« 2018年9月8日防災WEEK | メイン | 平成30年7月豪雨で被災した広島県小屋裏地区の現状 »

2018年9月 8日 (土)

山梨県の災害リスクと防災意識

山梨大学・地域防災・マネジメント研究センター センター長の鈴木猛康教授にお話を伺いました。

平成30年7月豪雨で被災した岡山県倉敷市真備町地区と甲府盆地は、

南北/東西に流れる河川が合流する地形、河川の狭窄部が類似しており、

甲府盆地でも真備町と同じような水害が発生する可能性があります。

シミュレーションでは、甲府盆地の3分の2が浸水が想定されることから、

お住いの地域のハザードマップを確認して下さい。

想定される水害に対する対策は、

ソフト面とハード面の2つの側面から考えられます。

ソフト対策は、早めの避難。

ハード対策は、避難するまでの時間を稼ぐ、避難の場所を設けること。

ハザードマップで浸水想定区域を確認することはもちろんですが、

水害という観点からの避難場所は、

浸想定区域よりも北側に逃げることが原則です。

個々人でできるソフト面で一番重要なのは、

「山梨は災害のない所」、「山梨は安全な所」と考えるのではなく、

「災害が起きる可能性のある所」に認識を変えることです。

山梨という土地は、水害、土砂災害、地震、富士山噴火が想定される地域です。

平成30年7月豪雨の被災地では、

「災害が発生するとは思っていなかった」という住民の方が多かったそうです。

平成30年7月豪雨から得られる教訓は、

「私たちが住んでいる場所が安全だ」という考えを捨て、

地域が持っている災害リスクを正しく認識することです。

国土交通省ハザードマップポータルサイト

https://disaportal.gsi.go.jp/

山梨県 浸水想定区域図、洪水ハザードマップ

http://www.pref.yamanashi.jp/chisui/113_017.html

Copyright (C)