« 話題沸騰の新感覚ミュージアム | メイン | TABICA »

2019年3月30日 (土)

映画『芳華-Youth-』

私RIOが注目しているクリエイティブな情報を

ご紹介していきます RIO’s Column。

今日ご紹介する作品は、4月12日から、新宿武蔵野館、

ヒューマントラスト シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか

全国順次公開となります映画「ほうかーYOUTH-」です。

Youth_main© 2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd All rights reserved


中国で公開されるや2週連続1位を獲得し、

1ヶ月で興収230億円という爆発的な大ヒットを記録

文芸ドラマというジャンルにも関わらず年間興収ベスト10入りを果たしまして

国内の映画賞を席巻(せっけん)し、アジアのアカデミー賞と呼ばれる

アジア・フィルム・アワード最高の最優秀作品賞に輝いた作品です。


Youth_sub7© 2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd All rights reserved


ただ、私はすっかり生まれていた70年代、中国はこんなに大変な時だったんだと

映像で観るとかなり衝撃でした。。。

文化大革命、毛沢東の死、中越戦争など、時代や国を揺るがすほどの

事件が立て続けに発生した激動の70 年代が舞台となっています。

さあ、ではストーリーにいきましょう

Youth_sub13© 2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd All rights reserved



<<<ストーリー>>>

1976 年、軍で歌や踊りを披露し兵士たちを慰労し励ますための

歌劇団・文工団に17歳のシャオピンちゃんがダンスの才能を認められ入団するシーンから

スタートします。

農村出身で周囲となじめずイジメにあってしまった彼女の唯一の支えは

模範兵のリウ・フォンくん。彼は、頼れるお兄さんって感じで、本当に

軍のみんなからも歌劇団からも頼りにされていました。

Youth_sub5© 2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd All rights reserved


みんな宿舎で寝食をともにしながら、兵士は訓練をしたり任務を遂行したり

そして兵士を元気付けるための歌劇団は日々厳しい練習に打ち込んでいました。

若者たちも国のためとはいえ親と離れて暮らし、任務に打ち込む毎日

辛いことだってストレスだってもちろんあります。

なんとか支え合いながら頑張っていたのですが、、、大変な時代に翻弄され

とある事件をきっかけにそれぞれの運命が大きく変わっていってしまうんです。

Youth_sub4© 2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd All rights reserved



何十年にもわたるシャオピンちゃんとリウ・フォンくんの関係を軸に

舞踏団の文工団の若者たちの恋や友情、様々な想いが交差しながら

進んでいくストーリーなんですが、当時の音楽と踊りもすごく印象的で美しいです

Youth_sub10© 2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd All rights reserved


テレサテンのいわゆる流行歌、そんなラブソングを聞いていいのかな?

とか言いながら寮母や監視の目を盗んで仲間とこっそり聞いたり、

ファッションにも興味津々の女子たちは、香港から親が送ってきたという

流行のファッション「ベルボトムのジーンズ」を着てみたり

綺麗なスカーフをこっそり巻いてみたり

本当にこっそりと楽しむしかなかった時代だったんですよね。

Youth_sub3© 2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd All rights reserved



やはり、みどころは文工団のダンサーたちが踊る、京劇と現代的なバレエを

融合させたダンス(これが本当に素晴らしい!一糸乱れ図という感じです)

それに歌も美しいですし、楽団員たちがそれに合わせて演奏する

音楽も素敵です。

Youth_sub2© 2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd All rights reserved



激しい戦場シーンや、野戦病院などのナマ生しいシーンもあるのですが、、、

さっきも言ったように、自分がすでに生まれていた時代に

すぐ隣の国でこんなたいへんな戦いが行われていたんだんと思うと

本当にいろんなことが頭を巡りました。

限られた物資や、厳しい規律の中で共同生活を送る若者たちの姿。

裕福で時代の変化にうまく乗る者もいれば、貧しくとも誠実に生きる人もいます。

Youth_sub15© 2017 Zhejiang Dongyang Mayla Media Co., Ltd Huayi Brothers Pictures Limited IQiyi Motion Pictures(Beijing) Co., Ltd Beijing Sparkle Roll Media Corporation Beijing Jingxi Culture&Tourism Co., Ltd All rights reserved



10代や20代の彼らの頑張る姿、何気無い会話、日常のトレーニングなどを

なんだか毎日そばで見てきた気分になって、、、いつの間にか登場人物が

知ってる人達のように感じて、大変な時代を生き抜いた彼らの若さあふれる姿に私は

もう涙が止まりませんでした。

後半は、その何十年も経った、その後の彼らの姿も描かれているのですが

そこでもまた「この子はこんな風になったんだ」

「この彼はこんな風に生きてるんだ」とか、また知ってる若者が立派になってる姿を見て

泣く親戚のような気分になりました。

映像もダンスもストーリーもとにかく素晴らしい作品なので私はもう一度

劇場で見たいなと思っています。

4月12日から、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町

YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開 となります映画「芳華」をご紹介しました。

Copyright (C)