« インスタ映えスポット! | メイン | 映画『ダンシング・ベートーヴェン』 »

2017年12月17日 (日)

ママに知ってほしい♡子育て支援サービス「ここるく」

私RIOが注目している

クリエイティブな情報をご紹介している

RIO’s Column。

12月16日2本目にご紹介したのは

「ここるく」という子育て支援サービス。

世の中のママさん!子育てに家事に

息をつく暇もなく、ついつい頑張ってしまう、、、

そんなママさんたちに

ぜひ知ってもらいたい情報なのです!


人気のレストランや

お子様との同伴が難しいレストラン

さらにはエステ、習い事教室などと提携し

全て託児付きでの利用プランを提供をされています。

この「ここるく」という名前は

日々子どもと向き合うママに

「心が軽く・明るく・丸く」なってもらいたい

という想いを込めて、自らの経験をもとに

代表の山下真実さんが名付けられたそうです。

実は山下さんも、2児のママ。

特に東京では、ママ同士の付き合いも少なかったり

子育ての悩みが話せる機会も少ない中

周りのママになった友人も

四六時中 子どもと接していることで

一人の時間がなく疲れてしまい

余裕がなくなり彼女たちの本来の良さが

なくなってきていることに気付いた山下さん

「私が立ち上がって、この環境をなんとかしなくては!」と

一念発起され、2013年に

「ここるく」を立ち上げられたそうです。


このサービスの嬉しいところは

安心できる託児所・お店選び・予約の手配を

すべて「ここるく」にお任せ、というところ。

託児所を探すのも大変なのに

行くお店を探して、さらに予約をして、、、と

そんな時間も、忙しいママにとっては作り出すのがやっとですよね。

今では子連れOKのレストランも

増えてきましたが

「ここるく」ではあえて、予約の取りにくい

お子様同伴が難しいようなワンランク上の

レストランをキープされているんです!



お子様を預けて(少しの間離れて)

自分の時間が出来ることで

子育てにポジティブに向き合え

良い流れが出来るんだそうです。

先日私は、このサービスを利用された

お母様達とお話しする機会を作っていただきました。

まずは皆さん戻られた時の表情が

とっても生き生きとされてたのが印象的でした。


この時に皆さんがランチに利用されたのは

フレンチレストラン「recte」(レクテ)

お子様が生まれる前に通っていたシェフのお店だった

というママさん

久しぶりに、一人でゆっくりランチをして

その頃のことや、ご主人との時間

これからの子育てのことや自分自身のことなど

ゆっくり見直す時間になったと

おっしゃっていました。

また、もうひと組は夫婦でお越しだったのですが

お子様が生まれてから初めて

お2人でゆっくりお食事をしたそうです。

「結局、息子が泣いてないかな〜なんて

子供の話になったんですけどね」と

笑いながらも、とてもいい時間を過ごされたと

おっしゃっていました。

この日は、お2組とも

奥様が春から社会復帰をされるということで

それまでに、少しでも有意義な時間を作りたいと

「ここるく」を利用されたようでした。

ちなみに託児所は

レストランによっては

レストラン内に確保された安心なスペース

レストラン内が難しい場合でも

いつでも様子を見に行ける距離にあるので

安心ですよね。

保育スタッフさんも慣れてらして、とても優しい方ばかりでした。


ランチコースの他にも、同じ日に

同じエリアの複数店舗からお店を選べる

「街ぐるみ子育てDAY」というものも

実施されており

次回は1月12日に開催されます!


「ここるく」と企業・店舗が一丸となって

子育て中のママ達をおもてなしする

というイベント。

お店は、パリの老舗ビストロ店や

カジュアルなハンバーガー屋さん

さらにはピエール・エルメ・パリのデザートなど

予算に合ったお店を選ぶ事が出来ます。

現在、参加者のエントリーがスタートしています。


来週のクリスマスランチは

定員となってしまったようなので

エントリーはぜひお急ぎ頂ければと思います。

今年は仙台などでも開催され

ママさんたちもとっても楽しく満足されていた

ということで

来年以降は地方での計画も進行中とのことです。

山梨でも是非開催して頂きたいですね!


詳しくは、「ここるく」のHPをご覧ください。



「RIO’s Column」2本目は

子育て支援サービス「ここるく」をご紹介しました。

Copyright (C)