« 2018年7月21日 | メイン | 科学ニンジャ学校!〜忍びの心得〜 »

2018年7月21日 (土)

パワースポット「ゼロ磁場 分杭峠」

昨日から多くの小学校、中学校が夏休み!!ということで、

夏休みにおススメのパワースポットを御紹介しました。

長野県伊那市にある日本最大の断層「中央構造線」の真上に位置する分杭峠。

伊那市の長谷と下伊那郡大鹿村の境でもあります。

Ada46fb956104b9fae37d6e68ba6382a

パワースポットと言われている理由は、「ゼロ磁場」と言われる場所なのです。

地球は北極をS極、南極をN極とする大きな磁石になっていますが、

「ゼロ磁場」とは、この磁力が地表の近くでぶつかり合い、

お互いのパワーがせめぎあっている場所のことをいいます。

中国湖北省蓮花山のゼロ磁場を発見した有名な気功師、張志祥氏により、

この分杭峠のゼロ磁場が発見されたみたいです。

ゼロ磁場の分杭峠の気場。

A3aadeb1ea7f4ecba70b3b9d26eb6f3c

隣のお母さんは

「足がじんじんしてきた!」

「手が温かくなってきた!」

20代後半の女性4人組は

「すごい!感じる!パワーすごい!」

そんな僕は・・・

「全くパワーを感じれません・・・」

でもパワースポットです。

こちらはゼロ磁場の分杭峠の水場。

D862e6768bb747c2ab2807a401ab557a

警備の人、曰く、毎週、来る人もいるみたいです☆

パワーを感じることができるか、是非、行って見て下さいね!

アクセスは、近くの栗沢駐車場からシャトルバスで約15分です。

※分杭峠周辺には、駐車場はありません。

シャトルバスの料金は大人650円(20名様以上の団体のお客様は600円)。抱っこの赤ちゃんは50円。

上り(始発)8:00~(終発)15:00

下り(始発)9:00頃~(終発)16:00頃

パワーを感じれるかは、個々人で違いますが、地学的に中央構造線を感じることができます!

分杭峠から杖突峠までは長い谷。

山梨まで下道で帰ると、よくわかりますよ。

こちらは杖突峠からの写真。

Fd881baa31d24e21b91884da3c92411e

Copyright (C)