« ベリー便利 | メイン | そつぎょおーしゃしんの~ »

2017年3月18日 (土)

2017年3月18日(土)ゲスト「ZIGGY」

間宮優希です。

3月18日のFM-FUJI 「Saturdays!」は
久しぶり「森重樹一」さんを
スタジオにお迎えしました。

Ziggy20170318

が、今回は、ソロ活動ではなく
「ZIGGY」としての登場。
私やディレクターは「ZIGGY」での活動ということに
興奮するわけですが
20代のミキサーやADスタッフは
「ZIGGY」を知らない世代。
そういう世代の人達にも
「森重樹一」さんの活動歴史を知ってもらえる
時間になりました。
「ZIGGY」は1984年から活動を始め
「GLORIA」で一気に人気バンドへ。
その後、メンバーチェンジ・活動休止を
繰り返してきました。
今回、再始動となったのには
最近、森重さんのソロの曲に関して
色んな人達から「ZIGGYの音に近くなってきた」
というような事を言われることも多くなってきて
ふと、音楽を始める頃の気持ちに戻ることが出来
今年は、デビュー30周年という年でもあることから
「ZIGGY」の再始動を決めたんだそうです。
といっても、オリジナルメンバーで活動するのではなく
森重さん以外は、サポートメンバーです。
結成当時からのファンにとっては
オリジナルメンバーが希望でしょうが
現在、彼が「ZIGGY」として表現したいことを
今の「ZIGGY」で活動するということで
過去を懐かしむという活動ではないこと。
また、メンバーとは以前の再始動の際も話をしていて
不仲だからということで、メンバーを集めなかった
ということではないことも
しっかりと説明してくださいました。
今回のシングル「CELEBRATION DAY」は
森重さんのルーツを感じながら
その流れを経て「ZIGGY」が出来上がった世界観
そして、今の森重さんのスタイル全てが
凝縮された作品になってました。
バックはサポートだとお伝えしましたが
ex.BEAT CRUSADERS の「カトウタロウ」さん
ex.Femme Fatale の「CHARGEEEEEE…」さんと「Toshi」さん
多くのアーティストのサポートで人気の「佐藤達哉」さん
という豪華な、そして激しい動きをする面子(笑)。
森重さんも、彼らと音楽を創り上げていくのが
とても楽しくてしょうがないそうです。
そんな笑顔が、とてもまぶしい時間でした。


電話インタビューは「MORE」から、ベースの「En'ya」さん。
番組には、結成当初に来てもらいましたね。
この日は、インストアの準備をしている最中
ご自宅にいるところを捕まえての電話トーク。
今年に入って、今まで以上に活発な活動をしているようで
今年上半期までにCDを4枚リリースすることが決まってます。
その1枚が、リリースされたばかりの「Crew」。
この作品を5曲中4曲制作した段階では
何かが物足りないと感じ、不安もあったという「En'ya」さん。
最後に「bottom circus」が出来上がった時
手応えを感じたといいます。
だからこそ「Crew」という
ファンのみんなも、僕たちもみんな一緒なんだ
と言えるCDタイトルになったんでしょうね。
ノアの方舟ならぬ「MOREの方舟」という意味を込め
音楽で救済したいという気持ちがあるんだとか。
こうなってくると下半期の活動も、既に楽しみですね。
1年を通して、彼らの活動をチェックしましょう。


そして、間宮のオススメの情報を紹介する「Mamma Mia! MAMIYA」では
「花粉症対策の食品」を紹介しました。
薬で治すより、日々の生活の中から改善出来る策はないだろうか?
ということで、
食品の中から、ヒントを探してみました。
「ビタミンA」「ビタミンB6」「ケルセチン」「EPA」
上記の成分が入った食材が
花粉症の方に効く可能性があるとか。
また、免疫力を高める効果が
通常の納豆の1.5倍もあるという「すごい納豆 S-903」、
まだ研究段階ですが、花粉症改善が期待される
「スギ花粉症緩和米」も紹介しました。
とはいえ、いちがいに花粉症といっても
何の花粉に反応しているのかでも
対策方法は異なります。
間違った対処法をすると
「アナフィラキシーショック」を
起こすことにもなりますので
自分は何の花粉に反応しているのか、
きちんとした知識を持って、対策を考えたいですね

また、オススメの楽曲は
「Clean Bandit」の「Symphony feat. Zara Larsson」を紹介しました。
イギリスのバンド。
エレクトロなサウンドとクラシックが融合したバンドでしたが
去年、ヴァイオリニスト「ニール・ミラン」が脱退したことで
チェロがいるとはいえ、そのクラシック感が
ガッツリ減ってしまいました。
でも、もともとボーカルレスで、
毎回ボーカルを迎えてサウンドを作っているから、
曲ごとにカラーが変化していくのも、
当然の流れかもしれません。
今回は、19歳という若さで、大物になりつつある
スウェーデン出身「Zara Larsson」を迎えています。
彼女が元々クラブ系サウンドなので、そちらに寄ってますね。
「Clean Bandit」のNo.になりますが、
今回メジャー移籍第一弾でリリースされた
「Zara Larsson」のアルバム「So Good」にも収録されています。
因みに「Zara Larsson」は、今年、サマソニに出演が決定。
5月からは、ファッションブランド「H&M」と
コラボしたアイテムが販売される予定と話題に事欠かないので、
今年、しっかりチェックしておいて下さいね。

Copyright (C)