« 梅雨入りすんのかい!せんのかい! | メイン | おいしいものをすきなだけ »

2017年6月10日 (土)

2017年6月10日(土)ゲスト「秦基博」

ここ最近、ずーっとAD「M」くんに
ブログを任せっきりだった間宮優希です(^_^;)。


6月10日のFM-FUJI 「Saturdays!」は
「秦基博」さんをスタジオにお迎えしました。

20170610

去年2016年にデビュー10周年を迎え
現在もその記念企画が継続中ということで
その10周年に関する情報を
秦さんの感想を交え、紹介しました。
その中で、曲を創る時に大切にしていることを
話してくださったんですが
自分以外のアーティストプロデュースの際には
そのアーティストを観て
自分がファンだったら、どんな作品を歌ってほしいか
どんな風に歌ってほしいのか
そんなことを考えて制作しているんだとか。
そして、秦さんの曲には、幸せが溢れていることから
どの様に、幸せの形を描いていくのかも伺ったところ
自身の感情が動く瞬間に感じていることをフィーチャーして
曲を創っているそうで。
なるほど、それが、大げさでなく
日常の生活の中の「何気ない幸せ」に
繋がっているんだと、改めて感じました。
そんな穏やかなイメージの秦さんですが
ライブ前は、殆どの場合、緊張するんですって。
以外な話でした。
でも、御飯はしっかり8分目まで食べて
ライブに挑むそうですよ。
この焦らず、落ち着いてしっかり考えた上で
行動できる姿勢を見習いたいものです。


電話インタビューは全国に4店舗展開している
ヘッドスパ「悟空のきもち」と繋げました。
「ほぼ気絶の寝落ちサービス店」と話題になってますね。
このお店独自に編み出した施術方法があるらしく
その施術によって
男性は8分ほど、女性は10分ほどで
寝息を立てだすんだとか。
そんな素敵な施術方法に魅せられて
予約も殺到。
現在、3ヶ月待ち。
そのキャンセル待ちを上手く活用するには
お店のLINE登録がオススメだそうです。
あなたも、一度、極上のリラックスタイムを味わってみませんか?


そして、間宮のオススメの情報を紹介する「Mamma Mia! MAMIYA」では
「DIALOGUE IN SILENCE ~静けさの中の対話~」を紹介しました。
以前、このコーナーで
暗闇の中で、音と触れるものだけを頼りに、心を開放していく
というイベントを御紹介しましたが、
今回は、その聴覚を遮断して暗闇で体験するイベントになります。
新宿「ルミネ ゼロ」「ニュウマン」で、
8月1日から20日まで行われます。
音のない世界で、言葉の壁を超えた対話を楽しむ、
日本初のエンターテイメント。
アテンドをするのは、聴覚障害者の方々で、
参加者は音を遮断するヘッドセットを装着して、
ボディーランゲージなど、音や
声を出さず、互いにコミュニケーションをとる方法を発見していきます。
そして静寂の世界で、集中力、観察力、表現力、
そして解放感のある自由を体験することになります。
言語を使わないから、母国語が異なる人同士も、
想像以上の交流が深まるそうです。
東京オリンピック・パラリンピックが始まる前に、
海外の人達とも、恥ずかしがらずに、
ここから交流を始めていくのも良いんじゃないかな。
開催期間中、11:00~19:30まで行っていますが、
一回の所要時間は90分。
参加には、事前予約が必用で、参加費は、
大人4000円 大学生 3000円 小・中・高校生 2000円です。

また、6月7日に、シングル「PHAMTOM」をリリースした
「defspiral」から、コメントが届きました。
どうしたんでしょう、最近の「Ryo」さん
壊れ始めましたね(笑)。
もらったコメントに「リバーブを入れろ」とは…。
はい、ちゃんとかけさせていただきましたよ(笑)。
8月には「摩天楼オペラ」との東名阪2マン。
面白くなりそうですね。

Copyright (C)