« 9月9日放送 第七十一回は 太宰 治 作『ヴィヨンの妻』前編 | メイン | 9月23日放送 第七十三回は 芥川龍之介 作「女仙」「ピアノ」「女」 »

2018年9月11日 (火)

9月16日放送 第七十二回は 太宰 治 作『ヴィヨンの妻』後編

Photo_4 (柚子さん撮影)
『 パナホーム山梨 presents SUNSET THEATER 』

ご案内役の 小川もこ です。

毎週、日曜日の17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー
サンセットタイムにお届けする この番組は、
私、小川もこ が 名作をセレクトし 朗読させていただきます。


第七十二回放送は 太宰 治 作『ヴィヨンの妻』後編です。

20161226120123026254_fa40343ed08e43
前回の前編を聴いていらっしゃらないかたのために、簡単なあらすじを。

” 放蕩の詩人・大谷の妻 さちは、ある深夜、慌ただしく帰宅した夫の気配で眼を覚まします。
追いかけるように来訪した中年男女をジャックナイフで脅し、夫は外の闇へ逃げ去ります。
さちは、その後、中野の小料理屋を営んでいるという夫婦の二人から 夫が この3年、
まったく金を払わずに店の酒を呑んでいるばかりか、その夜、店の運転資金である5,000円を
わしづかみに盗んでいったことを知らされるのでした。
自分がきちんと後始末をつけるからと、その夜は夫婦に帰ってもらったものの、
なんの思案もなく、翌日電車に乗ると、その中吊り広告で夫の名と掲載されている論文のタイトル
「フランソワ・ヴィヨン」の文字を見つけ、なんとも哀しくなるのでした。"


さて、さちは、その後、中野の店に行って、どんな解決策を見出すのでしょうか。
夫婦は、いったい どうなっていくのでしょう。

「ヴィヨンの妻」後編をお楽しみください。

ぜひ。お聴きくださっての御感想 お待ちしています。
メールアドレス
sunset@fmfuji.jp
へ どうぞ。

さらに。この番組ブログの扉のサンセット写真は いつも夕陽・夕焼け・夕景を掲載しています。
最初の頃は、無料の壁紙を貼っておりましたが、
最近、投稿していただいた写真を載せさせてもらっています。
あなたも、綺麗だなぁ〜というサンセット写真が撮れたら、ぜひ。

sunset@fmfuji.jp
へ 送ってくださいね〜〜♪


日曜日の午後。17:30~18:00 FM FUJIにてオンエアー。

東京や関東近郊の皆様は78.6MHz、甲府は83.0MHzにチューニングして、
その他 全国の皆様は、LISMO WAVEや radiko.jpプレミアムでお楽しみくださいね〜♪

スマホやパソコンで聴けるアプリradiko.jpプレミアムでは、タイムフリー機能で、聴き逃しても 1週間以内なら いつでも聴くことが出来ます。

小川もこの語る「ものがたり」、目の前でLIVEで聴いてみませんか?

10月18日(木)19:30から、甲府市の 甲斐善光寺さんで、「二人会」をおこないます。Katari20181018_a
FM-FUJIのパーソナリティーでもお馴染みの高杉J二郎さんは、
創作落語を得意とする落語家さんでもあります。高座にあがる時の名前は、三枝亭二郎さん
その二郎さんと 小川もこ による「二人会」です。

ご本尊を背にしての、荘厳な雰囲気もあって、昨年秋に開催し大好評を博した公演の第二回目。
二郎さんの軽妙洒脱、抱腹絶倒にして感動を呼ぶ創作落語で、まずは大笑いしてくださいね。

小川の語りは 今年は森鴎外の「高瀬舟」をお送りします。
サンセット・シアターで朗読したときは20分の長さに編集しましたが、
「二人会」では40分以上の長さの原作そのままのノーカット版で、もちろん台本は持たずに、
全部そらんじて、語ります。

喜助のおこなったこと、これは いったい罪なのか?
もしも自分だったら...と考えさせられる名作です。
ぜひぜひ お誘い合わせの上、お越しくださいね。

詳細はこちらを。


追記:
【 番組をお聴きくださった御感想 】

オガッチさん

二週に分け太宰治作品が聴け楽しかったです。
中でも「ヴィヨンの妻」はダメな旦那のせいで苦労する妻の話でありますが、
どこかユーモアを感じ大好きな作品ですね。
ちょっと長めな作品ですがサンセットシアターで読まれた事に感激です。。

再び太宰作品をこの番組で取り上げられたら嬉しく思います。。