんと感謝です。ありがとう🙇‍♂️

これからもますます、こんな時だからこそ、のラジオでありたいと思います。

さて、番組をお聴きいただいた通り今日は「しっかりいい朝食の日」でした。わたくし個人的にはやはりアメリカン・ブレイクファストが大好物なのですが、洋食であろうと、和食であろうと、何をおいてもぜひとも朝食のテーブルに並んでいて欲しいのは「目玉焼き」なんですね。半熟度合いのジャストな黄身と、周りのふちが程よく焦げた白身部分、そこにちょいと醤油を垂らしまして...サイコー。スクランブルエッグよりも、オムレツよりも、ゆでたまごよりも、温泉たまごよりも、絶対にナンバーワンは「目玉焼き」ということで。ああ、明日朝は「目玉焼き」ダブルで。

さて、今日お送りしたD-LINEのおさらいを。3ヶ所のD-LINE、毎度の如くシブい音楽談義と相成りました。

Image2

12時台のD-LINE12でピックアップしたのは、先日新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなってしまいました、アメリカのSSWにしてカントリーミュージック/フォークミュージック/アメリカーナを牽引してきた大御所、ジョン・プライン。いまだに亡くなってしまったとは信じたくない、あまりのショックなのですが、プラインのバイオを数曲と共に振り返りました。「Sam Stone」や「Hello In There」をおかけしましたが、FM FUJI史上おそらく初めてのオンエアだったかもしれません。2018年12月31日の大晦日にナッシュヴィルのオープリーで妻と一緒に観ることができたプラインの年越しライヴは今となってはまさに奇跡と呼べる出来事でした。ジョン・プラインのご冥福を改めてお祈りいたします😭🙏

Image0

Image1

10時台のD-LINE10も追悼特集でした。そう、ビル・ウィザースです。「Use Me」や「Ain't No Sunshine」「Lovely Day」「Lean On Me」「Just The Two Of Us」「Grandma's Hands」「Watching You, Watching Me」などなど、彼がこの世に残した名曲群が時代を超越したものであることは改めて証明する必要もないでしょう。また「Lean On Me」がここ数週間で新型コロナウイルス蔓延の状況に、希望と連帯のアンセムとして再び浮上しているということも付け加えておきたいです。我々人類が再びかつてのような「Lovely Day」なそんな日常を取り戻すべく努力を続け、連帯して、前に進むしかないのです。ビル・ウィザースの希望に満ちた黄金の音楽が今ほど必要な時代もないでしょう。改めて、ビル・ウィザースのご冥福を心からお祈りいたします🙏

Image3_2

D-LINE11でピックアップしたのは、ご存知、ボブ・マーリーでした。今年はボブの生誕75周年にあたります。現在、"MARLEY 75"と銘打った一年にわたるキャンペーンが展開中。D-LINE11でボブのバイオとそのキャンペーンについてご紹介致しました。

ボブの音楽にもわたくしはかつて異様なほどに魅き込まれ耽溺したことがありまして。わたくし二十代の頃です。ジャマイカにも二度訪れたことがあります。モンテゴベイの空港に初めて降り立った時に空港にボブの銅像がどーんと建っているのを見て、さすがというか、なんというか、うおおおと。キングストンにも行きました。海に沈む夕陽が世界一美しいと言われるネグリルにも行きました🌴 危険な目にも遭いました...(苦笑)。ジャマイカにはまたいつの日か訪れたいです。コーナー最後にお送りしたのは「Redemption Song」でしたね。言葉はいらない、でも仕事的には何か言葉を発しないといけないのですが、本音はじっとして黙って聴き入っていたい曲です。

Image4_2

名ベスト盤『Legend』ですが、一家に一枚ならぬ、我が家には3枚あります😁

ところで、本日のオンエア終了後には徒歩でスタジオから我が家まで帰ったのですが、新宿の街は静まり返っていました。

Image5

Image6

と、こんなかんじ。

そして、地下鉄駅構内に下りてみると...

Image7

Image8

うむ。思い新たに。

Stay home, stay safe.

あなたもお気をつけください。

ではでは、また次回です♫

じゃーなー

2020年4月 9日 (木)

4月11日 テーマは「朝食」

2020年4月 4日 (土)

新年度、拡大、感謝、やっぱり、音楽。

ありがとう。

いつもいつも、聴いてくれてありがとう。

Hits!! M-Chainは、2年目です。

2年目に突入したHits!! M-Chainだが、オンエア時間も1時間拡大になり、約4時間のカウントダウン音楽番組になった。これもひとえに、なにもかも、なにをおいても、リスナーの皆さんのおかげであり、スタッフや関係者みなみなさまのおかげであります。

番組とは不思議なもので、特に生放送は「時間が長いから大変」というわけではなく、また「時間が短いから楽」というものでもないのだ。実質は1時間長くなって肉体的や精神的には負担が重くなったとは言えるだろうが、以前よりも「曲を長めにお送りできる」「バタバタとしなくてよくなった」「D-LINEにかけられる時間が多少だが増した」「リスナーの皆さんから届いたメールを余裕を持ってご紹介できる」と、いい事づくめ。つまりは、わたくし自身のストレスも軽減されて、より一層番組を楽しみながらお送りできる、ということなのだ。

niceじゃん。

実際に今日は三ヶ所のD-LINEも以前より時間的に余裕ができたし、13時台しょっぱなの新コーナー Search Of Topicsでは、音楽から多少距離を置いた流行りの話題もピックアップできるようになった(個人的にこのコーナー楽しい♫)。

今後も改善点は躊躇なくガンガンとブラッシュアップしていきたいし、リスナーさんからも様々なご意見やアイデアを頂戴したいです🙇‍♂️

頼んます。

Image6

さて、本日のD-LINEのおさらいです。まず、10時台のD-LINE10でピックアップしたのは、今日がB-DayのClive Davis。ご紹介した通りの、とんでもない超大物音楽プロデューサー/実業家です。われわれ音楽ファンはこんにちまで彼が手がけてきた多くの素晴らしいアーティストたちによる極上の音を吸収して育ってきたと言っても言い過ぎではなく、彼の存在なしにはわたくしのようなミュージック・マッドネスはこの世に生まれ育つことは決してなかったでしょう。謝謝。

Image0

そして、今日4月4日に生まれた偉人のなかには彼も。Muddy Waters!!!  伝説そのもの。このなんとも言えない、かっこいいのか悪いのか、いまだに解けない宝島の地図のような謎なジャケ写。そんなこのベスト盤はまさに一家に一枚、どころか、ひとりに二枚、ぐらいの名盤。2枚持ってない人は...そっこーポチっておくれ。え、わたくしですか? ええ、我が家には3枚あります...。D-LINE11では、Muddyのバイオを紐解きました。

Image1

そして、今年度から復活したD-LINE12では、Hits!! M-Chainなりに、鈴木ダイなりの「追悼 志村けん」さんというものを...。

Image3_2

まずは、Stevieの80年リリースのアルバム『Hotter Than July』から「Happy Birthday」を。志村けんさんがリリース当時にこのアルバムのレビューを音専誌に書かれたのですが、それをもとにお話ししました。ソウルフルで、思慮深い、音楽愛に満ち溢れたけんさんの解説に改めて胸躍ります。

Image4_2

テディペン!! もう、すっかりお馴染みでしょう。Teddyの79年リリースの『Teddy』に収録されていた「Do Me」ですよね。ヒゲダン! こっちのヒゲダンでわたくしは育ちました。

Image5

TATS氏のメロウな「あまく危険な香り」をおかけしました。82年リリース、TATS氏9枚目のシングルです。けんさんとTATS氏はソウルメイトというか、音楽愛で強く繋がっていた仲のようで、かつては雑誌で対談も行っています。このお二人の濃厚なソウル・ミュージック談義を聴いてみたかった!

Image2

ラストには、けんさんが最も好きなアーティストのひと組として挙げていらっしゃったThe Beatlesの「In My Life」をおかけしたわけですが、けんさんは、PaulよりもJohnのほうがお好きだったようですね🙂 そんなこんなで、Johnメインで書かれて、リードVo.もジョンのこの曲を。

最高のコメディアンであり、究極の音楽人であった、志村けんさんのご冥福を心からお祈り致します。

さて、リスナーさんたちからのご要望により、新年度よりオンエア前にメールテーマをここのブログにアップすることをお約束したわけですが...(苦笑)。ADのKさんがおとといにしっかりとバッチリな感じで、ありえないほどに素っ気ない「一行」で事前告知😂 よしよし、これでいいのです😂 次回もまたADのKさんが素っ気ない「一行」で見事にメールテーマを発表してくれることでしょう。

新年度最初の本日、今まで以上にまたまた増し増しになりましたたくさんのリスナーの皆さんにご参加いただきました。RN 美心音♪みこと♪さん、トム・クルージングさん、すみっこさん、ミミさん、あおい月影さん、ねこダッシュさん、Otohimeさん、ソラマーゾフさん、オオタカユウスケさん、歩くヴィレヴァンさん、てこさん、あおまめさん、パクパクママさん、ギニューさん、なかっちさん、甲州市のよっちゃんさん、らくりまくり★ゆってぃさん、夢ちゃんさん、ジャンボさん、らじおじらさん、プーのともだちさん、食べごろマスカットさん、れみれみれみこさん、ふーちゃまさん、オガッチさん、すしすしすっしーさん、エイミーさん、わらの一味さん、Rオヤジさん、だっちゅうにさん、ジョガーさん、元KARAのハラさん、しらともさん、にこるさん、真夏のセミハイテクさん、しーつんさん、ヴァンフォーレキングさん、投げやり君さん、てらぽんさん、番屋さん、黒柴ハグハグさん、ゆっこちんさん、盛尊(もりそん)さん、今日も静かに騒いでるさん、内線114さん、畑のおじさんさん、マキシラさん、えむさん、他たーーーーくさんの皆さん、嬉しいじゃないか!このやろ!ありがとうございます🙇‍♂️

新型コロナウイルス、本当に恐ろしいです。恐ろしいからこそ、きちんと正しい情報を、と願うばかりです。

てなわけで、最後にもう一度。改めて。2年目のHits!! M-Chain、今年度も何卒どーぞよろしくご愛聴のほど、お願い致します。

ではでは、

また次回です♫

Yasss!!

じゃーなー

2020年4月 2日 (木)

4月4日 テーマは「至福の時」

2020年3月28日 (土)

シルクロードより愛をこめて

年度末の、3月ラストの、Hits!! M-Chainでした♫🎙

まずは、この一年間、あなたのラジオ(デバイスを)をFM FUJIに、そして、Hits!! M-Chainに合わせてくれたことにココロからお礼を言わせて欲しい。本当にありがとう。聴いてくれたうえに、応援してくれるようになったり、毎回メール参加してくれたり、鈴木ダイの声を、そしてこの歳でもいまだにアホみたいに夢中なわたくしの音楽話を、(もっと)好きになってくれたり、真剣に耳を傾けてくれたり、そんなあなたにどんな言葉を並べても、わたくしの奥底の思いを100%上手に伝えることなんて出来ない。と、本当にそう思う。そのぐらい、毎週楽しく、我ながら毎回オンエアが待ち遠しくなるほどに、充実した今年度の土曜日だった。二十数年前に初めてスタジオのマイクの前に座って、過呼吸になっちゃうほどに音楽の話をとめどなく溢れるように喋った、あの衝撃のファーストタイムが蘇るような、そんな幸せなありがたすぎる時間を、毎回ありがとう。

そして、毎週一緒に番組を創ってくれて、わたくしの至らないところを献身的にサポートしてくれて背中をガツン押してくれる番組スタッフのみんなにもほんと感謝です🙇‍♂️ 支えられてます。

今日のエンディングでお話ししたように、来年度もHits!! M-Chainは続きます。2年目に突入するわけです。この仕事をそこそこ長くやらせていただいてますが、担当番組が2年目に突入することができてこんなにも嬉しいのは過去にもちょっとあまり記憶にない。うぇい♫  しかも、来年度からは番組枠/オンエア時間が1時間延長だって...。おい!至上のハピネスだ。

来年度も、音楽好きリスナーの皆さんにはより一層「たまらん!」と思っていただけるようなカウントダウン番組になれるようにファイトしていくぜー。応援よろしくね。

Image1

ドン!

と、いきなりの展開で喜多郎です(笑)。「シルクロードの日」の今日に合わせてD-LINE10でピックアップしたのが、喜多郎でした。ニューエイジ・ミュージックの巨匠ですよ。大巨匠。番組ディレクターA氏に「喜多郎のCDもけっこう持ってるんですか!?」と突っ込まれましたが(笑)、ええ、じつは、わたくし、ニューエイジ・ミュージックも相当に大好物でして。そうであれば、もちろんのこと、喜多郎はマストでしょ。そんな喜多郎を「シルクロードの日」におかけするならば、1980年のあの名ドキュメンタリー番組のテーマ曲をかけちゃうでしょーよ。ラジオでかからないよねえ、このテーマ曲、いきなり2020年に。それが、Hits!! M-Chain✌️😁

来年度もこんなかんじで参ります。いや、もっと旺盛にいろいろといろいろなパワーアップしていきます。のつもりです。

そうそう、先週数人のリスナーさんからご指摘いただいていた「事前にメールテーマを教えて欲しい」事案でございますが、ええ、毎週土曜前のどこかの時点でココに「次回のメールテーマはコレ!!」的な感じでシレッとあっさりとアップすることにします。番組ADのKさん、よろしくね。ぜひともチェックしていただき、土曜のオンエア前でもOKなのでサクッとメールを送っていただけると嬉しい。毎回たくさんのメール参加いただけていて、本当に嬉しいです。ありがとう。

今日もRNソラマーゾフさん、美心音♪みこと♪さん、すみっこさん、オオタカユウスケさん、トム・クルージングさん、夢ちゃんさん、Siyoriさん、ミミさん、歩くヴィレヴァンさん、すしすしすっしーさん、オガッチさん、ねこダッシュさん、プーのともだちさん、おぐりんさん、あおい月影さん、ピーやまにさん、パクパクママさん、にこるさん、真夏のセミハイテクさん、たけだのこさん、元KARAのハラさん、デルタさん、らくりまくり★ゆってぃさん、だっちゅうにさん、今日も静かに騒いでるさん、なかっちさん、食べごろマスカットさん、橋本屋権左衛門さん、がくぽんさん、しーつんさん、ジョガーさん、睡蓮さん、えむさん、ジャムキングさん、他の皆さん。ご参加に謝謝🙇‍♂️

D-LINE11でお話しした《S&Gの『明日に架ける橋』リリース50周年》にかこつけて、今夜は久しぶりにゆっくりとS&G聴こうかなと...と思っていたものの、やっぱりこっちにしよう。

Image0

先日お亡くなりになった、Kenny Rogersに。いまだに追悼モードが解けません🙏

にしても、喜多郎とKenny Rogersのpicsがアップされているこのブログって...。

あ、わたくしのTOP 3は、1位ドクターペッパー、2位ペプシコーラ、3位ルートビア、ね。5位あたりにアンバサ入れとくかな(笑)。アンバサ知ってる?

てなわけで。また来週。新年度の土曜10時に!!♫

手をしっかりと洗って、家にいよう。いい音楽聴いていようね。

ありがとう。

また次回です♫

じゃーなー

2020年3月21日 (土)

「恋歌」

凄かった!

いや〜〜〜!ほんと凄かった💥

本日のメールテーマ(のような)、「恋をテーマに57577の短歌を送って!」でしたが、リスナーの皆さんからの反応っぷりの良さにスタッフ一同ビックリでした。ひょーー!サンキュでした!🙇‍♂️

ラジオ番組的に「575」の俳句募集はよくありますが、「恋」に限定しての「57577」の短歌のみでという括りでは、どうだろーねー...というオンエア始まる前までの我々の心配を余裕で吹っ飛ばすほどのたくさんのメール参戦にほんと感激した次第でございます🙌 凄いね、Hits!! M-Chainリスナーの皆さんたら! ダイ、ダイ感激でした😭

みんな、「恋」してるんだなー。「恋」したんだなー。「恋」したいんだなーって。

このHits!!ブログのひとつ前の回には皆さんからいただいた「恋歌」アップしております。RNトム・クルージングさん、ブドウパークさん、プーのともだちさん、オガッチさん、オオタカユウスケさん、すばるさん、ピンクのバアたんさん、あおい月影さん、パクパクママさん、甲州市のよっちゃんさん、らじおじらさん、本日は匿名さん、かるはずみさん、真夏のセミハイテクさん、しらともさん、シヨリさん、食べごろマスカットさん、らくりまくり★ゆってぃさん、ピーやまにさん、チョーエイさん、夢ちゃんさん、ソラマーゾフさん、なかっちさん、わらの一味さん、ミミさん、ジョセフィーヌのかほりさん、ゲゲゲの源ちゃんさん、ウーパールーパーさん、番屋さん、コイコイさん、石榴石さん、元KARAのハラさん、あおまめさん、がくぽんさん、Rオヤジさん、moonshine さん、さくらさん、えむさん、黒さん、他たくさんの皆さん、ありがとう。ぜひとも皆さんそれぞれの大傑作をご覧になってくださいまし。あ、わたくしが詠んだ傑作もね😁

数人のリスナーさんからご指摘ありました「メールテーマは予めブログとかで教えてよ〜〜」というアレですが。はい、たしかにおっしゃる通りかなと。新年度からはぜひともそうしたいと思います。もっともっと皆さんと繋がっていきたいしね。いまだにTwitterもなくオンエア聴いていただいただけで「参戦せよ」という無理強いをしてましたから(苦笑)🙇‍♂️ それでも毎度毎度ビックリなほどの数のメールいただけてるのも大感謝なんですが...。

とにもかくにも、本日もすんごい数のご参加ありがとうございました。

さて、軽くD-LINEのおさらいを♬

Image0

まずは、D-LINE10ね。やっちゃったよ、またまたシブいのを。サン・ハウスだぜぃ。「恋歌」でワイワイやって、カウントダウンをバシっやって、そんでもってサン・ハウスをガーご紹介する番組ってあまりないよねー(苦笑)。

Image1

このアルバムが、オンエアでご紹介しました例の、今から90年前の1930年5月28日の一大事件です、というアレですよ。『伝説のデルタ・ブルース・セッション 1930』という伝説的な超絶歴史的な音源です。私は音楽ファンである、ポップカルチャーを勉強しています、本物の伝説を知りたい、なんて方はもうみんなまとめてコレ買いなさい。聴きなさい。

これからも、Hits!! M-Chainでは、鈴木ダイしかご紹介できないようなヤバいブツをたくさんお話ししてまいりますので。心して、Yeah! (意味不明)

そして、D-LINE11でご紹介したのは...

Image4_2

今日が命日、ロックンロール史上欠かせないギターブランド「フェンダー」の創業者、レオ・フェンダーをご紹介しました。で、フェンダーのテレキャスターの愛用者キース・リチャードのお話からの、ストーンズの「Happy」へと。72年リリースのド級の名盤『メイン・ストリートのならず者』ですなー。

Image3_2

ストーンズの音盤はほぼすべて持ってますが、『メイン・ストリートのならず者』は、我が家には3枚あります😁 なんだかいろいろな理由で。

さて、今週の洋楽チャートNo.1はまたしてもヤング・ガン・シルヴァー・フォックスの「Kids」でしたね。あまりに完璧なAORぶり、ヨット・ロックぶりにビビります。

Image2

彼らの3rd作『Canyons』もスキなしです。ぜひとも♬

最後に、「恋歌」を詠むときにいったいなにを聴きながらのロマンチック創作なのかと。その音選びに個人個人のセンスやこだわりを感じますが。わたくしはですねー...

Image5

JTの5年ぶりの新作『アメリカン・スタンダード』を聴きながらでした♬ ロマンチックですよー、このアルバム。ぜひとも (こればっかですが)。

ではでは、三連休の中日(なかび)ですが、このあとものんびりとお楽しみあれ。新型コロナもあるし、Stay Homeで素敵な音楽鑑賞でも♬

また次回です♬

じゃーなー

Copyright (C)