« 今日のOAこぼれ話★Yes!水曜 | メイン | 本日から金曜珈琲。豆が変わります。 »

2017年12月28日 (木)

山梨を食べよう→ころ柿!

本日、「山梨を食べよう」のコーナーでは、

ころ柿をピックアップしました!

 

Dsc_1799 ころ柿は干し柿のことですが、漢字では「枯露柿」と書きます。

ころ柿の語源は、諸説ありまして、

昔、農家の庭先に皮を剥いた柿を並べ、天日で乾燥させるとき、

柿全体に日が当たるように、適当な間隔をおいて、

ころころ位置を変えることから名前が出たと言われています。

また武田信玄公の奨励により生産が始まったと言われています。

江戸時代には甲州産の産物の一つとして幕府に献上されるほか、

江戸市中にも出回り珍重されていたそうです。

Img_0442

最も盛んな地域は甲州市塩山の松里地区です。

今回は、番組内でころ柿のチーズロールを作ってみました。

Img_0446

枯露柿とチーズを用意してください。

枯露柿を縦方向に開いてチーズを巻くだけ。

 

Img_0447

一晩おくと柿とチーズが馴染みます。

スライスチーズでもクリームチーズでもよく合います。

Dsc_1800

 

因みにころ柿は山梨では直売所や量販店などで販売されています。

ころ柿は、干すことによって、栄養価が高い柿を干して栄養が凝縮してますので、

生の柿に比べてビタミンAや食物繊維がとても豊富に含まれています。

ちなみに、干し柿は、干したあと柿の周りに白く粉が吹きますが

これは乾燥によって糖分が飽和状態となり、柿の表面に結晶化したものです。

 

Img_0450

変わった美味しい食べ方としては、

大根やにんじんを千切りにしたサラダに、

刻んだころ柿と合わせると自然な甘さと合ってとても美味しいです。

さらに干し柿の天ぷらもお勧めです。

硬くなってしまった枯露柿は、赤ワイン漬けにしても美味しいです。 

Copyright (C)