« Get Horseコーナー! | メイン | ホンダカーズ山梨・浅原店にお邪魔しました! »

2017年10月 9日 (月)

「Safety Drive Plus」10月のドライヴ~山梨~

「Safety Drive Plus」月の一週目は、山梨のおすすめドライブコースをご紹介しましょう!

今回は、甲府盆地の東側、山梨のリスナーにはおなじみの甲州市勝沼町「ぶどうの丘」と
山梨市の「万力公園」に出かけてきました。

この時期の山梨といえば、秋の味覚がいっぱいです。
特産品である、ぶどうも、収穫が大詰めを迎えているということで、
ぶどうの丘をチョイスしました。 

ではいつもどおり、都心から向かう想定でご案内していきますhappy01
八王子ICから安全運転で・・・Let’s Gorvcardashdashdash

最初の目的地は、勝沼ぶどうの丘。
まず、中央自動車道 勝沼インターチェンジを目指します。
八王子ICから勝沼ICまでは、およそ65キロ。

途中の休憩場所として、EXPASA談合坂には、
山梨のおすすめスポットがチェックできる「談合ツーリストガイド」があるほか
現在、各サービスエリア、パーキングエリアで、
「肉まつり2017 in中央道・長野道」が開催中ですsign01
キャンペーン対象メニューをご注文すると、
ショッピングコーナーで使える割引クーポン券が当たりますscissors
美味しくお得に、肉グルメを楽しんでみてはいかがでしょうかsign02 

最初の目的地、ぶどうの丘へのアクセスとして便利なのが勝沼IC。
ここから、国道20号(勝沼バイパス)に入って、最初の信号を北に右折。
斜めになったT字路を左に進むとぶどうの丘入り口の看板が見えてきます。Dsc_1159 Dsc_1157甲州市勝沼ぶどうの丘は、山梨県甲州市勝沼町菱山にある、
日本最大級のワインショップを有する観光施設で、その名のとおり小高い丘の上にあります。
ここには、ワインカーヴをはじめ、ワイン文化館、イベントホール、南欧風のオシャレな宿泊施設、
そして、天空の湯と呼ばれる温泉もあり、露天風呂からの眺望は素晴らしく、
特に秋のぶどう狩りシーズンは洗い場待ちもあるほどの大人気スポットとなってます。
また、皇太子ご夫妻もお越しなった売店地下の「ワインカーヴ」では、
有料のタートヴァン(試飲用の器)を購入すれば、
試飲用ワイン約180種を当日に限り試飲することが出来ます。Dsc_1161 Dsc_1166 Dsc_1164 Dsc_1169 Dsc_1167 Dsc_1179 Dsc_1182 Dsc_1183Dsc_1185 Dsc_1174 Dsc_1175 Dsc_1190
因みに、今日10月7日はぶどうの丘近くにある「勝沼中央公園広場」では、
かつぬまぶどうまつりが開催されます。ワインやぶどうの無料サービスをはじめ
様々な飲食ブースが出るほか、日没後は、夜空を彩る鳥居焼きと花火を楽しむことができます。
ただし運転されるかたはくれぐれも飲まないようにsign03

さて、ぶどうの丘を見学したあとは、山梨市の「万力公園」を目指します。
勝沼「ぶどうの丘」から万力公園までは県道303号を経由してクルマでおよそ20分となっています。 

万力公園は笛吹川沿いに広がる、松や雑木を生かしてつくられた広大な公園、
万葉集に登場する100種の動植物が育成されており、
万葉の世界に触れることができる自然あふれる公園で、
園内には、無料の動物園などもあり家族でのんびり過ごすことができます。Dsc_1197Dsc_1199 Dsc_1202 Dsc_1209 Dsc_1213 Dsc_1207 Dsc_1205 Dsc_1218ということで、秋のぶどうの丘と、万力公園を満喫しました。


こんな山梨までのドライブの予定を立てるのには、
NEXCO中日本のHP、料金、ルート検索が便利ですsign03
詳しくはNEXCO中日本のWebサイトをご覧くださいsign01

NEXCO中日本

  • リンク

J-PROOF

FM-FUJI WESTSIDE TOKYO

  • Request&Message
    ■PC
    http://www.fmfuji.jp/mailform/128.html
    ■Mobile
    http://www.fmfuji.jp/i/i-request3.html
  • FM-FUJI WESTSIDE TOKYO
    http://fmftp.lekumo.biz/west/
    【放送日時】
     毎週土曜日
      6:00am~9:24am
     毎週日曜日
      6:00am~8:30am
    【出   演】木河淳
    【放送形態】生放送
    【制作著作】
    株式会社エフエム富士
    SINCE 2009年4月4日(土)

Copyright (C)