演歌をポップにオシャレに♪本格派ガールズグループ「水雲」

こんばんは。MOKO'S BARへ ようこそ。
オーナーの 小川もこ です。 

「土曜の7時は、MOKO'S BARbar」を合い言葉に 番組へのご参加は、メールでどうぞ。 

bar@fmfuji.jp 

12月1日 &12月8日の放送は、
3人組の本格派演歌ガールズグループ「水雲-MIZMO-」から
NAOさん、AKANEさん、NEKOさん
がご来店です♪

46507598_2605504366133998_666689957 左から、NEKOさん、AKANEさん、小川、NAOさん。

3人とも、可愛い♪ ファッショナブル! そして、なんと言っても...歌が上手い〜〜〜〜sign03sign03sign03
東京下町、和歌山、アメリカのサウスカロライナ州 と、生まれも育ちも違うけど、
演歌界の重鎮。作曲家の水森英夫さんの門下生としてレッスンを積んだ歌唱力が半端ない。
こぶしがクルクル回ります。
さらに、三声で重ねて歌うハーモニーが、またまたゴージャス♪
お三方に、なぜ、演歌を目指したのか訊いてみたら、みんな全然違うのね。
じっくりトークを聴いてくださいませ。

「水雲-MIZMO-」プロフィール:
和の心、魂を宿し、演歌の新しい境地に挑戦する本格派演歌ガールズグループ。
「EAST meets WEST」、東西の音楽の衝突、協調、融合により、彼女達の「核」となるENKAをKOBUSHI(独特な歌唱法)を効かせた3声のハーモニーで魅了。

演歌界で異才の作曲家、水森英夫(みずもりひでお)の門下で長い間レッスンを積んだ「演歌の申し子」でありながら「枠に囚われない自由な発想」で生まれた、今までになかった斬新なコスチュームデザインや音楽イノベーションで無限の可能性を秘めている。

NAOさん:出身は東京。武蔵野音楽大学の声楽科を卒業。水雲のリーダーで、高音担当。

AKANEさん:出身は和歌山。NHK歌番組でチャンピオンになり、その後、水森英夫がスカウト。
主旋律を担当。

NEKOさん:出身はアメリカ。アメリカの大学から早稲田大学に留学、卒業後、
日本のサブカ
ルチャー好きが高じて、アニメ専門学校に入学。
在学中に水森英夫の目に
とまり水雲に加入。低音を担当。

11月7日にカバーミニアルバム「歌謡抄~水の巻~」、「歌謡抄~雲の巻~」を同時リリース!


YouTube: 水雲-MIZMO- /カバーミニアルバム・2タイトル同時発売!

11141_ext_01_0

11142_ext_01_0

「歌謡抄〜水の巻」では、ざ・昭和演歌を、「歌謡抄〜雲の巻」では、昭和ポップスを
華麗にカバーしています。
どれも、カッコイイんだよなぁ・・・

「水雲-MIZMO-レコ発ワンマンライブ大阪追加公演!!」
 12/20 (木) 大阪ルイード 

46519954_2605504326134002_209439016
世界に、日本の演歌ここにあり!と知らしめる3人。
2019年は、さらに羽ばたいていくことでしょう。応援しています〜!

水雲オフィシャルサイト
http://www.tkma.co.jp/enka_top/MIZMO.html