« 何気ない優しさ | メイン | 花火!かき氷!海! »

2017年7月29日 (土)

2017年7月29日(土)ゲスト「石川さゆり」

間宮優希です。

7月29日のFM-FUJI 「Saturdays!」のゲストは
「石川さゆり」さんでした。

20170229

初めましてになりますが、誰もが知る方です。
デビュー45周年おめでとうございます!
数字を発言することは簡単ですが
45年って、ホント、素晴らしい年月ですよね。
ただ45年ではなくて、第一線で活躍してきた
石川さんの軌跡なんですよ。
そして、キャリアも45年ということもあり
所作にも厳しい方だったりするのかなと思いきや
とても気さくに接して下さって
今までも親しい間柄だったかしらと思ってしまうぐらい
優しい方でした。
ずっとキャンペーンもしているということで
スタッフの方が用意されたお菓子なども
「一緒に食べましょ!」
って言って下さるんです。

20170729

スタッフの方のアンケートに記載された通り
石川さんは、どんな時でも
自然と「石川さゆり」なんだろうなと感じました。
一番驚いたのは
作品について語る時も、プライベートの時でも
弱音を一切はかないこと。
どんな失敗や困難があっても
それを悔いるのではなく
別の発想で、活かす経験に持っていってしまう。
お子さんには、その行動を
「前向きすぎて、ムカツクと良く言われる」と
笑っていらっしゃいましたが。
この、人生の楽しみかたが、正に作品に現れてます。
多くの方とコラボしている「X CROSS」シリーズ。
今回で3作目。
インタビュー後に改めて語った一言にも重みがあって
「音楽には、ジャンルというものがあるけど、
私、そういうものは、考えにないから」と。
確かに、ジャンルというものは
ラジオなどで紹介する際に、聴感上
分かりやすくする為に出来たものだから
本来は、音楽という1つの言葉があれば
あとは、聴く側の好みだけなので
必要ないと言えば必要ないんですが
それでも、ありとあらゆる音楽アーティスト達と
壁なくコラボをしていける石川さんは
流石だと思います。


間宮のオススメの情報を紹介する「Mamma Mia! MAMIYA」では
土日にはイベントも多く行われる代々木公園もある
「代々木でのイベント&話題のスポット」を紹介しました。
1つは「台湾フェスタ」。今日・明日と2日間に渡って
代々木公園イベント広場で行われている、
日本と台湾の国際交流イベントです。
去年の第1回には、グルメを中心に人気店36店舗が出店、
10万人を動員する程人気でした。
第2回の今年は、53店舗に。
台湾料理も、台湾スイーツも、雑貨などの物販も
充実の内容しているようです。
台湾は、ヘルシーフーズやかき氷でも話題です。
この暑い時季には、ピッタリかもしれませんね。
2つ目は、昨日7月28日(金)にOPENしたばかりのお店。
レストラン「ツリー バイ ネイキッド ヨヨギパーク」。
食とアートを融合させた体験型レストランです。
VR技術やプロジェクションマッピング、
照明・音楽などを用いながら、
空間や料理、スイーツを展開していくレストランで
入店後、まず地下1階のウェイティングゾーンで
これから体験する世界についての説明を受けます。
その後、食事やスイーツとアートをを掛け合わせた
2時間のコース料理がスタートです。
出て来る料理は、ただ料理として出されるのではなくて
そのお皿や、料理にも
プロジェクションマッピングなどの映像が投影されて
全てを含んで「アート」に見せる工夫がされているので
異空間を楽しむことがメイン
といってもいいかもしれませんね。
お料理も、1階でまず前菜からメインまでを食して
2階に移動して、デザートタイム。
ゆっくり友達と御飯を楽しむというよりは
ソフトなアトラクションとして楽しむ
又は、1日普段とは違うリッチな日を過ごすという
気持ちで、行くとBestかな。
お店は完全予約制で、
料理はスイーツを含めた6皿のディナーコース
16,200円のみだそうです。
1日2回の入れ替え制、1回につき8人限定。
予約は、公式サイトで受け付けています。


また、オススメの楽曲は
「R5」の新曲「If」を御紹介しました。
リンチ兄弟によってLAで結成された、5人組POPグループ
去年サマソニに出演していました。
メインボーカルの「ロス・リンチ」は
ディズニーチャンネルのドラマにも出演していて
人気です。
そんな彼ら、5月に新しいEP「New Addictions」を
リリースしています。
80’sサウンドも好きなのかな?
どこか懐かしさを含んだ、
何とも爽やかなPOPソングです。
このEPの中では、「INXS」のヒット曲
「Need You Tonight」をカバーしているので、
EP全体もチェックしてみてね。

Copyright (C)