« リアルヴィジョンPresents Charge Up Morning 11月3日 | メイン | 11/10&11 2daysプレゼント »

2018年11月 9日 (金)

Safety Drive Plus~11月の山梨、おすすめドライブコース~

山梨のおすすめドライブコース、今回の目的地は、富士五湖エリアhappy01
富士河口湖町にある「久保田 一竹(くぼたいっちく)美術館」と
富士吉田市上吉田にある「ふじさんミュージアム」周辺に取材に行ってきました。
紅葉を楽しみながら、施設をめぐるドライブですsign01 

ではいつもどおり、都心から山梨方面に向かう想定でご案内していきますsign03
八王子ICから安全運転で・・・Let’s Gosign01sign01sign01 

都心から今回の目的地、久保田一竹美術館とふじさんミュージアムへのアクセスは、
中央自動車道 富士吉田線の河口湖ICが便利です。
中央自動車道大月ジャンクションから富士吉田線を経由して河口湖ICへ。
八王子からおよそ70キロ。
渋滞なしで1時間弱の道のりとなっていますrvcardashdashdash 

途中のSA、PAでは11月末まで、中央道・長野道グルメキャンペーン
「肉ざんまいフェア~各種対抗戦~」が開催中ですhappy01
対象メニューを食べると、素敵なプレゼントに当たるチャンスぜひトライしてみてください。
先日このコーナーでもお話ししましたが、ボク木河もしっかり美味しく頂いて来ましたよdeliciousDsc_4670
                                                                                                                                    さて、河口湖ICを降りて、まず目指したのは久保田一竹美術館。Dsc_4601
ここは、一千年を超す「ひば(ひのき科)」の大黒柱16本を使ったピラミッド型で、
頂点は13メートル、床面積200平方メートルと言う吹き抜け状の建築物。
伝統的な職人の技と、現代的なログハウス工法の技との融合が成し得た
複雑な木組みで創り上げられた荘厳なミュージアムsign01Dsc_4603

Dsc_4611 Dsc_4652

Dsc_4651

Dsc_4653


そして、今回のドライヴでは、その一竹が創り出した独特の色合いに大きな影響を与え、
彼自身が集めた数多くの蜻蛉玉をベースにした展示が満喫出来るという
新館の蜻蛉玉ギャラリーをゆっくり見学して来ましたeyeDsc_4612 久保田一竹が蜻蛉玉と出会ったのは6歳の時。骨董商を営んでいた父の秘蔵の引き出しに仕舞われていた数々の蜻蛉玉に魅せられ、震災で焼失したあとも取材の傍ら世界各国で収集して来ました。感性豊かな幼年期に受けたインスピレーションが、その後の一竹の創作活動に大きな影響を与えたと言われています。この小さなガラスに秘められた歴史のロマンと永遠の命を感じることが出来る展示になっていて、そのギャラリーの中で、何と富士山と古代からの色彩を放つ蜻蛉玉を眺めながらゆっくりと珈琲を頂くことも出来ます。何となく久保田一竹の気持ちが分かったような、そんな気になれますよ! Dsc_4626

Dsc_4624

Dsc_4623

Dsc_4645 Dsc_4630

Dsc_4621

久保田一竹美術館を出た後は、11月11日までふじさんミュージアムを中心に
「もみじ祭り心静かに紅葉を見る会」も開催中のふじさんミュージアムやレーダードーム館を見て、
夕方からはライトアップされたもみじ街道で色づき始めた紅葉も楽しんできましたrvcardashdash

ふじさんミュージアムは、元々1979年昭和54年3月富士吉田市郷土館として会館し、1993年平成5年4月に富士吉田市歴史民俗博物館として増改築オープン。その後2013年に富士山が世界文化遺産に登録されたのを契機に2015年平成27年4月に一部増築と展示の一新を実施し、愛称ふじさんミュージアムとしてリニューアル。オープンしています。Dsc_4680

Dsc_4682
このふじさんミュージアムではメインテーマとして富士山信仰に関する資料を展示すると共に、広範囲に及ぶ世界文化遺産の中核をなす富士吉田市域の構成資産や常に富士山と共に歩んできた富士吉田市の歴史、民俗そして産業を紹介しています。今も昔も変わる事なく人々から愛される富士山について、プロジェクション・マッピングを利用し四季折々の富士山やその頂きを目指す人々、そして神々しいご来光など実際に登った経験がなくともその魅力を存分に感じることが出来るミュージアムになっています。実はボク木河も一度だけなんですが、その剣が峰に立った時の感動を昨日の事のように思い出すと共に、古来からの富士登山に纏わる歴史と併せて富士山信仰を支えてきた御師との関わりもしっかり学ぶことが出来ました。Dsc_4683

Dsc_4687

Dsc_4691

Dsc_4703

そして、富士山親水公園内にあるレーダードーム館も見学して来ました。
ここは富士山頂で台風観測の砦として、35年間活躍してきたレーダーの軌跡と過酷な業務内容を
グラッフィック・パネルや寒さ体験コーナーを通して紹介しているミュージアム。Dsc_4708

Dsc_4715

Dsc_4724 Dsc_4722

Dsc_4721

最後は、
11月11日までふじさんミュージアムを中心に約180メートルほど続くいろはもみじ街道で開催中のもみじ祭り心静かに紅葉を見る会で色づき始めた富士五湖エリアの秋を静かに満喫して来ました。
ここでは祭りの期間中は16時30分頃から21時まで幻想的なライトアップを堪能出来ます。Dsc_4730
Dsc_4735

Dsc_4744

Dsc_4745

Dsc_4739


なおこの時期の山梨は、他にも、山中湖「夕焼けの渚・紅葉まつり」や
富士河口湖紅葉まつりなど、紅葉に関するイベントが盛りだくさんですsign01
ぜひ美しい紅葉を観に、ドライブしてみてはいかがでしょうかsign02

そんな山梨までのドライブの予定を立てるのには、
NEXCO中日本のHP、料金、ルート検索が便利ですsign03
また、山梨県内の高速道路が定額で乗り放題となる
「速旅(はやたび)『やまなしドライブプラン』」を販売中ですhappy01
この機会にぜひ、お得な旅をお楽しみください。
詳しくはNEXCO中日本のWebサイトをご覧ください。sign03

NEXCO中日本

  • リンク

J-PROOF

FM-FUJI WESTSIDE TOKYO

  • Request&Message
    ■PC
    http://www.fmfuji.jp/mailform/128.html
    ■Mobile
    http://www.fmfuji.jp/i/i-request3.html
  • FM-FUJI WESTSIDE TOKYO
    http://fmftp.lekumo.biz/west/
    【放送日時】
     毎週土曜日
      6:00am~9:24am
     毎週日曜日
      6:00am~8:30am
    【出   演】木河淳
    【放送形態】生放送
    【制作著作】
    株式会社エフエム富士
    SINCE 2009年4月4日(土)

Copyright (C)