2020年5月30日 (土)

NIN

Image1

NINです。「ニン!」じゃないよ。Nine Inch Nailsです。略して、NIN。

好きだなー。今でも充分に好きだなーと公言できるほどに。それでも今と比べると間違いなく90年代〜2000年代中盤あたりにかけては、相当に聴いた。相当に好きだった。90年代に躍進した多くのロック・バンドたちのなかでも、OasisやPearl Jamらと同等なほどにフェイバリットなアーティストがNINだった。

ダークだが、希望も感じる。ラウドだが、繊細さも。歪だけど、究極の美も内包している。トレント・レズナーの溢れんばかりの才能が炸裂したのがあの時のNINだった。

アメリカ人に聞いたことがあるが、あの頃のトレント・レズナーはほんとカリスマだったと。当時アメリカに暮らしていた音楽ファン/ロック・ファンであれば、ほぼ間違いなくNINの音に酔っていただろうと。今日お話ししたように、トレント・レズナーは97年に米タイム誌が特集を組んだ「最も影響力のある25人のアメリカ人」のひとりに音楽界から選ばれているほどなのだ。

Image3_2

Image2

そんなNINの究極の1枚といえば、文句なく94年リリースのこのアルバム『The Downward Spiral』であると断言することに異論は(ほぼ)ないであろう。このアルバムがリリースされてアメリカで大ヒットしている頃、わたくしは某レコード会社の洋楽担当宣伝マンだった。自分の会社の推しタイトルを宣伝しなくてはならないのに、こっそりとサボりつつカフェでこの『The Downward Spiral』を爆音で聴いていたものだ。Oasisの1stや、Pearl Jamの『Vs.』や『Vitalogy』とすべて他社の推しアルバム(苦笑)と共にNINのこの『The Downward Spiral』はあの時期わたくしの人生のサウンドトラックの筆頭格だった。今このアルバムをじっくりと聴きなおしてみたが、相変わらずヒリヒリして、ドキドキする音だ。あの時にリアルタイムで夢中になった価値がある音楽作品だと改めて。

今回のD-LINE10では、先週いただいたRNトム・クルージングさんからの「NINを取り上げてください!」という嬉しいリクエストにお応えするカタチで、このNINをピックアップ致しました。

ぜひぜひ、あなたも「D-LINEでピックアップして欲しい音楽ネタ」があれば、遠慮なくリクエストしてくださいませ♬ お待ちしております🙇‍♂️

今日もほんとたくさんのリスナーの皆さんからメールいただきました。RN甲州市のレスポールさん、エムケーさん、トム・クルージングさん、ハイテンションママさん、オガッチさん、あおい月影さん、ねこダッシュさん、わらの一味さん、ヴァンフォーレキングさん、らじおじらさん、なかっちさん、ミミさん、夢ちゃんさん、シロボルさん、真夏のセミハイテクさん、ルート317さん、 誠太郎&寛祐さん、にこるさん、ソラマーゾフさん、歩くヴィレヴァンさん、れみれみれみこさん、チャイさん、だっちゅうにさん、石榴石さん、食べごろマスカットさん、元KARAのハラさん、ゆっこちんさん、美心音♪みこと♪さん、東京レント29歳(留年中)さん、プーのともだちさん、しーつんさん、チャイさん、くらにゃんこさん、投げやり君さん、ジンベエくんさん、元サッカー小僧さん、えむさん、他たくさんの皆さん!ありがとう!😁

緊急事態宣言解除後のこのタイミング、油断しすぎないように☝️ゆっくりいこう。

ではでは、また次回です♬

じゃーなー

Image0

PS  Hits!! M-ChainのチャートにもランクインしているThe 1975のこの新作が素晴らしいのだ!『仮定形に関する注釈』という邦題が狙いすぎな感もあるが...(笑)。中身の音はほんとサイコー。我が家でのヘヴィロテの1枚です💿

2020年5月28日 (木)

5月30日 テーマは「お買い物・ショッピング」

2020年5月23日 (土)

Blues Boy King

"Blues Boy King"こと、B.B.KingをピックアップしたD-LINE10でした♫

オンエア内でもお話しした通りですが、現在86歳になるわたくしの父が若い頃からの大のブルース・ファン(というより、カントリーも好きなアメリカン・ミュージック愛好家でしょうか)でありまして、もちろんB.B.Kingの大ファンでもあるのです。父とはかつて一緒にB.B.Kingの来日公演に二度?三度ぐらい通いました。実家でのわたくしの幼い記憶では、父がつねにそのあたりの音楽を部屋中に爆音で流していて、その時の記憶が、体験が、体感した音の全てが、いまのわたくしの礎になっていると言っても過言ではありません。

そんな、我々親子がこよなく愛するB.B.Kingにゆかりある土地が、アメリカはテネシー州のメンフィスです。メンフィスはあのエルヴィスの邸宅グレイスランドがあることでも音楽ファンにはお馴染みですね。そのメンフィスにはわたくし過去に二度訪れております。

Image1

メンフィスの目抜き通り?とも言うべき、ビール・ストリートです。これはおよそ一年半前に妻と訪れた時の写真。ニューヨークやLAとは根本的に違う、なにか淫靡なニオイというのか、ヤバい雰囲気も満載な、じつにわたくし好み(笑)の大好きな街です。通りを歩いているとホントにありとあらゆるすべての店から爆音でブルースやカントリーを演奏するバンドの音が漏れて聞こえてくるんですねえ。たまらんのです、これが。このビール・ストリートに店を構えるのが、そう、B.B.KING'S BLUES CLUB。B.B.が亡くなるまでオーナーを務め、B.B.亡き後もバリバリ営業を続ける、今や老舗のブルース・レストランなんです。

Image2

かつて、92年に訪れた際には、な、なんと!突然オーナーであるB.B.がふらっと登場してステージ上でセッションを始めるという、とんでもない瞬間をわたくし目撃しております👍

Image0

エルヴィスと並ぶメンフィスの英雄、B.B.の銅像がドーンと。音楽が街に溢れている、というより、街のすべてがポップミュージックの歴史そのものなんです。羨ましい。わたくし、来世生まれ変わってくるなら、メンフィス市民がいいかも。見るもの、耳に入ってくるもの、食、すべてがわたくしにジャストフィットなんです。それもどうなんだろと思いますが(苦笑)。

Image5

Image4_2

何枚か、B.B.の音盤を。

Image3_2

Image2_2

Image6

先週のこのHits!! M-Chainに笛吹市のRNエムケーさんから「ぜひとも、B.B.Kingの特集をやってください」との趣旨のメールをいただいていまして、今回ご紹介できました。こういうリクエストは今後も大歓迎です。ピックアップして欲しいアーティストやジャンル、ムーヴメントなどありましたらガンガンお送りくださいませ。

そして、D-LINE12では「ロックンロール・オリジネーター」の数人をご紹介しつつ、先日お亡くなりになったリトル・リチャードをピックアップ致しました。

Image1_2

このあたりは、好きとか嫌いとか、知っているとか知らないとか、という次元ではないですね。ポップミュージックの入口につねにいて、また、その出口でもきっと再会するであろう顔ぶれであり、音楽だと思います。

これからも、Hits!! M-Chainでは最新のナンバーが登場するカウントダウンとともに、ポップミュージックの「いろはにほへと」をご紹介してまいります。お楽しみに♫

今日もたくさんのメールでのご参加ありがとうございました。RN エムケーさん、トム・クルージングさん、すみっこさん、ヴァンフォーレキングさん、ねこダッシュさん、アネモネさん、ミミさん、GO!GO!つっつGO!さん、にこるさん、メタラー油さん、ルート317さん、トム・クルージングさん、ソラマーゾフさん、せいたろうさん、てらぽんさん、プーのともだちさん、らじおじらさん、ブリティッシュさん、オオタカユウスケさん、なかっちさん、甲州市のよっちゃんさん、まりかさん、王さだぱるさん、ぺー☆さん、元KARAのハラさん、シロクロネコネコさん、ピーやまにさん、ららさん、野球ピッチャーさん、内線114さん、らくりまくり★ゆってぃさん、おかんさん、すしすしすっしーさん、番屋さん、れみれみれみこさん、匿名希望さん、No Beef No Lifeさん、わらの一味さん、獅子レオさん、夢ちゃんさん、ぺぽーんさん、ウーパールーパーさん、マキシラさん、今日も静かに騒いでるさん、ジンベエくんさん、しーつんさん、パクパクママさん、なまけたろう☆☆☆さん、えむさん、他たくさんのみなさん!ありがとう!!!!!🙇‍♂️🙌

ほんとうに毎回たくさんのメッセージにスタッフ一同感激しております😭 感謝です!!!

明日は甲府は夏日になりそう!?☀️💦

これから暑くなるとマスク姿もなかなかキビシイものがありますが、改めて気を引き締めてまいりたいと思います。

ではでは、また次回です🎵

じゃーなー

2020年5月21日 (木)

5月23日 テーマは「野球」

2020年5月16日 (土)

ぼくとわたしの宮殿

緊急事態宣言も山梨では解除ということで、少しだけ、ほんとに少しだけ、でも確実に前進です。まだまだ、気を引き締めてまいりましょう☝️

さて、本日5月16日はあの大先生のお誕生日ということで、D-LINE10では「宮殿」をピックアップしました。そう!その大先生とは、キング・クリムゾンのロバート・フリップ大先生のことであり、「宮殿」とは、クリムゾンの1969年10月リリースの彼らのデビュー作にして、ロック史上に燦然と輝く、もうどうしようもないほどのド級の名盤『クリムゾン・キングの宮殿』のことであります。

じゃーーん

Image0

あああああああ。ぐわあああああ。

ね、この伝説的で驚異的なジャケ写でおなじみのコレですよ、コレ。ノドチンコもまる見えです。

わたくしがこのアルバムを初めて聴いたのは、81年?82年あたり?中三か高一のころだったと記憶しております。全5曲、トータルランニングタイム43分54秒の圧倒的な完成度と世界観に当時まだ少年のわたくしもクラクラしたものです。なんとも深遠で、なんとも狂気じみていて、なんともプログレッシヴなその音世界に完全にノックアウトされました。この「宮殿」の3曲目に鎮座する「エピタフ」がもうとにかく好きで好きで。昔も今も変わらず。本日はその「エピタフ」を8分48秒ほぼほぼ完奏でお送り致しました。だって、今日は大先生のお誕生日ですから。完奏ですよ、敬意を表して。ただ、わたくしが聴きたかっただけでしたが。

Image1

ご想像通り?我が家には何枚もの「宮殿」があります。そんなに「宮殿」持っていてどうする? 理由なき「宮殿」です。この何枚ものジャケ写を部屋の片隅に並べておいて、夜トイレに起きて、ふと暗闇に居座るコレらを見つけるとイイ感じに寒気がしますよ。お試しあれ。-"混乱"こそ我が墓碑銘-なんです。Confusion will be my epitaph と高校の時の授業中にノートにいたずら書きをしていて先生に見つかってこっぴどく叱られたことがあります。いひひ。今思うと、なにがいけないのか正直わかりませんが。職員室のその先生の机の引き出しの中の一番上にこのジャケ写をそっと入れておいたら、先生開けてビックリしただろうなと...。あー、そんなイタズラをしておけばよかったです。いひひ。

どんな時代になっても、ぼくとわたしの宮殿です。この「宮殿」をまだ訪れたことのないあなたは今すぐに、さあ、どうぞ。

D-LINE11では、本日が命日のジャンゴ・ラインハルトとジプシー・ジャズの歴史をお話しし、D-LINE12では、フリップ大先生と同じく本日がお誕生日のジャネット・ジャクソンをピックアップ。わたくしのフェイバリットなジャネットのナンバー3曲をお送り致しました。

Image2

寝てる場合ではありませんよ、ジャネット姐さん。え?瞳を閉じているだけですって? それ、仮眠て言うんです、姐さん。

Image3_2

Image4_2

ジャネットのベスト盤の中ではコレがオススメです。ICONというシリーズで多くのアーティストのベスト盤がアメリカでリリースされておりますが、だいたいが全12曲前後でほんと簡単にそのアーティストの概略が解るような内容になってるんです。なので、まずはそのICONシリーズでジャネットに触れてみて、気に入ったら次のステップにいく。オリジナル・アルバムを聴いていくもよし、2枚組のもっと濃厚なベスト盤を聴くもよし。それより、ジャネットのプレイリストをストリーミングで聴く。それもまたよし。各人お好きなように。As you like it!

今日もたくさんのメール参加をありがとうございました。RNカーナンバー786さん、甲州市のレスポールさん、エムケーさん、Otohimeさん、ソラマーゾフさん、プーのともだちさん、トム・クルージングさん、夢ちゃんさん、ねこダッシュさん、ギニューさん、ヴァンフォーレキングさん、真夏のセミハイテクさん、なかっちさん、大吉の大ちゃんさん、ぺー☆さん、ルート317さん、オガッチさん、ピーやまにさん、だっちゅうにさん、メタラー油さん、にこるさん、ピンクのミニーさん、元KARAのハラさん、気分屋ちゃるさん、みぃさん、銭湯員さん、しーつんさん、てらぽんさん、らじおじらさん、えむさん、番屋さん、せるしあさん、甲州市のよっちゃんさん、ラポさん、ジンベエくんさん、夕焼けワンワンさん、ALLな糸さん、のんへいさん、タントカスタムさん、他たくさんのリスナーの皆さん、ありがとう!🙇‍♂️🙌

それでは、油断せず、緩まず、まだまだですぞ。また木曜日あたりに番組ADのKさんがいつものようにしれっと次回のメールテーマを一行のみアップしますので。チェックのほどお忘れなく☝️

ではでは、また次回です♬

じゃーなー

2020年5月14日 (木)

5月16日 テーマは「みち(道・路)」

2020年5月 9日 (土)

人間解体

本日のD-LINE10とD-LINE12はリンクしていたし、個人的にはお送りしていてとても嬉しく楽しかった。

Image0

いきなりD-LINE10でピックアップしたのは、先日お亡くなりになったフローリアン・シュナイダー氏を追悼してのクラフトワーク特集となった。ピックアップした理由こそ寂しいが、彼らのスバラシイ音楽と業績を少しでもリスナーの皆さんにお伝えできたと思えば、良かったと言えよう。

番組内でお話ししたようにわたくしが彼らの音楽に出会ったのは中学3年の時だ。前年の中2でのYMOとの出会いに続いての、翌年のクラフトワークという流れ。今思うと、なんとも濃ゆい。クラフトワークの『人間解体』を聴きながらの日々、サッカー部の練習に明け暮れていました。大好きな78年リリースの『人間解体』のほかにも、74年の名盤『アウトバーン』、75年の『放射能』、77年の『ヨーロッパ特急』と、70年代の彼らの凄さには改めて感服します。彼らの音は、コンセプトは、完全に30年は先を行っていましたね。

Image1

これが、今日お話しした、わたくしが観た2013年の彼らの来日公演のチケです。『人間解体』完奏の日でした。集まった観客全員が3Dグラスをかけての鑑賞はまさしく衝撃的なステージング。あの時我々は過去を訪ね、そして間違いなく未来に行ったのです。

残念ながら、クラフトワークの創設者の一人であるフローリアン・シュナイダー氏はこの世を去りましたが、彼の崇高な魂とクラフトワークの音楽は永遠に生き続けるのです。RIP Florian Schneider.🙏🙇‍♂️

そして、D-LINE12でピックアップしたのは...本日5月9日がバースデーのデイヴ・ガーン、そう、デイヴがリード・ヴォーカリストを務めるDepeche Modeをピックアップ。

イエス、わたくしのリスナーさんたちにはおなじみ(?)、Depeche Modeは〈鈴木ダイの人生における三大バンド〉のひとつなのです。The Beach Boys、Pink Floyd、そして、Depeche Mode。BB5とFloydというのは納得ですよね。しかし、その顔ぶれにプラスされるのはStonesでもなく、Pearl Jamでもなく、R.E.M.でもなく、The Whoでもなく、Kissでもなく、U2でもなく、Oasisでもなく....とにかくどのバンドでもないのです。100%本気でDepeche Modeなんです。

Image2

我が家のCD棚からDMをごっそり引っ張り出してと...。

Image3_2

Image4_3

ほんの一部ですが。ほんと、とにかく、好きなんですよ。DMが。FM FUJIのDJの皆さんの中にもDMを全て持っているという方はいませんか...? もしいらっしゃれば、お友達になってください。生涯お付き合いできる友情を築けるかと確信しますが。

Image5

彼らはシングルもマストなんです。それぞれの盤にしか収録されない曲やヴァージョン違いがカップリングされていまして。とにかく、出たら全部買え、が鉄則です。

Image6

Depeche Modeを愛する同業者/アーティストも世界では数知れず。DMのトリビュート・アルバムも揃えます。鉄則です。

ああ。DMの音楽を愛するDJの方はFM FUJIにいらっしゃらないですか? 友達がいないわたくしのお友達になってください。いや、ほんとに。

そして、D-LINE11でピックアップしたのは、松岡直也さんでした。今でも時おり82年リリースの『九月の風』を聴くのですが、すると「ハートカクテル」に登場するような女性を隣に乗せて湾岸道路あたりを走りたくなります。あ、車は持っていないんだった(笑)。また、ラストにお送りしたラテンアレンジの「ミ・アモーレ」には我ながら胸熱になりました。

今日5月9日は「アイスクリームの日」です。それにあわせてのメールテーマが「アイス!!」でしたね🍨 アイス好きのたくさんのリスナーの皆さんにご参加いただきました。RNオガッチさん、恋する鉄仮面さん、ウーパールーパーさん、エムケーさん、Otohimeさん、オオタカユウスケさん、トム・クルージングさん、ねこダッシュさん、夢ちゃんさん、ミミさん、富士川拾兵衛さん、あおい月影さん、昆布ラバーさん、美心音♪みこと♪さん、真夏のセミハイテクさん、甲州市のよっちゃんさん、そうしさん、大吉の大ちゃんさん、れみれみれみこさん、アネモネさん、コイコイさん、番屋さん、だっちゅうにさん、ノエルさん、にこるさん、わらの一味さん、メタラー油さん、パクパクママさん、すしすしすっしーさん、自由少女マコのパパさん、クルルさん、猫又三世さん、夢ちゃんさん、せいたろうさん、元KARAのハラさん、がくぽんさん、GO!GO!つっつGO!さん、プーのともだちさん、小豆あんこさん、食べごろマスカットさん、しーつんさん、気分屋ちゃるさん、てらぽんさん、だいさん、なまけたろう☆☆☆さん、ぺー☆さん、チェリーさん、今日も静かに騒いでるさん、内線114さん、ジンベエくんさん、石榴石さん、まりもさん、ゆうさん、えむさん、他たーーーくさんのみなみなさま。すげェたくさんのみなみなさま。サーンキュです。嬉しい。

さて、敬愛なるデイヴ・ガーンのバースデーという今宵。もちろん、このあとはDMに耽溺タイムです。まずは、97年の『Ultra』あたりを聴こうかな。

ではでは、また次回です♬

じゃーなー

2020年5月 7日 (木)

5月9日 テーマは「アイス!!(アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイス・氷菓など)」

2020年5月 2日 (土)

つめたいお前

GW。ついに5月に突入。されど、今年はねえ...😌

仕方ないですね。今年は我慢。

それでも、今日各地で今年初の真夏日を観測したというニュースを番組内でお伝えできまして、我ながら「やっぱり鈴木ダイは夏男だな。そこに関しては「持ってる男」だ」なと(笑)。毎年けっこうな確率で生放送中に「梅雨明け」宣言とか、「初の真夏日」観測とかをお伝えしてきてますから。熱くなります。

本日のD-LINEでは、今日が誕生日のお方(ルー・グラム)、今日が命日のお方(忌野清志郎)、とそれぞれご紹介いたしました。ルー・グラムが在籍していたフォリナーに関しては、以前同じくD-LINEでピックアップした「産業ロックとは?」でお話しした「鈴木ダイの独断と偏見で選ぶ産業ロックバンドTOP3!」でフォリナーをわたくしは2位に選んでいましたよね(ちなみにわたくしの好きな産業ロックバンドTOP3は1位 ボストン、2位 フォリナー、3位 TOTOでした)。フォリナーが2位!そのくらいフォリナーが大好きだということなんです。

Image3_2

Image4_2

81年リリースのこのアルバム『4』、ほんとよく聴いた1枚です。リアルタイムでわたくし中3でした。みよこちゃんという女子に恋してたわたくしはこのアルバムの4曲目「Waiting For A Girl Like You」を聴きながら、ムフフな恋を妄想しつつ毎夜毎夜『4』を布団の中でヘッドフォンで聴き倒したものです。

Image1

今日が誕生日のルー・グラム。左前の椅子に座ってる方。So what?

Image2

今日が誕生日のルー・グラム。右から二人目の腕組んでる方。So what?

Image0

左側はUS盤のベストアルバム。右側はUK盤のベストアルバム。So what?

日本盤は右側のUK盤の内容でリリースされています。

それにしても、彼らはほんと大ヒット曲が多いです。「Cold As Ice」好きでしたねー。邦題は「つめたいお前」です。なにそれ(苦笑)。「Urgent」も「Double Vision」も「Blue Morning, Blue Day」も好きですねー。「Feels Like The First Time」も「Hot Blooded」も「Dirty White Boy」も「Juke Box Hero」もたまらんです。もちろん必殺バラードの「Waiting For A Girl Like You」や「I Want To Know What Love Is」も「That Was Yesterday」も「Down On Love」も「Girl On The Moon」もスバラシイ! すべての曲にわたくしの中学時代や高校時代のしょっぱい思い出がこびり付いております。

フォリナー、バンザイですな🙌 いまだに。

D-LINE12では反則ワザな「Stairway To Heaven」丸がけ。しかも、ライヴ・バージョンで(笑)。11分弱でした。ツェッペリンの調べ。11分の天国行き。階段登れました?

リスナーさんからさすがに反響いただきました。Stay home週間に丸がけ。ありがとうございました🙇‍♂️

Image5

『永遠の詩』もなぜかウチに3枚ありました。本日の「階段」はこのアルバムからのテイクです。ペイジのギターがヨレヨレで、これが味なんだなーって。これでよしって。

なぜ、今日この曲を、このテイクをおかけしたのか?って。番組内でもお話ししたように、イントロが始まる前にプラントがひとこと「This is a song of hope.」「これは希望の歌だ」と言っているからですよ。今のこの時期に希望の歌をおかけしなくてなにをかけるんですか? そういうことです。

Image7

この時の再結成ライヴは久しぶりに胸にきました。

Image6

このライヴ盤は大傑作です。妻がペイジにインタビューした際にいただいたサインがありますが...(苦笑)。

あなたもぜひともこのGWに、おウチでじっくりとライヴ・アルバムの名盤を聴き倒してみるというのもよろしいかと👍

今日もたくさんのメール参加いただきまして感謝です。ほんといつもいつもありがとうございます。RN パグ大好きYUKAちゃんさん、Otohimeさん、トム・クルージングさん、プーのともだちさん、ミミさん、マイティーパパさん、ねこダッシュさん、ヴァンフォーレキングさん、今日も静かに騒いでるさん、エムケーさん、甲州市のよっちゃんさん、オガッチさん、らじおじらさん、ギニューさん、今日は匿名さん、あおい月影さん、秘密の運び屋さん、元KARAのハラさん、甲府のたけちゃんさん、だっちゅうにさん、ゆかごんさん、ずびずばぁさん、夢ちゃんさん、パクパクママさん、おせっかいさん、恋する鉄仮面さん、ウーパールーパーさん、ソラマーゾフさん、ワーキングボーイさん、てらぽんさん、美心音♪みこと♪さん、わらの一味さん、本日は匿名希望さん、内線114さん、えむさん、みほさん、他たくさんのみなみなさま。

緊急事態宣言の延長?など、いろいろと気になることばかりですが。

いい音楽を。素敵な音楽と共にいこう。それだけは。

ではまた次回です♬

じゃーなー

2020年4月30日 (木)

5月2日 テーマは「Have fun at home! お家でHappy!!」

Copyright (C)