2017年11月19日 (日)

Soaptopia

私RIOが注目しているクリエイティブな情報を

ご紹介していますRIO’s Column

11月18日3つ目ご紹介の話題はこちら!

私の大好きなナチュラルボディケアブランド

「Soaptopia(ソープトピア)」をピックアップ

2001 年、創業者のJolie Chitwood Cox

(ジョリー チッドウッド コックス)によって

カリフォルニアの自宅キッチンで生まれた

ブランドなんです!

当時、ジョリーさんは仕事の忙しさから

酷い肌荒れとアレルギーに悩んでいて

自分のような超敏感肌でも

安心して使えるものが欲しい!という思いで

自身の自宅キッチンでナチュラルな

素材のみを使用したソープ を作り始めました。

これが「Soaptopia」の原点なんだそうです。

ジョリーは生まれたころから

大自然に囲まれて育ち

植物への造詣が深かったこともあり

改善に改善を重ねて手作りしていくソープで

肌は どんどんきれいになっていきました。

このソープはナチュラルで、安全な原料のみ使用していて

石油系オイル、合成化学成分、合成香料

合成着色料パラベン、合成染料は使っていません!

動物実験は一切行いませんし

ハンドメイドで丁寧な製品作りをされています。

ビタミンEやオレイン酸など

抗酸化作用の高い数種類の

植物オイルをベースとした香り豊かな

ナチュラルハンドメイドソープは

低温で丁寧に作られているので

植物の成分を熱で壊すことなく

多く残すことができるんですね。



「植物由来 の保湿力」「天然抗酸化作用」

「天然抗菌、抗真菌、抗ウィルス 作用 」の高い

ソープなんです。

かといって皮脂を落としすぎる心配もない

というのも嬉しいですね。


↑↑↑

抗ウィルス作用という話がでましたが

この時期ぜひ使っていただいのが

外出前に鼻の下とか唇、口周りに塗るだけで

風邪やウィルス、花粉、ハウスダストなどを

自然にブロックできるシアバター

「マイ・ソルベーション ブレスインWE」33g 2000円

これはアメリカの医療現場で使われている

高品質のエッセンシャルオイルを効果的に組み合わせて

練り込んでいるんですね。

私も今毎日使ってますよ!



この他にも、私が毎日愛用しているのがスキンオイル!

これは数種類の植物オイルをブレンドしていて

香りもふんわりずっと香っていて

保湿力はあるんですが、べたつきにくので

全身のマッサージにもいいですし

私は髪が夏は日差しでパサつくし

冬は乾燥するので、

朝ヘアオイル代わりに着けると1日

しっとりしていい香りが漂ってます!

↑↑↑

今回使ってみて、ファンになったボディスクラブ!

113g 1,800円(税抜) 227g 3,200円(税抜) 全4種類

フランス、ブルターニュ産のミネラル豊富なソルトと

カリフォルニア産の不純物ゼロのソルトが

ベースのスクラブなんですが

こういうソルトのボディスクラブって

ちょっとバラバラと散らばりやすかったり

油分が少なくてカサっとなりがちなんですが

こちらは、もう手にすくった時点で

もっちりしてるんです!


というのもハチミツや植物オイル

植物由来のグリセリンが入っているので

角質ケアはもちろんですが保湿までできるんです!

もうめちゃくちゃ香りもいいし

本当に優秀なスクラブです。

↑↑↑

さらにこれからどんどん乾燥していく季節なので

オススメしたいのが50/50ボディバーム!

28g 1,100円(税抜) 113g 2,800円(税抜) 全7種類

モッツァレラチーズみたいな

「ふわふわホイップ」クリームが入った

オイルインボディバームです。

アロエベラのジュースなど数種類の植物成分を

ベースにハンドホイップして作られた

リッチなクリームなので、お肌に栄養を与え

しっかり保湿してくれます。

50/50ということなので

半分オイル、半分クリームということなので

例えば、、、

ちょっと軽めの乾燥とか

髪をしっとりさせたいときはオイル多めで

しっかり保湿させたいときは

クリーム多めとか自分で分量を調整して

混ぜて使えるのがいいですよね!

↑↑↑

そしてLOVE HEALSという

天然香水もとってもいいです

お子様がいらっしゃるお母様にも

いいかもしれやませんね!

5ml 2,400円(税抜) ROSEのみ 3,000円(税抜) 全7種類

その日の気分に合わせて香りを楽しめる

アロマオイルパフューム。

耳の後や手首など、お肌にそのままつけられるので

簡単ですし小さいので

持ち歩けるのも嬉しいです。

人によっては香りの重ね付け!

なんていう感じで洋服をまとうように

いろんな組み合わせで楽しんでるそうですよ!



他にも天然ハーブオイルたっぷりのバブルバス

ナチュラルな保湿成分が豊富なリップバーム

髪も体も手も、もう全身洗えるリキッドソープなどなど

いろんな種類があって

ナチュラルで安心でこれからずっと

使っていきたいボディケアブランドです

どの商品も香りがいろいろあるので

気分によって変えるのもいいですし

プレゼントにもぴったりですね!

東京は新宿フラッグスにショップがあるほか

全国のロンハーマン内(千駄ヶ谷、六本木、二子玉川ほか)

に入っています★

もちろんWEB STOREもあるので

そちらから購入することもできます!

是非、ソープトピアで検索してみてくださいね!

飲める文庫!

RIO’s Column。

このコーナーでは

私RIOが注目しているクリエイティブな情報を

ご紹介しています

「読書の秋」!ということで

以前、このコーナーでもブックイベントなどを

取り上げたりもしましたが

今日は、読書にちなんだ気になる新商品を

発見したのでご紹介したいと思います!

みなさんそれぞれ名作文学を読んだ後は

そのストーリーの主人公に影響されたり

なんだかセンチメンタルな気分になったり・・・

なんてこともあるかと思いますが

そんな、“読後感”を味わえるコーヒーが

今月、発売になりました!

その名も「飲める文庫」

夏目漱石の「吾輩は猫である」「こころ」や

太宰治の「人間失格」などの6作品が

コーヒーに!

“やなか珈琲”という珈琲屋さんから

発売されているのですが

手がけたのは家電メーカーNECのデータサイエンティスト。

読後感を、コーヒーの味わいで再現するために

AIが使用されたんだそうです。

それぞれの作品に関する1万件以上のレビューから

苦味・甘味・余韻・クリア感・飲みごたえに

変換したデータを作成し

特製のソフトウェアで分析していったとのこと・・・!

パッケージにはそれぞれのタイトルが

デザインされています。

各フレーバー(作品)を書籍風のケースに収めた

6作品を飲み比べできるドリップパックセットも販売中です。

やなか珈琲の店舗、または通販サイトで

購入可能です。

読後感は人それぞれですが

このコーヒーを飲みながらその作品を読めば

もしかしたらより一層、作品の世界に

浸ることが出来るかもしれません。

発売は今の所、11月末までとのことです!

読書の秋!気になった皆さんは

お急ぎください〜!!

「RIO’s Column」11月18日の2つ目は

「飲める文庫」をご紹介しました!


「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」

私RIOが注目している

クリエイティブな情報をご紹介しています

RIO’s Column。

11月18日

1つ目にご紹介したのは

今日から東京・六本木の森美術館で開催されている

「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」という

展覧会です

国際的に活躍するアルゼンチン出身の

現代アーティスト、レアンドロ・エルリッヒ。

金沢21世紀美術館にある

有名な「スイミング・プール」の作家

と言えば「ああ、あれ!」と

わかっていただけるでしょうか?

↑こちら今回、模型として出展しています

小さめのプールの表面は何センチか

水が張ってありアクリルで仕切られてるので

その下は空洞になっていて

人が歩けるようになっています

なので上から見ると普通のプールで

水の中を人が歩いてるように見えて

下から見上げると海の底にいるような感覚になる

美しい参加型の作品です


そう、こんな風にエルリッヒの作品は

私たちが作品に実際に触れ

初めてアートとして完成する作品が多く

海外でも流行中の“体験型アート”の

先駆けとも言えるかもしれません!

↑こちら

スイミングプールの実際の写真も

出展されています

過去四半世紀の作品がずらり!なのです

今回は、エルリッヒの初期の作品から

新作を含んだ44点もの作品が展示されている

過去最大の個展となっています。

私RIO、一足お先に行ってきたのですが

本当に最初から最後まで笑いっぱなし

めちゃくちゃ楽しかったです



日本初公開の「反射する港」

暗い中、ボートがゆらゆら揺れ

ボートの底が反射していると

水辺にボートが浮かんでいるものだと

思ってしまいますよね

でもこの作品、実はボートと同じ素材で

作った立体物で水面に写っているように見えるよう

反射イメージが作り出されていて

実際にそこに水はないのに水があり

その上でボートがゆらゆら揺れているという

錯覚を感じてしまいます。



同じく日本初公開の「試着室」

合わせ鏡をしたりすると

永遠に自分が映ることがありますよね。

これを実際、形にするとどうなのか?

ひたすら同じ形の試着室が続く中を

迷路のように、右へ左へと

鏡がはまっているフレームと

鏡がはまっていない鏡の形をしたフレームを

越えながら歩いていく

体験型のインスタレーション。

「試着室には大きな鏡がある」という

これまでの常識が頭に蓄積されているので

自分が映らないことが不思議で

恐る恐る前に進んでしまいます。

本当に鏡がはまっているのか

はまっていないのか歩いてるとわからなくなってきて

迷路に迷ってるのか鏡に惑わされているのか

混乱します(笑)



他にもエレベーターの

内側と外側が逆転してるもので

エレベーターをのぞきこむと

エレベーターの外側のワイヤーなどが

延々続いてるのが見えて

不思議な感覚になります



もう1つ美容院という作品は

どーんと美容院のセットのようなものが

組まれていてそこにある鏡(の枠)には

全部鏡がはまっておらず

向こう側が丸見え!

なので、友達とこんな鏡に写ってるごっこ写真が

撮れますよ!



最後の部屋には大きなお家の外壁が

床に作ってあり

寝転がれるようになっています

45度に設置された同じ大きさの鏡を見ると

まるでお家の外壁にぶら下がってるようにみえたり

スパイダーマンのように貼り付いてるように

見えたりします!

“見ることのリアル”というサブタイトル通り

見たり触れたりすることで

日常の習慣や常識などから蓄積されてしまった

「当たり前」や既成概念が覆されるという

不思議な感覚を作品を通して

身を持って体験することが出来ました!

一つずつの作品のスケールも大きく

実際に体験してして初めて感じることばかり。


大人から子供まで

現代アートに馴染みがないという方も

気軽に楽しく、アートに触れることが出来ますよ!

「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」は

今日から来年4月1日まで

六本木・森美術館で開催となります!

作品は全て撮影OKなので

グループで行って

写真を撮り合うのもおすすめですよ!

「RIO’s Column」11月18日の1つ目の話題

「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」ご紹介しました!

2017年11月12日 (日)

「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」

私RIOが注目しているクリエイティブな

情報をご紹介しているRIO’s Column

11月11日3本目のラストにご紹介した展覧会は

ご家族でも楽しめるんじゃないでしょうか!


渋谷の松濤美術館で11月26日まで開催中の

「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」です!

三沢厚彦さんは

現代日本を代表する彫刻家のおひとりです。

鑿や刀を使用する木彫という伝統的な技法によって

樟(クスノキ)の丸太から作品を彫りだされます。

そこに油絵具で色を着けた実物大の動物たち

「ANIMALS」

⑴三沢厚彦、舟越桂、小林正人、杉戸洋、浅田政志 with Animals /2017 Photographs by Masashi Asada

そんなアニマルズたちが

白井晟一さん設計による特徴的な建築で知られている

渋谷区立松濤美術館にやってきました。

三沢さんの作るアニマルズたちは

可愛い雰囲気もありますが

力強くて意志をもっているかのようなんですよね!

そんな強い存在感をもちながら

館内のいろんなところに居場所を見つけて

美しいその建築空間と新たなる関係性をみせてくれています。

(2)三沢厚彦/Animal 2016-01/撮影:渡邉郁弘/樟、油彩に彩色

ここを「アニマルハウス 謎の館」と称して

彼らの創造主である三沢さんも

館の主人として会期中、館内に居場所を構え

実際に木を削って制作したり

展示したりされてるんです!

こういう制作過程が見られるって貴重です

さらに親交の深い、彫刻家の舟越桂さん

画家の小林正人さん、杉戸洋さん

写真家の浅田政志さんを館の中へと招き入れて

作家たち自身や作品同士の共鳴や

コラボレーションも楽しむことができます!

(3)三沢厚彦/Animal 2005-01/撮影:内田芳孝/樟、油彩


三沢さんはこんな風におっしゃっているそうです!

↓↓↓

「アニマルハウス。

大好きなアメリカのコメディ映画

アニマルハウスと呼ばれる学生寮に住む

怪人、変人(アニマルみたいな奴等)が

繰り広げる物語からとったものだ。


すると、おのずと方向性が見えてきた。

ぼくが住人 兼 主人になって

お客さんを迎えるのはどうか?

それで以前からなにか一緒にやりたいねって

話していた、画家の小林正人さんに声をかけたら

面白そうだね、やろうよ、と。

そして小林さんが杉戸はいいぞ、って

画家の杉戸洋さんを連れて来てくれた。

ぼくは先輩彫刻家の舟越桂さんにお声がけし

へ~、面白そうじゃない、三沢がきめたことだし

いいと思うよ、というありがたいお言葉をいただいた。


会期中も通して動いていく、展覧会。


そんな展覧会のポスターは、浅田政志さん

撮影。

彫刻家と画家と写真家、5人が集まった。

僕自身の思いでもあるが

「彫刻と絵画、その間とその先は」というべきものが

館の中で示唆されるべき出来ごととして

起こればいいな、と願うのである。

両者が個々として存在し、そして溶け合い、

次なる瞬間、今までとは全く違う見えかたをする。

「アニマルハウス」はそんな体験の

出来る場になればいいと思う。(三沢厚彦)

(4)三沢厚彦/Animal 2010-05/撮影:大島拓也/樟、油彩

(5)三沢厚彦/Animal 2004-04/撮影:内田芳孝/樟、油彩

(6)三沢厚彦/Bird 2013-01/撮影:加藤健/樟、油彩

(7)三沢厚彦/Animal 2006-08/撮影:内田芳孝 西村画廊蔵/樟、油彩

(8)三沢厚彦/Animal 2013-04/撮影:岡野圭/樟、油彩

(9)舟越桂/妻の肖像/1979-80/撮影:落合高仁/楠に彩色

(10)舟越桂/言葉をつかむ手/2004/撮影:岩根悠樹/楠に彩色、大理石

私たちが参加できるワークショップや

トークセッションもありますよ!

●三沢厚彦×舟越桂公開制作、粘土で首像をつくる

2人の作家がそのとき展示室にいる方を

モデルに、粘土で首像の公開制作を

おこないます。

11月18日(土)時間:午後3時~4時

場所:B2階ホール 

※要入館料 ※事前予約の必要はありません。

※ホールの設備上、定員は最大約80名様になります。



●謎の館展 作家集合トーク

11月25日(土)作家集合トーク 

「アニマルハウス(3)」

時間:午後2時~3時 

場所:B2階ホール

出演:三沢厚彦ほか、舟越桂・小林正人・杉戸洋・浅田政志

(回により構成メンバーは異なります。最終決定メンバーおよびイベント内容はHP等で告知します)

※ 要入館料 ※事前予約の必要はありません。

●謎の館展 学芸員によるギャラリートーク

19日(日) 各回午後2時~

場所:1階ロビーに集合

※要入館料 ※事前予約の必要はありません。

●金曜夕べの館内建築ツアー

日時:17日(金)、24日(金)

各回午後6時~(30分程度)

場所:1階ロビーに集合

※要入館料 ※事前予約の必要はありません。




この展覧会は松濤美術館で

今月の26日日曜日まで開催されています

一般が500円で、土曜、日曜、祝日は

小、中学生が無料だったり

金曜は渋谷区民は無料なんですよ!

11月13日の月曜、20日の月曜は

休館となっておりますので気をつけてくださいね

詳しくはHPをチェックしてくださいね

RIO’s Column。

今日は、小さなお子様も大人も楽しめる

渋谷の松濤美術館で11月26日まで開催中の

「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」

ご紹介しました!

2017年11月11日 (土)

adidas Me CAMP

私RIOが注目しているクリエイティブな情報を

ご紹介していきますRIO’s Column。

11月11日の2本目の話題はこちら!

“スポーツの秋”の、11月!

みなさん、日頃から運動はしていますか??

私RIOは階段でよくつまずく様になってしまったので

せめて、、、とストレッチを始めました(笑)

さて“スポーツ”と言ってもジャンルは様々!

これから、いろんなジャンルのスポーツに

チャレンジしてみたい!という女性に

オススメのコミュニティがあります。


マルチスポーツブランドの

アディダス・ジャパンが定期的に開催している

女性向けマルチスポーツコミュニティ
              
「adidas MeCAMP」(アディダス・ミーキャンプ)!

前に進み続ける女性のためのコミュニティとして
昨年2月に発足以来、これまで2,000人以上が

参加して来たそうです。

その内容は、ランニング、ヨガ、ピラディス、

キックボクシング、など

様々なスポーツプログラムを

アディダスの契約トレーナーをはじめとした
                    
豪華な講師陣から学ぶことができます。

さらには毎回スペシャルゲストが登場!

どの回も、アディダスの最新ウエアや

シューズが試着でき、なんと無料!

そして手ブラで参加できるとあって

毎回、幅広い女性に大人気なんだそうです。

対象はエントリーされた方の中から

抽選で当選された方。

基本は毎週末、東京・有楽町の店舗で

開催されていますが過去には関西、軽井沢

さらには海の上(!)など特別企画も

行われていました。

そして今、ちょうどエントリーが

始まっているのが

女優・モデルの榮倉奈々さんも参加するプログラム!

テーマは

「今日の自分に気づくためのトレーニング」!

11月26日、東京の代官山で行われます!

この日はトレーニングの他に

榮倉奈々さんのトークショーもあるようです。


他のイベントも続々エントリーが始まっていきます。

何と言っても無料なのが嬉しいですよね

HPをこまめにチェックして

興味のある企画の日が発表されたら

ぜひエントリーしてみてください!

「RIO’s Column」

女性向けマルチスポーツコミュニティ

「adidas MeCAMP」をご紹介しました!


11月11日は、、、

RIO’s Column

このコーナーでは私RIOが注目している

クリエイティブな情報をご紹介していきます

今日は11月11日ということで

皆さんご存知「ポッキー&プリッツの日」ですね!

この日に向けて、ポッキー、プリッツを販売するグリコは

いろんなイベントを企画しています!

新商品も続々発売されていますよ

いくつかご紹介したいと思うのですが・・・

まずはみなさん、ポッキーとプリッツ

どちらが好きですか?

コンビニ限定の企画で

あなたはどちら派なのか

投票を行なっています。

現時点では(10月31日の中間発表では)

ポッキー派が77パーセント!

ポッキー大人気!頑張れプリッツ・・・!!

私はプリッツが好き!!

ちなみに11月11日が

週末となったのは5年ぶりのこと。

今年は、週末ならではの

“楽しさ溢れるウィークエンド”をテーマに

「ポッキーパーティproject」

始動しています。

友達、家族、恋人など、様々な相手と

様々な場所での自由なポッキーの楽しみ方を

特設サイトで発信中。

ぜひ参考にしてみてください。

さらにこの秋は大人向けのポッキーが

続々新登場。

先月発売された

「ポッキーダブル〜禁断の二度がけチョコ〜」は

通常のポッキーよりなんと!チョコの量が3.2倍に!!

ポッキー史上、最も濃厚な味わいとなっているようです!

この商品の発売と共に公開になった

筧美和子ちゃんと

トレンディエンジェルの斎藤司さんの

WebCMも話題です!

もう一つ、お酒に合うポッキーが

インターネット限定で販売中です。

昨年、ウイスキーに合うポッキーとして

発売された「大人の琥珀」は、大人買いをして

ストックする愛好家も出たほど。

今年はその人気を受け、赤ワインとの相性が

絶妙なポッキーとして「女神のルビー」も

同時発売!


ちなみにお値段は、一箱924円・・・!!!

大人だから買うことのできるポッキーですね

全国のショッピングモールでは

「ポッキー&プリッツの日」にかけた

楽しいイベントが開催されています。

今日だけでも全国11会場で

イベントが行われるようなので

ドライブの途中でお近くを通ったら

参加してみるのもいいかもしれません!


詳しくは、グリコのオフィシャルサイトをご覧ください。

「RIO’s Column」今日は11月11日で

「ポッキー&プリッツの日」にちなんで

イベントと新商品をご紹介しました!




2017年11月 4日 (土)

表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち

11月4日の3本目のRIO’s Column。

このコーナーでは

私RIOが注目しているクリエイティブな情報をご紹介していきます

今週もここでご紹介するのは

巨匠たちの展覧会です!

もうこちらスタートしておりまして

12月20日(水)まで

パナソニック汐留ミュージアムで開催している

「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」です

 
抽象絵画の創始者

ヴァシリー・カンディンスキー(1866-1944)と

20 世紀フランス最大の宗教画家

ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。


この展覧会は、色とかたちを軸として

カンディンスキーを中心とする

ドイツ表現主義とルオーが共鳴する歴史を探る

初の試みの展覧会です!

20世紀の初め、ルオーたちの参加によって

立ち上がったパリの美術展覧会

サロン・ドートンヌに

カンディンスキーが出品を続け

1906年にはパリ郊外に長期滞在し

当時ルオーが館長を務めていた

モロー美術館も訪ねています。

そしてルオーはカンディンスキー率いる

ミュンヘン新芸術家協会の展覧会に出品する

という時期がありました。

つまりカンディンスキーとルオーは

互いが本拠とする展覧会へ出品し合い

いわば活躍の場を共有していた時期があったと言えます。

カンディンスキーは

現実の外観やものごとから解放された

色彩が形態と共に存在する

いわゆる抽象絵画の世界へ入っていきます。

一方ルオーは、キリスト教の信仰に根差した

独自の絵画を追求していきます。

さらに晩年の彼の宗教画作品は色彩豊かで

まるで輝いているような印象を受けます。

国内有数のカンディンスキーやクレー

ドイツ表現主義絵画のコレクションを誇る

宮城県美術館の作品を中心に

パリのルオー財団や国内の美術館などから

油彩画を中心に水彩画、版画、デッサン、書籍など

貴重な作品約130点が出品されます。

そして!イベントもいろいろと開催されます!

●山田五郎アートトーク

評論家の山田五郎さんのトークショーが

11月10日(金) 午後1時30分~午後2時30分に

行われます

聴講費無料(ただし本展の観覧券が必要です)

●色の冒険者たちに仲間入り! ぬりえプレゼント

カンディンスキーとクレーの作品に基づいた

この展覧会のオリジナルぬりえを

ご来館いただいた先着400名にプレゼント。

11月6日(月)、20日(月)、12月4日(月)、6日(水)

●芸術の秋、ルオー切手プレゼント

* ルオーの作品を使用したオリジナル切手を

ご来館いただいた先着250名にプレゼント。

11月13日(月)、16日(木)、27日(月)

これらはお一人一枚など

日にちも決まっていますので

お間違えのないように!



●学芸員のギャラリートーク

* 11月9日(木)、24日(金)

各午後2時~

* 展覧会場内、予約不要、参加無料

(本展の観覧券が必要です)



●相互半券割引のご案内 

~ 20 世紀の色彩画家たちの共演!
秋に楽しむ3展覧会

今、Bunkamura ザ・ミュージアムでは

「オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代」が

12月17日(日)まで開催していて

先週このコーナーでご紹介した

東京ステーションギャラリー

「シャガール 三次元の世界」展が

12月3日(日)まで開催されておりますので

どちらかに行かれて観覧券を提示しますと

今回ご紹介した「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」

100円引でご入場いただけます。

逆にこの展覧会の半券でも

他の2展が100円引になります

パナソニック汐留ミュージアムでの

この展覧会は午前10時より午後6時まで(入館は午後5時30分まで)

休館日は水曜日ですが、12/6、13、20は開館しています。

詳しいことはホームページを検索してみてくださいね!


12月20日(水)まで

パナソニック汐留ミュージアムで開催している

「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」

をご紹介しました!

星のや富士

11月4日のRIO’s Column。

このコーナーでは

私RIOが注目しているクリエイティブな情報を

ご紹介しております


日に日に寒くなり冬が近づいてきていますね

そんな季節こそ贅沢に体験してみたい

「グランピング」!

最近は、プチ贅沢なキャンプとして

グランピング施設が増えてきていますが

今日は、冬だからこそオススメしたい

グランピングをご紹介します。

もはや説明不要のリゾートグループ

「星のや」にも贅沢に体験できる

グランピング施設があります。

こちらは、キャンプではなく

日本初の“グランピングリゾート”として

「星のや」ならではの

贅沢にアウトドアを楽しむ

新たなリゾート体験を味わうことができる

というものです

富士五湖の一つ河口湖を見下ろす場所にある

「星のや富士」

宿泊するお客さんは

河口湖の近くにあるレセプションに到着し

自家用車を置いてから滞在がスタート。

そしてグランピング7つ道具が入った

リュックを受け取り

スタッフの運転する専用車で客室へと向かうそうです。
        
もう、この時点で 一般的なグランピングとは

かけ離れた贅沢!

滞在中には、グランピングマスターと呼ばれる

アウトドアでの滞在に精通する

旅の提案をするスタッフが

グランピングをより深く楽しむためのサポートをしてくれます。

例えば・・・

森の空中ストレット、石釜ピザ作り、

湖の上の早朝カヌー、乗馬体験など。

手軽に参加できるものから

本格的に挑戦するものまで様々。

アクティビティは季節により変わるそうです。

この冬、より贅沢にグランピングを楽しみたい

という方はキャンプではなくリゾート

と位置付けられている「星のや富士」

グランピング

ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。


予約など詳しくは

「星のや富士」のホームページをご覧ください。

さらに、来月12月から3月15日まで

冬の特別なグランピング体験“

星降る森の空中テント”の予約が可能になります。

こちらは、宙に浮かぶように張られた

空中テントの中で寝袋にくるまって星空を観察したり

薪ストーブでホットデザートを作ったり!

より自然を感じられ

冬の森の楽しさを満喫できるプラン。

なんと1日2組限定です。

女子旅サイト&アプリ

RIO’s Column

このコーナーでは

私RIOが注目しているクリエイティブな情報を

ご紹介しております


今日は3連休のなかびですよねー

みなさん、どこか遠出されたり

旅行に出かけたりされているんでしょうか?

ちなみに、旅の計画を友人と立てる時

何を参考にされていますか?

最近はオシャレな旅行本も増えてきたので

本屋へ行くのもいいのですが

今日は、女子旅にオススメしたいサイトや

アプリを紹介していきます!

一つ目は、「旅 MUSE」です

“最高の旅経験を通して、女性たちをパワフルに!”

というコンセプトを掲げた

大人の女性のための海外旅行専門メディア。

旅の分野で著名なトップブロガー

インスタグラマーや、有名モデルが

実際に行ったリアルな旅の旅行記を

見ることができます。

例えば“ハワイ”の中でも、

フォトジェニックな旅、グルメに注目、

ショートステイでも楽しめるハワイ旅など

様々なテーマで分けられており

実際にそのブロガーなどが行った旅の行程を

到着日から、帰国日まで

時間、写真、そして感想を合わせて

見ていけるので、とっても参考にしやすいんです。

HPもとってもオシャレなので

ついクリックしてしまい

サイトへ行くたびに、新たな発見が!

定期的に更新されているので

海外旅行へ行かれる時は

ぜひ参考にしてみてください。

そしてもう一つは

“オシャレな壁・背景”に特化したアプリ

「GENIC WALL」!

先日、アプリが立ち上がったばかりです。

今、女子の間でオシャレな壁で写真を撮って

SNSにアップするのがブーム!

なのですが、その壁の写真を見ても

実際はどこにあるのか!?

わからなかったりしますよね。

位置情報がお店だと分かりやすいですが

「渋谷」とざっくりしか書いていないと

渋谷のどこなのか!?歩き回るのも大変です。



その問題を一気に解決してくれるのが

この「GENIC WALL」!

アプリには、編集部が厳選した

たくさんのおしゃれな壁・背景での写真が

掲載されていて

気になる写真をクリックすると

その場所の地図に飛ぶことができます。


↑↑↑例えばこの写真可愛い!!どこ?!

となったら、位置情報を押せば

こんな風に出てきます

沖縄ですねー!

↓↓↓



このアプリがあれば、旅をしていて

時間がなくても

うろうろ探す必要もありませんし

今、自分がいる場所の近くに

おしゃれスポットはあるのか?という調べ方も可能です!


↑↑↑


こちらは

可愛いピンクネオン!

どこかな?

↑↑↑

大阪ですねー!

すぐに出てきます!

↑↑↑

こちらは壁というよりスペース

背景といった感じでしょうか

どこかな?

ポチっで

↑↑↑

原宿の近くということがわかりまーす!

すごい!


こちら、国内を中心に続々更新中!

おしゃれスポットをすぐに探せる新感覚サーチアプリ

「GENIC WALL」

無料で配信中なので、ぜひダウンロードしてみてください。

「RIO’s Column」今日の1本目は

女子旅にオススメなサイト・アプリを

ご紹介しました!

2017年10月30日 (月)

シャガール 三次元の世界

RIO’s Column

このコーナーでは

私RIOが注目しているクリエイティブな

情報をご紹介しております

10月28日の3本目はこちら!

もうすでに東京ステーションギャラリーで

スタートしていて

12月3日(日)まで開催しています

「シャガール三次元の世界」です

画家、版画家としてのイメージが強い

マルク・シャガールですので

晩年に多くの彫刻を制作していたことは

あまり知られていないんですね。

シャガールが彫刻制作を始めたのは1951年

すでに63歳になっていました。

この時点で、モダンでミニマルなブランクーシや

ジャコメッティといった彫刻家たちが出てきたこと

そしてピカソやマティスなどの絵画から

スタイリッシュで素晴らしい彫刻を作り出した

才能溢れる作家たちによって

20世紀彫刻の造形言語は大きく

書き換えられていました。

そんな中、シャガールはまるで彼らのような

新しい試みを知らないかのように全く独自の

他のどんな20世紀彫刻とも似ていない作品を

創り出します。

シャガールの彫刻は絵画や版画の表現と

不可分の関係にあります。

シャガールの典型的な絵画作品と同じように

彫刻においても多くのモチーフが重層的に表現されて

物語を紡ぎ出しているということで

私は非常に珍しいなと思いました。

絵画や版画の作家が彫刻をつくると

ちょっと表現が変わったり

タイプの違う作品になるという面白さがあるのですが

シャガールの一貫性は凄いんです!

でももちろんそれは単なる絵画の立体化ではなく

彫刻でなければ表現できない世界が

創造されているのです。


シャガールの彫刻作品を

日本で初めて本格的に紹介するこの

「シャガール 三次元の世界展」では

平面作品と深い関わりをもつ

シャガール彫刻の特徴を踏まえたうえで

関連のある素描(デッサン)や絵画

同じ主題の絵画などと一緒に展示して

シャガールの三次元世界を巡ることができます。

日本初公開作品を多数含む、油彩・水彩70点

彫刻・陶器60点、素描・版画等40点で

構成されるこの展覧会は

すごく見応えがありますよ!

私が面白いなと思ったのは

シャガールの立体作品への挑戦というのは

まず陶器から始まったということで

代表的な陶芸作品と下絵などが展示されていて

その制作過程が観られるセクションです。

下絵に描いた形が立体化され

さらにその立体の表面に絵が描かれる。

二次元と三次元の間の行き来する感じは

興味深いものがあります。

そして、シャガール作品によく出てくる

動物モチーフを集めた「動物モチーフ」

人物表現に焦点を絞った「肖像、二重肖像」

風景の上の裸婦とか

動物の上の恋人たちとか

見ると「ああ、見たことある!

シャガールってこのイメージ!」ってなる方も

多いかもしれませんね。

私は小さい頃から、夢みたいな色遣いで

楽しい牛と鶏になんだか心奪われていました。

そんなシャガールの作品は技法や素材は違えど

ザ・シャガールで本当に素晴らしかったです。

12月3日(日)まで

東京ステーションギャラリーで開催されている

「シャガール 三次元の世界」

休館日は月曜日となっていて

開館時間は10:00 - 18:00(※金曜日は20:00まで開館)

東京駅丸の内北口ドーム内にあるので

東京駅直結ですし雨の多い今の時期には

本当にいいですよ

作品保存の為に少しクーラーをかけている

美術館が多いので、ブランケットの貸し出しは

最近では普通ですが、こちらのギャラリーは

なんと!靴の音が気になる方に

スリッパを貸し出してくれます。


しかも使い捨てなので、安心ですね。

私がお邪魔したのも結構雨がすごい日で

駅直結もありがたかったですし

ヒールの音も気になるし

かなり足元が濡れていたのでスリッパお借りして

本当に良かったです。

こういうサービスは嬉しいですね。

12月3日(日)まで東京ステーションギャラリーで開催されている

「シャガール 三次元の世界」是非

生でその世界をご覧ください!

Copyright (C)