キウイフルーツ

毎週金曜11:10頃は、野菜ソムリエ上級プロ・食と農のかたりべの資格を持つ加藤恵美子さんとお送りする『やまなしを食べよう』。

20201105_142835

11月20日のオンエアでピックアップしたのは、キウイフルーツ!

20201105_134057

今回番組のなかではヨーグルトにのせて紹介しました!

20201105_134848_2

県内では、JAフルーツ山梨、JAふえふき、JA山梨みらいなどの管内で栽培されています。

今回スタジオに登場したのは、「レインボーレッド」という品種です。果肉の中心部分に赤い色が入っています。緑のキウイのヘイワードと違い、産毛はほとんどありません。そして酸味が少なく甘さをより強く実感できます。

◆キウイフルーツの栄養

キウイフルーツはとても栄養豊富な果物で、ビタミンCは果物の中でもトップクラス。さらに老化防止のビタミンと言われるビタミンEに食物繊維、カリウム、葉酸などが豊富に含まれています。

黄色のキウイと緑のキウイは味だけではなく含まれる栄養も違います。黄色に少なく緑に多いのがタンパク質分解酵素のアクチニジンです。お肉やお魚のタンパク質が分解されやすくなり、小腸での吸収力がアップする可能性が期待されています。

レインボーレッドは、緑のキウイ ヘイワードに多く含まれるタンパク質を分解する酵素「アクチニジン」が少ないので、生の緑のキウイでは難しい、ゼリー加工することができます。さらに中心の赤い部分はアントシアニンの一種と言われていますので、他の品種には含まれていない栄養がレインボーレッドには含まれています。

◆おいしいキウイフルーツの見分け方

うぶ毛が付いている品種は、薄茶色でうぶ毛が揃っているもの。へたの周りに弾力があるものがいいとされています。

今週も加藤さんありがとうございました!