« 映画「かぞくわり」 | メイン | アイススケート »

2019年1月12日 (土)

まだ間に合う「お正月限定スイーツ」!

私RIOが注目しているクリエイティブな情報を

ご紹介していきますRIO’s Column。

2019年がスタートし、早くも12日が経ちましたが・・・

まだお正月らしいモノ、食べてないわ〜という方、いますでしょうか??

今更おせちやお雑煮も大変だし・・・

でもお正月を感じたい!という方に、

まだ間に合う、お正月限定スイーツが食べられるカフェをご紹介したいと思います。

まず一つ目は・・・

今や全国展開となった ハワイ発 大人気のパンケーキ屋さん、
「Eggs’n Things」でいただける

和ムード高まる新年にぴったりの、“ニューイヤーズぜんざいパンケーキ”!

Cafe_egg


上品でコクのある甘さのぜんざいをたっぷりとかけたパンケーキに

紅白のモチで包んだアイスクリームや栗、金箔を飾り

華やかな一品に仕上がっています。

「Eggs’n Things」では

お食事系パンケーキもたくさん揃っているので

余裕のある方は、デザートにいただくのもオススメです。

“ニューイヤーズぜんざいパンケーキ”は、今月15日までの販売となります。

Cafe_botanist


そしてもう一つ

ボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST」のフラッグシップショップ

「BOTANIST Tokyo」内の
「BOTANIST café」でも、

新春限定のスイーツを楽しめます。

お正月らしい“和”の要素を盛り込んだ、フォトジェニックに仕上げたスイーツが3品。

Cafe_botanist2



・うりぼうの抹茶黒蜜ティラミス

今年の干支、亥(いのしし)を抹茶で描いた、和洋折衷のスイーツ。

・だるまさんのラズベリーティラミス

縁起の良いだるま柄。

濃厚なマスカルポーネ風クリームと、コーヒー香るバゲットに挟まれた

甘酸っぱいラズベリーがアクセント。

Cafe_botanist3



・白玉とわらび餅の迎春おしるこ

新年にぴったりの、福を呼ぶ紅白カラー!

あんこの甘さと、白玉・わらび餅のモチモチ感がたまらない

新感覚の冷製和スイーツ。

こちらは3品とも、植物由来の食材(つまり牛乳・卵・はちみつなど)を

使用していないヴィーガン対応で、自然の甘みを感じつつ

ギルトフリーに(罪悪感を感じることなく)スイーツを楽しむことが出来ます。

「BOTANIST café」は、

東京・表参道にあります。


新春限定スイーツは、今月31日までの展開となっています。

皆さんの気になるスイーツはありましたでしょうか?

見た目も可愛いスイーツばかり。

まだまだお正月気分を味わいに、是非お友達と足を運んでみてください。

「RIO’s Column」1月12日ラストの話題は

「まだ間に合う!お正月スイーツ」をご紹介しました。

Copyright (C)