2019年6月22日 (土)

出汁

Image2_2

つまりは「出汁」、ダシなのだ。

僕がHits!! M-Chainのオンエアを通じてあなたにお伝えしたいのは邦・洋のヒットチューンとともに、音楽の「出汁」のほう、「具材」ではなく音楽の「妙味」である。例えばラーメンでいえば「ラーメンそのもの」をご紹介する番組やDJ氏はたくさん存在しているし、「具材」を事細かにさぞ知っていますという体でご紹介する番組やDJ氏もたくさん存在しています。しかし、Hits!! M-Chainは、鈴木ダイは、ラーメンの「出汁」をご紹介していきたいなと。音楽の「妙味」をこれからもオンエアを通じて、このブログを通じて、お伝えしてまいりますので、どーぞよろしくです。

なんて、文末みたいなスタートですが、特に10時台のD-LINEではこれぞダイ!というようなポップ・ミュージックをガシガシご紹介しております。今日のD-LINEでは〈雨の日に聴きたい音〉と題して二曲お届けしました。

Image3

まずは、k.d. langの92年の名盤『アンジャニュウ』に収録されていた「Constant Craving」。タマラン曲です。僕が今日番組内で定義した「雨の日に似合う曲の条件」として「テンポが一定である」「音を厚く重ね過ぎていない」「暗過ぎない」という三つ。まさしくこの曲はこの三つの定義にジャストです。

Image2

そして...このジャケ写はどーなの?的なベスト盤を敢えてもってきましたが、中身の音は素晴らしいです。Michael Franksの83年作「Rainy Night In Tokyo」でした。まんまなタイトルですが、やはりこのヴォーカルとアレンジには抵抗し難い魅力がありまして、雨の日には、特に夜には聴きたくなるのでございます。あなたもぜひとも。

また、11時台のD-LINEではジュークボックスについて歴史や魅力をご紹介いたしました。かつてのアメリカ大陸縦横断ひとり旅で入ったアメリカ各地のダイナーや酒場にはいまだにジュークボックスが置いてあるところもまだ多く、50'sのロックンロール・シングルをかけた記憶も。今日お送りした曲も1958年の全米シングル・チャートで2位まで上昇した、まさにこれぞジュークボックス・ソングの代表格!!!なThe Crestsの「Sixteen Candles」である。この2分49秒にはロックンロール・エラのロマンチックな要素が100%詰まっていますね。

Image3_2

その「Sixteen Candles」はもちろん、Dion & The Belmontsの「Where Or When」や、The Skylinersの「Since I Don't Have You」、The Dellsの「Oh What A Nite」、The Penguinsの「Earth Angel」、The Five Satinsの「In The Still Of The Nite」などなど(涙)1950年代のDoo-Wopの名曲群がありったけのこのコンピをもしももしもあなたがどこかで見つけたならば、ソッコー買いなさい!現在ではなかなか入手出来なくなってしまったライノ編集のこの素敵すぎるコンピにはあの時代のジュークボックスから流れていたであろう珠玉の名曲たちばかりです。

Image1

僕の世代のジュークボックス・ソングのひとつで思い出深いのが、Foreignerの81年作『4』に収録されていてシングルカットもされた「Juke Box Hero」。まあ、このアルバムといえばこの曲よりかは「Waiting For A Girl Like You」や「Urgent」なんだろうが。あと、僕的には「Girl On The Moon」も大好きなテイストです。

夏至であり、「ボウリングの日」でもある今日のメールテーマは「ボウリング」でした。番組のほんと終盤になってやっとマイボールの写真を送ってきてくれたリスナーさんには号泣でした(もちろん本番中に号泣はしていません)。RNごめじゅんさん、仙人Terryさん、ありがとー(涙)。これからもなかなか難易度が高いメールテーマご提示させていただきますので、お付き合いくださいまし。

今日もたくさんのリスナーさん、ご参加ありがとね。RN 車大好きさん、歩くヴィレヴァンさん、ハルのただ飯さん、甲州市のよっちゃんさん、ウェンディさん、ギニューさん、賛美歌さん、オガッチさん、カレーハウスさん、夢ちゃんさん、よーこさん、ポメポンさん、ソラマーゾフさん、がくぽんさん、すみっこさん、しーつんさん、食べごろマスカットさん、ごめじゅんさん、仙人Terryさん、10時間寝る男さん、ジム吉さん、Tick-Tockさん、YUU.ZU-BOさん、他い〜〜〜っぱい。謝謝。

じゃ、また次回です♬

Image1_2

おまけ

今聴いているのは、NAV(ナヴと読みます)の2nd作『BAD HABITS』ですー。カナダ出身のNAVくん、この2nd作はなんと全米総合アルバムチャート初登場1位でしたね。驚きでした。中身はブリンブリンのトラップまみれですが、同郷のThe Weekndがエグゼクティブ・プロデューサーを務めていて、聴きやすい1枚。浮遊感漂うトラップで仕事時のBGMにも大活躍なのです。

6月22日 テーマは「ボウリング」

番組中に頂いた写真はこちらをご覧ください。

こちらをクリック

2019年6月15日 (土)

Lizzoという名のおなご

Image1

Lizzo!!! 素晴らしいDivaの登場に拍手喝采♬

Hits!! M-Chain洋楽のチャートを賑わせているこのプラスサイズの彼女だが、デトロイト(エミネムの出身地)で生まれ、ヒューストン(H-Townと呼ばれる今やヒップホップの聖地のひとつ)で育った、ということで最強のブリンブリンなDNAがその体躯に宿っているのだ。彼女のダイナマイトな歌声で操る濃ゆいファンク、ヒップホップ、ディスコなサウンドが激満載のCoolなアルバム『Cuz I Love You』をHits!! M-Chainの選抜リスナーであるあなたは是非ともマストで聴いていただきたい。ミッシー・エリオットやグッチ・メインもゲスト参加に駆け付けたホント最高のアルバムなり。

また、今回は先週お約束したように追悼Dr. JohnというニュアンスのD-LINEもお届けしました。FM FUJIのリスナーの皆さんにとっては普段あまり馴染みのないアーティストかもしれませんが、ロックの歴史上絶対に欠かすことのできない偉人中の偉人なので、今からでもぜひ聴いてみてください。豊潤なニューオーリンズ音楽の絶対神でした。安らかに。

Image1_2

米ライノ編集のこのベスト盤はDr. John最初の一枚にもオススメです。

さて、今回のメールテーマだった「傘」ですが。Hits!! M-Chainの沖縄出身のミキサー/エンジニアであるへなちゃん曰く「ええ、沖縄の人って確かに傘ってささないっすね」と。マジか。ホントみたいです。ハワイでも傘をさしてる人ってほとんど見かけないし、南国独特の感覚なのかな。いや、アメリカ本土の都市でもよほどの強い雨でない限り傘をさしている人はいない気が。みんなけろっとした顔でずぶ濡れになって歩いていた記憶が...。

僕が以前訪れたテネシー州ナッシュビルでのお話。「カントリーミュジックの殿堂博物館」で楽しんだあとゲートを出ようとしたら大雨模様。さすがに傘をささずには無理だなと思い、博物館1階のギフトショップで折り畳み傘をしぶしぶ購入。しかし、外で広げてみて「ワオ!」素晴らしいロゴがプリントされていました。

Image3

アガるデザインです。

Image4

カントリーミュージックの長年のファンには家宝となりました。

しかし、この家宝となった折り畳み傘ですが、ひとつだけ気になる点がありまして。折り畳み傘にしてはかなりデカくて(長くて)、そして重いんです...。まったくもってして折り畳みの意味がないほどの存在感に僕のデイパックの中での収まり具合がイマイチすぎるんです。アメリカ人にはこのぐらいのデカさや重さでもノー・プロブレムなのでしょうかね。

Image2

右がいわゆるフツーの折り畳み傘。で、左がそのナッシュビルで購入の折り畳み傘。なんなんですか、この大きさの違いは!ですよね。広げて飾るのもナンだし、使うとデカくて重いし。扱いに困るヤツです。

今回もたくさんのリスナーの皆さんご参加ありがとうございました。RN すみっこさん、歩くヴィレヴァンさん、オオタカユウスケさん、ギニューさん、あおい月影さん、ミミさん、甲州市のよっちゃんさん、らじおじらさん、小豆あんこさん、キセキママさん、賛美歌さん、プーのともだちさん、クラハ・リバイバーさん、紫ティアラさん、オカメのあめちゃんさん、食べごろマスカットさん、しーつんさん、オガッチさん、ともマッカーさん、他の皆々さん。ホントありがとねm(__)m

また次回です♬

2019年6月 8日 (土)

カレーパンと僕の好きなボズと

なんか、ヘンなタイトルになってしまった。

「カレーパンと僕の好きなボズと」だって。ま、どちらも今日の番組でピックアップしたし、どちらも大好物であるのには違いないが。

Image1_2

帰り道にやっぱり食べてしまいましたカレーパンを。食べながら「あ、もしかしたら俺はカレーライスよりもカレーパンの方が好きかもな」とか思いつつ最後にはチョコクロワッサン食べて落ち着いてる自分がいるわけで。しかも、番組内であれだけ盛り上がった牛乳やコーヒー牛乳ではなく、やっぱりコークを片手に。あーあ、なんだかな。

Image1

これぞカレーパンの権化!元祖!伝説!の名店カトレアのカレーパン。以前にRNハルのただ飯さんが持ってきてくれたのです♬ その時にパチリと。確かにこのカトレアのカレーパン美味過ぎでした。美味いという表現に美味「過ぎ」という日本語が正しいのかわかりませんが、まさに美味「過ぎ」の一品でした。近所にカトレアがあればほぼほぼ毎日通いますよ、絶対。

Image2

で、いきなりのボズですが。ボズ・スキャッグス。番組内でお話ししたように僕が87年に人生で初めてCDで買い直したアルバムがボズの80年リリースの『Hits!』でした。このピンクの肩パットがパコんのジャケ着て写るボズ。80年にこのアルバムがLPでリリースされてすぐに購入し、カセットに落とし、毎日のように聴いていた当時中学二年生の鈴木ダイ。今思えばなんで中二のガキがこんなアルバムをいきなり買ったのかと我ながら不思議に思いますが、まあ、当時からこういうものを見つけ出す&出会うセンスがハンパなかったのでしょう(笑)。

Image2_2

このボズのベスト盤に若くして出会えたからこそ、今僕はこうしてこういう生業に就いているのかもなと。

Image1_3

87年当時に購入したそのCDです。値段見て!3500円です!高い!高過ぎ。1枚組ですよ。おいおいですよねえ。今から30年以上前のおはなしでございますが。このピンクジャケの『Hits!』はその後も何枚も買い直して、アメリカ盤と日本盤の選曲が違うからとそれも全部買って、5曲が追加収録された2006年リリースの改訂版も当然の如く買って、でもやっぱりよく聴くのは80年ヴァージョンのほうで。まあ、我ながら呆れます。

Image3

我が家にあるボズのアルバムです。これで全作品じゃないですね、あ、あのアルバムが入ってない、あれもだ。どこにあるんだろ...。とにかくボズの作品は全部所有しております。今日番組でおかけした74年の「Slow Dancer」が僕にとってのボズのナンバーワン・ソングです、永遠に。あの曲ほどに流麗な美しきホワイト・ソウル・ナンバーはないと思います。まさか、まさかだとは思いますが、もしやもしやもしや「Slow Dancer」を知らない人がいるとするなら...おい!早く聴け!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!です。

さて、来週のHits!! M-Chainのメールテーマですが「傘」にします。はい、今のうちからメールお送りくださいませ。それと、今日ピックアップできませんでしたR.I.P. Dr. Johnですが、来週の10時台のD-LINEで追悼特集いたします。Hits!! M-Chainがやらずして、鈴木ダイがやらずに、FM FUJIでどこの誰がやるんですか的な思いで。

また、今回も番組へのたくさんのご参加ホントありがとうございました。RN 大福王子さん、車大好きさん、明太子キューピーさん、クラハ・リバイバーさん、ハルのただ飯さん、甲州市の50代のよっちゃんさん、ねこダッシュさん、ギニューさん、るーるるさん、すみっこさん、元サッカー小僧さん、ナナさん、オオタカユウスケさん、黄色い金太郎さん、夢ちゃんさん、ソラマーゾフさん、食べごろマスカットさん、オガッチさん、なかっちさん、番屋さん、しーつんさん、ジャムキングさん、ほか皆々様。サーーーンキュ!

また次回です♬

2019年6月 1日 (土)

Vault of pics.

Image1_3

いきなりのジョンとヨーコの写真。カメラマン Annie Leibovitzの1970年から1990年の作品を集めた写真集の表紙です。ニューヨークで購入した一冊なり。意外に安価だった記憶があるが。

Image2_3

裏表紙。我が家には本当に多くの音楽専門書や洋書の写真集がありますが、このLeibovitzの写真集とほぼ同時に購入したのが、かのRolling Stone誌の写真集です。

Image3_3

表紙はTinaですな。キョーレツ。

「写真の日」の今日、番組のメールテーマが「写真」ということで、リスナーの皆さんにもたくさんの写真を送っていただきまして、このHPでご紹介させていただきました。送っていただいたあなたにまずは感謝です。ありがとう。

番組内でもお話しした通り、僕も写真は大好きで、かつては大いにジャケ買いをしました。今でもジャケ買いはあるにはあるのですが、やはりDLやストリーミングの時代です、僕でさえ以前ほどはジャケ買いしなくなりました。これについては寂しい限りです。

Image1_2

レコジャケ本も我が家にはけっこうありまして。

Image2_2

Image3_2

Image4

仕事の資料としてもどの本も一級ですね。大切な財産です。

Image1

今日のD-LINEでご紹介しました、The Policeの例のドキュメンタリー・フィルム「Everyone Stares」。メンバーのスチュワート・コープランドが当時目撃したありのままのかたちで記録されている、めちゃ面白い作品です。80年代初頭の来日時の東京の様子もふんだんに映っていますが、今見ると当時の東京は田舎ですよー(笑)。人々の表情も服装も相当に(苦笑)。当時の大衆文化を知るにも最適なドキュメンタリーです。是非とも。

Image2

The Policeのベスト盤もいくつかリリースされていますが、92年リリースのこれがオススメかな。最初の一枚にもどうぞ。

もしくは...

Image3

The PoliceとStingの大ヒット曲を一枚に収録したこちらでも。おいしいトコ取りの反則ワザ的な一枚です。

Image4_2

そして、もう一箇所のD-LINEでお話ししたEaglesのホテカリですね。問答無用の名盤。中身の音楽の素晴らしさ、ジャケの輝き、76年の奇蹟。Hits!! M-Chainのディレクター氏が人生で初めてジャケ買いした一枚でもあります。

「名盤に名ジャケあり。いや、名ジャケゆえに名盤なんだよ」とは僕の弁。あなたもたまにはジャケ買いしましょう。この時代でも。

今週もたくさんのご参加ありがとうございました。RNゆうじぇーさん、車大好きさん、すみっこさん、オオタカユウスケさん、食べごろマスカットさん、甲州市のよっちゃんさん、ソラマーゾフさん、オガッチさん、ねこダッシュさん、ぺすさん、こっぱさん、小豆あんこさん、たぬきち???????さん、ハルのただ飯さん、すしすしすっしーさん、アストロジェットさん、元サッカー小僧さん、TTさん、プーのともだちさん、ともマッカーさんさん、内線114さん、他の皆々様。サンキュー。

また来週です♬ 

6月1日 テーマは「写真」

番組中に頂いた写真はこちらをご覧ください。

こちらをクリック

2019年5月25日 (土)

Our Songs

本日のメッセージテーマは「癖になる◯◯」でしたが。ほんと皆さん色々と癖になるモノってあるんですねぇ(苦笑)。僕の場合はYouTubeでのネットサーフィンで辿り着く先はいつも決まって「超常現象」ってヤツ。UFOだ、雪男だ、ネッシーだ、心霊現象だ、古代文明だ...って、アレですよ。ムー系っていうんですか、昔からその類をサーフィンしまくりです。自分でもほんと呆れますが。あっという間に数時間経ってしまう、まさしく「癖になる」ヤバい時間なんです。

で、僕がD-LINEのコーナーでお話ししたのが「ドッペルゲンガー」なるモノ。自分自身の姿を自分で見てしまうという幻覚の一種で、自己像幻視とも呼ばれているそうな。自分とそっくりの姿をした分身。生霊? 同一人物が同時に別の場所に姿を現す現象。僕が大学生のある一時期に集中して身の周りに起きたのです。〈ある日父親が「僕」を電車の中で見かけた。しかしその時間帯には僕はすでに家に帰っていたのだ〉や〈貸レコード屋に「僕」が現れて、LPを借りて行った。しかし僕には全く覚えがない。もちろんLPも借りてはいない。その後結局はそのLPは行方不明のままに〉とかとか...。今思い出しても、恐怖というか、摩訶不思議というか、なんだったのでしょう。あの時のドッペルちゃん。もしかすると、僕は必要な時に無意識に「どこでもドア」を使用することができる体質だったのかも。うん、それならあり得るかも。

Image3

今日のドッペルちゃんは今年初の短パン出勤でした。夏はイイねー。大好きです。

そして、今日は昨日リリースされたばかりのStingのニュー・アルバムにして、ベスト・アルバム『My Songs』をピックアップしました。The PoliceとStingソロの名曲を現代にアップデートした、彼にしか書けないあのメロディラインと、高音ハスキーヴォイスを存分に堪能できる内容になっております。彼のMy Songsとはすなわち僕たちのOur Songsです。

Image2_2

あなたも是非ともStingの新作『My Songs』を体験してみて。

オンエア終了後の帰り道には地下鉄の駅構内でジューススタンドに立ち寄りましてメロンジュースをグビッと。けっこう利用するんですよ、駅構内のジューススタンドって。いつも決まってメロンジュースですが。

Image2

メロンの果肉多めで嬉しくなりました。いひひ。

毎週ですが。今日もたくさんのリスナーさんのご参加ありがとうございました。ほんと嬉しいです。RNゆうじぇーさん、かずちゃんの娘1号さん、れみれみれみこさん、オオタカユウスケさん、車大好きさん、ねこダッシュさん、オガッチさん、ミミさん、夢ちゃんさん、クラハ・リバイバーさん、 あおい月影さん、歩くヴィレヴァンさん、秘密の運び屋さん、むさしばさん、オオタカユウスケさん、昭和製さん、パローレ下妻ちゃんさん、ハルのただ飯さん、ソラマーゾフさん、ポラリスさん、ゲゲゲの源ちゃんさん、アストロジェットさん、おかずマンさん、しーつんさん、トム・クルージングさん、なかっちさん、ぺぽーんさん、すみっこさん...etc. (順不同)

サーーンキューーーーーーー。

来週6月1日のメッセージテーマを早くもここで発表。じゃーーん!〈写真〉でございます! あなたの〈写真〉にまつわるメッセージをビシバシ送ってくださいませ。もちろんステキな〈写真〉を送ってくれてもGOODです。エッチな写真はNGで(笑)。詳しくはまた来週の番組内で。

それでは、まだまだナイスな週末をお過ごしくださいませ。

また次回です♬

Image1_2

なぜに? Jethro Tullのベスト盤引っ張り出して聴いてます。僕は昔から日本ではほとんど人気のない、されど本国では超ビッグなバンドにはえらく好きなアクトが多いのです。そんなこんなで今宵はこのタルでいきます。ジェスロのタルです。

2019年5月18日 (土)

『刺青の男』じゃなくて

番組内でお話しした通り、遅ればせながらやっと一昨日に東京・五反田メッセで開催中の〈ザ・ローリング・ストーンズ展 Exhibitionism〉に行ってまいりました。大好評につき会期も延長決定となり、6月5日までまさに「ザ・ローリング・ストーンズ」という現象に日本中のロックファンの大興奮もローリングな状態です。

Image2_3

Image1_3

1962年から現在までのストーンズの全てをさらけ出した、なんと500点以上にも及ぶストーンズ・アイテムの数々。バンドが無名時代の貴重な記録から、最新のテクノロジーまでを体感することによって、ストーンズのまさしく壮大なストーリーを追体験することが出来るのです。

Image1_2

Image2_2

ストーンズとして初ライヴをした1962年ごろにミックとキース、ブライアン・ジョーンズたちが共同生活をしていたアパートの部屋も再現されています。まさしく「汚部屋」なんですが(笑)、テーブルの上に無造作に置いてあるレコードもマディ・ウォーターズやチャック・ベリー、ジミー・リード、ボ・ディドリーなど、若いストーンズのメンバーたちが当時夢中で聴いていたアメリカのブルーズやロックンロールばかりでそのあたりにもワクワクです。展示物全てが撮影OKというのもスゴい。会場には他にもアルバムジャケットの原始的なデザイン時点の物や、世界中のライヴツアーのポスター、70点以上の衣装、ステージセットを再現したミニチュア、メンバーが使用した多数のビンテージ楽器、手書きの日記や歌詞ノートの数々、などなど、僕のようなファン歴の長い人はもちろんのこと、新しい若いファンにも堪らないブツばかり。

Image1

番組内でもお話ししましたが、僕が初めてリアルタイムで買った彼らの当時の新譜は80年リリースの『エモーショナル・レスキュー』のアナログLPでした。81年の『刺青の男』じゃなかったところがその後の僕の音楽人生にほんと大きな影響を与えたと今でも強く確信しております。分かります?僕の言いたいこと?

Image4_2

我が家にあるストーンズのアルバムを引っ張り出してと。

Image2

最新のベスト盤『HONK』も3枚組エディション、2枚組エディション、北米地域のみリリースの1枚組ものと全て買いました。

90年の初来日公演では東京ドーム10日間(!)のうち、6日間通いました(笑)。

ま、こんな僕がストーンズについて5分あまりで語るなんて足りるはずもなく(苦笑)、以前開催しました「クイーン座談会」ならぬ「ストーンズ座談会」を早いうちに開催すればよかったかなとやや後悔しております。原稿や資料の一枚すらなくても延々と3時間ぐらいはストーンズの歴史やアルバム紹介、各データをはじからはじまでご紹介いたしますが。いかが?

Image3_3

是非ともあなたもこの素晴らしい〈ザ・ローリング・ストーンズ展 Exhibitionism〉を体験しに五反田メッセまでお越しください。6月5日までですぞ。

Image3_2

そして、もうひとつ11時台のD-LINEのコーナーでご紹介しました、24時間、楽器演奏が可能な防音賃貸マンション「MUSISION (ミュージション)」。ご出演頂きました、株式会社リブランマインド ミュージション事業部の山下大輔さん、須永輝殻さん、とパチリ。

Image4

音楽愛に満ち溢れた素敵なお二人でした。ありがとうございました。

Image3

来週のHits!! M-Chainのお知らせ。来週はスティングをちょいとピックアップいたします。スティングの新作リリースのタイミングですからね。

それから、もうひとつ。今日のエンディングトークで思わず口から出た「クセになる音楽の特徴とは?」にピンときた我々スタッフ一同が即決!来週25日のメッセージテーマです。そう!来週は「クセになる◯◯」にします!今からガンガン送っておいてくださいませ。一度聴いたらクセになる男、でいたいものです(笑)。

今日もたくさんの方のご参加ありがとうございました。RNあおい月影さん、すみっこさん、ミミさん、ギニューさん、夢ちゃんさん、クルさん、レスポールさん、甲州市のよっちゃんさん、食べごろマスカットさん、ピーやまにさん、ソラマーゾフさん、キセキママさん、オオタカユウスケさん、しーつんさん、すしすしすっしーさん、パンプキングさん、タックさん、グリーンクローバーさん、ぺぽーんさん、ピンクのバアたんさん、他たくさんのリスナーさんに感謝。(順不同)

また来週です♬

Image4_3

おまけ

JAGUARのストーンズ・カーも展示されています。

2019年5月11日 (土)

MEN! 麺!! メ〜〜ン!!!

はい、今日も番組へのご参加ありがとうございました。はい。

ほんと、毎回たくさんのメッセージいただきますが、カウントダウン番組ってそういうものなんですか? まあ、ありがたく思いつつ次の話題へ。本日のメッセージテーマは「麺」でしたね。うどん、そうめん、そば、ラーメン、冷やし中華、それから、つけ麺、焼きそば、スパゲティ、そしてそして、好きな味付け、トッピング、麺の硬さ、週に何回食べる?、ほうとう、お気に入りのお店、出前、カップ麺や即席麺、etc. 結論、みんな好きですねぇ、MEN! 麺!!

僕はとにかくベビースターラーメン、立ち食いそば屋の天ぷらそば、スパゲティミートソース、焼きそば、シンプルな醤油ラーメン、麺は硬!!、あたりでもうOKデス。

それにしても、久しぶりに生放送中に鼻血ブーかましました(爆)。過去にも何度か生放送中に鼻血ブーの経験あるんですけど、チャート紹介中にくるとは! Studio VIVIDでのオンエア中に鼻血出た人ってもしかして僕が初でしょうかね?? なんでも初がイイですね、たとえ鼻血ブーだとしても。

Image2

しっかりティッシュ突っ込んで...本番中。泣きそうです。

D-LINEでご紹介しました「mother」な曲たちですが。

まずは、Elvisです。テネシー州メンフィスにあるElvisの墓参りにも三度行ってる僕ですが、THE KINGも大のお母さん好きでしたね。我が家にはElvisの音盤もワンサカあります。

Image1_2

これでほんの一部ですが(苦笑)。

Tie Your Mother Downが収録されているQueenの76年作 A Day At The Racesです。邦題が『華麗なるレース』。個人的には『オペラ座の夜』よりもこっちが好みです。

Image1

2Pacの最大のヒットが Dear Mamaですね。95年リリースでした。Pacがこの世を去ったのが、96年。PacもBiggieも大好きです。

Image3_2

そして、番組でおかけしたのがThe Policeの83年作 Synchronicityに収録されています Motherですね。

Image2_2

この名作は当時にアナログLPでも購入し、カセットでも購入し、のちにリマスターされたりするたびにCDで4枚ほど購入しております...。Hits!! M-Chainのディレクター氏は黄金のB麺よりも圧倒的にA麺の方が好きなようでして、あ、漢字間違えた。B麺でなくB面ですね。A麺でなくA面ですね。メ〜〜ン!!!

RN あおい月影さん、かもさん、車大好きさん、富士川拾兵衛さん、すみっこさん、クラハ・リバイバーさん、歩くヴィレヴァンさん、ピーやまにさん、プーのともだちさん、パクパクママさん、土木作業員さん、カレーハウスさん、ねこダッシュさん、甲州市のよっちゃんさん、スペースパンダさん、GO!GO!つっつGO!さん、ソラマーゾフさん、メタルファーマーさん、ハルのただ飯さん、まる子さん、国分寺のクロMARCHさん、カーナンバー786さん、しーつんさん、なかっちさん、元サッカー小僧さん、yuzuさん、ももせんさん、他たーくさんのリスナーさんたち!ご参加ありがとうございました。うぇい!

明日は「母の日」ですぞ。素敵な週末をお過ごしください。

また来週です♬

Image3

2019年5月 4日 (土)

デルタの誘惑

令和となって初の<Hits!! M-Chain>でした。まぁ、もともといつも西暦しか使っていない僕にとっては新元号になっても大してなにも...と思っていましたが、なんのなんの、新元号になるってフレッシュでなんか気持ちイイですね(笑)。番組内でも触れましたが、ミキサーのヘナちゃんがオンエア直前に「ダイさん!令和一発目ですから!ガツンとカマしてくださいよ!」と。で、ガツンな感じでしたでしょうか? いつも通りだった気も(苦笑)。

今日のメッセージテーマが「旅のスタイル・旅のアイテム」といういかにもGWというものでして、世間的には10連休中というこの時期ですが、番組を聴いてくれて参加してくれたあなたは旅には行かずじまい?

D-LINEのコーナーでデルタ・ブルースの巨人であるチャーリー・パットンの曲をかけましたら、数人のリスナーさんから熱いメッセージいただきました。毎回というわけにはいきませんが、そりゃ鈴木ダイがお相手ですから、これからもヤベェ曲ご紹介してまいります。

Image2

まったくもって、ヤベェ音楽ですよ。大好きです。

聴いて少しでもこのあたりの音楽にピンと来られたかたは、現在発売中のこの特集号も是非ともお読みくださいませ。勉強になりますぜ。

Image1_3

さてと。この超大型連休も残り三日ですかー。寂しいですか? ですよねえ。体調管理ガッツぶっ込んでくださいよ。油断禁物です。

今日もたくさんのリスナーさんからメッセージいただきました。RNしーつんさん、ハルのただ飯さん、あおい月影さん、車大好きさん、オオタカユウスケさん、歩くヴィレヴァンさん、すみっこさん、食べごろマスカットさん、カレーハウスさん、プーのともだちさん、クラハリバイバーさん、ねこダッシュさん、大福王子さん、ムッシュ桐谷さん、ヴァンフォーレキングさん、夢ちゃんさん、モーリィさん、グリーンクローバーさん、番屋さん、ソラマーゾフさん、甲州市のよっちゃんさん、ジャムキングさん、内線114さん、他たくさんのリスナーさん!ご参加ありがとうございました!

残り少ないGW、楽しもうぜー。

また来週です♬

Copyright (C)