じゃがいも

毎週金曜11:10頃は、野菜ソムリエ上級プロ・食と農のかたりべの資格を持つ加藤恵美子さんとお送りする『やまなしを食べよう』。

20210128_143624

2月12日のオンエアでご紹介したのは....じゃがいも!

20210128_140237_1

山梨では、主に家庭菜園や自家消費用などで、いろんな地域で栽培されています。
男爵芋やメークインなどが多く作られていますが、直売所ではいろいろな品種に出会うことがあります。

◆じゃがいもの栄養

良質な炭水化物を多く含み、ビタミンCをはじめとするビタミン類、カリウムなどのミネラル、食物繊維などを含んでいます。ビタミンCは加熱に弱いですが、じゃがいもはでんぷんに守られているので加熱しても壊れにくいです。じゃがいもとみかんを比べるとビタミンC量はほぼ同じなんです!

◆おいしいじゃがいもの見分けかた

表面が乾いていて硬い物、重量感があるものがいいですね。

◆じゃがいもの保存方法

じゃがいもは日光や蛍光灯の光で有毒物質のソラニンができてしまいます。じゃがいもの芽、緑色になったものは食べるのは避けてください。ソラニンができないように冷暗所での保存が基本です。芽が出てしまったり緑色になってしまった場合は、芽をしっかり取ること、緑色になった部分は厚めに剥くなどしっかり対処しましょう。りんごと一緒に保存すると芽が出るのを防いでくれます。生のじゃがいもは冷凍保存に向きませんが、マッシュポテトにして冷凍すると1か月ほど日持ちします。食べる時は自然解凍かレンジで解凍して、サラダやポタージュにして頂くと美味しく食べることができます。

そんなじゃがいもの簡単クッキングとしてご紹介したのが....
シャキシャキポテトサラダ!

20210128_143920

じゃがいも1個(約100g)、マヨネーズ、ぽん酢醤油を使います。じゃがいもをしっかり洗い、皮ごと千切りにします。スライサーを使うと簡単にできます。千切りのじゃがいもをさっと水洗いして余計なでんぷんを落として、耐熱容器に入れふんわりラップで、500wで2分加熱します。マヨネーズとぼん酢を大さじ1ずつ入れ混ぜたものと和えれば出来上がりです。

今週も加藤さんありがとうございました!