« いい湯だな、、、 | メイン | 1人も楽しいよね。。。 »

2017年3月 4日 (土)

2017年3月4日(土)ゲスト「Swimy」「w-inds.」

間宮優希です。


3月4日のFM-FUJI 「Saturdays!」は
2組のアーティストをスタジオにお迎えしました。


1組目は、「Swimy」。初登場。

Swimy20170304

「絶絶」が「NARUTO-ナルト-疾風伝」の
エンディングテーマになり、話題となってますね。
メンバー全員、滋賀から上京したので
お金の節約ということもあり
全員で、同じ家に住み始め
現在もそのままなんだとか。
バンド活動でも一緒、プライベートも一緒
となれば、ストレスにもならないかと思ったら
プライベートでも音楽制作をすることが多いので
ストレスにはならないようで。
ただ、意地悪な私w
その中でも「これだけは、気になる」という
部分をチラッと聞こうと質問したら
出るわ出るわ、Vo./G.「Takumi」さんへの恨み節(笑)。
女性陣への反論を試みるも一蹴されるという
やっぱり、世の中、女性は強しです(笑)。

「絶絶」の収録された「絶絶ep」は、6曲入り。
多くのバンド仲間から「彼ららしい音だ」との
コメントが寄せられていましたが
じっくり聴いてみると、
「絶絶」以降の作品で、いくつかのチャレンジが見られます。
「僕の言葉で」では、子供の声が入っていて
ここは「Takumi」さんのこだわり。
歌詞にも、バンド曲制作状況が垣間見られ
「ナンカイ」では、Vo./B.「平成のまお」と
Vo./Dr.「みっけ」さん2人をメインにしたり等
フルアルバムが楽しくなってくるような作品です。


2組目は、お久しぶり「w-inds.」。

Winds20170304

毎回ではあるんですが
トークスタート時から、BGMでかかっているサウンドに
ノリノリで体を動かす「千葉涼平」さんと「緒方龍一」さん。
「僕たちから『ノリノリ』を取ったら、ねー
 何も残らないよね(笑)」と言う「橘慶太」さん。
何も残らなくはないが、やはりダンスは
「w-inds.」に欠かせない1つです。
そんな彼らにメッセージも沢山届き
その中から「夢」についての話題に。
たまたま、昨晩の「千葉」さんの夢に
ファンの皆さんが登場したそうで
自然に「千葉」さんの家に大勢居たという
ファンの皆さんにとっては
そのまま現実であって欲しいと願いたくなる夢ですね。
また、健康に気を遣っているという話から
「緒方」さんが、肉を食べずにいるそうなんですが
「体力が出ない」と。
それダメじゃん!って思っていたら
健康というよりは
「キリンの出産を映像で見てしまって
 それ以来、肉が食べられない」
という意味の方が強いみたい。
でも、体調はとても良いそうなんですよね。
少し心配ではありますが。

前作「Blue Blood」から約2年ぶりとなる
12作目のオリジナル・フル・アルバム「INVISIBLE」。
初回Bのジャケット、気になってる方もいると思います。
「緒方」さんの顔が、煙で隠れてる!
今回、わざわざフィルムで撮影されて
取り直し不可の中、撮られた沢山のフィルムの中で
メンバー全員一致で「アートとして、この写真が格好良い」
と思ったから、あの1枚になったということが判明。
だから、今回は、音に関しても「アート」にこだわり
最近、クラブサウンドで話題の「トロピカルハウス」を
17年目にして新たに取り入れたものになってます。
私も、シングルにもなった
「We Don’t Need To Talk Anymore」が大好きで
よく、プライベートでも聴いてます。


5時台最初には、事務所(Augusta)で
プリンを食べていた「NakamuraEmi」さんに
電話をかけちゃいました(笑)。
まだ一度もお会いしていないのですが
話し方から、とても興味をそそられる方ですね。
柔らかい歌声の中には
彼女のルーツのヒップホップ・ジャズを
彼女の世界で消化していて
それも、今回の作品「NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4」は
ここ最近生活している中で、感じた彼女の色んな感情が
ギュッと収められた1枚
ネガティブな自分が、周りに居た素敵な女性たちに
救われている現実・
そして、そんな女性に自分もなれますようにと願って
付けられているタイトルが
今でも同じ思いで続いていますということで
「Vol.4」になっているようです。
だから、もしかしたら、その域に達したり
別の興味が湧いてきたら
このタイトルはまた変わっていくのかもしれませんね。


そして、間宮のオススメの情報を紹介する「Mamma Mia! MAMIYA」では
この時季「卒業というワードから」
私の気になっている情報を紹介しました。
「子役ブーム」の子達が、軒並み小学校を卒業。
子役ではなくなる年齢に差し掛かってきたということから
今後、どんな俳優になっていくか楽しみだということ。
そして、あまり番組では取り上げなかった
ネガティブな情報にも、あえて特化してみました。
「学生たちのネットフリマの使い方」
ここに、大人が介入しているか否かは別としても
卒業したからこそ必用なくなったアイテムを
驚くほどの高額でフリマに出している人が居る実情。
なかなかネット社会を取り締まること
家族が、全てを見てあげることは無理ですが
それでも、少しでも、問題の道には進んでほしくない。
だからこそ、今回、少し話題として取り上げ
現状を報告しました。
今一度、ネット環境について
御家族間でも、話し合ってみて下さいね。

また、オススメの楽曲は、今回の「卒業」というテーマから
「Alessia Cara」の「How Far I'll Go」を紹介しました。
「プライドを持って進もう、私がみんなを強くするんだ」
と力強く、自分の道を進んでいこうとする前向きなNo.
「Alessia Cara」については
「Taylor Swift」が注目し、ツアーで共演。
「Coldplay」ツアーのオープニング・アクトも務めていた
新世代歌姫。
今回は、自身のアルバムリリース、
そして、映画「モアナと伝説の海」エンディングを担当
ということで、来日もして
日本語版エンディングを歌う「加藤ミリヤ」と対談していました。

Copyright (C)