THU_higuchiai Feed

2019年6月14日 (金)

番組スタッフからのお知らせ。

いつもヒグチアイ、並びにMusic Spice+!を応援していただきありがとうございます。

                         

昨夜放送された番組の中で告知しておりました、
6月15日にヒグチアイが出演する予定の「KANA-BOONのOSHI-MEEN!!」は
急遽、中止となってしまいました。

                      

楽しみにされていた皆様におかれましては、
ご心配・ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。

                       

引き続き、ヒグチアイと番組の応援を宜しくお願い申し上げます。

                 

番組スタッフより

                

前線。

新曲第一弾!!
聴いてもらえました???

              

「前線」です。

                      

わたしの横からいなくなった人たちも、みんなそれぞれの前線で戦ってる。

                     

それに気付いてから、人に優しくなれたような気がします。
わたしはあの頃思い描いた未来にはいないけど、
ちゃんと踏ん張って、後ろの方じゃなくて、自分ができる限りの前線にいる。そう思える。一曲目、決意表明です。

                      

ぜひたくさん聴いて、そしてたくさん拡散してほしい。

                      

                      

Higuchi_190613

                   

                   

                   

2019年6月 7日 (金)

続・知床。。。

先週に引き続き知床半島。

                 

天に続く道、27kmまっすぐな道。

               

道というより、農業や牧場のための通路という感じ。だからこんなにまっすぐなんだ。
2時間半も一人で運転したことがないから、どきどきだったけど、
がんがん追い抜いていく地元の車に安心して、ゆっくり走った。

                 

旅に出る前に母に言われた言葉。
「見たいものがあったら引き返してでも見なさいよ」

                  

滝を見つけ、Uターンして車を降りた。
そのお土産売り場に売っていた、木彫りのクマを買ったらよかった、と今でも後悔。

             

見れなかったシャチを来年見に行くのか、はたまた、今月見に行くのか・・・。

              

              

Higuchi_190606

                   

                   

                   

2019年5月31日 (金)

知床へ。。。

知床半島。
羅臼港というところへシャチを見に。

                                 

女満別空港から車で2時間半。

                               

わたしが見たのはイシイルカでした。
それも一応、寒いところでしか見られないみたい。

                           

一泊8000円の宿も2000円の定食も、
そりゃここに来てお金を落としていくのは観光客しかいないから仕方ない。
それも全部なんとなく納得しながらの旅。

                                           

やっぱり、霧の摩周湖と呼ばれているらしい。
たくさんのブレーキ痕(走り屋には有名な峠っぽい)があって、いやめっちゃこわかった。

                                           

新しい曲に、濃霧、という言葉が出てくる。これは知床での体験がなければ出てこなかった言葉。

                                   

Higuchi_190530

                                                       

                                                       

                                                       

2019年5月24日 (金)

駆け込み寺。。。

不倫に関係してる人の駆け込み寺みたいになってると話題のヒグチアイのラジオ。

                       

わたしは自分の話をするより、人の話聞くほうが好きなんだろうなあ。
でもわたしばっかりたくさんもらってごめんね、という気にもなる。

                

友だちが一人不倫をやめてね。

               

なぜやめられたかってのは、新しく好きな人ができたからなんだよな。
ほんとうに、それしかないのではないか、と思う。
新しい恋。
でも、その新しい恋に進むきっかけは、ちゃんと自分の中にある勇気だから、
迎えるだけじゃないんだよ。

                

強い気持ちで。やるにしても、やめるにしても。

                

Higuchi_190523


                       

                      

                     

2019年5月17日 (金)

一瞬の輝きと鈍色の輝き。

ズッキュン娘、いったん今回で一区切りらしくて、
主催の藤吉みわさんはお休みを宣言しているんだけど、
舞台って、わたしたちのライブと違って、同じことをその先もう一度やるって、
相当人気じゃないとないみたいですね。再演、ってやつ。

                                                   

しかも歳をとったりして役のイメージと離れちゃうから、違うキャストがやったり。

                                               

同じものが絶対に見れないというか、ライブもそうなんだけど、それ以上に、物理的に、見れない。
その一瞬の輝きが見たくて見に行くんだろうなあ。

                                           

伝統芸能は、ずっと残していくものなんだよな。
それにもすごく価値を感じる。
ずっと残り続けていくものの、鈍色の輝きというか。それも大好きなんだよな。

                           

Higuchi_190516

                                    

                                      

                                    

2019年5月10日 (金)

わかんない!

恋人とか友だちとか、そういう名称で表せられないことってたくさんあって困るよね。

                                                

好きも嫌いも、難しい。

                                

この胸の痛みは悲しいのか、嬉しいのかすらわからないことってあるもんな。
自分のこと、全然わからなくてびっくりする。

                                      

デートじゃなけりゃなんなの?と思うような2人での外出も、
普通のご飯だったり、飲み会だったり、捉え方って難しい。
でもそこをはっきりさせないのも楽しい。

                                  

矛盾の中を、勘違いしたり落胆しながら生きていくんだなと思う日々です。

                               

Higuchi_190509

                                                   

                                                  

                                                  

2019年5月 3日 (金)

蜜の味・・・

不倫している友だちが増えている。

                
年齢でしょうか。

              
不安なんでしょうか。

                  
1人、不倫で大変なことになった友だちを見ていて、
ああなんでこんなに大変なのにみんなやるんだろう、そんなに蜜の味がするのかなと思っていた。

                    

ある時期にすごく不倫に興味が出た時期あった。
既婚者のその人にとって家族が一番だということを身をもって知ったときに、
自分に不倫の蜜は全然美味しいものじゃなかったんだと気付いた。

                     

わたしはずっと誰かの一番になりたいんだなあと。

                  

そんな考え方はどうだろう。
やめられるかはわからないけど、長く続く安心の中にも快楽があるのかもね。

                 

Higuchi_190502

                     

                     

                     

2019年4月26日 (金)

一生に一度・・・。

伝統芸能、面白いものも、面白くないものも(個人的見解)、やっぱり触れてみたいなあと思うものだな。

                             

富士山に一生に一度は登りたいなあ。もういい、って思うかもしれないけど、一度は景色を見てみたいなあ。
一生に一度でいいから、と思えるものを一年に一つずつやっていったら
もし80に死んでもあと50個はできるんだな。

                 

・・・50個で足りるのかな・・・?
わたしどっかで生まれ変われるからいいか、と思ってるような気がする。なぜでしょう・・・

                  

                  

Higuchi_190425

                  

                  

                  

2019年4月19日 (金)

ロボ。

巻き爪矯正ロボ。

              

               

Higuchi_190418_2

いや、全然ロボちゃうやん。っていう意見にはごもっとも!

             

と大きく頷くしかない。     

         

          

Higuchi_190418_1

                        

                        

                         

Copyright (C)