« 1人も楽しいよね。。。 | メイン | ベリー便利 »

2017年3月11日 (土)

2017年3月11日(土)ゲスト「Cocco」「NOWEATHER」

間宮優希です。


3月11日のFM-FUJI 「Saturdays!」の
スタジオゲストは、2組。

1組目は「NOWEATHER」。

Nowether20170311

千葉県出身・在住のインディーズ4人組バンドです。
中学・高校の知り合いで結成。
仲良しなトークが繰り広げられました。
そこに届いた1通のメール。
何と、B.篠原朴哉さんの妹さんからのメールでした。
その事でも盛り上がるメンバー。
一緒に話していると、こちらも学生時代に戻ったかの様な
そんな素直な楽しい気持ちになれました。
今回は、初の全国流通盤がリリースということで
彼らにとっても大切な1枚。
だからこそ、新たな「今」を切り取ったNo.と
新たなチャレンジをしたNo.
そして、彼らが大切にしてきた曲も収録しています。
Vo/Gt:大畑カズキさんの、言葉遊びとも思える
連なる言葉の数々。
それがリズミカルに耳に入ってくるところが
とても楽しい。
今後の活動に期待です。


2組目は「Cocco」さん。

Cocco20170311

もう何年ぶりになるかな?
デビュー当時は、あまりインタビューをしない中
毎回ゲストでお話出来た機会を
凄く貴重に思っていますが
今回、デビュー20周年ということで
そんな話もさせてもらい
この番組ならではの話題も
皆さんにお届け出来たのではないかと思います。
私の中で、一番驚いたのは、会話の多さ。
デビュー当時は、やはり自分の事を話すことに
抵抗があったみたいで
曲に対すること・プライベートなことは
殆ど口にしなかったんですが
今回、久しぶりにお会いしたところから
ノンストップで、自ら色んな事を話す。
加えて、映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」の
テレビ初放映を記念したイベントが行われた際
「岩井監督も、黒木さんも、でーじー(=凄く)無口でさ
 コウ(=Cocco)が、司会みたいに
 一番、話してからに 云々」
と、驚きの事実まで知ることが出来ました。
今回は、ベストアルバムということなので
また、ニューアルバムリリースの際も
色々お話したいですね。


電話インタビューは「NONA REEVES」の「西寺郷太」さん。
西寺さんと言えば、思い出します。
以前担当していた「Slash & Burn」に
ゲスト出演していただいた時
丁度、声帯を痛めてしまって
全く声の出ない中、ゲスト出演。
殆ど、西寺さんにお話いただき
本当に申し訳ないことをしました。
その時は、西寺さんのソロとしての登場だったんですが
今回は、今年メジャー・デビュー20周年を迎えるということで
それぞれの活動も忙しい中
「NONA REEVES」メンバー全員集まって、新曲を制作し
ベストアルバムに1曲収録という形になりました。
その1曲「O-V-E-R-H-E-A-T」は
西寺さんが、多くのPOPアーティスト達に
楽曲提供をしてきた中で培ったものが
リアルに出てきたようで
「NONA REEVES」として、新たな世界を
つくることが出来たそうです。
ミュージックビデオには、
フリースタイル/レゲエダンスで話題の
「YOSHIE」さんが参加しているので
そちらも、要チェックですよ。


そして、間宮のオススメの情報を紹介する「Mamma Mia! MAMIYA」では
「映画いろいろ」と題して
この春休みを使って、楽しむ
もしくは、今からチェックしておいて損はないという
間宮独断で選んだ映画のイベント・情報を紹介しました。
「イルミネーション映画祭」
「ザ・ビートルズ映画『ハード・デイズ・ナイト』」
「銀魂コラボイベント『京都ブルルン滞在記』」
そして、実は、ここがメインなんでしょ
っていうのがまるわかりの「GHOST IN THE SHELL」。
4月7日から公開ということで
カウントダウンの様に、最近、色んな話題が出てきて
映画で使われた「光学迷彩」が披露されたり
日本語吹き替え版が、
何と「GHOST IN THE SHELL」の際のアニメ声優と同じ人選という
往年のファンにとっては、待ってました涙ものの
ニュースも飛び込んできました。
そこで、オススメとしてかけたのは
「攻殻機動隊」TVシリーズでサウンドを手掛けた
菅野よう子さんの楽曲から、OrigaさんのNo.。
Origaさんは、2015年5月に、心不全でこの世を去りました。
それを偲ぶ意味も込めて「Inner Universe」をお届けしました。
アメリカ実写版「GHOST IN THE SHELL」では
アニメ版映画サントラの「謡」が
そのまま使用されているようで
公開前イベントでは、「川井憲次」さんが登場して
「謡」を演奏する時間も設けられていました。
また、最近「Steve Aoki」が、この曲をRemixしたので
日本とアメリカを巻き込んで、話題になっていくんじゃないかな?

Copyright (C)